【おんな城主 直虎】第1回「井伊谷の少女」 感想

のちに井伊直虎(柴咲コウ)と名乗って戦国の世を生き抜くことになる少女・おとわ(新井美羽)は、井伊家当主の父・直盛(杉本哲太)と母・千賀(財前直見)のもと幸せな日々を過ごしていた。
ある日、おとわに亀之丞(藤本哉汰)との縁談話が舞い込む。
当主の座を継ぐつもりだったおとわは最初戸惑うが、やがて当主の妻として井伊家を支えていこうと心に決める。
そんな折、亀之丞の父・直満(宇梶剛士)に謀反の疑いがかけられる。
(あらすじは Yahoo!テレビより引用)

   naotora-op.jpg

おんな城主 直虎 第1話「井伊谷の少女」


2017年新大河の初回である。

とりあえず…
今年は短めに感想のみでやっていきたいと宣言しておきます。

歴史的なこのドラマの流れは、事前記事を参考にしていただくという事で…。

2017年度NHK大河ドラマ【おんな城主 直虎】事前番外 井伊直虎ってどんな人?男だったの?
井伊 直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷の女性領主。 井伊直盛の娘。 同国の国衆・井伊氏の事実上...


初回は主役の井伊直虎・幼名、おとわ。井伊直親・幼名、亀之丞。小野政次・幼名、鶴丸。子役期の3人の無邪気な姿が描かれます。

追いかけっこした後、水に飛び込んだりしてさ…
 naotora1-1.jpg

水から上がったら神木くんがタッキーに早変わり!!(それは違うヤツ)


おはよう、亀。今日もかわいらしいの。

そういう言い方はやめてくれ。



とか、可愛らし設定や亀の病弱設定は、おとわ がやがて井伊家の領主になるから元気で男勝りじゃなきゃ、という折り込みや、女主人公大河だから男をちょっと頼りなく描いとかなきゃみたいな刷り込みを感じてあまり好ましくない。個人的には。

しかし、藤本哉汰くんは本当に可愛いのでお花設定でもまぁいいか……

という結論に落ち着きます。はい。可愛いは正義~~。
 naotora1-3.jpg

いやぁ…現行朝ドラ脚本家の『名前をなくした女神』から6年。

ずっと応援してきたけれども、ずっとカワイイままでイケメンに育ってくれて、哉汰くんのお母さん、本当にありがとう。泣.gif

個人的にはずっと哉汰くんのままでもいいのだが、春馬になるのも楽しみだ。ハート.gif

えっ、そんな見方なのかって
ごめんなさい、初回を見る限りではそんな風に楽しむ以外に盛り上がれなかった(爆)


鶴丸くんは、チャグムね。
 naotora1-4.jpg

2人とも、これが春馬と一生になるというのが納得できる風貌。

並んで寺で勉強したり、竜宮小僧を探したり、そんな学芸会……あわわ、すいません汗.gif、楽しげな子ども時代が初回の大半を占めたのは、いずれ敵ともいえる関係に陥るこの3人の甘やかな回想を作っておくため……。

だと思って我慢した(ぉぃ)

子供が遊び回っている間、大人たちも一緒にホームドラマっって事はなく、しっかり闇へ向かって物事が動き出しているのは好印象。

おとわの父・直盛はこの時19歳。前作と違って子どもが本当に子どもだからとても大きく見えるけれども19歳。ピンクハート.gif
 


国衆が何とか自分たちの力で独立していきたいと願ったり、いやいやへつらって上へあげてもらおうと画策したりするのは、どこの国でも同じく。

おとわと亀之丞の婚姻が気に入らない小野政直が亀之丞の父・直満を讒言で陥れ、直満が今川から首で戻ってくる所から子どもたちの平穏な日常が大きく崩れ始める。


我の夫は出来損ないではない!
誰よりも笛がうまく、人を引き付ける笑顔を持ちなれど、本当は人一倍負けん気で、つらい時も決してつらいと言わぬ。

よい男じゃ。

もし、このまま体が強うならねば、我が亀の手足となる。
亀の代わりに我が馬に乗り村々を回る。
いざとなれば太刀をはき戦にも行ってやる。

じゃから、そんな事を言うな。
言うな。


おとわは俺の竜宮小僧になってくれるのか。



…ということで、

知らぬ間に田に苗を植えておいてくれたり洗濯物を取り込んでおいてくれたりするらしい妖精さんのような竜宮小僧…として、井伊家のために、この先のおとわの運命が決定した瞬間である。


正直、初回はOP音楽もピンと来ず。
大河のOPって結構初回から頭をグルグル回り出すことが多いので、こんな一小節も耳に残らないOPは久しぶりや…。汗2.gif

歴史描写としては寺や僧の様子などは興味深く丁寧だと感じたけれども肝心のストーリーはホント時間が長く思えるほどだった。(実際に長かったけどね笑.gif)

個人的には子どもたちのワチャワチャはダラダラしていた印象。
子供たちの身辺も物騒になり、放送時間も通常になる来週で判断したいところ。

予告のあすなろ抱きとかマヂで要らんから汗2.gif、どうぞ三角関係大河になりませんようにと祈りつつ次回を待ちましょう。

2017年度NHK大河ドラマ【おんな城主 直虎】事前番外 井伊直虎ってどんな人?男だったの?
井伊 直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷の女性領主。 井伊直盛の娘。 同国の国衆・井伊氏の事実上...


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村


※キャスト

井伊直虎(おとわ)… 柴咲コウ(子役期:新井美羽)

井伊直盛 … 杉本哲太
千賀 … 財前直見
井伊直平 … 前田吟

井伊直満 … 宇梶剛士
井伊直親(亀之丞) … 三浦春馬(子役期:藤本哉汰)
しの … 貫地谷しほり
井伊直政(虎松) … 菅田将暉(子役期:寺田心)
佐名 … 花總まり

中野直由 … 筧利夫
中野直之 … 矢本悠馬
今村藤七郎 … 芹澤興人
弥吉 … 藤本康文
たけ … 梅沢昌代

小野政直 … 吹越満
小野政次(鶴丸) … 高橋一生(子役期:小林颯)
小野玄蕃 … 井上芳雄

奥山朝利 … でんでん
なつ … 山口紗弥加
奥山六左衛門 … 田中美央

南渓和尚 … 小林薫
傑山 … 市原隼人
昊天 … 小松和重

甚兵衛 … 山本學
八助 … 山中崇
角太郎 … 前原滉
富助 … 木本武宏
福蔵 … 木下隆行

今川義元 … 春風亭昇太
今川氏真(龍王丸) … 尾上松也(子役期:中川翼)
寿桂尼 … 浅丘ルリ子
太原雪斎 … 佐野史郎
新野左馬助 … 苅谷俊介
関口氏経 … 矢島健一
あやめ … 光浦靖子
岩松 … 木村祐一

徳川家康 … 阿部サダヲ
瀬名(築山殿) … 菜々緒(子役期:丹羽せいら)

龍雲丸 … 柳楽優弥
瀬戸方久 … ムロツヨシ
高瀬 … 髙橋ひかる
松下常慶 … 和田正人


語り … 中村梅雀

※スタッフ

脚本 … 森下佳子
音楽 … 菅野よう子
テーマ音楽 ピアノソロ … ラン・ラン
題字 … Maaya Wakasugi
制作統括 … 岡本幸江
プロデューサー … 松川博敬
演出 … 渡辺一貴、福井充広、藤並英樹
時代考証 … 小和田哲男

公式サイト http://www.nhk.or.jp/naotora/

























【おんな城主 直虎】
0 1

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

18件のコメント

  • sabo
    2017年1月15日 12:11 AM

    想像していたよりは面白かったです。吹石満がいい感じですね。しかし杉本哲太が19歳とは(笑
    どおりでまだ頼りないはずだ

    しかしキャラ設定がステレオタイプばかりなのは不安大ですねー
    個人的には直虎って男勝りというよりも我を殺せる寡黙な忍耐強いタイプってイメージなんですよね

    三浦春馬目当てで視聴するつもりでしたけど、亀が死んでからの方が(恋愛描写減って)面白そう……汗
    そもそも直虎に春馬出てほしくなかったんだよなー
    20代のうちに大河ドラマに主演するのを観たかったんだよなー

    あとOPは曲もですけど映像に思わずEテレかよっってつっこみたくなってしまいました(笑

    • くう
      2017年1月15日 5:36 PM

      saboさん
      >想像していたよりは面白かったです

      私も昨日再放送を見てみたら、初見の時よりも入り込めました(笑)
      竜宮小僧を無邪気に探していた果てにあの悲劇がって考えると…

      吹石さんも哲太さんも財前さんもいい感じ。
      大人シーンは初回は良かったですね。

      >個人的には直虎って男勝りというよりも我を殺せる寡黙な忍耐強いタイプ

      どうも元気なおてんば娘で行くみたいですよね^^;
      だんだん落ち着いてくるのかな。

      >そもそも直虎に春馬出てほしくなかったんだよなー

      イケメンを使うような役は今いちですよねぇ…まぁ実際イケメンだから仕方ないけど(笑)
      彼が居なくなってからの直虎の変化の方が楽しみだったりして……

  • どんどん
    2017年1月12日 6:57 PM

    私も先ほどやっと一話見ました。
    一言感想としては、早く柴咲コウがみたいなーと
    あの前髪ぱっつんの下から見えるきりっとしたお目目が番宣でも印象的で

    そういった意味では前作の(あまり違和感なく)大人から始める大河ドラマという方法はありだったんだなとも思います

    ともあれ、これからにある程度期待です。なんちゃって戦国物語にならないことを願いつつ

    • くう
      2017年1月13日 1:31 AM

      どんどんさん
      >一言感想としては、早く柴咲コウがみたいなーと

      コウちゃんは早く見たいですが、子役さんならかわいい3人わちゃわちゃも大人になるとキツそう^^;

      とりあえず、予告のあすなろ抱きには先行き不安しか感じられないです^^;
      面白くなるといいなっ

  • Largo
    2017年1月11日 2:53 PM

    こんにちわ!2017年の大河が始まりましたね。

    >子役で4週行くそうですから今月いっぱいは子役さんですね。
    うわっ、そうですか。知らなかった~(_ _);;
    戦国末期の怒涛の時代のほん手前を、周辺の大名、井伊家中心に描くって、1クールならともかく、1年間続くのだろうか、と秘かに心配しておりましたが、子役時代で時間を繋ぐとは(汗々
    哉汰君、颯君を見れるのは嬉しいのだけど、楓君繋がりのためか、なんか「精霊の守り人」っぽくなりそうな気がしました。
    >どうぞ三角関係大河になりませんようにと祈りつつ
    申し訳ない、多分三角関係大河になると思って見ています、その他にあまりストーリー上の目玉がないから・・・て結構毒吐いてますな、私(^^;;
    ともかく、しばらくぼちぼち視聴しますです~

    • くう
      2017年1月12日 2:28 AM

      Largoさん
      >戦国末期の怒涛の時代のほん手前を、周辺の大名、井伊家中心に描くって、1クールならともかく、1年間続くのだろうか、と秘かに心配しておりましたが、子役時代で時間を繋ぐとは(汗々

      そう。史料もさぞかし少なかろう…と思われますので、脚本家の腕の見どころなわけですが、焦点が恋愛劇となると、ええぇぇって^^;

      恋愛劇のための子役引っ張りだと思うとますます何だかな。
      でも、ただの三角関係じゃなくてガチな陥れ、ガチな殺し、で命掛かってますから…面白いといいなっ。

      今期もぼちぼちよろしくお願いします~。

  • KO
    2017年1月10日 7:54 AM

    やはり子供の演技は苦手なので、のっけから1ヵ月間続くのはちょっとしんどい気がします。
    しかも設定が従来の子役テンプレそのもので、利発で活発な主人公。そのうえ三角関係臭全開でスタート。勘弁してほしいです。 昨年真田丸の信濃編で見てきた国衆の生き残りの過酷さはどの地域にもあったわけで、その苛酷さをどういう視点で描くかで物語の色が決まると思うのですが、今年の場合この子供たちの悲劇に繋げていくのだろうという事が初回を見て読めました。 恋愛感情とか三角関係とかを全面に出すアプローチにならない事を祈りつつしばらく見守ろうと思います。(思えば真田丸でも源次郎・キリ・梅の3人も一応そういう関係だったけど、シビアな描写は別のところにあったので、全く気にならなかったですからね・・・)

    個人的には子供3人よりも、大吉さん・観光協会の菅原さん・漁協の会長という北三陸3ジジ(あまちゃん)の揃い踏みのほうがウケてしまった時点で、自分のツボにはハマっていないのかもと思った初回でした。

    • くう
      2017年1月11日 12:59 AM

      KOさん
      私は子役演技が嫌いというわけではないのですが(むしろ「真田丸」までは子役時代はあった方がいい派でした(笑))

      >しかも設定が従来の子役テンプレそのもの

      これはちょっと辟易とさせられますよねー確かに^^;

      >恋愛感情とか三角関係とかを全面に出すアプローチにならない事を祈りつつしばらく見守ろうと思います。

      私も、本当にそこが一番の不安ですわ^^;

  • kyom
    2017年1月9日 8:02 PM

    くうさん今年もよろしくお願いします。

    「真田丸」が良すぎたので期待しないで見たんですが・・・
    もう、女の子が男勝りとかって「八重の桜」でも見たし、「朝が来た」でも見たので正直おなか一杯です。
    まだ子役の回は続くのかしら。
    早く柴崎コウさんに代わってほしいな。
    本当に時間が長く感じました。

    • くう
      2017年1月9日 8:28 PM

      kyomさん

      私も期待値下げて見たのですが、それでも可もなく不可もなく…な感じでした^^;
      現段階でもろ手を上げて面白い面白いと言えるほどでは無かったです。

      >まだ子役の回は続くのかしら。

      子役で4週行くそうですから今月いっぱいは子役さんですね。
      でも、アハハウフフは今週で終りだと思われますし、時間延長もないので来週からの展開に期待したいですね!

      今年もよろしくお願い致しますーー^^

  • 巨炎
    2017年1月9日 4:41 PM

    前半は正に朝ドラ的空気。
    小林薫は何故、滝に飛び込んで笑っている小娘を殴らないんだ。
    猫なんて抱いている場合か!?
    一応、後半のタメともとれますが第2話の青年期亀から「天地人」オーラが…。
    「江」~「花燃ゆ」の不自然な子役が打ち止めらしい事は救いでしょうか。

    >OP
    「平清盛」や「真田丸」は作品カラーを体現した名曲でしたからな。

    同日の「武田信玄」再放送では今川は既に武田に滅ぼされ
    義元の息子が妻の実家である北条に身を寄せている様が描かれたのが皮肉と言えば皮肉。

    • くう
      2017年1月9日 7:20 PM

      巨炎さん
      >前半は正に朝ドラ的空気。

      ですよね。あるいはジブリ(音楽含め(爆))
      おかげさまで小林薫さんはジコ坊に見えて仕方なかったです(笑)

      >「平清盛」や「真田丸」は作品カラーを体現した名曲でしたからな。

      私、OPだけなら花萌えも大好きだったんですよね。
      八重も名曲だったし、今回のOPの響かなさは…何以来だろう?^^;
      慣れれば好きになるのかな。
      ちょっと様子見です。

      • 巨炎
        2017年1月10日 12:21 PM

        >今回のOPの響かなさは…何以来
        「軍師官兵衛」でしょうか(爆?

        次回には青年期かと勘違いしていましたが
        今月一杯、子役なのですね。
        そりゃ、「八重」の時などはそれぐらいが丁度、良かったと
        思いましたが本作は子供パートと大人パートの比重が心配です。

        • くう
          2017年1月11日 1:06 AM

          巨炎さん
          官兵衛…たしかに思い出せない…^^;
          私は菅野祐悟さんも、今回の菅野よう子さんも好きなはずなのに!
          …と思って官兵衛のテーマを探して聞いてみたら良かったですよーー思い出せました(笑)
          (「江」のテーマは聞きなおしても全くピンと来ないw)

  • モカ
    2017年1月9日 1:40 PM

    こんにちは。
    あーくうさんの感想を読んでホッとしました。
    私だけじゃない〜って。黒いですが(笑)

    なにしろちゃんと大河初回を見たのが、真田丸以前はいつだったか?という状態なので、
    「うん、まあ、初回ってこんなもんなのかな?」という感じでした。
    真田丸初回のつかみがレベル高すぎましたね。

    ネットでは子役が上手すぎる!可愛い!っていう意見をたくさん見ましたが、「そうかな?」としか‥💧
    子役芝居はむしろ好きな方で、上手い子役みるとワクワクしますけど、
    さすがに3人だけで回せる技量は無いかなー。
    あとおとわの子、ブサ‥‥いやいや、柴咲コウには育たないよね💧
    馬に乗れるのがチョイスの決め手だったのだろうか?

    それと、くうさんがおっしゃるように、『男勝り=おてんば育ち』ってゆーベタなキャラづけがガッカリです。
    女性の強さってそれ以外でもいくらでも出せるはず。
    それこそ、財前さんの母上はかなりしっかりした感じなのだから、そういう路線でもよかったと思うけどなー。
    馬に乗ったりしないと絵面が地味だからとかもあるんでしょうけど、なんかな、なんかなー(笑)

    せっかく、去年いろんな人と大河を楽しむってことを覚えたので、今年も参加したいんですが、
    どうなるのか。
    以前、朝ドラ放送前に出勤していたころは録画して見ようとしてたのですが、
    いくつか子役時代で脱落したものがあるので、せめて大人キャストが出てくるまでは、なんとか頑張ればまた違うかなと思ってます。

    とりあえず、1番期待してるキャストは阿部サダヲの家康ですね(笑)

    ではでは、今年もよろしくお願いします(o^^o)

    • くう
      2017年1月9日 7:13 PM

      モカさん

      >なにしろちゃんと大河初回を見たのが、真田丸以前はいつだったか?という状態なので、
      「うん、まあ、初回ってこんなもんなのかな?」という感じでした。

      いやぁ、個人的には大河って意外と初回は掴まれるものが多いので(あの花萌えでさえ初回はウットリしました(笑))こんなに掴まれない大河は「江」以来かも知れません(笑)

      >ネットでは子役が上手すぎる!可愛い!っていう意見をたくさん見ましたが、「そうかな?」としか‥

      それ!!!それ思ってました!!
      BS時間は割と学芸会って言ってる方が多かったのですが、後からTL見てみたら上手い上手いって…えーーー!!!って思いましたよ(爆)

      確かに滑舌はおよろしくて難しい言い回しをスラスラ喋ってましたが、演技が大きくて辛かったです。

      けれども、私、今まで哉汰くんが子役だらけでやっているドラマを見ていて辛いと思った事は一度も無かったので演出の問題かなと。

      あざといあざといと言われ始めて何年も経つのに、今時、子役を泣かせて涙を取ろうという演出にはむしろ勇気すら感じましたが(ぉぃ)

      >とりあえず、1番期待してるキャストは阿部サダヲの家康ですね(笑)

      菜々緒さんの築山殿も素手で人殺しそうで(笑)楽しみです!

      同じように感じてくださる方がいらして心強いです!!
      今年もホント、よろしくお願い致します。

  • PGM21 (@pro_g_mania21)
    2017年1月9日 11:02 AM

    何時もお世話になっております。
    今年も大河レビューが始まりましたがどうしても真田丸が盛り上がった後だけにしかも地域限定(静岡、長野、愛知)なのでかなり絞り込まれてしまいますからね。しかもこれまでと違い名軍師みたいなタイプは誰もいないからずば抜けた力を持たない人がどうやって生き延びたのか?というのが今回の大河になるんでしょうね。

    • くう
      2017年1月9日 6:59 PM

      PGM21さん
      今年も大河でよろしくお願い致します。

      >これまでと違い名軍師みたいなタイプは誰もいないからずば抜けた力を持たない人がどうやって生き延びたのか?というのが今回の大河になるんでしょうね

      前作からの流れとして考えると、試行錯誤の後でも知恵を絞って戦国を生き残った国衆と苦労を重ねてギリギリ生き残った国衆という感じでしょうか。

      面白くなるといいですね。

15件のトラックバック

  • みやさとの感想文と(時々)感想絵
    2017年1月15日

    おんな城主直虎 第1回「井伊谷の少女」 簡…

    ​​え〜〜、今年も大河ドラマ、見ておりますが!まだまだ真田丸ロスです(^0^;)しかしっ!もうこんな去年と時代がかぶっちゃったドラマです、これはもう一度去年の大河をわきに置かな…

  • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
    2017年1月11日

    おんな城主 直虎第1話 & 大貧乏第1話 & ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館5期第4話(1.8)

    ・おんな城主 直虎第1話 戦国時代、井伊家を守った女武将井伊直虎(柴咲コウ)の人生を描く話。 初回は、井伊家を継ぐつもりの少女おとわ(新井美羽)だったが、 幼馴染の亀之丞との婚約が決まり、彼を支えようと決意するも、 今川家の圧力を憎む亀之丞の父井伊直満(宇梶剛士)は謀殺されてしまったと。 そうね、つまらなくはなかったけど、 ほかの人物が主人公でも、舞台が戦国時代でなくても、使えそうな初回だったような。 昨年の真田丸といい、その時代が伝わってこない内容、 今はこういう描き方でないと若い人に観てもらえな…

  • 昼寝の時間
    2017年1月11日

    おんな城主 直虎 1話「井伊谷の少女」

    脚本:森下佳子/演出:渡辺一貴/音楽:菅野よう子/プロデューサー:松川博敬/制作

  • レベル999のgoo部屋
    2017年1月10日

    大河ドラマ『おんな城主直虎』第一回

    「井伊谷の少女」内容天文十三年、遠江井伊谷。その地を治める井伊家当主・井伊直盛(杉本哲太)母・千賀(財前直見)には、ひとり娘・おとわ(新井美羽)がいた。幼なじみの亀之丞(藤本哉汰)鶴丸(小林颯)と、毎日を奔放に暮らしていた。父・直盛が。。。“男なら。。。”と…

  • ショコラの日記帳・別館
    2017年1月10日

    『おんな城主 直虎』第1回感想と視聴率&『忠臣蔵の恋』第2部

    【初回視聴率は1/10(火)追記予定】「井伊谷の少女」土曜時代劇『忠臣蔵の恋』第

  • おんな城主直虎第1回感想
    2017年1月10日

    […] ◆【おんな城主 直虎】第1回「井伊谷の少女」 感想 […]

  • キッドのブログinココログ
    2017年1月9日

    天文十三年、井伊直満死す(宇梶剛士)

    歴史はそもそもフィクションである。 学者は史料によって過去の出来事の信憑性を問うが・・・そもそも史料となる文献に記されたことが事実とは限らないのである。 もちろん・・・それを言ったら御仕舞なので・・・ほぼ事実ということにするギリギリのラインが定説となる。 井伊直虎が実在の人物だったのか・・・井伊直虎

  • みはいる・BのB
    2017年1月9日

    おんな城主 直虎 第1回「井伊谷の少女」

    心身ともにスロースタートとなった2017年(平成29年)酉年。 大河ドラマも本日8日よりはじまりました。 

  • オールマイティにコメンテート
    2017年1月9日

    大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断1許婚が決まった直後に婿の父が殺され婿は生き延びる為に逃がされおとわは生き残る厳しい現実を突きつけられた

    大河ドラマ「おんな城主 直虎」は後の井伊直政となる井伊家の混迷期に女城主井伊直虎が生き残るために知恵と勇気を絞りながら生き残っていく姿が描かれる。大河ドラマ史上でも地域 …

  • 平成エンタメ研究所
    2017年1月9日

    おんな城主直虎 第1回 「井伊谷の少女」~幼年期の終わり、とわたちに大人の世界がやって来た

    ・とわ(新井美羽) ・亀之丞(藤本哉汰) ・鶴丸(小林颯)  作品はこの三人の物語になっていくのだろう。  三人がそれぞれの役割を果たし、友情、愛情を育みながら井伊の家を盛り立てていく。  そんな作品全体が予想される第一回だった。  それにしても子供が野山…

  • 事務職員へのこの1冊
    2017年1月9日

    おんな城主直虎 第1回 井伊谷の少女

    脚本森下佳子(「JIN-仁」)、音楽菅野よう子(わたしのiPodでいちばん再生されたのは「攻殻機動隊SAC」のテーマソング、inner universeだ)、特殊メイク江川悦子と一流の女性スタッフをそろえ、番宣もたっぷり。NHKが総力を結集して送る今年の大河の主人公は井伊直虎。それ、誰?まあ、ほとんどの人がそう思ったろうし、番組開始直前に(あまりにタイミングがよすぎて笑っちゃいました)実は男性だったのではないかという説まであらわれて話題になるくらい謎の多い人物。男でも女でもどっちでもいいけれど演ずる…

  • 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
    2017年1月9日

    大河ドラマ「おんな城主直虎」 #01 井伊谷の少女

    あちらの物語も見てみたいものですな・・・。

  • 真田のよもやま話
    2017年1月9日

    NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第1回「井伊谷の少女」

    あらためまして、あけましておめでとうございます。今年も大河が始まります。身内の男子がみな死んじゃって女の身で城主となって家を守って戦ったという井伊直虎様の生涯!女性の権利とか活躍とかをうたい上げる以前に、きっと茨の道の過酷な人生だったと思われ・・。どんな観点で描いていただけるのでしょうねえ。

  • のほほん便り
    2017年1月9日

    おんな城主 直虎「井伊谷の少女」

    どうも、今回は、子供時代が長いとの評判ですね。どこ子も、なかなか個性的で、魅力的な子役達です。主役の井伊直虎・幼名、おとわ。井伊直親・幼名、亀之丞。小野政次・幼名、鶴丸。まだまだ無邪気な3人ですが、おとわは、かなりのお転婆さんで、亀之丞は、やや病弱でおとなしい性格みたいです。そして、なぜか、この2人が大人達によって、許嫁の約束を。そして、固い絆で結ばれています。でも、子供達らしさの傍らで、時代は、大人達の思惑は着々と…子役達が、いい感じなので、しばらく見てみようかな?と思った初回でした。    (ス…

  • 森の中の一本の木
    2017年1月9日

    おんな城主直虎 第一回「井伊谷の少女」

    「真田丸45回」の中で 源次郎が赤備えの井伊軍を見て 「ここに至るまでには彼らの物語がある。」 「ぜひ機会があればその話を聞いてみたいものですな。」と言いましたね。 そしてその物語が今日から始まりました。 一年間、「ここに至る物語」を見守って行きたい…