【八重の桜】第9回 「八月の動乱」感想


文久3(1863)年、京都で警備にあたる覚馬(西島秀俊)たちのもとへ薩摩から密使が
送られ、倒幕をたくらむ長州を都から排除する企てに協力するように求められる。
孝明天皇(市川染五郎)も、この動きに応じ、容保(綾野剛)へ勅書を差し向け、
「八月十八日の政変」が起こる。

そのころ、会津では照姫(稲森いずみ)の右筆選びが行われ、八重(綾瀬はるか)の名が
最有力候補として挙げられるが…。

(「Yahoo!TV」より引用)

    

八重の桜 第九回「八月の動乱」

文久3年。

会津と長州の対立はますます深まっていた。

覚馬が秋月悌次郎に京に洋学所を作りたい旨相談している所に、薩摩藩の
高崎という男が訪ねてきた。

それがし、密命を帯びて参りました。

男が言うには、近く行われる予定の帝の大和行幸は、長州派の謀だと。

行幸は帝のご本意ではなく、畏れ多い事ながら三条実美らがご叡慮を歪めて
決した事にござる。

帝にはご心痛のあまり、夜もお休みになれぬと承る。
というのも、これはただの攘夷祈願ではござらぬゆえ。
帝は大和から関東に向かわれるものと思われる。

御所にお戻りになれぬよう、都に火を放つとの噂もござる。

姉小路卿の横死以来、薩摩は御所から遠ざけられたどん、尊皇の志にはいささかも
変わりはごわはん。
我らの望みは、会津を助けて都をお守りする事にござる。

これを受けて、秋月は覚馬と共に事態を容保に報告。

恐らく、箱根にて幕府討伐の兵を挙げるものと存じまする。

側で話を聞いていた田中土佐らはただ驚いた。

主上はそのような事お望みではないぞ。

長州派の企みにごぜえます。
この上は兵力をもって君側の奸を一掃するほかこぜえませぬ。

都で戦をするというのか?

戦にならぬよう、会津と薩摩が手を組み武力をもって圧倒するのです。

手を組むといっても、在京の薩摩兵は僅か三百しかおらぬが…。

秋月が高崎と懇意ではなかったことから、胡散臭い話として処理されそうだった所を、
覚馬は、中川宮に助力を賜ると言っていたので偽りだとも限らないと口添えする。

話を聞いていた容保は、秋月に言った。

高崎と共に宮をお訪ねせよ。長州を除く勅旨を賜るのだ。

横山と田中は、薩摩と手を結んだら、一つ間違えれば会津が朝敵になると反対する。
しかし、容保の意志は固かった。

会津は都を守るのがお役目!
この暴挙、見過ごしにできぬ。

翌日、秋月らは中川宮に拝謁。
勅旨が下り次第全軍を率いて参内せよ、との指図を受けたのだった。

八月十八日の政変の始まりであった。
  八重の桜9

この日、長州が守備していた堺町御門を始め御所の全ての門の守りを会津と薩摩が固め、
公家・諸侯たちが集められて中川宮からの勅旨が伝えられた。

長州を御所の警備から外し、三条実美らの参内を禁止。
追って取り調べる。

という物である。

退けられた長州藩は一戦交えようという声もある中、逆臣となる事を恐れて会津・薩摩と
睨み合いを続けたあげく、退散することになった。

その夜中に、三条ら長州派の公家たちは長州藩と共に都を落ちて行ったのである。

この政変の後、会津藩は孝明天皇から御宸翰を賜った。

「御宸翰」(ごしんかん)とは、すなわち、帝直々に書かれた「感謝状」である。

これには、帝の和歌も添えられていた。

 たやすからざる世に武士の忠誠の心をよろこびてよめる
 
  和らくも たけき心も相生の まつの落葉のあらず栄えん

容保らは、頭を垂れ、涙を流してこれを聞いた。

会津の忠心が主上の御心に届いたぞ。

その頃、会津では、江戸から会津に戻ってきた照姫の話題で沸いていた。

薙刀の道場に照姫が来られると聞いた八重らは、緊張しつつも嬉しかった。

この日、蟄居中の西郷頼母の妻・千恵も道場に現れた。

(すいません。あらすじは後ほど追記。まずは感想から~)

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

御宸翰に涙する会津藩士たち…。

それは、嬉しいだろう。
容保公の心に帝がどんなに大きく光を刺していたか、神のような雲の上の人から
下される言葉、お歌、眼差し。

自分は帝に必要とされている存在だという自信は、会津藩を輝かせていた。

…はずだった。

なのに、どうして後に逆族などと扱われる事になってしまうのか…。

後々の事を考えると、本当にお気の毒で涙が出た。

会津の女たちにとっては、照姫さまがみんなに力を与え、雲の上の人のように
あがめられ慕われ愛される存在だ。

蟄居中の頼母や頼母の妻にも会津を愛し守りたい心がある事をきちんと
理解してくれている。

殿を思い、おのが家を思う気持ちが同じならば、たとえ
いさかいがあってもそれは一時の事。

皆、会津のおなごなのですから。

優しく勇ましくありましょうぞ。

この言葉には、みんなの心を1つにする説得力やみんなに愛される優しさがある。

会津戦争の時、城に駆け付けた女たちは、みな照姫さまを守りたい一心で
駆けつけてきたのだという。

納得のご人徳です…。

さて、今回は、お城に上がって照姫さまのご右筆として採用されるかどうかという
ソワソワするシーンがあったわけですが…。

結局は時尾が選ばれたという下りに紋付に袖を通して出てきた父・権八の顔に
笑ったわ。
期待してたのにねぇ……。

そして、この大河始まって以来、初めて長谷川博己さん@川崎尚之助に萌えた。
(いや、長谷川さんは元々好きなんだけどね)
  八重の桜9-1

八重に選ばれてほしくない複雑な表情の尚之助さん…。

実際はどうだったか解らないけれども、かなり長い間1つ屋根の下に住んでいた
わけだから、惚れてもいいと思うし…。
別に見合い結婚ってわけではないので。

ここらで惚れてる感じを匂わせてくれたのは、かなり嬉しかった。

まぁ…八重の方は、まだ

八重さんの代わりはいない。
これは貴女にしかできぬ仕事です。

の ひと言も、言葉通りにしか受け取れない奥手っぷりのようですが…。

よろしければ→【2013年1月冬期ドラマ一覧】ラインナップとキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村

※キャスト

山本八重(新島八重)… 綾瀬はるか(少女期:鈴木梨央)

山本覚馬… 西島秀俊
山本佐久… 風吹ジュン
山本権八… 松重豊
山本うら… 長谷川京子
山本三郎… 工藤阿須加
お吉… 山野海
徳造… 戸田昌宏

川崎尚之助… 長谷川博己
新島襄(七五三太→襄)… オダギリジョー

松平容保… 綾野剛(幼少時:山下哲平)
照姫… 稲森いずみ
松平容敬… 中村梅之助
敏姫… 中西美帆

西郷頼母… 西田敏行
西郷千恵… 宮崎美子
山川大蔵(与七郎)… 玉山鉄二
山川二葉… 市川実日子
山川兵衛… 山本圭
山川艶… 秋吉久美子
山川登勢… 白羽ゆり
山川健次郎… 勝地涼
山川捨松(咲→捨松→大山捨松)… 水原希子
山川美和… 澤田汐音
山川常盤… 信太真妃
神保修理… 斎藤工
神保雪子… 芦名星
神保内蔵助… 津嘉山正種

佐川官兵衛… 中村獅童
萱野権兵衛… 柳沢慎吾
田中土佐… 佐藤B作
林権助… 風間杜夫
横山主税… 国広富之
梶原平馬… 池内博之
秋月悌次郎… 北村有起哉
広沢富次郎… 岡田義徳
梁瀬三左衛門… 山野史人
黒河内伝五郎… 六平直政
古川春英… 小市慢太郎
竹村幸之進… 東武志
小出鉄之助… 白石朋也

中野竹子… 黒木メイサ
日向ユキ… 剛力彩芽
高木時尾… 貫地谷しほり
高木澄江… 宮下順子

徳川慶喜(一橋慶喜)… 小泉孝太郎
徳川慶恕(徳川慶勝… 金子賢
徳川斉昭… 伊吹吾郎
徳川慶篤… 杉浦太陽

松平春嶽… 村上弘明
井伊直弼… 榎木孝明
松平定敬… 中村隼人
久世大和守… 津村和幸

勝麟太郎(勝海舟)… 生瀬勝久
榎本釜次郎(榎本武揚)… 山口馬木也

孝明天皇… 市川染五郎
岩倉具視… 小堺一機
三条実美… 篠井英介
近衛忠煕… 若松武史
中川宮… 小須田康人

西郷吉之助(西郷隆盛)… 吉川晃司
大山弥助(大山厳)… 反町隆史
島津斉彬… 林与一
大久保一蔵… 徳重聡

吉田寅次郎(吉田松陰)… 小栗旬
桂小五郎(木戸孝允)… 及川光博
久坂玄瑞… 須賀貴匡
槇村正直… 高嶋政宏
板垣退助… 加藤雅也
大垣屋清八… 松方弘樹
小田時栄… 谷村美月

斎藤一… 降谷建志
近藤勇… 神尾佑
土方歳三… 村上淳
沖田総司… 鈴木信二
永倉新八… 水野直
藤堂平助… 住吉晃典
佐久間象山… 奥田瑛二
宮部鼎蔵… 宮内敦士
真木和泉… 嶋田久作

ナレーション… 草笛光子

※スタッフ

制作統括… 内藤愼介
脚本… 山本むつみ
演出… 加藤拓
音楽… 中島ノブユキ
テーマ… 坂本龍一
題字… 赤松陽構造

【送料無料】八重の桜 [ 山村竜也 ]

【送料無料】八重の桜 [ 山村竜也 ]
価格:1,000円(税込、送料別)

【送料無料】八重の桜(1) [ 山本むつみ ]

【送料無料】八重の桜(1) [ 山本むつみ ]
価格:1,470円(税込、送料別)

【送料無料】幕末銃姫伝 [ 藤本ひとみ ]

【送料無料】幕末銃姫伝 [ 藤本ひとみ ]
価格:720円(税込、送料別)