【龍馬伝】第二十三回

近藤長次郎とお徳の婚儀の席で、勝は神戸村の海軍操練所の完成を発表した。

神戸へ移動し、初めて本物の軍艦を目にし、


ますます目を輝かせて訓練に励む訓練生たち。

土佐では、武市が投獄された以蔵に引き合わされていた。

やつらは東洋を殺した人間を探しちょる。


誠を言うたら勤王党のもんは、みんな首を斬られるき。


黙っとけよ、以蔵。


久し振りに会った武市も投獄されていた。


東洋暗殺を勤王党がやったと言えば、みんなが殺される。


必死の形相で頼む武市。

以蔵は、ただワケが解らなく、戸惑うばかり。

海軍操練所では望月亀弥太が1人悩んでいた。

わしは、こんな事をしよっていいがか。


武市先生も以蔵も捕まってるぜよ。


戦った仲間があんな目にあっていると言うのに


こんな所に・・・


龍馬は言う。

わしらはもう新しい道を進みゆう。


日本の海軍を作るという新しい道をの。

武市さんに申し訳ない気持ちがあるのは、よう解るぜよ。


だがな、もう後戻りしてはいかん。


しかし、亀弥太は、京で長州藩士が大きな計画を立てていると聞いて


夜中に操練所を飛び出していった。

志の違う者を追う事はない、と言う訓練生たち。

それは違うぜよ!


わしらは、たった200人しかおらんがじゃ。


たった200人で海軍を作ろうとしようがじゃ。


異国は日本がばらばらになるのを待ちゆう。


じゃが、そうはさせんと思ったみんなが集まったがじゃ。

ここには、居なくても良いもんは1人もおらん。


船は1人で動かす事はできんがじゃ。


誰ひとり欠けたら船を動かす事はできんがじゃ。

あいつを死なせるわけはいかんき。


亀弥太を追って、京へ向かう龍馬。

しかし、龍馬が辿り着いたのは遅すぎた。

亀弥太は池田屋にいるだろう、とお龍に聞いた龍馬は


長州藩邸の辺りで瀕死の亀弥太を見つける。

自分は武士だから、あんなヤツらにやられるわけにはいかなかった。

と言う亀弥太は自ら身体に刃を突き立てていた。

おまんの言うとおりにしちょったら良かったかのう・・・

後戻りはいかんかったのう。








   line.gif


サイン・コサインとか~。。。


私がもっとも数学でつまずいていた所を


江戸時代の人がもうやっていたとは~

亀弥太の最後には涙した。。。けれども、このドラマで泣けたわけではなく。。。

息を引き取っていく亀弥太を見ながら、「新選組!」での亀弥太の最後を思い出していた。

新選組によって池田屋に踏み込まれた亀弥太は、斬りつけられ


息も絶え絶えに長州藩邸に辿り着く。

そこでは、この事件に関わったとされる者を拒否するように


命令が下されており、亀弥太は中に入る事を門前で拒否される。

無念の内に、亀弥太は長州藩邸の前で自刃して果てるのである。

「組!」の時の亀弥太のキャストはグループ魂の三宅弘城さん。


その、あまりに悲惨な死に様に涙したのを覚えている。







それに比べると、今日の亀弥太は。。。


わざわざ主役が追ってきたわりには、何だかアッサリなエピソード。
瀕死の亀弥太を大声で何度も叫び起こす龍馬を見て、


可哀想だから早く死なせてあげて~。。。


と思ったのは私だけですか~


新選組が何度も出てくるのは「組!」の大ファンとしては複雑だ・・・

この描かれ方も何だかね~。。。

実際には新選組は、「京に火を放ち、一橋慶喜、松平容保などを暗殺、


孝明天皇を長州に誘拐しようと言う長州藩士の計画」を


阻止するために池田屋に乗り込んだ。。。はずなのに。。。


(もっとも、この計画も後の捏造だと言う説もある)

これじゃ、ただの殺人集団だよ~。

新選組だって、この池田屋では沖田総司は病中なのを押しての参加、


藤堂平助も額に大怪我を負う必死の戦いだったのに。。。

歌とか歌いながら歩いてるし~








まぁ。。。見方が変われば何とやら。。。

長州側から見た新選組って、あんな感じだったのかもね。。。


不気味な殺人集団か。。。うん。そうかもね。。。







で、龍馬。

来週は壬生の屯所まで行くん?


何のために


新選組の描かれ方と亀弥太のアッサリさにビックリして、


他が印象薄くなってしまった回でした。。。。。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ

にほんブログ村  




キャスト



坂本龍馬:福山雅治(少年時代:濱田龍臣)


岩崎弥太郎:香川照之(少年時代:渡邉甚平)

武市半平太:大森南朋(少年時代:桑代貴明)


坂本乙女:寺島しのぶ(少女時代:土屋太鳳)

坂本八平:児玉清

坂本権平:杉本哲太

坂本伊與:松原智恵子

坂本千野:島崎和歌子

坂本幸:草刈民代(登勢・二役)

坂本千鶴:大鳥れい

坂本春猪:前田敦子(少女時代:松元環季)


平井収二郎:宮迫博之(少年時代:ささの貴斗)

平井加尾:広末涼子(少女時代:八木優希)

岡田以蔵:佐藤健(少年時代:黒羽洸成)

望月亀弥太:音尾琢真(少年時代:谷山毅)

望月清平:本田大輔(少年時代:松田佳祐)

溝渕広之丞:ピエール瀧


岩崎弥次郎:蟹江敬三/岩崎美和:倍賞美津子


岩崎喜勢:マイコ/岩崎さき:野口真緒

岩崎弥之助:須田直樹/武市冨:奥貫薫


千葉佐那:貫地谷しほり/千葉重太郎:渡辺いっけい

千葉定吉:里見浩太朗



沢村惣之丞:要潤/近藤長次郎:大泉洋

陸奥陽之助:平岡祐太/池内蔵太:桐谷健太


高松太郎:川岡大次郎


中岡慎太郎:上川隆也

高杉晋作:伊勢谷友介


吉田松陰:生瀬勝久

桂小五郎:谷原章介


三吉慎蔵:筧利夫/久坂玄瑞:やべきょうすけ

伊藤俊輔:尾上寛之/井上聞多:加藤虎ノ介

大久保利通:及川光博


三条実美:池内万作


楢崎龍:真木よう子


後藤象二郎:青木崇高

山内豊範:染井将太


柴田備後:北見敏之/河田小龍:リリー・フランキー

三条実美:池内万作/坂崎紫瀾:浜田学

島村衛吉:山雄介/河原塚茂太郎:原田裕章

井伊直弼:松井範雄/金子重之輔:尾関伸嗣

那須信吾:天野義久/岡本寧浦:ベンガル


智:菅井きん

お元:蒼井優

ぎん:林侑香/さと:三宅ひとみ

志乃:及川奈央/なつ:臼田あさ美


徳川慶喜:田中哲司

朝比奈昌広:石橋凌

ジョン万次郎:トータス松本

永井玄蕃頭:石橋蓮司

小栗忠順:斎藤洋介

岩堀文治郎:松尾貴史

上野彦馬:テリー伊藤

トーマス・ブレーク・グラバー:ティム・ウェラード


今井信郎:市川亀治郎

近藤勇:原田泰造/土方歳三:松田悟志

沖田総司:栩原楽人/松平容保:長谷川朝晴


松平春嶽:夏八木勲

勝海舟:武田鉄矢

阿部正弘:升毅

西郷隆盛:高橋克実


小曽根乾堂:本田博太郎

大浦慶:余貴美子


吉田東洋:田中泯


山内容堂:近藤正臣

























  龍馬伝(1)

  龍馬伝

  NHK大河 龍馬伝 前編

  坂本龍馬その偽りと真実









「Twitter」やってますです。

フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)










※この記事は2010年に楽天からFC2にお引越ししてきた記事です。

コメントは引っ越せましたがトラバの引っ越しはできませんでした。

ご了承ください。再トラバはいつでもお受けいたします。





この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

16件のコメント

  • くう
    2010年6月11日 8:48 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >本当に新撰組を悪く描くものって少ないですもんね。

    >でも龍馬側からみた新撰組はこんな感じだったんだろうなぁ。

    >って思いますわ。見方を変えれば!ってことですね。

    そうよね~。。。

    追われる方から見たら、こんなに強い集団は脅威だよね。

    当時は新撰組も一番盛り上がっていた時だったと思うし、

    こんな感じだったんだろうなぁ、と思いましたわ。

    京の町の人々にとっても物騒な集団だっただろうね。

    >それにしても亀弥太のエピにはそんなことがあったのですね。

    「組!」の亀には泣かされました(; ;)

    長州藩邸の門に入れて貰えない所が本当に可哀想だったんだよ。。。

    >とはいえ、毎回でっかい声でかくまわなくてはいけない相手を連呼しすぎっすよ。龍馬さんと思ってしまう私・・・

    私もいつもそう思ってます。

    そんな探し方したら、みんなあんたのせいで捕まってしまうだろ~!と^^;

  • みのむし
    2010年6月9日 4:08 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    本当に新撰組を悪く描くものって少ないですもんね。

    でも龍馬側からみた新撰組はこんな感じだったんだろうなぁ。

    って思いますわ。見方を変えれば!ってことですね。

    それにしても亀弥太のエピにはそんなことがあったのですね。

    とはいえ、毎回でっかい声でかくまわなくてはいけない相手を連呼しすぎっすよ。龍馬さんと思ってしまう私・・・

  • くう
    2010年6月7日 9:00 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >音尾琢真が演じているのだから私が知らないだけで有名な人なんだろうとは思っていました。

    すいません~(..;)私、実はその俳優さんの方を知りません。

    有名な方でしたか。。。

    私的には、あまり有名じゃない人がキャスティングされているから、

    あまり大きく扱われないのかな~とか思っちゃってました(^^;ゞ

    >ただ・・・何だか無理やり龍馬に絡めているように見えてしまいまって。

    まぁ。。。無理矢理ですよね(^^;ゞ

    何せその場に居なかった人間を主役特権で居させてるわけですから~。

    混乱した京の町で亀を見つける早さと偶然性もやりすぎかと。。。

    >有難迷惑・・・というかひたすら迷惑だったんじゃ・・・。

    >演出的にはこと切れていた方が良かった気がします。

    そうですよね!

    池田屋での出来事を省いて事後だけを見せたわけですら

    亀弥太も亡骸を見つけたってだけで良かったと思うんですよね~。。。

    それがこのドラマにおける主役の「語り部」的役割にはちょうどいいかな、と

    私も思いますわ~。

    >それにしてもこのドラマの新撰組は怖いというか不気味だわ・・・。

    >皆さんおっしゃるように見方が違うと描かれ方も変わりますね。

    昨日見終わった後はね、何かプツプツ書いちゃったけど、

    龍馬伝としては土佐の人間から見た新撰組だから、

    あんな風に不気味に映ったのかも知れないと納得しました。

    でも、総司の太く書きすぎた眉毛は耐えられない(-_-;)

  • くう
    2010年6月7日 8:50 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >龍馬が池田屋まで追いかけて行ったというのも本当のことなんでしょうか?

    あ~、それは完全な創作です~。

    池田屋の時、龍馬は勝先生に会いに江戸へ行っています。

    事件を知ったのは何日も。。。もしかしたら何ヶ月も

    先の事かも知れません。

    飛脚の時代ですからね~^^;

    ただ、池田屋事件の何日か前に龍馬は京で亀弥太と酒を呑んでいます。

    それはお龍も一緒だったようです。

    最期のお別れはできていたって事ですね。

    >私もこれ、驚きました!

    >もう習ってたんですね。

    >これが海軍に役立つのでしょうか?

    >私の実生活には全然役立ちませんでした(笑)

    私の実生活にも何の役にも立ってません(^^;ゞ

    たぶん、こういう仕事に就く人が必要な数式だったんですね。。。

    >ここで延命させても苦しいだけですね(^^;)

    >どうも最近の龍馬、中途半端なことが多くて(^^;)

    考えてみても、痛くて苦しくて死にかけているのに

    耳元でギャーギャー叫ばれて揺すられて。。。(; ;)

    静かに逝かせてあげようとか思ってくれないかな~。

  • くう
    2010年6月7日 8:44 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >私も躓いた場所です・・・(苦笑)

    (・_・)/\(・_・)ナカマ!

    あんな数式を江戸時代の人が解いていたなんて~。。。

    そして、それを解けない私^^;

    >出ていたのすら思い出せなかったのですが、

    >演じていた方を知り、漸くそのシーンが思いだせました♪

    あの時は確か龍馬と亀は先に近藤に会っていて、仲良く話していたんですよね~。

    と言う事で亡くなるシーンにも時間を割いていたんだと思います。

    >次回は龍馬が屯所に行くようですが、

    >果たして何をするつもりなのでしょう?

    >熱弁を奮いに?

    なんかね~。。。新撰組に熱弁奮っても無駄だと思うんですよね。

    だったら、もっと土佐の方に光を当てて欲しかったりして。。。

  • sannkeneko
    2010年6月7日 6:01 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    音尾琢真が演じているのだから私が知らないだけで有名な人なんだろうとは思っていました。

    ただ・・・何だか無理やり龍馬に絡めているように見えてしまいまって。

    >瀕死の亀弥太を大声で何度も叫び起こす龍馬を見て、

    可哀想だから早く死なせてあげて~。。。

    本当に。

    有難迷惑・・・というかひたすら迷惑だったんじゃ・・・。

    演出的にはこと切れていた方が良かった気がします。

    それにしてもこのドラマの新撰組は怖いというか不気味だわ・・・。

    皆さんおっしゃるように見方が違うと描かれ方も変わりますね。

  • ショコラ425
    2010年6月7日 9:19 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    亀弥太って実在の人物だったんですね(汗)

    情報、ありがとうございましたm(__)m

    龍馬が池田屋まで追いかけて行ったというのも本当のことなんでしょうか?

    >サイン・コサインとか~。。。

    私もこれ、驚きました!

    もう習ってたんですね。

    これが海軍に役立つのでしょうか?

    私の実生活には全然役立ちませんでした(笑)

    >瀕死の亀弥太を大声で何度も叫び起こす龍馬を見て、

    可哀想だから早く死なせてあげて~。。。

    >と思ったのは私だけですか~

    私もそう思いました。

    ここで延命させても苦しいだけですね(^^;)

    どうも最近の龍馬、中途半端なことが多くて(^^;)

  • BROOK
    2010年6月7日 6:29 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >サイン・コサインとか~。。。

    私も躓いた場所です・・・(苦笑)

    江戸時代から、あったというのにまず驚きました。

    >「組!」の時の亀弥太のキャストはグループ魂の三宅弘城さん。

    出ていたのすら思い出せなかったのですが、

    演じていた方を知り、漸くそのシーンが思いだせました♪

    次回は龍馬が屯所に行くようですが、

    果たして何をするつもりなのでしょう?

    熱弁を奮いに?

    気になるところです。

  • くう
    2010年6月7日 12:02 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >私も「新選組!」での亀弥太の最期は強烈に覚えています。

    ですよね~。。。あの時の亀は可哀想でしたよね(; ;)

    >もしかしたらあのまま長州藩邸前まで行くのだろうかとさえ

    >思ってしまいました(; ̄∀ ̄)ゞ

    それは考えつかなかった~。。。

    龍馬は来週、何のためだか壬生まで行くみたいですが、

    抗議しに行くならまず亀を追い出した長州藩邸へ~^^;

    >たしかに立場変わればなんとやら。

    確かにね~。。。この時期の新撰組は絶好調ですもんね。

    この池田屋で一気に名を成したわけですし、もしかしたら

    本当にあんな風に意気揚々と歩いていたかも知れません。

    (でも、喀血した総司は歌うどころじゃなかっただろうと思います^^;)

    >でもって、この分だと

    >龍馬があまり関わっていない戦の部分はバッサリになるんでしょうね。

    > ̄▽ ̄ゞ

    う~ん。。。そうかも。

    でも、実際に主役がその場にいなかったのに今回のように

    無理矢理参加させるくらいなら(いくら主役特権でも

    歴史は変えられないから居ても役に立てないし^^;)

    いっその事、バッサリの方が潔いかも知れませぬ。。。

  • くう
    2010年6月6日 11:52 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >亀弥太を必死に追ってきたわりには、おっしゃるとおりアッサリとした展開でした。

    >これもまた、死に際だけゆすられて可哀想でしたし。

    あんなに苦しそうなんだから、早く死なせてやるのが武士の情けだろ~。。。

    と思ってしまいましたわん^^;

    亀弥太で1話使うんだから、長州藩邸門前で追い払われる

    エピソードは当然入るんだと思ってました。

    やらないんだ。。。

    >蛤御門もアッサリでしょうね(苦笑)。

    どうでしょう?久坂の事もあるし。。。案外、龍馬も

    戦いに参加してたりして^^;(ないか^^;)

    亡くなってから駆け付けるシーンばかりじゃね~。。。

  • くう
    2010年6月6日 11:45 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >最近、池田屋直前から『友の死』まで、一気にDVDを見直してしまいました。。。

    ウチには、何と当時録画したビデオが(DVDじゃなくてビデオですよ~)

    あるんですよ~。

    私もつい最近「友の死」まで見直したのです。

    何度見ても面白く、そして何度見ても辛いです(; ;)

    >せっかく龍馬が助けようと走った先で、龍馬の大事な友達を斬る集団が、

    >かっこいい男たちであってはいけないでしょうからね。

    そうなんですよね。見方が変われば描き方も変わるんですよね。

    長州側から見れば殺戮集団だっただろうし。。。

    京の町人から見れば物騒な集団だっただろうし。。。

    でも、私にとっても、やっぱり新撰組は「組!」の新撰組なのです^^

    >同じ龍馬ならば、あの後、空に向かって、

    >「どいつもこいつも、馬鹿ばっかりじゃ」と言っていた龍馬のほうが

    >どれだけいいかと思います。

    そうですよね~。。。

    思い出すだけで、また泣けてくる~。。。

    実際、龍馬はあんな所には居なかったわけだし、

    遠くで泣いているだけでも充分だった気がするんだけど~。。。

    来週は壬生まで行くみたいで。。。それも不安^^;

  • くう
    2010年6月6日 11:38 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >今個人的に、とあるアニメで新選組を取り扱ってるものがあって、そちらではやはりいい扱い的な描かれ方をされているのを見ているだけに、たんなる殺人集団に仕立て上げられたようなこの新選組はちょっと・・・でした。

    新撰組はね~。。。小説、映画、ドラマ、アニメとたくさん

    扱われていて、ファンが多いですよね。

    そっち側から見た新撰組と、こっち側から見た新撰組って事なんですよね。

    私的にも「組!」のイメージがあるので、こんな悪魔集団みたいな

    新撰組は見るのが辛いです(; ;)

    仕方ないんですけどね。。。

    >最近ものすごく「新撰組!」を見たい衝動に囚われてます。

    >でもこの時はDVDを録ってなかったので、レンタルでもしようかなぁとか考えてます(^^)

    私なんか、当時ビデオで録画してたんですよ~~(^0^)

    それを未だに時々見ているのです~^^;

    その内、DVD買う事になるのかも。。。

  • ikasama4
    2010年6月6日 11:32 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    私も「新選組!」での亀弥太の最期は強烈に覚えています。

    もしかしたらあのまま長州藩邸前まで行くのだろうかとさえ

    思ってしまいました(; ̄∀ ̄)ゞ

    でもって、この作品での新選組はたしかに殺人集団であり

    それを誇っているという感じになってましたからねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ

    たしかに立場変わればなんとやら。

    攘夷派か、公武合体派か

    そうやって敵味方をはっきり区別してしまうと

    こんな風になってしまうんでしょうねぇ。

    でもって、この分だと

    龍馬があまり関わっていない戦の部分はバッサリになるんでしょうね。

     ̄▽ ̄ゞ

  • ふるゆき
    2010年6月6日 11:00 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    亀弥太を必死に追ってきたわりには、おっしゃるとおりアッサリとした展開でした。

    これもまた、死に際だけゆすられて可哀想でしたし。

    あの海軍操練所を脱走してまで参加したのだから、もう少し何とか・・・と思いますよね。

    新選組が殺人集団として描かれるのも、見方の違いでしょうがないですが、これも実にアッサリでした。

    蛤御門もアッサリでしょうね(苦笑)。

  • 悠雅
    2010年6月6日 10:42 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    発売時、清水の舞台から飛び降りるほどの覚悟で、『組!』のBOXを買ったわたし。

    最近、池田屋直前から『友の死』まで、一気にDVDを見直してしまいました。。。

    新選組は、全国の食い詰め浪人の烏合の衆、殺人集団と言われても、それはそれで仕方ないでしょう。

    せっかく龍馬が助けようと走った先で、龍馬の大事な友達を斬る集団が、

    かっこいい男たちであってはいけないでしょうからね。

    ここでどのように描かれても、たとえあれこれ言われても、

    やっぱり『組!』がいつまでも忘れられないです。

    やっぱり、「亀」はあのシーンを思い出されましたか。

    同じ龍馬ならば、あの後、空に向かって、

    「どいつもこいつも、馬鹿ばっかりじゃ」と言っていた龍馬のほうが

    どれだけいいかと思います。

  • なぎさ美緒
    2010年6月6日 10:11 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    今個人的に、とあるアニメで新選組を取り扱ってるものがあって、そちらではやはりいい扱い的な描かれ方をされているのを見ているだけに、たんなる殺人集団に仕立て上げられたようなこの新選組はちょっと・・・でした。

    いや、本当描かれ方というか、視点ひとつなんですよね。

    どっちにも正義はあるんでしょうし。

    最近ものすごく「新撰組!」を見たい衝動に囚われてます。

    でもこの時はDVDを録ってなかったので、レンタルでもしようかなぁとか考えてます(^^)