【チャングムの誓い 第48話 チェ一族の崩壊】

大長今(대장금)宮廷女官 チャングムの誓い

       チャングムの誓い


第48話 チェ一族の崩壊



ついに。。。
チェ一族が崩壊した。

自殺したはずの医局長、チョン・ユンスが取り調べの場に現れ、
オ・ギョモチェ女官長は互いに罪を擦り付ける事で、互いの悪事を全て暴露した。

イオウのアヒル事件関係者はチェ・パンスルを含め全て捕らえられたが、
チェ女官長は1人逃亡した。



行き先は、チャングムの母、ミョンイの墓。


ミョンイに自分と一族の許しを乞うチェ女官長

その姿は惨めで悲しく。。。


今日は、始まってから、ずっと泣いた。
どうしてだろう。あんなに憎かったのに。。。



チェ一族に産まれたが故に、他の人生を選べなかった人。
この人にも、人を憐れむ心も愛する心もあったのだろうに
それを全て封印して、一族の繁栄のために暗躍した人生だった。

仲間を、友達を手に掛け、その人生を狂わせてきた。


ミョンイハン尚宮と3人で手を繋いで草原を走り回った幼い日。

崖の上の枝に掛かった赤い布を取ろうと手を伸ばしたのは、
幼い日の遊びを思い出したから。

そして

「手を離して。私たちが受け止めて上げるから」

幼い声を思い出し。。。


受け止めてほしかったのだろう。

2人は受け止めてくれたのだろうか。
自分たちを手に掛けた、この人を。


受け止めてくれたと信じたい。



栄華を極めた一族の最後は、あまりにも惨めな物だった。

血に染まったその手は、今やっと、重荷を下ろして開かれたのである。


<「チャングム豆辞典」は、チェ女官長役のキョン・ミリさん。
この人あってこその「チャングム」だったと思う。
素晴らしい女優さんです。




宮廷女官チャングムの誓い 公式HP


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村




※キャスト(全編登場人物)

・主要人物
ソ・ジャングム/テ・ジャングム(チャングム)(徐長今/大長今)
– チョ・ジョンウン→イ・ヨンエ(李英愛)(生田智子)
ミン・ジョンホ(チョンホ)(閔政浩) – チ・ジニ(池珍煕)(井上倫宏)
チェ・グミョン(クミョン)(崔今英) – ホン・リナ(洪利奈)(山像かおり)
国王・中宗(チュンジョン) – イム・ホ(林湖)(菅生隆之)
カン・ドック(トック)(姜德九) – イム・ヒョンシク(林玄植)-(佐々木梅治)
カン・ドックの妻 ナジュテク(羅州宅) – クム・ボラ(琴寶羅)-(つかもと景子)
ハン・ペギョン(韓伯榮) – ヤン・ミギョン(梁美京)-(小野洋子)
チェ・ソングム(崔成今) – キョン・ミリ(甄美里)-(宮寺智子)
オ・ギョモ(ギョムホ)(呉兼護) – チョ・ギョンファン(趙卿煥)-(村松康雄)
チェ・パンスル(崔判述) – イ・ヒド(李熙道)-(小川真司)
チョン・マルグム(丁末今) – ヨ・ウンゲ(呂運計)-(寺田路恵)
パク・ヨンシン(朴容信) – パク・ジョンス(パク・チョンス)(朴貞秀)(駒塚由衣)
シン・イクピル(申益弼) – パク・ウンス(朴恩讐・朴垠樹)-(諸角憲一)
中殿(皇后、文定王后・ムンジョンワンフ・尹氏) – パク・ジョンスク(パク・チョンスク)
(朴貞淑)- (山本郁子)
イ・ヨンセン(李連生) – パク・ウネ(朴恩惠)-(八十川真由野)

・水剌間(スラッカン)
ミン・グィヨル(ギヨル、ギリョル)(閔基烈・閔貴烈) – キム・ソイ(金昭怡)(玉川紗己子)
ノ・チャンイ(盧昌伊) – チェ・ジャヘ(崔慈惠)-(片岡身江)
ユン・ヨンノ(ヨンロ)(尹令路) – イ・イプセ(李イプセ)-(石塚理恵)
チョバン(調方) – イ・ヘサン – (山崎美貴)
ホンイ(虹伊) – ノ・ユン(盧潤)-(山本雅子→清水香里)
サリョン – チョン・ヘソン – (折笠愛)

・内医院(ネイウォン)
チョン・ウンベク(鄭雲白) – メン・サンフン(孟相勳)-(後藤哲夫)
チョン・ユンス(鄭潤壽) – チョン・インテク(全仁澤)-(石住昭彦)
チョ・チボク(趙治福) – チ・サンリョル(池尚烈)-(多田野曜平)
ケグム(啓卿) – キム・ソニョン(金善英)-(丸山真奈実)
シンビ(信非) – ハン・ジミン(韓志旼)-(花村さやか)
パク・ヨリ(ヨルイ)(朴烈伊) – イ・セウン(李世恩)-(山辺有紀)
ウンビ(銀非) – イ・スンア(李承雅)-(佐藤あかり)
ピソン(非先) – キム・ミニ(金敏喜)-(込山順子)
チョドン(調同) – カン・ジョンファ(姜貞華)-(阿部桐子)
チョボク(草福) – チョン・スヨン(全秀娟)-(江間直子)
シヨン(施然) – キム・ドヨン-(山田里奈)
イ・ヒョヌク(李顕旭) – ソン・ドンウン-(池田勝)
ソンドル – ヒョンジン-(藤原堅一)

・内侍府(ネシブ)
長番内侍(チャンボンネシ) – シン・グク(申國)-(村田則男)
監察内侍 – イ・キョンウォン(李京源)-(原康義)

・王族
大妃(皇太后、慈順大妃(貞顕王后)チャスンデビ/チョンヒョンワンフ)
– オム・ユジン(嚴有珍)-(谷育子)
王世子(仁宗(インジョン)) – チョン・テウ
キョンウォン(慶源)王子(慶源大君(キョンウォンデグン)-(
こおろぎさとみ)

・その他
ソ・チョンス(徐天壽) – パク・チャンファン(朴賛煥)-(小山力也)
パク・ミョンイ(朴明伊) – キム・ヘソン(金慧渲)-(増子倭文江)
チャンドク(長德) – キム・ヨジン(金麗珍・金汝真)-(冨永み〜な)
ユン・マッケ(尹莫介) – ナ・ソンギュン(羅成鈞)-(円谷文彦→横島亘)
パク・プギョム(朴普謙) – ハン・ヨンス(韓英洙)-(岩田安生)
内禁衛将(ネグミ ジャン)/兵曹判書 – イム・ムンス(林文壽)-(目黒光祐)
ピルトゥ – ソ・ボムシク-(川島得愛)
チャン執事 – チャ・ユンフェ(車潤桧)-(坂口進也)
ノ尚宮(盧尚宮) – キム・ソウォン(金素英)-(吉野佳子)
ハンイ – イ・ウンジュ(李恩宙)
パク・クマン(朴亀萬) – イ・サンチョル(李尚哲)-(清水明彦)
ハン・ドンイク – ムン・フェウォン – (野島昭生)
インドン(引同) – ペク・ヒョンスク – (松熊つる松)
パク・ミョンホン(朴明洪) – パク・ヨンテ(朴永太)-(富田耕生)
イ・グァンヒ(李光煕) – パク・ヨンジ(朴永志)-(佐々木勝彦)
チョンホの副官 – オ・ヒョプ(呉協)-(五十嵐明)
テサホン(大司憲) – キム・ヨンシク-(山野史人)
マ・ソック(馬石九)
ミン・ソホン(閔笑憲) – チャン・ハリン(張夏燐)-(宮本侑芽)

























国家間のあれこれに関するTBやコメントはオール削除させていただきます。
当方の記事は単なるドラマ感想です。

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

14件のコメント

  • くう
    2006年10月10日 12:52 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >布に手を伸ばした時の表情は、とても穏やかで子供のようで、

    >悪事に目を吊り上げてた時とは、全然違っていて、泣けてきました。

    泣けてくる一方で、キョン・ミリさんと言う女優さんの

    凄さを見せられましたね。

    あんな顔も出来る人だったんだ~。。。と。

    >そして幼い頃の回想シーンは、まだチェ一族としての重荷もなく、

    >あんな時もあったのね・・・と余計に切なくなりました。

    >あの2人は受け止めてくれたと、私も思いたいです。

    きっと受け止めてくれたんじゃないかな。。。

    子供に戻って。

    そう思いたいです。

  • くう
    2006年10月10日 12:50 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >だんだん正気を失っていく女官長。哀れに感じでしまいました。そうですね。2人は彼女を受け止めてくれたと信じたい。幼い頃の仲の良かったあの頃にもどって(涙)

    宮中を逃げ回っている時は、ちょっと行っちゃってる感じでしたよね(^^;)

    まだ味方を見つけようとしたりして。。。

    ミョンイの墓に行ってからは、打って変わったような

    懺悔の表情。最後は安らかに逝ったように思いました。

  • panda
    2006年10月9日 10:12 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    布に手を伸ばした時の表情は、とても穏やかで子供のようで、

    悪事に目を吊り上げてた時とは、全然違っていて、泣けてきました。

    そして幼い頃の回想シーンは、まだチェ一族としての重荷もなく、

    あんな時もあったのね・・・と余計に切なくなりました。

    あの2人は受け止めてくれたと、私も思いたいです。

  • kbkbY
    2006年10月9日 8:59 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    だんだん正気を失っていく女官長。哀れに感じでしまいました。そうですね。2人は彼女を受け止めてくれたと信じたい。幼い頃の仲の良かったあの頃にもどって(涙)

  • くう
    2006年10月9日 3:25 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >キョン・ミリさん、熱演でしたね。

    >BSのときからズット見ていました。敵役が一掃されると、寂しいものがありますね。

    私もBSで何回か見ましたが、この回は見ていなかったんです。

    女官長が枝にかかった布を取るとき、少女のように

    笑っていたのが印象的でした。

    >歯は、お大事に。

    ありがとう~(; ;)

  • mari
    2006年10月9日 12:40 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    キョン・ミリさん、熱演でしたね。

    BSのときからズット見ていました。敵役が一掃されると、寂しいものがありますね。

    歯は、お大事に。

  • くう
    2006年10月8日 10:40 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >とうとうチェ一族が崩壊したんだね。

    >そうか ほんとは そんなに悪い人じゃなかったんだ・・

    見なかった?

    う~ん。。。やってきた事は充分ひどいから、自業自得なんだけどね。。。

    なんか、最後は惨めで哀れだったよ。

  • くう
    2006年10月8日 10:39 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >待ってました!!

    >この回が来るのを・・・と思ってたんだけど

    >クミョンの悲しさがなんだかせつなくて

    >たまんなかったです。

    クミョンの今の気持ちは、ハン尚宮が亡くなった時の

    チャングムに似たものがあるんでしょうね。

    でも、こっちは、自業自得と言えるけど。

    > 最近は旦那も興味を持ち、夫婦で観ているのですが旦那は途中から観ているため、ストーリーがわからずうるさいのなんのって!!

    > 説明するのもややこしいんだから~

    ウチは、私よりもダンナの方が元々韓ドラが好きなの(>_<)

    私は、こんなに夢中になった韓ドラは「チャングム」が初めて。

    よく出来たドラマよね。

  • くう
    2006年10月8日 10:37 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >あの憎たらしい演技に ついつい惹かれて吸い込まれていくのはさすがだわ

    >あの人こそ女優魂があるわ

    まだ日本では、そんなにメジャーじゃないんですよね。

    素敵な女優さんです。

    優しい表情の役も見てみたいな。

  • ジェニファー234
    2006年10月8日 10:36 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    とうとうチェ一族が崩壊したんだね。

    そうか ほんとは そんなに悪い人じゃなかったんだ・・

  • くう
    2006年10月8日 10:36 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >そうそう!チェ一族も根は悪じゃないところが魅力なんですよね。最期は悲しかったですもの。

    >次週からは新展開ですよ(笑)

    なんか女官長の最後は切なかったですね(; ;)

    そうそう、次週から新展開。。。

    私的には、ここで最終回で良かった気がするんだけど。。。

  • なぎ207
    2006年10月8日 5:40 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    待ってました!!

    この回が来るのを・・・と思ってたんだけど

    クミョンの悲しさがなんだかせつなくて

    たまんなかったです。

     最近は旦那も興味を持ち、夫婦で観ているのですが旦那は途中から観ているため、ストーリーがわからずうるさいのなんのって!!

     説明するのもややこしいんだから~

  • ミルキィ~♪
    2006年10月8日 3:06 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    まだ見てないんだけどねぇ・・・・・

    あの人はほんま演技上手だわ

    あの憎たらしい演技に ついつい惹かれて吸い込まれていくのはさすがだわ

    あの人こそ女優魂があるわ

  • うさ(o´∀`o):.*
    2006年10月8日 10:53 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    そうそう!チェ一族も根は悪じゃないところが魅力なんですよね。最期は悲しかったですもの。

    次週からは新展開ですよ(笑)