【平清盛】第34回「白河院の伝言」感想


「清盛病に倒れる」の報は後白河上皇(松田翔太)始め、貴族・諸国の武士など多くの
人々の心を揺るがす。
そんななか清盛(松山ケンイチ)は夢の中で、実の両親・白河法皇(伊東四朗)と舞子
(吹石一恵)と会い、高みにのぼった自分は、父・白河を越えてみせると語る。
清盛に対して白河法皇が語りだしたこととは…?

そして、満を持して北条政子(杏)が再登場! 頼朝(岡田将生)と政子の出会いが
更なる歴史のうねりを生みだす。

(「Yahoo!TV」より引用)

   

第三十四回「白河院の伝言」

仁安3年2月。突然倒れた清盛は、そのまま意識を失い寝込んでしまいます。

寸白という事じゃ。
体に毒が入り込んでおる。
話しかけてもお答えにならず、こちらの声が聞こえておいでかどうかも分からぬ。

騒ぎ立てる一族に時子さまは言われます。

今は落ち着き、なすべき事をせよ。

重盛。
今、この時より一門を統べよ。
殿がお目覚めになるまで、棟梁のつとめ、しかと果たすがよい。

清盛危篤の知らせはたちまち都を駆け巡り、各所で衝撃や思惑を生ませていきます。

身の振り方をよう考えねば、とあたふたする下々の者。

この機会に八条院と以仁王を持ち上げようとする摂政・藤原基房と兼実兄弟。

そして、

義兄上に万一の事あらばその時は…そなたが棟梁となれ。
そなたは義兄上の正妻の子ぞ。
義兄上が身まかられれば、先妻の子の重盛が棟梁となる道理がない。

と、宗盛くんに吹き込んで時子さまに叱られる時忠。

身内でさえもこんな状態の中…

後白河上皇は滋子さまを伴って熊野詣でに出向かれ、途中で清盛危篤の情報を
聞かされます。

ご容体は?

芳しからずと。
今、御所を空けておるは危ういのでは?

急ぎ、都へ戻る。

滋子さまと成親の会話を聞きながら、上皇の表情はみるみる内に曇っていきます。

清盛が…死ぬかもしれぬと?

それは、ご子息・二条帝が身まかられた時にもお見せにならなかった
絶望的なお顔であらせられました。

その頃、清盛くんは悪夢の中を彷徨っておりました。

ここはどこじゃ?

ここは狭く暗く…。

…あたたかい。

顔も知らぬ女性が白河院と双六を打っておられます。

双六が強いのう舞子は。

と、目を細める白河院。

女性はやや子ができた事を報告し、院は

ほう。
わしの子を身籠るとは、青墓の白拍子ふぜいがなかなか良き目を出したものじゃな。

しかし、舞子が身籠ってから院の周りで次々と悪い事が起こりはじめます。

賀茂川の氾濫。山法師たちの強訴。

賀茂川の水。双六の賽。山法師。
この3つばかりは、あなた様のご威光をもってしても思うようになりませぬな。

と、院に囁く祇園女御。

やがて、院の愛する養女の璋子さまが原因不明の病で倒れられ、院はついに
陰陽師を呼んで祈祷させます。

流せ!
その腹に宿っておるは、王家に災いをもたらす忌むべき命ぞ!

陰陽師の啓示を受けて、院は舞子のお腹の命を奪おうとし、逃げ出した舞子は、
そのまま朝廷に追われる身となったのでした。

そして、平忠盛に匿われた舞子は清盛を産み落とし…。

産みおったか。王家に災いなすものと知りながら。

と、院の怒りに触れ、忠盛さまと赤子の清盛くんの目の前で射られて命を奪われたのでした。

射られて血まみれで倒れる舞子に向かって、清盛くんは叫んでおりました。

母上!母上!母上ーーーーーーー!!

そして、いつの間にか、白河院のお庭で院と2人きりで対峙していたのです。

清盛。
どうじゃ?太政大臣の座の座り心地は。

…早々に明け渡しました。
あまり良い心地がしませなんだゆえ。

ふん。
わしが院による政を始めたと同じようなものじゃ。

やはり流れておるのうもののけの血が。

清盛くんは父である院に、今まで自分が戦で奪って来た命について語ります。

私を上へ上へと駆り立てるのは…。
この身に流れるもののけの血ではござりませぬ。

この身に浴びてきた血こそがそうさせるのです。

院は清盛くんを見据えて言われます。

そちはまだ知らぬ。
のぼり切ったその果ての景色を。

何が見えると言うのです?のぼり切った果てに。

いつの間にか賽を手にしている清盛くん。

それを振ってみれば分かる。

それを振ってわしに追いつけば。

追いつけば…。

私は…あなた様を追い越してみせまする。

私は…あなた様を…。

そして気付くと……

清盛くんは自分の屋敷で寝ていたのでした。

手には賽。

そして、目の前には雨でびしょ濡れになった後白河院が立っておられました。

  
生きて戻ったか…。

     平清盛34話 

後白河院の目は潤んでおり、言葉には元気もありませぬ。
その姿はまるで親か兄弟を失う子供のようです。

清盛くんは微笑みながら答えました。

勝手に死んだりは致しませぬ。

まだ終わっておりませぬゆえ。
あなた様との双六遊びが。

互いに…生まれ出づる前より続く、長い長い勝負が。

この…。

死に損ないが!

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

絶大な権力が倒れる時には、必ず様々な思惑が生まれます。

今まで良い人っぽかったのに権力の倒壊に乗じて上へ登ろうと目論む者、
別の勢力への乗り換え先を求めて右往左往する者……。

小者策士っぷりがブレない時忠どののひと言で、清盛くんの息子である
宗盛くんの心さえも揺らぐ有り様……。

冷静を装う重盛くんの内心もいかばかりかと。

身内までもが、棟梁が危篤状態になっただけで早くも一枚岩が破れそうです。

権力者の病を純粋に心配する者は数少なく、その筆頭がずっと付き添っている盛国で
あることはいうまでもありませぬが、生涯のライバル・ごっしーのただならぬ
清盛くんへの愛も垣間見える回でした。

いや、「垣間見える」どころの騒ぎじゃないかも。

わざわざ駆けつけるんだもんね。

恐いのじゃ…清盛がおらぬようになってしまうことが。

わしに挑むようなあの目。
あの目を見ていると、この世にわしの務めがある。

生きることを許されておる。

そう思えるのじゃ。

清盛くんに挑む事でしか自分の存在を見いだせない、清盛くんとの双六遊びだけが
その命の支えだと涙すら流す後白河法皇。

その純粋に清盛くんを求める姿に思わず貰い泣きしてしまいましたわ。

全体的には、もう回想・総集編でしたね。

しかし、ただの総集編ではなく、清盛くんの夢の中での妄想補填…という形での
悪夢のような総集編。

心安らぐ回ではございません。

平清盛という大物の怪が生まれるまでの経緯をドラマティックに映し出す壮大な総集編でした。

いい回想シーンだったんだけどね……。

何で、そこにあの軽ーーーーーーーーーーい乙前の歌声が必要なのでありましょうか

私、先日、土曜スタジオパークの美輪明宏さんゲスト回を見ていて思ったのですが…

祇園女御が乙前ならば、

年齢的にも歌声も美輪明宏さまがベストキャスティング!!

NHKさん、今からキャストの変更、お願いします。

来週、ついに神木隆之介@牛若登場萌え!!

※ところで…
またまた新キャストが発表されておりまする。
「千葉雄大・二階堂ふみ・辻本祐樹、注目の若手が続々大河ドラマ初出演 by ORICON STYLE」
千葉ちゃん、高倉帝、萌え……。♥やっほー

【関連記事】
【平清盛】番外感想記事 源義朝・玉木宏さんスタジオパークゲスト回まとめ

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村

※キャスト

平清盛(平太) … 松山ケンイチ(幼少期:前田旺志郎)

平重盛 … 窪田正孝(少年期:平岡拓真 / 幼少期:亀元太→丸山歩夢)
平基盛 … 渡部豪太(少年期:末岡拓人 / 幼少期:池田優斗)
平宗盛 … 石黒英雄(少年期:草川拓弥 / 幼少期:黒澤宏貴→馬渕誉→村山謙太)
平知盛 … 小柳友(幼少期:須田琉雅 / 2歳:中澤虎太郎)
平頼盛 … 西島隆弘
平時忠 … 森田剛
平経盛 … 駿河太郎
平教盛 … 鈴之助

平盛国(鱸丸) … 上川隆也(幼少期:小林廉)
平家貞 … 中村梅雀
平忠度 … ムロツヨシ
兎丸 … 加藤浩次(幼少期:前田航基)

清三郎演 … 草川拓弥(幼少期:黒澤宏貴→馬渕誉→村山謙太)
清四郎演 … 須田琉雅(中澤虎太郎)

宗子(池禅尼) … 和久井映見
時子 … 深田恭子
滋子(建春門院) … 成海璃子
経子 … 高橋愛
秀子 … 海老瀬はな
須磨 … 駒塚由衣
明子 … 加藤あい

平忠盛 … 中井貴一
平正盛 … 中村敦夫
平忠正 … 豊原功補
平家盛 … 大東駿介(幼少期:藤本哉汰)
平盛康 … 佐戸井けん太
平維綱 … 尾美としのり
伊藤忠清 … 藤本隆宏

源義朝 … 玉木宏
源為義 … 小日向文世
源義平…波岡一喜
源為朝 … 橋本さとし
源頼政 … 宇梶剛士
由良御前 … 田中麗奈
常盤御前 … 武井咲

源頼朝(語り) … 岡田将生(少年期:中川大志 / 幼少期:君野夢真→横山幸汰)
政子 … 杏

源義経 … 神木隆之介

鳥羽上皇 … 三上博史
後白河天皇(雅仁親王) … 松田翔太
崇徳天皇 … 井浦新(幼少期:桑代貴明)
近衛天皇 … 北村匠海
二条天皇 … 冨浦智嗣
重仁親王 … 雄大
以仁王 … 柿澤勇人

統子内親王 … 愛原実花
八条院暲子 … 佐藤仁美

得子( 美福門院) … 松雪泰子
璋子(待賢門院) … 檀れい
堀河局 … りょう
御影 … 横山めぐみ

白河法皇 … 伊東四朗
舞子 … 吹石一恵

祇園女御 / 乙前 … 松田聖子

藤原長実 … 国広富之
藤原忠実 … 國村隼
藤原忠通 … 堀部圭亮
藤原頼長 … 山本耕史

伊東祐親 … 峰竜太
八重姫 … 福田沙紀
伊三郎 … やべきょうすけ
北条時政 … 遠藤憲一
安達盛長/藤九郎 … 塚本高史

信西(高階通憲) … 阿部サダヲ
高階通憲妻・朝子 … 浅香唯

藤原家保 … 渡辺哲
藤原家成 … 佐藤二朗
藤原成親 … 吉沢悠
藤原師光 … 加藤虎ノ介
高階基章 … 平田満
藤原季範 … 山口良一
藤原信頼 … 塚地武雅
藤原惟方 … 野間口徹
藤原基房 … 細川茂樹
藤原兼実 … 相島一之
藤原基実 … 村杉蝉之介

鎌田通清 … 金田明夫
鎌田正清 … 趙和

鬼若 … 青木崇高

西行(佐藤義清) … 藤木直人
朧月 … 隆大介
滝次 … 河原崎建三
国松 … 白倉裕二
時松 … 内野謙太
蝉松 … 原勇弥
荒丹波 … 八田浩司
麒麟太夫 … 須加尾由二
資遠 … 真島公平

↓おすすめ!

【送料無料】平家物語の女性たち新装版

【送料無料】平家物語の女性たち新装版
価格:580円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本
価格:1,260円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛をあやつった女たち

【送料無料】平清盛をあやつった女たち
価格:693円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛と平家の女たち

【送料無料】平清盛と平家の女たち
価格:1,000円(税込、送料別)