【イロドリヒムラ】第3話「美しすぎる奇才の風景」感想 橋本愛ゲスト・森義隆監督回

イロドリヒムラ第3話「美しすぎる奇才の風景~密着60日 ラース・日村の映画術に迫る~」 


     3イロドリヒムラ話


TBS「ドラマNEO」枠10月期。

「バナナマン・日村勇紀を10人の映画監督と10人の豪華女優でイロドるドラマ。」
と言うコンセプトでお送りする1話完結ドラマの第3話目。

本当に簡単感想のみで。


今回は、ちょっと異色。…いや、かなり異色。

ドラマというよりも、ドキュメント番組のパロディ
「プロフェッショナル-仕事の流儀-」とか、「情熱大陸」の雰囲気…。

日村を「有名監督」に配役して撮影風景を密着取材するという設定。

数々の映画賞を総なめにしたらしい「ラース・日村」は、とてもエキサイティングな
人なのだった。
罵倒される「主演女優・橋本愛」。

魂できてねえんだよ、お前は!
魂で言ったらさ、セリフなんて関係ないんだよ!
「遊ぼうよ」ってセリフもよ魂のせればな、
「ぶっ殺すぞ」って言葉だって「遊ぼうよ」に聞こえてくるんだよ!!

ぶっ殺すぞ~ ぶっ殺すぞ
ぶっ殺すぞ~
ぶっ殺すぞ~ ぶっ殺すぞ~
ぶっ殺すぞ~
ぶっ殺すぞ~

これが芝居だよ。なあ。
これが芝居だよ。

セリフなんかとらわれるんじゃねえよ!
自分の、もっと魂をさ、セリフにのせてぶちまけるんだよ!!



現場で憔悴しきる「主演女優・橋本愛」。

自分で、これやりたいって事務所に言ったんですけど…どうしても…ラ・日村作品に
参加したくて……だったんですけど…全然、要求に応えらんなくて…。



散々「主演女優」をいたぶった結果、何となく「園子温」っぽい作品がついに
出来上がったようなのだった…。

ラ・日村。初めての笑顔。

今の俺撮って、何か撮ってるつもりか?

…ナレーションなんか入れんなよ。
かっこ悪いから。



しかし、撮っている映画「心はドブみたいに汚れて行く」は、公開されてもあまり
見に行く気がしない感じの作品になりそうだ。

撮影も低予算っぽくて、とっても安そう……。


泣いたりわめいたり…橋本愛ちゃん、お疲れ様でした。
「ツナグ」の心から叫んでいるような演技には感動した。

ますます良い女優さんになってね。


ドラマ終了後の日村さん(素)と、橋本愛ちゃん(素)の会話。


会話がないんですよね、橋本さんとは。
今、初めてしゃべってる。


全体的にすごいやりづらかった。




※ところで…未定だった第10話の監督が設楽さんに決まったそうでーーー
へぇ…って感じ……。
バナナマンのネタは設楽さんが作っているし、俳優としても器用だし、司会もできるし…
だけど、監督はたぶん初ですよね。楽しみ。



公式サイトに掲載されている監督のラインナップです。
(リンク先は当方の映画レビューです)

・第1話
監督:堤 幸彦(「包帯クラブ」「20世紀少年」)脚本:北川悦吏子
・第2話
監督・脚本:飯塚 健(「荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE」「彩恋 SAI-REN」)
・第3話
監督:森 義隆(「宇宙兄弟」)脚本:一雫ライオン
・第4話
監督:三木孝浩(「ソラニン」「僕等がいた」前篇、後篇)脚本:持地佑季子
・第5話
監督:白石達也(助監督「BECK」「劇場版 SPEC~天~」) 脚本:牧野圭祐
・第6話
監督・脚本:深川栄洋(「白夜行」「神様のカルテ」)
・第7話
監督:犬童一心(「ゼロの焦点」「のぼうの城」)脚本:今泉力哉
・第8話
監督:中村義洋(「ゴールデンスランバー」「フィッシュストーリー」)脚本:鈴木謙一
・第9話
監督・脚本:沖田修一(「南極料理人」「キツツキと雨」
第10話
監督:バナナマン設楽 脚本:オークラ


世界的な映画監督、ラース・フォンデ・日村(以降ラ・日村/日村勇紀)。
ラ・日村は独創的な作風と確かな演出力で、国内のみならず海外からも高い評価を受けている。
特に女優を徹底的に追い込みながらも、その魅力を最大限に引き出す手法に定評があり、これを
映画界では”日村マジック”と呼んでいる。

ラ・日村は女優の橋本愛(橋本愛)を起用し、新作映画「心はドブみたいに汚れて行く」の
撮影を開始した。
彼は遠慮なしに新人女優・橋本愛に罵声を浴びせ、彼女を追い込んでいく・・・。

(上記あらすじはYahoo!TVより引用)




よろしければ→【2012年10月秋期ドラマ一覧】ラインナップとキャスト表


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  


【キャスト】

ラース・フォンデ・日村(映画監督) – 日村勇紀
橋本愛(「心はドブみたいに汚れて行く」主演女優・梨奈役) – 橋本愛

中村育二( ウサギ男役) – 中村育二
りりィ(風おばさん役) – りりィ
織本順吉(哲学爺さん役) – 織本順吉
大西ライオン(ライオン男役) – 大西ライオン
高澤父母道(セミ少年役) – 高澤父母道
白州・ファビアン・本樹(プロデューサー) – 白州本樹

※スタッフ

監督 – 森義隆
脚本 – 一雫ライオン





 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【イロドリヒムラ】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話(最終回)


この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. イロドリヒムラ TOP

    2012年10月15日からTBSのドラマNEO枠(毎週月曜日24:20 – 24:59 (JST))で放送中。全10回予定。 概要 オムニバス形式で繰り広げられるドラマ。脚本家も監督も共演者も毎回変わり、毎回出演する…

  2. イロドリヒムラ (第3話・10/29) 感想

    TBS系ドラマ『イロドリヒムラ』(公式)の第3話『美しすぎる奇才の風景~密着60日ラース・日村の映画術に迫る~』の感想。

    なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さ