【やすらぎの郷】第86・87・88・89・90話(第18週) 一週間まとめてあらすじ感想

岩倉(山本圭)が「日本芸能史」を執筆するルポライター・立木(きたろう)と出会う。
立木は戦前の映画監督・千坂について、摂子(八千草薫)から取材したいという。
2人が恋仲だったこともあり、やすらぎの郷のスタッフは慎重に事を進める。
程なく、立木が郷にやって来た。
菊村(石坂浩二)らが同席し、摂子は戦前の映画界の話を機嫌良く語り始める。
やがて立木は、千坂が戦時中に日本軍に協力し、戦意高揚のために制作したと思われる映像を見せる。
すると、摂子が激しく取り乱し、部屋を飛び出す。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「やすらぎの郷」第18週 第86~第90話

   yasuragi


以前、「戦地に発つ前に切って差し上げた千坂監督の爪を食べた」と語っていた姫に、戦中の芸能史を書きたいというルポライターからの取材の話がやって来る。

それは、姫の忘れえない恋を炙りだすインタビューでもあった。

簡単にあらすじおさらい

第86話(月曜日) : 兄の葬儀のために郷を出ていた大納言が帰ってきた。

大納言は「日本芸能史」を執筆するルポライター・立木公次郎と偶然出会い、千坂浩二監督について聞きたいと言っていたので九条節子なら知っているのではと郷の連絡先を教えてしまったと言うのだった。

姫を傷つけたくない事務局は困惑するが、姫自身がインタビューを受けると言い出し、実現することに。


第87話(火曜日) : 立木公次郎がやすらぎの郷へやってきた。
目的は姫への「戦時中の芸能人としての思想」インタビュー。

姫は言葉を選びつつも機嫌よく自分の身の上など語っていた。
しかし、立木の話は徐々に戦時中の文化人の「国策」へと偏って行き、千坂監督の話が出ると姫の口は次第に重くなっていく。

退席したいと言う姫の手を栄は思わず握りしめた。
 yasuragi18-手

第88話(水曜日) : 姫が退席した後、立木はGHQが押収していたフィルムの話をし始める。

それは千坂監督が撮った戦地の映像で日本軍がまだ優勢だった頃のものだった。
しかし、その映像の終わりの方に唐突に平和な京の風景が映し出され、そこに姫と思われる少女が映っていると言うのだった。


第89話(木曜日) : 姫が退席した事を知って、マヤが何があったのかと顔色を変えて飛びこんで来る。

その映像を見せろと迫るマヤを、同席していた秀次は見ない方がいいと止めるのだった。

栄はカサブランカでマヤと、千坂監督はどんな気持ちでそのフィルムを撮ったのか思いを巡らせる。
 yasuragi18-映像

第90話(金曜日) : 夜中、栄のヴィラに姫が訪ねてきた。

取り乱してインタビューを退席したことを詫び、「フィルムの中の平和なワンシーン」を撮られた時の話をし始める姫。あれは確かに姫の映像だった。

ある日、監督は突然姫を呼び出し、三年坂の前で無言でそれを撮ったのだという。日傘で顔を隠して静かに歩く少女。

その何日か後に監督に赤紙が届いた。
そして監督は6月の初めにアッツ島で戦死した。

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

GHQが押収していたという1本のフィルム。
その中に描かれた千坂監督と九条節子の淡い恋で綴る1週間。

とても濃い戦争物語だった。

この戦争で命を失った人たちも、その帰りを待っていた人たちも、それぞれの人生があってそれぞれの恋があったのだと。

ドラマティックに語られた一週間だった。

それが例えその辺の会社勤めの人だったとしても、パン屋さんだったとしても、文化人だったとしても、みんな同じように切ない思いを抱えていた。

先週と同じく、時間をバックさせる当時の映像に被せられる、淡い想いを抱えたまま90になった乙女のような姫の語り。

石坂浩二さんも、八千草薫さんも、今さらだけれども名優だなぁと。
心からそう思った。

簡単な感想

日々の感想はツイッターを拾います。

 yasuragi18-立木  yasuragi18-ひでさん  yasuragi18-手つなぎ

2017年、戦後72年を迎えた。姫は現在90歳を超える。戦時中は20歳前後もう名の売れた女優だったという。

監督との恋は少女の終わりの季節の淡い思い出だった。
戦地で亡くなったとなれば尚更。

毎年、監督が亡くなった6月の初めを。
8月15日の終戦記念日を。

この人はどんな気持ちで迎えて来たのだろう、と考える。

どんなに歴史を研究しようが、たくさん本を読んだり映画を見たりして知ったような気になろうが、体験した人でなければ理解できない苦しみや悲しみは確かに存在するもので。

風化させてはならない。
けれども、抉ってもならない。

千坂監督が撮った姫の映像が、そのまま淡い恋の形として表現された金曜日。

切ない話だった。


この記事を書いている本日は8月6日。
72年前、1945年(昭和20年)8月6日月曜日・午前8時15分。広島に原子爆弾が投下された。

今、朝方3時。

この日は夜中に空襲警報があり、市民は睡眠不足の中、軍需工場などに出勤したという。

就業開始から恐らく15分ほどのち。
「いってきます」と家を出て、二度と家族に会えなくなった人たちの数は10万~12万人。

それぞれの人たちにそれぞれの日常ドラマがあったはず。

風化させてはならないこととは、ただ死を悼むことだけではなく、二度と繰り返さないためにどうするか考えること。

1人1人の人生をスキャンダラスに掘り起こす事ではないと思うの。

御霊は安らかに。

再放送


通常再放送は BS朝日 毎週月曜~金曜日 朝7時40分~8時。

前週分の無料配信は「TVer」

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト


菊村栄 – 石坂浩二

白川冴子 – 浅丘ルリ子
及川しのぶ – 有馬稲子
水谷マヤ – 加賀まりこ
三井路子 – 五月みどり
井深凉子 – 野際陽子
高井秀次 – 藤竜也
真野六郎 – ミッキー・カーチス
九条節子 – 八千草薫
岩倉正臣 – 山本圭
松岡伸子 – 常盤貴子
財前ゆかり – 松岡茉優
名倉みどり – 草刈民代
菊村律子 – 風吹ジュン
名倉修平 – 名高達男
貝田英信 – 藤木孝

三角寬次 – 山谷初男
堺田俵介 – 毒蝮三太夫
原田 – 伊吹吾郎
那須 – 倉田保昭
中井竜介 – 中村龍史
宮下一馬 – 平野勇樹
中里正 – 加藤久雅
進藤秀夫 – 山下澄人
橋本忠吉 – 納谷真大
野村伊三郎 – 芳野史明
菅野平助 – 西岡ゆん
村松豊 – 福崎峻介
千倉和夫 – 森谷勇太
冲正之 – 熊澤洋幸
荒木実 – 関健介
正岡治 – 池田絢亮
田辺三郎 – 湯川尚樹
茅野大三郎 – 伊藤初雄
茅野順子(カメコ) – 長内美那子

中山保久 – 近藤正臣
侘助 – 小松政夫
玉子 – 野村麻純
犬山小春 – 冨士眞奈美
石上五郎 – 津川雅彦
四宮道弘 – 向井理
榊原アザミ – 清野菜名
菊村梢 – 山本舞香
菊村加奈子 – 森上千絵
菊村一郎 – 水津聡
住職 – 坂本長利
おかみ – 福井裕子

※スタッフ

脚本 – 倉本聰
演出 – 藤田明二、阿部雄一、池添博、唐木希浩
プロデューサー – 五十嵐文郎
音楽 – 島健

主題歌 – 中島みゆき「慕情」

公式サイト http://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginosato/








この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)