【龍馬伝】第八回

どこまで息子の邪魔をしたら気が済むがぜよ!

江戸で勉学修行を初めて1年。


弥太郎の元に父が大ケガをしたと言う手紙が来た。

走れるだけ走って土佐へ帰る弥太郎。

弥次郎は一時期は瀕死の重体だったらしい。


そこには龍馬もいて甲斐甲斐しく世話をしていた。

弥次郎の怪我の原因は、庄屋の島田から殴る蹴るの


暴行を受けた事だった。

島田は田んぼの水路を全部自分の所に引き、


そのせいで村は困り果てた。

弥次郎はその事で島田に直談判に行き、事態は起きたのだった。

龍馬はその場に居合わせ弥次郎を助けた。

弥太郎は島田にお咎め無しと言う裁きを下した奉行所に駆け込んだが、


追い出されるだけ。


しかも、すでに龍馬も同じ事をしていたようだった。

龍馬は武市に相談するが

日本が外国に乗っ取られそうなこの大事な時に


そんな細んまい事で悩んでいる場合か。


と言われてしまう。

武市は江戸へ行く許可が下り、修二郎と以蔵を引き連れて


出立する予定だという。

けんど剣術修行は表向きの理由ぞ。


江戸へ入ったら、わしは各藩の攘夷派と会う。


武市は江戸へ上ったら本格的に攘夷のための


活動を始めると言う考えで凝り固まっているようだった。

島田さまは常日頃からお奉行様に付け届けをしちゅう。


岩崎さまを悪者にして何もなかったことにしようっちゅうことですわ。


饅頭屋からそう聞いた龍馬は、親戚の不正を殿様の前で


叱責したと言う吉田東洋に訴える事を考えつく。

しかし、三日三晩屋敷の前で座り込み、やっと会って貰えた吉田東洋は


龍馬と弥太郎の話に耳を傾けてはくれなかった。

わしは天才だから、何を言っても許される。

と東洋は言う。

岩崎弥太郎。


おんしは何を持っちゅう。

坂本龍馬。


おんしに何が出来る。

何の力もないもんは黙っているしか仕方ないがじゃ。


それが世の中ぜよ。


東洋の屋敷を出た弥太郎は自暴自棄になっていた。

あきらめるんか?

おまん東洋に言われた事を忘れたがか!?


わしら下士には何もできんぜよ!


そもそも、どうして自分たちに関わるのか、と聞く弥太郎に龍馬は言う。

おまんが帰ってきたからじゃ。

あれだけの強い思いで江戸へ行ったのに、


岩崎弥太郎はお父上のために帰ってきた。

あの時のおまんの泥にまみれた姿を見た時、


わしは震えが来たんじゃ。


不器用な男と龍馬に評された弥太郎は、


奉行所の門に落書きをして牢にぶち込まれた。

官以賄賂成 獄因愛憎決

「官は賄賂を持って成し、獄は愛憎持って決す」

今の自分に出来る、ささやかな復讐である。

龍馬は、再び土佐を出て江戸へ向かう。







   line.gif








吉田東洋ってあんな人


もっと公平な人だと思っていた。

わしは何をしても良いんじゃ。天才だからの。

あんな事を言う人は、とても大人物とは思えない。。。

しかし、東洋の言葉は龍馬と弥太郎を奮起させる。

今のお前達に何が出来る。


もっと大きくなれ!


と言っているようにも聞こえる。

父のために自分を捨てて江戸から帰ってきた弥太郎。

父を見る瞳が子供のようだった弥太郎は、


ちょっとだけ可愛かった。

相変わらずどうしようもない父・弥次郎だが、


村のために庄屋に怒鳴りこむ正義感はあるよう。

不器用な似たもの親子。

弥次郎と弥太郎はよく似ている。

そして、弥太郎を諭す龍馬も、父・八平によく似ている。

親子の繋がりを感じる話だった。









にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ

にほんブログ村  




キャスト



坂本龍馬:福山雅治(少年時代:濱田龍臣)


岩崎弥太郎:香川照之(少年時代:渡邉甚平)

武市半平太:大森南朋(少年時代:桑代貴明)


坂本乙女:寺島しのぶ(少女時代:土屋太鳳)

坂本八平:児玉清

坂本権平:杉本哲太

坂本伊與:松原智恵子

坂本千野:島崎和歌子

坂本幸:草刈民代(登勢・二役)

坂本千鶴:大鳥れい

坂本春猪:前田敦子(少女時代:松元環季)


平井収二郎:宮迫博之(少年時代:ささの貴斗)

平井加尾:広末涼子(少女時代:八木優希)

岡田以蔵:佐藤健(少年時代:黒羽洸成)

望月亀弥太:音尾琢真(少年時代:谷山毅)

望月清平:本田大輔(少年時代:松田佳祐)

溝渕広之丞:ピエール瀧


岩崎弥次郎:蟹江敬三/岩崎美和:倍賞美津子


岩崎喜勢:マイコ/岩崎さき:野口真緒

岩崎弥之助:須田直樹/武市冨:奥貫薫


千葉佐那:貫地谷しほり/千葉重太郎:渡辺いっけい

千葉定吉:里見浩太朗



沢村惣之丞:要潤/近藤長次郎:大泉洋

陸奥陽之助:平岡祐太/池内蔵太:桐谷健太


高松太郎:川岡大次郎


中岡慎太郎:上川隆也

高杉晋作:伊勢谷友介


吉田松陰:生瀬勝久

桂小五郎:谷原章介


三吉慎蔵:筧利夫/久坂玄瑞:やべきょうすけ

伊藤俊輔:尾上寛之/井上聞多:加藤虎ノ介

大久保利通:及川光博


三条実美:池内万作


楢崎龍:真木よう子


後藤象二郎:青木崇高

山内豊範:染井将太


柴田備後:北見敏之/河田小龍:リリー・フランキー

三条実美:池内万作/坂崎紫瀾:浜田学

島村衛吉:山雄介/河原塚茂太郎:原田裕章

井伊直弼:松井範雄/金子重之輔:尾関伸嗣

那須信吾:天野義久/岡本寧浦:ベンガル


智:菅井きん

お元:蒼井優

ぎん:林侑香/さと:三宅ひとみ

志乃:及川奈央/なつ:臼田あさ美


徳川慶喜:田中哲司

朝比奈昌広:石橋凌

ジョン万次郎:トータス松本

永井玄蕃頭:石橋蓮司

小栗忠順:斎藤洋介

岩堀文治郎:松尾貴史

上野彦馬:テリー伊藤

トーマス・ブレーク・グラバー:ティム・ウェラード


今井信郎:市川亀治郎

近藤勇:原田泰造/土方歳三:松田悟志

沖田総司:栩原楽人/松平容保:長谷川朝晴


松平春嶽:夏八木勲

勝海舟:武田鉄矢

阿部正弘:升毅

西郷隆盛:高橋克実


小曽根乾堂:本田博太郎

大浦慶:余貴美子


吉田東洋:田中泯


山内容堂:近藤正臣

























  龍馬伝(1)

  龍馬伝

  NHK大河 龍馬伝 前編

  坂本龍馬その偽りと真実









「Twitter」やってますです。

フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)










※この記事は2010年に楽天からFC2にお引越ししてきた記事です。

コメントは引っ越せましたがトラバの引っ越しはできませんでした。

ご了承ください。再トラバはいつでもお受けいたします。





この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

16件のコメント

  • くう
    2010年2月27日 1:34 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >東洋の言ったことは善し悪しにかかわらず、

    >龍馬と弥太郎の心に響いたことはたしかですよね♪

    私もそう思います。

    少なくとも「悔しい」と言う気持ちにはなりますよね。

    龍馬は元々、上士下士の身分のせいで母を失っているし、

    弥太郎も身分のせいで勉学で取り立てて貰う事ができない。

    2人の今までと今後の指針をずばり言い当てたような東洋の言葉でした^^

  • くう
    2010年2月27日 1:31 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >村の農民達はどうして何もしてくれなかったのでしょう?

    >彼らのために、ひどい目にあったのに・・・

    彼らは「あきらめる」と言う事が解っている人たちなんでしょうね。

    武士には虐げられて生きる物、と、逆らうことなど考えもしないんでしょう。

    >不器用な親子の愛は良かったです♪(^^)

    そうですね~。

    何か微笑ましい親子ですよ^^

  • くう
    2010年2月27日 1:28 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >個人的には今回の件で弥太郎とますます深まる絆(?)とその一方で薄れゆく武市たちとの絆に目が行っちゃいました…。

    武市さんは本当に見る度に悲しいですよ(; ;)

    あんなに慕われていた良い兄貴って感じだったのにさ。。。

    ついにあんなに心配していたお祖母さんを置いて江戸に行ってしまうなんて。

    人柄が変わってしまいました。

    >ただ、最後に牢屋になぜ弥太郎だけ?という台詞にはなんとなくこの父だけは!とムカッと来た面も…(^-^;

    結局、あの父は何があっても変わらさそうですね^^;

    そんな父でも支える家族が微笑ましかったり。。。

  • くう
    2010年2月27日 1:18 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >東洋と弥太郎が似てる気がしますしね。

    私もそう思います。

    お口が悪いところが。。。(+_+)

    憎らしい言葉を発して他人を奮起させるような所がありますね。

    今のところ立場が大きく違うので、弥太郎の言う事は、

    ただの暴言にしか聞こえないですが^^;

    立場が違うだけで、東洋の言葉には重みがあります。

    >でもって続きますねぇ、親子ネタ。

    弥太郎に弥次郎。龍馬に八平。

    この父からこの子と言うのが、とても解りやすい組み合わせです^^;

    >我が家にもろくな事をしない父親がいますので(; ̄∀ ̄)ゞ

    ウチにもお口の悪い父が若干1名。。。(..;)

  • くう
    2010年2月26日 2:58 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >坂本家の暖かさとはかなり違うけど、親子の姿を描いた回ではありました。

    >おっしゃるとおり、ほんとに不器用親子です。

    不思議な魅力のある家族ですよね^^

    変な父親を家族が結託して支えてる。

    そこに愛情があるからそうできるのでしょうね。

    ダメな父親が一家を結んでいるような気がします。

    >弥太郎は情愛も野心もすべてスパークしないと気がすまないタイプなので、龍馬のほんわかした親切には余計に腹が立ったのかも。

    この2人の繋がりも妙ですよね~。

    龍馬のお節介にハラが立つと言いつつ、でも嬉しかったりしてるのでは^^;

    >ついに武市らも江戸に行ったので、いよいよ来週が待ち遠しく思えます。

    江戸はどうなるのでしょうね。

    前回の江戸行きのように希望のあるシーンばかりでは無くなりそう。。。

  • くう
    2010年2月26日 2:53 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >ド迫力でしたね。この人観たさに待ってた甲斐もあるというものです。

    ファンなのですね^^

    迫力のある方ですよね~。眼力凄いって言うか。。。。

    恐そうな東洋でしたわ^^;

    >そこを正したければ、ほかの誰にも真似のできない何かを身につけ、他人様に一目置かれる人物になれ、と言ってたのでしょうね。

    やはりそういう意味合いはあるでしょうね。

    この時代、下士が果たしてそう言われて成り上がれるかは

    定かではありませんが、現実に2人とも物言える人になったんですものね。

    ある意味、この日の東洋あっての後の2人。。。と言えるかも。

  • くう
    2010年2月26日 2:44 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >ただ、不正を正すにも力が要る、

    >お殿様の親戚筋云々の話も東洋が参政の地位にいたからこそ出来たのかも。

    >とにかく田中泯の迫力に圧倒されてしまいました。

    そうなんですよね。

    言っている事は憎らしさ満開なんですが、正しいんですよね~。

    悔しければ力を持ってみろって事ですかね。

    うん。迫力のある役者さんですわ~!

    >村の人たちのために庄屋に怒鳴り込んだ弥次郎。

    >返り討ちには遭いましたが少し見直しました。

    いや、弥太郎は良いやつなんですよ~。

    素直じゃないけど~^^;

    父にも愛情がいっぱいあるんでしょうね。

    父の方はイマイチよく分かりませんが^^;

    >それにしても加尾の話は要らなかったんじゃ・・・。

    加尾の話はいつも要らな(以下略^^;)

  • くう
    2010年2月26日 2:40 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    あんな父でも愛してるんでしょうね~。

    金持ちになりたいのも家族を思う気持ちから来ているのだと思います。

    本当は優しい人なんですよね^^

    >いつも意地をはってばかりだけど。前回も親子回でしたが、今回も親子回でしたね★

    どちらの親子も素敵でした♪良い絡め方ですね(*^^*)

  • BROOK
    2010年2月22日 6:33 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。

    東洋の言ったことは善し悪しにかかわらず、

    龍馬と弥太郎の心に響いたことはたしかですよね♪

    あの言葉があったからこそ、2人は意識改革したのかもしれません。

    >今のお前達に何が出来る。

    もっと大きくなれ!

    と言っているようにも聞こえる。

    まさに、“これ”だと思います。

    真意を理解したような2人でしたね。

  • ショコラ425
    2010年2月22日 12:18 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    村の農民達はどうして何もしてくれなかったのでしょう?

    彼らのために、ひどい目にあったのに・・・

    不器用な親子の愛は良かったです♪(^^)

  • へなちょこはっぴーらいふ@おふらいん
    2010年2月21日 11:43 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!

    今回もホントに親子ネタでしたね(^-^;

    個人的には今回の件で弥太郎とますます深まる絆(?)とその一方で薄れゆく武市たちとの絆に目が行っちゃいました…。

    ただ、最後に牢屋になぜ弥太郎だけ?という台詞にはなんとなくこの父だけは!とムカッと来た面も…(^-^;

  • ikasama4
    2010年2月21日 11:33 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    あの東洋のキャラは強烈でしたが

    でも、土佐ではこういう人だから

    御殿様に重用されたのかなとか思ったりしますね。

    それになんとなく

    東洋と弥太郎が似てる気がしますしね。

    >今のお前達に何が出来る。

    >もっと大きくなれ!

    ああ、たしかにそういう風にも見えますね。

    まぁそこまであの東洋さんが考えているかどうかは

    分かりませんが ̄▽ ̄;

    でもって続きますねぇ、親子ネタ。

    なんだかんだ言って父親はたった一人ですからね。

    ああいう気持ちはよく分かります。

    我が家にもろくな事をしない父親がいますので(; ̄∀ ̄)ゞ

  • 悠雅
    2010年2月21日 11:33 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    ド迫力でしたね。この人観たさに待ってた甲斐もあるというものです。

    でも、あの発言(というより言葉の選び方)にはビックリ。

    ただ、あのようなことは、吉田が言うようによくあることで、

    そこを正したければ、ほかの誰にも真似のできない何かを身につけ、他人様に一目置かれる人物になれ、と言ってたのでしょうね。

    そんなに簡単なことではないだろうけれど、

    これが岩崎をさらに駆り立てるもののひとつになるんでしょうね。

  • sannkeneko
    2010年2月21日 10:46 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    吉田東洋の"自分は天才だから"発言にはかなり面食いました。

    ただ、不正を正すにも力が要る、

    お殿様の親戚筋云々の話も東洋が参政の地位にいたからこそ出来たのかも。

    とにかく田中泯の迫力に圧倒されてしまいました。

    村の人たちのために庄屋に怒鳴り込んだ弥次郎。

    返り討ちには遭いましたが少し見直しました。

    そして怒りをぶつけながらもそれでも父を大切に思う弥太郎も。

    それにしても加尾の話は要らなかったんじゃ・・・。

  • ふるゆき
    2010年2月21日 10:27 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    坂本家の暖かさとはかなり違うけど、親子の姿を描いた回ではありました。

    おっしゃるとおり、ほんとに不器用親子です。

    弥太郎は情愛も野心もすべてスパークしないと気がすまないタイプなので、龍馬のほんわかした親切には余計に腹が立ったのかも。

    ついに武市らも江戸に行ったので、いよいよ来週が待ち遠しく思えます。

  • うさ(o´∀`o):.*
    2010年2月21日 10:11 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも肝心なときにどーしようもない父親だけれど、その父親のために江戸から走ってボロボロになって帰って弥太郎って、家族思いのやさしい人だなと思いました。

    いつも意地をはってばかりだけど。前回も親子回でしたが、今回も親子回でしたね★