【2013年(平成25年)7月期 夏クールドラマ総評 】独断と偏見のベストドラマ賞とランキング

毎度お馴染みのちょ~独断と偏見の7月期クールドラマ総評です。

お断りしておきますが、あくまでも個人ブログの雑感であり、世間の声とは
何の関係もありません。
あくまでも個人の好みで書いておりますので、意見の違う方は読み流して下さいませ。

今期「分かるやつだけ分かればいい!」(←これも分かるやつだけ分かればいいw)
仕様になっております。

ま…毎回そうだけどね。今期は特に苦情が来そうだから予防線張っとく。って事で…。

正直、視聴率お化けドラマがあろうが何だろうが夏はやっぱり夏だった…。

今期はおら的には「あまちゃん」があればそれでいいやって感じだった。
いや、「あまちゃん」に夢中すぎて他のドラマが今イチだった事にも気づかない始末。

気づけば夏は終わっていました…んな感じ

あとは…今クールはとにかくアニメが優秀すぎた。
も~今、終わって切ない物は私の中ではアニメばっかだ。
ランキングなんて「進撃の巨人」「有頂天家族」「あの花」「銀の匙」
とかで埋め尽くしたいくらいである。ダメですかそうですか。ダメですね。

じゃ、サラサラっと行ってみよ

★各ドラマのタイトルは、最終回と統括記事(またはカテゴリ)にリンクしています。
(対象作品は、2013年7月から始まった5話以上で構成される連続ドラマのみです。)


最優秀作品賞 該当なし。

優秀作品賞 「スターマン・この星の恋」

   

次点  「天魔さんがゆく」

   

何だこの順位…って、だっておらの好きなドラマの順位だもんっ!!

いや、普通~に「スターマン」を1位に持って行こうと思ったんだけど~。

そうすると今までやってきた総評の1位の作品とはちょっと違うと思ったんだよね…。
そこは、ちょっと差をつけておきたかった。

「スターマン・この星の恋」は、本当に楽しかったですよ。
おらにとっては、「火曜の夜のあまちゃん」だった。

架空の町に不思議で優しい人たちが溢れていてね。
見ていて幸せになれる可愛いドラマでした。

たぶん、伝わらない人には伝わらないんだろうが…。
白馬に乗った宇宙王子物語は日常からちょっと抜け出してみたい主婦には幸せ運んでくれた。

そんなドラマだったと思ってます。

「天魔さんがゆく」も、ひたすら楽しかった。

ど真夜中に何度も笑わせてもらったわ~。

主演の堂本剛さん含め佐藤二朗さんなど福田組と言っていいほど福田監督とお仕事している
役者さん達のとぼけた味わいが絶妙でした。

川口春奈ちゃんの女優としての新たな顔もいっぱい見られたドラマでした。

今期も何本か深夜帯ドラマを見ていましたが、見ていて良かったのはこれだけだったかな~。


特別賞
2本。

「今期のドラマ」とは言えない物と放送回数5話に満たない物です。

【あまちゃん】

   

まぁ、社会現象ですよね。

朝ドラを全く見ていない関心のない視聴者層も「クドカン脚本」に釣られてガッツリ見た。

それでも見ていなかった人も「あまちゃん」という朝ドラの存在は、たぶん知っている。
(これだけでも凄い事だと思いますよ)

「あまちゃん」を知らない人でも、たぶん「じぇじぇじぇ」は知っている。
「じぇじぇじぇ」を知らなくても街角で流れる『暦の上ではディセンバー』は聞いている。

こんな朝ドラ、今だかつてあったかなぁ。

もちろん、仕掛けている部分もあるわけですが、仕掛けてここまで広がったワケでは無く、
面白いからみんな見続けたわけで。

名作ですよ。
たぶん、この先もこんな朝ドラは現れないと思う。

【七つの会議】

   

恐らく大変視聴率は悪かったと思われ…。

「半沢直樹」と同じ原作者の作品であって、あちらとは全く違う重厚さ…。

これも会社の意のままに動いていた主人公が、自分の正しいと思う事をするまでの苦悩を
描いたストーリー。

本当に胃がキリキリするようなお話でした。
主人公の痛みが伝わるドラマでした。

正しい行いが必ずしも正しいとは限らない。
けれども、会社を変えるためには動くしかない。

サラリーマンの悲哀をどっぷり味わった4話でした。秀作です。
私は、「半沢」よりもこっち。

         + + + + +

じゃ、ここからは…今期は曜日順で簡単に。
(レビューのある物はタイトルを最終回記事・またはカテゴリにリンクしてあります)

【半沢直樹】

まぁ…これが1位だって方が多いんだろうこの夏期。

いや、ホントに面白かったのですよ。時代劇的に。青年コミック的に。
ただ上手く行くことが何となく解っているのでハラハラもドキドキもしなくて~。

渋い役者さんたちの凄い演技(顔芸含め)を楽しむドラマでした。

でも、これがものすごい視聴率を取ったというのはよく解ります。

サラリーマンがゆっくりドラマを楽しめる日曜9時という枠で、上司に倍返ししていくストーリー。
みんな、見たいでしょう。だって、そう思っている人がいっぱいいるに決まってるんだもん。

あまりドラマを見ないウチのダンナさんも珍しく夢中で見ていました。
…で、そういう一般の視聴者であるダンナは、最終回のラストは許せなかったらしいです。

私はどっちでもいいけど~…原作がどうこうじゃなくてさ…連ドラは連ドラの閉め方を
してほしかった気はします。

【SUMMER NUDE】

レビューは一回もないですね。
ごめん…いくら千葉ちゃんが出ていても、ちょっと見続けるの辛かった。
ほぼながら見になり、脱落していたのと同じ状況でした。

いっぱい主役格の若手役者を出しちゃって、各事務所の顔色窺うのが大変だったでしょうね…。

「ロンバケ」や「ビーチボーイズ」をガッツリ見ていた身としては、今さら焼き直しは
もう見る必要が無かったです。

【救命病棟24時】

これは本当にもう3話辺りで完全脱落してましたね~。
シリーズものとして、主役が変わってもストーリー作りの大元は変えないでほしかった…。
こんなお涙頂戴なシリーズじゃなかったはずなんだけど。

【激流~私を憶えていますか?~】

レビューはないです。
こんなにいい役者陣を揃えていながらね…。
いや、でも面白かったですよ。別の意味で。毎週すっっごいツッコめた。

【Woman】

レビューは完走しています。
これが1位だって方も多いでしょうね。
とりあえず最終回の総括にも色々書きましたが、最終的には私のこのドラマへの
引っかかりは「母親賛歌が凄すぎておらには無理~」ってやつなんだろうな…。
…と思いました。

【DOCTORS2 最強の名医】

レビューはないです。
「1」は見ていなかったのですが、面白かったです。
これぞ勧善懲悪ストーリーに近いんじゃないですかね。
「絶対失敗しないので」←ドラマが違うぞ。気軽に見れる医療もの。

【ぴんとこな】

レビューはないです。
もっと歌舞伎に期待してたんだけど…本当にぴんとこないで終わってしまった…。
「花男」みたいな普通のラブストーリー。

【Oh,MyDad!!】

レビューはないです。
開始から3話目くらいまでは主人公の人格が酷すぎて脱落寸前でした。
「親になる事」が、ちゃんと出来てからは見違えるように面白くなりました。
最初がもったいないなぁ。

【悪霊病棟】

レビューは完走しています。
最初は…ドラマでは珍しい質の高いJホラーだと思っていたんだけど、最後に近づくにつれて
ただのお化け屋敷になっていった……。
ま…お化け屋敷と連動しているドラマなので仕方ないんですが~。

あ~でも「救命病棟」よりは「悪霊病棟」の方が面白かったです。

【警部補 矢部謙三2】

小ネタ満載で楽しかったです!!

【リミット】

レビューは一応書いてます……。
何で書いたんだろう。自分がよく解らない…。
最初は面白いと思ったんだけど、引っ張りすぎでどんどん飽きてきた。

しかし、月9で無駄遣いされていた窪田正孝の演技力はここでは充分生かされました。
それだけが救い。

【たべるダケ】

たぶん、後ろにこれが無ければ「リミット」脱落していたと思う。
ただひたすら可笑しかった。
そして夜中にお腹すいた~
新井浩文さんの天然な役、カワイイ~。

【山田くんと7人の魔女】

一応、完走はしているんですが、ほぼ、ながら~。
楽しかったけれども、どんな話だったか頭に全く残っていません~。

後は1話脱落か、初めから見ていないか。

以上です。

       line line

おなじみの勝手に授賞式

独断と偏見の授賞式です。

主演男優賞 堺雅人「半沢直樹」

        次点 沢村一樹「DOCTORS2 最強の名医」

助演男優賞 香川照之「半沢直樹」

        次点 片岡愛之助「半沢直樹」

主演女優賞 満島ひかり「Woman」

        次点 広末涼子「スターマン・この星の恋」        

助演女優賞 田中裕子「Woman」

         次点 小池栄子「スターマン・この星の恋」

団体賞 東京中央銀行及びお取引先さまのみなさん「半沢直樹」

オープニング・エンディング映像賞 「スターマン・この星の恋」

   2013夏まとめ

テーマソング賞 「スターマン・この星の恋」
  

次点 「たべるダケ」

  

楽曲賞 「あまちゃん」

  

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【2013年 夏期ドラマ 視聴率ベスト】

平均視聴率ベストランキング10位までです。

1位 「半沢直樹」29.07
2位 「DOCTORS2 最強の名医」18.18
3位 「救命病棟24時 5」14.55
4位 「Woman」13.55
5位 「警視庁捜査一課9係 8」13.19
6位 「なるようになるさ。」12.65
7位 「SUMMER NUDE」12.53
8位 「斉藤さん2」12.31
9位 「京都地検の女 9」11.13
10位 「ショムニ2013」10.85

次点は「名もなき毒」9.26%。

「半沢直樹」最終回、42.2%というお化け数字が出ましたね。

まぁ…視聴率=ドラマの評価ではないし、私は全く気にならない方ですが、
世間的にはみんな気にしているらしいので一応UPさせていただきました。
ちなみに、10位より下は全て平均視聴率一桁です。

次クールです。→【2013年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

では、今期もつたないレビューにお付き合い下さり、ありがとうございました。

ツイッターやFacebookも含めコメント下さった方々もロムだけの方々も感謝しております。
コメントのお返しが遅れがち&ついに出来なかったものもありますが、どうぞ来期も見捨てず
お付き合いくださいませ。

では、来期もよろしくお願いいたします~。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村

※「Twitter」ID「kukucoo」です。

トラックバック受け付けられなかったサイトさま(コメント欄にてお知らせください)



フォローする

スポンサーリンク