【功名が辻 】第三十九話

このドラマが始まった時、この秀吉には不満がいっぱいだった。


何せ、柄本さんは、どう見ても若い秀吉には見えなかった


信長のために、一心不乱に働き、知恵を働かせて皆をまとめ、


小賢しい中にも、人から慕われる陽気な秀吉像とは全く違ったような気がする。


しかし、今。


老いてボケ、それでも若い側室を追い、死を前にしてもその地位に執着し、


何かに追われるように死を恐れている
。。。



その秀吉は、柄本さんによって見事に描き出された。


今まで見たどの秀吉よりも、汚く、あさましく、惨めに。。。


秀吉は死んでいった。


淀が産んだ子は、豊臣の子にあらず。織田の子なり。


それが


お市母子の願い。


つゆとをち つゆときへにし わかみかな


     なにわのことも ゆめの又ゆめ



秀吉が追い求めた物は、秀吉が手にしたと思った物は


夢まぼろしだったのだろうか。



後に残る物のほとんどは、その死を悼む余裕もない。


秀吉の死に本当の涙を流したのは、糟糠の妻、寧々


子飼いの家臣、石田三成のみ。


一つの時代が終わり、歴史は慌ただしく次へと進んでいく。


・功名が辻 第三十八話








この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

32件のコメント

  • くう
    2006年10月3日 2:07 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >秀吉は駆け足で夢をつかみましたが

    >反面、晩年は寂しい人生だったのかもしれませんね。

    老いて、世継ぎを置いて逝く焦りが見えましたね。

    五大老を何度も呼びつけて念書を書かせたのは史実だし、

    心を残して逝った事は確かでしょう。

    これから、秀吉亡き後がどう描かれるか楽しみです。

  • くう
    2006年10月3日 2:05 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >柄本さんの演技は素晴らしかったですし、人間には醜い部分もあるのも十分に分かりますが、でも歴史上の英雄には英雄らしくあってほしいというのも心情です。

    私は、元々このドラマの前から、秀吉と言う人の印象は悪くて(^_^;)

    だから、あまりショックは無かったです。

    でも、今まで見たこと無い惨めな亡くなり方でしたね。

    >風邪、お大事に。

    ありがとうございます~!(__)

  • くう
    2006年10月3日 2:03 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >まるで市が乗り移ってるかのようでしたよね。

    ええ~。。。色々な所で書いちゃったけど、私は

    あの淀は、本当に市が乗り移っているんだと思ってました。

    だって、ロウソクがフッと揺れる所があったじゃないですか~。。。

    あの後、廊下を歩いて去っていくシーンでも、影だけ

    写ってたし。。。

    ホラーだと思っていたのは、私だけ。。。(?_?)

    >一方天下が転がり込んだ家康の喜び方には度肝を抜かれたわ。今までの冷静で温和なイメージが崩れてしまいました・・ぽっか~~ん・・。

    冷静で穏和なフリをしたタヌキが化けの皮を剥ぐシーン、

    と解釈しました(^_^;)

    これから、どんどん、皮が剥がれていくわけですが。。。

  • くう
    2006年10月3日 2:00 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >今までになかった秀吉像でしたね。

    >図々しく、意地汚く、惨めで、あさましい。

    >家康の描きかたとは対照的です。

    >ちょっとすさまじすぎるかな?なんて思ったりして。

    このドラマの家康は、またとんでもなくタヌキですもんね~(^_^;)

    秀吉は良くなってきた見せすぎました。

    実際、身分を越えてのし上がってきて、ああ言う部分も

    あったのでしょうが。。。

  • くう
    2006年10月3日 1:58 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >若かりしころのキャストは全員変な中でしわくちゃな顔をしていてサルのような面をしていたから信長からサルと呼ばれ続けた秀吉だけは悪くはないと思ってた

    でも、若さが足りず(^_^;)

    やはり、どこから見ても、おじさんって感じでした(^▽^;

    私的には、だんだん年相応になってきて、それと共に良くなってきたって

    印象ですね。。。キャスト全般に言える事ですが。

    >ただ足りない部分はありました。秀吉が後世まで好かれる理由はやはり遊び人であったこと。遊び人ならではの抜きん出た遊びの企画力。それをもっと魅せてほしかったです。柄本さんの秀吉で醍醐の花見とか肥前名護屋城の演劇などの原作でも面白かったシーンを見たかったです。そういう面白いシーンを全部省略されたのだけが心残りです。

    原作では醍醐の花見はあったのですか~?

    そうか。。。ないのかと思っていました。

    私は、醍醐の花見は側室同士の張り合いの面白さが

    見たい方なので、

    このドラマでは、側室は、あまり秀吉を好いていない茶々のみしか

    登場していないし、そんなこんなで見せ場もないからやらないのかな~と思っていました。

    このドラマでは、秀吉を良く描く事は後半無かったので、

    そういう秀吉の利点のような部分は、出さなかったのでしょうね。

    時間と予算の都合もあるのかな。。。(^_^;)

  • くう
    2006年10月3日 1:52 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >私も長いこと柄本秀吉には馴染めませんでした。

    >このドラマは、初めみんな老けてるな~と言う印象で、若い頃の話には無理があったように思いますね。

    そうなんですね。みんな老けすぎでした。

    一番若い仲間・千代だって、一豊と結婚した時、史実では

    13才とか14才ですから(^_^;)

    >後半から年相応になってきてやっと馴染めたと言うか。

    >今回の老醜をさらした姿も、とてもリアルで、見入ってしまいました。

    >アップは流石に怖かったけど・・・。

    リアルでしたね。。。

    権力に取り憑かれた猛者の最後って感じでした。

    とても、安らかに眠れそうもないですね。

  • くう
    2006年10月3日 1:47 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    こちらこそ、いつもお世話になってます(__)

    >利家の出番の少なさにはがっかり

    >でした。あんなに煽っておいて!

    でも、役割的にあんなモンかな。。。と(^^;)

    と言うか、よくあれだけの出番で唐沢さんが出てくれたなぁ。。。

    >信長の死後、一気に駆け上がった

    >「あの」秀吉も老いたら最後は

    >こんなだよっていう感じがして

    >なんか哀れでしたね。

    >失禁まで描いたのはやり過ぎかな。

    言っちゃなんだけど。。。本当に近寄りたくないって

    感じの汚い老人に描かれていましたね。

    このドラマでは、秀吉は、何だか悪役って感じでした。

    >淀の描き方が悪女ですよね。

    >ワタシは淀<寧々派ですが、あれは

    >ちょっと極端すぎるような・・

    私は悪女好きなんで(^_^;)

    未だに茶々派です。

    でも、この怪の寧々は良かったなぁ。。。

    若すぎだけど。

    >>お市母子の願い。

    >当方記事にも書いたのですが、

    >これが叶うのは家光が将軍になってから。

    >ドラマの時点よりもっと先・・。

    そうですね。私が読んだ本の中に、そういう話がありますよ。

    淀が豊臣滅亡前に、おごうに言うんです。

    私はダメだったが、お前が浅井の血を天下に残せ、と。

  • くう
    2006年10月3日 1:41 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >秀吉って、本当にあんな惨め?!な死に方していったのかな?!

    そうかも知れないし、違うかも。。。

    でも、あり得なくもないかな。

    世継ぎが、あんなに小さくちゃ、死んでも死にきれない気持ちだったでしょう。

    >なんだか、可哀そうになってきたよ。

    >しかし・・・・淀は怖すぎ。。。。。

    この淀は凄いね~。

    イケてる。。。(^_^;)

  • 「感動創造」
    2006年10月2日 11:50 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!

    秀吉は駆け足で夢をつかみましたが

    反面、晩年は寂しい人生だったのかもしれませんね。

    時代は流れていきますね~

  • ヒロ子
    2006年10月2日 9:28 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    老後の秀吉殿を見据えた配役だったというわけですね。

    柄本さんの演技は素晴らしかったですし、人間には醜い部分もあるのも十分に分かりますが、でも歴史上の英雄には英雄らしくあってほしいというのも心情です。

    風邪、お大事に。

  • かりん
    2006年10月2日 8:58 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    まるで市が乗り移ってるかのようでしたよね。

    秀吉が錯乱してしまうのも無理はないと思いました。それほど憎みながらも子を産んだし、秀吉は死んでしまったしこれから淀はどうするんでしょう。

    一方天下が転がり込んだ家康の喜び方には度肝を抜かれたわ。今までの冷静で温和なイメージが崩れてしまいました・・ぽっか~~ん・・。

  • あむろ
    2006年10月2日 8:05 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    今までになかった秀吉像でしたね。

    図々しく、意地汚く、惨めで、あさましい。

    家康の描きかたとは対照的です。

    ちょっとすさまじすぎるかな?なんて思ったりして。

  • レナード・バーンスタイン
    2006年10月2日 7:39 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    若かりしころのキャストは全員変な中でしわくちゃな顔をしていてサルのような面をしていたから信長からサルと呼ばれ続けた秀吉だけは悪くはないと思ってたと僕はブログに残してます。終始見事な役柄だったのではないかなぁとおもいます。

    ただ足りない部分はありました。秀吉が後世まで好かれる理由はやはり遊び人であったこと。遊び人ならではの抜きん出た遊びの企画力。それをもっと魅せてほしかったです。柄本さんの秀吉で醍醐の花見とか肥前名護屋城の演劇などの原作でも面白かったシーンを見たかったです。そういう面白いシーンを全部省略されたのだけが心残りです。

  • さくらこ
    2006年10月2日 3:16 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    私も長いこと柄本秀吉には馴染めませんでした。

    このドラマは、初めみんな老けてるな~と言う印象で、若い頃の話には無理があったように思いますね。

    後半から年相応になってきてやっと馴染めたと言うか。

    今回の老醜をさらした姿も、とてもリアルで、見入ってしまいました。

    アップは流石に怖かったけど・・・。

  • bluestar1719
    2006年10月2日 1:25 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    cocktail-lightのbluestar1719です。

    いつもありがとうございます。

    利家の出番の少なさにはがっかり

    でした。あんなに煽っておいて!

    信長の死後、一気に駆け上がった

    「あの」秀吉も老いたら最後は

    こんなだよっていう感じがして

    なんか哀れでしたね。

    失禁まで描いたのはやり過ぎかな。

    淀の描き方が悪女ですよね。

    ワタシは淀<寧々派ですが、あれは

    ちょっと極端すぎるような・・

    >お市母子の願い。

    当方記事にも書いたのですが、

    これが叶うのは家光が将軍になってから。

    ドラマの時点よりもっと先・・。

  • ラビットらむ
    2006年10月2日 11:56 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    秀吉って、本当にあんな惨め?!な死に方していったのかな?!

    なんだか、可哀そうになってきたよ。

    しかし・・・・淀は怖すぎ。。。。。

  • くう
    2006年10月2日 2:41 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >いよいよ正念場を迎えますね。

    >それにしても、淀はある意味すごいです。

    織田の天下は終わってるんですけどね。。。

    お市の亡霊ですから仕方ないですね(+_+)

    >寧々はちょっと気の毒でしたね。男は糟糠の妻の元へ戻ってくるって言ったって自分が都合の良い時だけ甘えるだけで、元気なら淀のような女にところへいくわけですから、微妙ですよね。

    まぁ、結局は妻の所へ戻るわけですから。。。

    許して上げて~。

    でも、私だったら許さない。

    私が寧々だったら、あそこで復讐するかも。。。(^_^;)

  • せるふぉん
    2006年10月2日 1:12 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    いよいよ正念場を迎えますね。

    それにしても、淀はある意味すごいです。

    寧々はちょっと気の毒でしたね。男は糟糠の妻の元へ戻ってくるって言ったって自分が都合の良い時だけ甘えるだけで、元気なら淀のような女にところへいくわけですから、微妙ですよね。

  • くう
    2006年10月1日 11:59 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >権力者の老醜をこれでもか、というほどに出された回でしたね。

    >それを考えると辞世の句にも重みが出てきますね。実際、本物の豊臣秀吉の最期も柄本さんが演じた感じだったのかも知れませんね。

    凄い演技でした。

    実際の秀吉は。。。どうだったのでしょうね。

    こんなだったかも知れません。

    側室達の涙に見送られて。。。幸せな臨終だったかも知れません。

    でも、権力に任せて無理矢理集めてきた側室だし。。。

    やはり誰も悲しんでくれなかったのかな。。。

  • 琉河岬
    2006年10月1日 11:52 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!

    >その秀吉は、柄本さんによって見事に描き出された

    粗相の場面というう口を押さえて夜中に一人ですすり泣くシーン、「死にたくない」と北政所にすがりつくシーン、権力者の老醜をこれでもか、というほどに出された回でしたね。

    それを考えると辞世の句にも重みが出てきますね。実際、本物の豊臣秀吉の最期も柄本さんが演じた感じだったのかも知れませんね。

  • くう
    2006年10月1日 11:48 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >それにしても淀はますます悪女振りを増していきましたね~。

    >恐かった。。。

    ええ~。。。私はね~。。。

    あれは、本当にフリじゃなくて、市に取り憑かれていたんだと

    思ってるんですが。。。(^_^;)

    あ、その前の「口が臭い」は強烈でした(^▽^;

  • くう
    2006年10月1日 11:47 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >とうとうドラマを引っ張ってくれていた秀吉(柄本さん)が亡くなってしまいましたね~。

    >最後に茶々&市が秀吉にささやく所は凄みがありました!

    柄本さんは、本当に怪演でした。拍手です/^.^/

    茶々は「あんたの子供じゃないんだよ」と言いに行くのかと

    思ってました(^^;)

    >(TB出来なくてゴメンなさいね)

    こちらこそ、すいません~(+_+)

    今日は楽天がダメなんでしょうかね。。。

  • くう
    2006年10月1日 11:44 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >ほんと印象深い回になりました。柄本さんの個性がでていた秀吉、二度と見れないと思うとありがたくも悲しい気持ちでした。

    柄本さんと言う俳優さんは、今までも凄い人だと思ってきましたが、

    今回は、本当に頭が下がりますね。

    あそこまで出来る役者さん、凄いです!

    >本当の天下とはなんなのか、、、考えてしまいますね。

    何なんでしょうね。。。

    答えは、徳川家がこれからタップリ時間をかけて

    解いていくんでしょうね。

  • くう
    2006年10月1日 11:42 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >晩年にかける秀吉の陰は見事の一言に尽きますね。

    >老いて呆けて拾しか見えなくなった秀吉を

    >柄本さんは見事に演じられました。

    柄本さんは、晩年に近づくほど素晴らしい秀吉像を

    見せてくれましたね。

    すごい役者さんだなぁ。。。

    >自分の死後、拾の天下が乱れないように五大老や五奉行をつくったようですが、

    >自らが行った報いによって

    >秀吉の願いは届かないとこへ行ってしまうようです。

    自業自得ってやつですね。

    気の毒ですが。。。

    そんな約束事はムナシイだけと解っているはずなのに、

    それでもやらなきゃ済まなかったんでしょうね。

  • くう
    2006年10月1日 11:39 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >お市母子はやっと復習を果たしたといえるのでしょうか。。

    復讐は果たしても、どうせ滅んでしまうんですけどね。。。(–;)

    とりあえず、秀吉に復讐したって事で満足なのかなぁ。。。

    >秀吉ちょっぴりかわいそ~でしたねぇ;;

    可哀想でした。でも、自業自得とも言える(–;)

  • くう
    2006年10月1日 11:37 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >柄本秀吉の怪演お見事でしたね。

    >淀の怖さはホラーです。

    今回は役者さんの演技が凄かったですね~。

    特に柄本さんは。。。ホント怪演です。

    淀には、ホントに市が取り憑いていたんだと私は思ってるんですが。。。(^^;)

    いずれにせよホラーですね。

    >ところで何故かTB通らないようです。

    >またあとでTBしてみますね。

    そうなんですか(?_?)

    ライブドアさんでトラバが飛ばないと言うご報告は初めて。

    すいません~(+_+)後で試してみて下さい!

  • ・チエリ・
    2006年10月1日 11:26 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >秀吉の死に本当の涙を流したのは、糟糠の妻、寧々と子飼いの家臣、石田三成のみ。

    若い頃の陽気で愛嬌たっぷりの秀吉を考えるとあまりにも寂しい最期でしたね。

    それにしても淀はますます悪女振りを増していきましたね~。

    恐かった。。。

  • ミチ
    2006年10月1日 11:25 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    とうとうドラマを引っ張ってくれていた秀吉(柄本さん)が亡くなってしまいましたね~。

    最後に茶々&市が秀吉にささやく所は凄みがありました!

    (TB出来なくてゴメンなさいね)

  • てれすどん2号
    2006年10月1日 11:21 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    ほんと印象深い回になりました。柄本さんの個性がでていた秀吉、二度と見れないと思うとありがたくも悲しい気持ちでした。本当の天下とはなんなのか、、、考えてしまいますね。

  • ikasama4
    2006年10月1日 10:52 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    晩年にかける秀吉の陰は見事の一言に尽きますね。

    老いて呆けて拾しか見えなくなった秀吉を

    柄本さんは見事に演じられました。

    また誰も秀吉の死を知らされないというのが悲しい限りです。

    彼の死が知られれば天下が乱れると予想できるとはいえ。

    自分の死後、拾の天下が乱れないように五大老や五奉行をつくったようですが、

    自らが行った報いによって

    秀吉の願いは届かないとこへ行ってしまうようです。

  • のの雪
    2006年10月1日 10:51 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは~^^

    お市母子はやっと復習を果たしたといえるのでしょうか。。

    秀吉ちょっぴりかわいそ~でしたねぇ;;

  • ぱるぷんて海の家
    2006年10月1日 10:47 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    柄本秀吉の怪演お見事でしたね。

    淀の怖さはホラーです。

    ところで何故かTB通らないようです。

    またあとでTBしてみますね。