【2011年(平成23年)10月期 秋クールドラマ総評 】独断と偏見のドラマ賞とランキング

毎度お馴染みのちょ~独断と偏見の10月期クールドラマ総評です。

お断りしておきますが、あくまでも個人ブログの雑感であり、世間の声とは
何の関係もありません。

「何とかというドラマは何とかという偉い賞を取ってるドラマだ」とか、視聴率とか、そういうの
私には何の関係もないので~。

あくまでも個人の好みで書いておりますので、意見の違う方は読み流して下さいませ。

では、年末は年間もやるので、時間がないからサラサラっと行ってみよ

★各ドラマのタイトルは、最終回と統括記事(またはカテゴリ)にリンクしています。
(対象作品は、2011年10月から始まった5話以上で構成される連続ドラマのみです。)


最優秀作品賞 「妖怪人間ベム」

   

優秀作品賞 「家政婦のミタ」

   

次点  「カレ、夫、男友達」

  
1位と2位は正直かなり迷いました。
毎回、水曜が終われば「今期はミタだな」と思い、土曜が終われば「やっぱりベムだ」
と思いながら過ごして来た3か月だったので…

だから、本当に好みの問題ですね。
私は、ああいう1枚のロマンティックなイラストに収まるような詩のようなドラマが
大好きなんです。

「妖怪人間ベム」は、初めはアイドル俳優を使ったキワモノドラマに違いないと思い、見る気も
無かったのに、見始めたら毎回人間の意味について描く深いストーリーに感動し、泣かされました。

また、原作付きドラマとしての可能性も広がる作品でした。

「家政婦のミタ」も、他のドラマを捻ったタイトルや「なんで今、家政婦?」の
ような疑問で熱心に見るつもりは別にありませんでした。

こちらは、オリジナル脚本の素晴らしさを買います。
不気味な緊張感を醸し出す演出も素晴らしかった。

どちらのドラマも「人間が生きていく意味」について深く描かれていたと思います。

次点もかなり迷いました…「深夜食堂」「マメシバ一郎」を入れたかったんですよね…

しかし、どちらも30分ドラマなので・・・別枠にしようと思います。
(ここ何年かで30分枠ドラマが増えてきたので、他のドラマと並べづらくて)

で、「カレ、夫、男友達」です。
言いたい事は最終回のレビューに書いたので、ここには書きません。

ここに入ってくるとは自分でもちょっと意外

まあ…逆に言っちゃうと、そういうクールだったってことです。

と、いう事で・・・

特別賞  「マメシバ一郎」「深夜食堂2」

じゃ、後はなるべく簡単に。。。う~ん、印象に残った順。

【11人もいる!】

楽しかったです笑いあり涙あり、ブラックありで…
クドカン組には珍しい顔も、みんなそれなりにハマって、特に神木隆之介くんと加藤清史郎くんは、
たぶん、今までには無かった際どい事もやらされ、お勉強になったのでは

ただ、「クドカンドラマ」としての評価はそんなに高くはないです。
ごちゃごちゃし過ぎたかな。大家族だけに

【専業主婦探偵~私はシャドウ】

1回もレビューしてませんが、それなりに楽しかったです。
深キョンの美貌は衰え知らずだよね。毎回、コスプレを楽しむ感覚で見ていました。

なんか、良い話っぽく終わったけど、私はあのダンナにも父親にも全く
良い感情持ってないけど~。

【ランナウェイ~愛する君のために~】

ドラマ自体がと言うよりは、ツッコミで楽しむドラマ…って感じ
いいのか、そんな見方で
真剣そのものに演じていた役者さんたちには大変申し訳ない…

【僕とスターの99日】

オープニングのレトロ感がわりと好き。ストーリーはベタベタな恋愛ものですよね。
韓流テイストですが、まぁ、コメディ仕立ての韓流ラブストーリーは結構面白いので、
このドラマに関しても同じように評価します。

とにかく、今まで一度も見たことないようなテンション高い西島さんの演技が
一番の魅力でしょう。とてもカワイイ恋愛ドラマでした。

【蜜の味~A Taste Of Honey~】

突っ込んでナンボと言えば、これもそうなんですけど~・・・
もう、ツッコミ所しかない感じ。

彩さまにもカップルにも視聴者の同情を呼ぶ要素がなかった事が共感を呼べなかった
最大の要因かと・・・

【HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~】

1話、2話あたりは面白かったんだけど。
勢いもあったし、チームは個性的で楽しかったし。

ストーリーの風呂敷広げ過ぎたのでは、と思います。

【南極大陸】

「JIN」そっくりなオープニング、「華麗なる一族」でも確かに見たシーン、楽しいことがあると
直後に難局とかベタな演出。「坂の上の雲」視聴後には見るのが辛いお船と海の映像…
(VFX 曽利監督なんすね~…今、初めて知った。なのにどうして…って感じ…)

犬が主役になってきてから、やっと面白くなった感じ。
でもまぁ…そこから先は悲劇だし。

(ドラマ評価とは全く無関係ですが、このドラマに関しては、ちょっと突っ込むと夢中なファンが
噛みついてくるのにも、何度か辟易とさせられました
評価には無関係と言いつつも、ドラマ自体の印象は悪くなって当然だよね。

ドラマ見にとっては、どこの局がやってるとか、視聴率争いとか、他局は韓流女優が主役だとか、
そういうの、全く関係ないんで。
面白ければ面白いと言う。つまらなければ、つまらないと言う。ただそれだけです。)

他、【私が恋愛できない理由】【謎解きはディナーのあとで】【怪盗ロワイヤル】
Twitterがなければ、脱落してたと思います

【秘密諜報員 エリカ】この記事を書いている25日現在、まだ終了していませんが、入れちゃいました
栗山千明さんのコスプレを楽しむドラマだと認識しております。

以上。

       line line

おなじみの勝手に授賞式

独断と偏見の授賞式です。

主演男優賞 西島秀俊「僕とスターの99日」

        次点 佐藤二朗「マメシバ一郎」

助演男優賞 北村一輝「妖怪人間ベム」

        次点 桐谷健太「専業主婦探偵~私はシャドウ」

主演女優賞 松嶋菜々子「家政婦のミタ」

        次点 栗山千明「秘密諜報員エリカ 」        

助演女優賞 杏「妖怪人間ベム」

         次点 菅野美穂「蜜の味~A Taste Of Honey~」

団体賞 リキとわんこたち「南極大陸」

今期限定特設・ダメンズ選手権 (役者さんの演技などをランキングした物ではありません)

1位 多田邦一(ユースケ・サンタマリア)「カレ、夫、男友達」(マヨラーの怒りを買ったで賞)
2位 則杉康志(溝端淳平)「蜜の味~A Taste Of Honey~」(顔が変で賞)
3位 山本正(平岡祐太)「私が恋愛できない理由」(ほぼストーカーで賞)
4位 池澤雅人(ARATA)「蜜の味~A Taste Of Honey~」(キモカップルで賞)
5位 風祭京一郎(椎名桔平)「謎解きはディナーのあとで」(好きに生きていきま賞)

オープニング・エンディング映像賞 「蜜の味~A Taste Of Honey~」

テーマソング賞 「家政婦のミタ」

【送料無料】やさしくなりたい

【送料無料】やさしくなりたい
価格:1,260円(税込、送料別)

次点 「カレ、夫、男友達」

安藤裕子/輝か...

安藤裕子/輝か…
価格:1,050円(税込、送料別)

楽曲賞 「妖怪人間ベム」

2011年年間ドラマ総評はこちら→【2011年 ドラマ感想の決算】独断と偏見のベストランキングと〆

1月期のラインナップはこちら→【2012年1月期ドラマ一覧】ラインナップとキャスト表

来期もよろしくお願い致します~

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村