【篤姫】第二十三回

水戸斉昭が執政から遠のいたのを喜ぶ本寿院たち。


昼から祝い酒。。。


慶喜を後継ぎにしてはならぬ、と誓い合う。


夜のお渡りの時、篤姫家定に言われる。


では問うが、そちは慶喜に会うた事があるのか?


それはありませんが。


何ともあきれた話じゃ。


会うてもない者をワシに薦めるのか。



なるほど。。。


篤姫慶喜に直接会って確かめてみる事にする。


一橋慶喜は、篤姫に堅く挨拶をし、決して目を上げない。


我が国とアメリカとの関わりについて


いかに思われる。



私のような若輩者に申し上げる事はありませぬ。


私は見ての通りの若輩者でございまして


諸侯の期待に添うような器ではございません。



篤姫いわく、


何の覇気も感じられない。


一方聞いて沙汰するな


と、篤姫は、紀州慶福にも会ってみる事にする。


真っ直ぐに篤姫を目を見て話す慶福


出された菓子が傷んでいたのを知った慶福は、


毒味役に食べさせて詮議しろ、と息巻く滝山


「傷んでいると解っている物を食させるは気の毒。


それは上に立つ者がさせる事ではない」



と、受け流す。


これぞ上に立つ方のご器量・・・


と、その場にいた者は皆、感服。


それは、篤姫も。幾島も。





何をお考えでございますか?


そなたと同じ事じゃ。


それでも、幾島は、父上との約束を忘れてはならぬ、と


篤姫を諭す。


お年からしても、慶喜さまが相応しいと、


上様の前で繰り返すのでございます。






結局、どちらが相応しいと思ったか?との家定の問いに


人の上に立つ器は慶福さまの方だと思った次第でございます。


と、答えた篤姫


そちは、変わったおなごだのう。


真っ直ぐに物を言う。



真っ直ぐでなければ相手に通じませぬ。


ここにいるのは、自分のためには、いくらでも


曲げて物を言うやつばかり。


勝てば良いと言う輩じゃ。



篤姫の姿を見て、家定も渋っていた事を考え直す。


ワシも会うてみるか。


ハリスと言う者に。





      


なるほどね~。。。


お篤は公平な人柄だったと言う事です。


そして、ウソはつけない。


当時は、聞いた事だけで実際には検分などせずに


物事を運ぶのは普通だったでしょう。


特に、奥深く閉じこめられている女性が、


こうして実際に目で見て確かめると言う事は


本当になかったでしょうね。


やはり、篤姫と言う人は、何ごとも実験しなくては気が済まない。


理系な御台さまだったと言えましょう。



夜の床で


今までは家定を問いつめる一方だった篤姫が、


家定と遊ぶ事を考え始めました。


これは、良いと思います。


2人の間に柔らかな関係ができる。


楽しい場所を与えて上げなくては、


夫も帰ってくるのが辛いですよね


さて。。。


幾島篤姫慶喜派である事が


本寿院にバレてしまった


次週は大騒ぎです





天璋院篤姫(上)新装版


天璋院篤姫(下)新装版


天璋院篤姫と大奥の女たちの謎


トラックバックは承認制です。即時反映はされません。ご了承下さい







この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

14件のコメント

  • くう
    2008年6月12日 2:47 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >篤姫と家定の距離が縮まるのに、時間がかかるとゆうか、、家定もなかなか簡単には、心を開かない

    >んだなぁと、、、

    でも、じわじわと縮んできてますよね(^.^)

    今回なんか、ハリスと会うと言ったものね。

    大きな進歩ですよ~。

    >うつけでない家定様は、池での、あの反射神経のすごさとか、

    >あの目とかは、家定様の本質かと

    >思いきや、あの凛々しい姿は、もう二度と見れないのか??

    そんな事はないと思いますよ~。

    家定さまには、まだまだ活躍して貰わないといけませぬ。

    とりあえず、ハリスと会うシーンが楽しみ♪

    >私的には、二人の純愛的なやりとりを

    >じっくりみてみたいなぁ~~

    >なんて思いますが、、メロドラマではないし

    >大河ドラマだし、、それは、無理かなぁ~~

    歴史を追わなくてはいけませんものね。

    でも、次回は大奥のドタバタがあるみたいで。。。

    本寿院さんがホラーのようでしたね(^.^;)

  • akko
    2008年6月11日 7:51 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    篤姫と家定の距離が縮まるのに、時間がかかるとゆうか、、家定もなかなか簡単には、心を開かない

    んだなぁと、、、

    なんだか、二人のやりとりを、主に映して欲しいと

    思います。

    うつけでない家定様は、池での、あの反射神経のすごさとか、

    あの目とかは、家定様の本質かと

    思いきや、あの凛々しい姿は、もう

    二度と見れないのか??

    そっちの方が気になって。。。

    私的には、二人の純愛的なやりとりを

    じっくりみてみたいなぁ~~

    なんて思いますが、、メロドラマではないし

    大河ドラマだし、、それは、無理かなぁ~~

  • くう
    2008年6月10日 8:54 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >囲碁での勝負がとても際立ってましたね。

    >そこでのやりとりが、うまく話にリンクしてて

    >さらに盛り上がりましたね

    そうですね(^.^)

    ただ遊んでいるだけではなくて、ついでにお互いを

    探っている。理解し合おうとしているのよね。

    >家定と篤姫が初めて心を通い合わせて

    >そして夫婦らしかったのがすごくよかったです。

    五目並べは良い思いつきでしたね♪

    ほのぼのしていました。

  • みのむし
    2008年6月9日 5:52 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    囲碁での勝負がとても際立ってましたね。

    そこでのやりとりが、うまく話にリンクしてて

    さらに盛り上がりましたね

    家定と篤姫が初めて心を通い合わせて

    そして夫婦らしかったのがすごくよかったです。s

  • くう
    2008年6月9日 12:27 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >うーん、尚五郎のシーンは本当に不要ですわ~。

    >もう毎週出てこなくてもいいのにな(爆)

    ここは、やっぱり出演者のバランスなのかなぁ。。。(^▽^

    尚五郎さんが瑛太じゃなかったら、出番は

    もっと少なかったかも。。。

    >五目並べを気に入ってもらえるとは、篤姫はやっぱりなかなか機転が利きますよね~。

    頭いいですよね~。

    天然なフリして、結構計算ずくだし(^.^;)

    囲碁が強いだけあって、先を読む力がありそうです~♪

  • くう
    2008年6月9日 12:24 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >自分を将軍ではなく一人の人間として

    >見てくれる篤姫という人間を

    >家定は新鮮に感じると共に

    >今を生きてるなって感じているような

    >気がしてきてますね。

    よく有名芸能人が引っかかっちゃう手でもありますが(^.^;)

    「彼女、僕のこと知らなかったんですよ~。そこが新鮮で」とか。。。

    >それにしてもここで五目並べとは

    >お見逸れ致しました(;・∀・)ゞ

    お篤さんらしい遊びです!

    やはり頭の回転がいいんですよね。

    >それにしても幾島は

    >コッソリと薩摩屋敷と連絡を取り合っているのに

    >既に滝山にその行動が漏れているとは

    >滝山の情報収集能力が優れているのか

    >それも見抜けない幾島の目が節穴なのか

    >どっちかなんでしょうね(笑)

    さすがの幾島も、大奥を甘く見ていたってとこでしょうか。

    滝山さまは、さすがですわ!

    でも、幾島も意地を見せて欲しい~(^▽^

  • くう
    2008年6月9日 12:20 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >本寿院は『篤姫派』だっただけに裏切られた様な感じになったに違いありません。

    ですよね~!かわいさ余って憎さ百倍。

    げに滝山、恐ろしや。。。ですね。

    >その怒りが次週の迫力あるホラーな振る舞いに表れていると思いました。

    予告恐かったです~(;>_<;)まさにホラー。。。

    でも、ちょっと楽しみ♪

  • くう
    2008年6月9日 12:18 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >篤姫は常に自分の目で確かめようとする。。

    >そういうとこ。。好きだなぁ*^^*

    白黒つけないと気が済まないタイプなのね。

    当時は相当珍しいでしょうね~。

    上さまの言う通り「変わったおなご」だったんだろうな(^.^)

    >そしてちょっぴり上さまとこころが通い合って。。

    >幸せなひとときでしたね♪

    五目並べは良いアイデアでした。

    難しくないし、2人で楽しめるもんね(^.^)

  • くう
    2008年6月9日 12:16 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >流れがスムーズで面白かったです。

    >本当分かりやすい大河だなぁというのをこの篤姫を見てたら思いますね。

    そうですね~(^.^)

    女性から見た歴史だからかなぁ。

    難しくないよね。

    >感想に書かれていないということはやはりくうさまも今回の尚五郎チームは要らなかった話って思われたんですね(苦笑)

    尚五郎チームですかぁ。。。ははは。。。(^▽^

    お近さんにのみ、軍配を捧げます♪

  • ikasama4
    2008年6月8日 11:33 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    幕府も大奥も皆嘘つきばかり

    そんな中で自分の気持ちを正直に話し

    自分を将軍ではなく一人の人間として

    見てくれる篤姫という人間を

    家定は新鮮に感じると共に

    今を生きてるなって感じているような

    気がしてきてますね。

    それにしてもここで五目並べとは

    お見逸れ致しました(;・∀・)ゞ

    それにしても幾島は

    コッソリと薩摩屋敷と連絡を取り合っているのに

    既に滝山にその行動が漏れているとは

    滝山の情報収集能力が優れているのか

    それも見抜けない幾島の目が節穴なのか

    どっちかなんでしょうね(笑)

  • 琉河岬
    2008年6月8日 11:28 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    次週、ついに本寿院VS篤姫の対決ですね!

    本寿院は『篤姫派』だっただけに裏切られた様な感じになったに違いありません。

    その怒りが次週の迫力あるホラーな振る舞いに表れていると思いました。

  • ミチ
    2008年6月8日 10:21 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    うーん、尚五郎のシーンは本当に不要ですわ~。

    もう毎週出てこなくてもいいのにな(爆)

    五目並べを気に入ってもらえるとは、篤姫はやっぱりなかなか機転が利きますよね~。

  • のの雪
    2008年6月8日 9:58 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    篤姫は常に自分の目で確かめようとする。。

    そういうとこ。。好きだなぁ*^^*

    そしてちょっぴり上さまとこころが通い合って。。

    幸せなひとときでしたね♪

  • なぎさ美緒
    2008年6月8日 9:43 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    流れがスムーズで面白かったです。

    本当分かりやすい大河だなぁというのをこの篤姫を見てたら思いますね。

    感想に書かれていないということはやはりくうさまも今回の尚五郎チームは要らなかった話って思われたんですね(苦笑)