【1リットルの涙】 第10話 

お母さん


過ごしやすい居場所が欲しいんじゃないの





これから先どう生きていくか


その事を考えているの









どうしても自分の足で歩きたい。


そのために居心地良く作ってもらった自宅の部屋ではなく、


病院に入院して毎日リハビリしたい。





前向き、と言うよりも、亜也は焦りを感じ始めている。





それでも、まだまだ頑張りたいと言う気持ちをあざ笑うかのように


病気は容赦なく進行していく。





そして、ついに亜也の中の18歳の女の子の部分を


侵す症状が出てしまった。





好きな人の前で、失禁する。





どんなに恥ずかしい事だろう。





18歳の女の子。


恋をしたい。


腕を組んで歩きたい。


夢を語りながら、一緒に歩きたい。





叶わない夢。





だから





麻生くんといるとつらいです。





さようなら。











お母さん、お父さん、先生





私、結婚できる?






だから、さようならを言ったんだ。


それは、亜也が18歳の女の子を諦めた瞬間だったのかも知れない。








今回の話は女として、見るのが辛かったです。








現実があまりにも残酷で きびしすぎて





夢さえ与えてくれない





将来を想像すると また別の涙が流れる










フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

26件のコメント

  • くう
    2005年12月14日 11:55 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    今回のストーリーには、18歳の女の子が望む将来や

    夢が、先生の結婚式などを通して描かれていましたね。

    好きな人の前で恥ずかしい所を見られた。。。

    失恋した以上の絶望感だっただろうと思うと辛かったです。

    最終回まで、しっかり見守りたいですね。

  • くう
    2005年12月14日 11:52 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >夢をドンドン捨てざる得ない亜矢には、余りにも辛い友人の会話だったと思う。

    うん。あの子達にも、悪気は全然なくて慰めているつもりなんだよね。

    でも、亜也と家族には辛いだけ。。。

    人を慰めるとか励ますって難しい事よね。

    昨日見ていて、私もつくづく思ったわ。

    私って考えなしに喋ったりしてしまうから、

    とても相手の方を傷つけてしまうかも知れない(+_+)

    >本人は、1リットル以上の涙を流しているんだよね。

    >病気って残酷だね。それも、先が見えない病気って・・・・・

    こんな病気は本当にイヤだ!

    現代医学は進歩したって言うけれども、まだまだこんな難病があるんだね。

    子供には健康でいてほしいです。

  • くう
    2005年12月14日 11:48 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >私はいつも薬師丸ひろ子さん演じるお母さんが、とても立派な人だと思って見ています。

    >(キャスティングも彼女には適役だと思います)

    >私がもしこの子の母親だったら・・・

    >こんなに強く支えてあげられるだろうか?

    >親として反省したり、学ぶことも多いです。

    私も思うわ。私が親だったら、こんなに支えてあげられないと思います。

    きっと私自身が一番パニックだと思う。

    このお母さんは、子供の気持ちを楽にする術を心得ているよね。

    まさみさんならば、できそうな気がします。

  • くう
    2005年12月14日 11:46 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >私も・・来週の麻生くん見たら、また辛くておおなきの予感です。行くほうもつらいけど、残されるほうも辛いよね。

    逝く方は、苦痛から解放されるから、まだ。。。

    残される方は本当に辛いと思う。

    だから、お母様も本を出したりして、少しでも娘の言葉を伝えたいんだよね。

    気持ちが、すごくわかる。。。

  • くう
    2005年12月14日 11:44 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >身体の機能だけが侵されていく病気なので、ご家族や周りの方々も、きっとどんなにかつらかったことでしょうね

    若いものね。未来がいっぱい詰まった身で、辛かったと思います。

    私、今の年齢でこの病気になったって、やっぱり辛いと思うもの。。。

    >「今を大切に生きること」

    >日々の生活に流されがちですが、「今日という日」を大事にしなければいけないとつくづく思います

    生きているだけで、健康なだけで幸せだよね。

    感謝の気持ちを持たないと。。。と思っています。

  • くう
    2005年12月14日 11:40 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >一緒に観ていたボウズが、なんか涙をぬぐったような仕草をしていたみたい。。。

    >でも、小5娘は、アッケラカンとしているの。

    >これって、人生経験の差かなぁ?

    お兄ちゃんには好きな子でもいるんじゃないの?

    妹ちゃんは恋を知らない。。。

    そんな差のような気がします(^^;)

  • くう
    2005年12月14日 11:39 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >42歳の私が、あやちゃんの立場だとしても、耐えられない辛さだと思います。

    >それを18歳の女の子が体験するなんて、あまりにも胸が痛くて涙が止まらなかったです。

    18歳ですもの。夢も希望もたくさんあったのに。。。

    女性として、ただ「結婚したい」と言う夢さえ叶わない。

    夢さえ与えてくれない現実の中で、賢明に生きていた

    彼女を心かせ尊敬します。

  • くう
    2005年12月14日 11:36 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >あの手紙を受け取った遙斗はどうするんだろう。

    >一緒にいるとつらいという亜矢の気持ちはわかると思う。影から見守ることになっちゃうのかな?

    手紙を受け取った翌日でも、普通に病室に見舞って、

    普通に憎まれ口たたいて。。。

    遙斗ならばそれができると思うんですよね。

    そうであって欲しいな。

    亜也の手紙は本音じゃないんだもの。

    きっと最後まで側にいてくれると思います。

    >薬師丸さん、映画「三丁目の夕日」でも昭和のお母さんを見事に演じていましたが、今回悲しみをうまく演じられる女優さんになっていますよね。

    薬師丸さんの映画、ドラマは昔からいっぱい見ていますが、

    今回の母親役ほど素晴らしいと思った事は無かったかも知れません。

    素晴らしい女優さんになられましたね(^.^)

  • シナリオナビゲーターGO
    2005年12月14日 10:09 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    今回は、本当にツライ展開でしたね。

    >だから、さようならを言ったんだ。

    それは、亜也が18歳の女の子を諦めた瞬間だったのかも知れない。

    男のぼくも、胸が一杯になりました。

    見ていて、辛かったです。

    最終回は、どうなるのでしょう!

  • ラビットらむ
    2005年12月14日 10:16 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    昨日は兎に角泣きました。

    一人ひとりの台詞にすごい重みがあったよね。

    メインの人意外にも、東高の生徒達の会話。

    夢をドンドン捨てざる得ない亜矢には、余りにも辛い友人の会話だったと思う。

    友達も、代わらぬ友情のつもりで言っても、逆にただ辛い言葉になってしまうなんて・・・・・

    全ての人の立場でただ涙。。。。。

    本人は、1リットル以上の涙を流しているんだよね。

    病気って残酷だね。それも、先が見えない病気って・・・・・

  • ひなたまさみ
    2005年12月14日 10:01 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    同じ女性として、あまりに厳しい現実に、ちょっと悲しすぎて、、、。これが実話だと思うと、本当にやりきれないですね。

    私はいつも薬師丸ひろ子さん演じるお母さんが、とても立派な人だと思って見ています。

    (キャスティングも彼女には適役だと思います)

    私がもしこの子の母親だったら・・・

    こんなに強く支えてあげられるだろうか?

    親として反省したり、学ぶことも多いです。

  • ジェニファー234
    2005年12月14日 9:28 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    くうさん

    >とにかく辛い回でした。でも、最終回まで見守ります。

    – – – – –

    私も・・来週の麻生くん見たら、また辛くておおなきの予感です。行くほうもつらいけど、残されるほうも辛いよね。

  • riko0520
    2005年12月14日 9:10 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    毎回毎回が、本当にいろんなことを教えてくれます

    身体の機能だけが侵されていく病気なので、ご家族や周りの方々も、きっとどんなにかつらかったことでしょうね

    「今を大切に生きること」

    日々の生活に流されがちですが、「今日という日」を大事にしなければいけないとつくづく思います

  • OMITA
    2005年12月14日 8:48 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。

    昨日は、泣いたねぇ。

    一緒に観ていたボウズが、なんか涙をぬぐったような仕草をしていたみたい。。。

    でも、小5娘は、アッケラカンとしているの。

    これって、人生経験の差かなぁ?

  • 高畠真由美
    2005年12月14日 8:44 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    42歳の私が、あやちゃんの立場だとしても、耐えられない辛さだと思います。

    それを18歳の女の子が体験するなんて、あまりにも胸が痛くて涙が止まらなかったです。

  • ikko1370
    2005年12月14日 8:33 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    切なかったね。

    今くうふうさんのブログ読んでまた泣けてきてしまいました。

    あの手紙を受け取った遙斗はどうするんだろう。

    一緒にいるとつらいという亜矢の気持ちはわかると思う。影から見守ることになっちゃうのかな?

    遙斗、どうにかしてあげて!って思わず思ってしまいました。現実大学生の彼に何もできないだろうけど。。。

    薬師丸さん、映画「三丁目の夕日」でも昭和のお母さんを見事に演じていましたが、今回悲しみをうまく演じられる女優さんになっていますよね。

    来週最終回ですよね。

    どうなるにせよ、亜矢には幸せな気分を少しでも味わってほしいな!

  • くう
    2005年12月14日 1:53 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >「来ないで!」のシーンは衝撃的でした。

    >男性でもこれだけ衝撃を受けたのだから女性ならなおさらではないでしょうか。それとも遥斗の立場に立てる男性の方が考え深いんでしょうかね。

    遙斗は凄く器が大きいと思いますよね~。

    私だったら、たぶん、あれでかなり引くと思います。

    自分から引き下がった亜也の気持ち、本当に苦しいでしょう。

    二人に明るい未来はないんですものね。

    それでも、最後まで一緒にいてあげて欲しいです。

  • くぶくりん
    2005年12月14日 1:43 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    「来ないで!」のシーンは衝撃的でした。

    男性でもこれだけ衝撃を受けたのだから女性ならなおさらではないでしょうか。それとも遥斗の立場に立てる男性の方が考え深いんでしょうかね。

  • くう
    2005年12月14日 1:08 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >何を見ても、だれと会っていても、

    >きっと涙が流れてきちゃうんでしょうね。

    私たちは、何か悲しい事があっても、時が解決してくれる、

    でも、亜也の場合は解決する日は来ない。

    辛いですよね。私だったら、毎日泣くと思います。

  • どりりん。
    2005年12月14日 1:02 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    何を見ても、だれと会っていても、

    きっと涙が流れてきちゃうんでしょうね。

  • くう
    2005年12月14日 1:02 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    こちらこそ、書き込みとトラバ、ありがとうございました(__)

    >うちの父も同じ病気だったから、家族の気持ちがよくわかります。薬師丸ひろ子さんの母親役がすごく上手。

    薬師丸さんは、本当に素晴らしい女優さんになられたと思います。

    毎回、この強い母の姿に感動してしまいます。

    >フツウに生活が出来る、ただそれだけ、ただフツ~にそれだけが一番の贅沢で幸せなことなんだと思う。

    本当にそうですね。私たち視聴者は、このドラマから生きる力と意味を教わった気がします。

  • くう
    2005年12月14日 12:58 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >今回もつらい場面多かったですね。

    >そして、何かものすごく、亜也の言葉に重みがあったように感じました。

    もう、あきらめる事だらけになってしまって。。。

    ご本人もご両親も本当に辛かったでしょうね。

    >それと最近原作の方も、読み始めました。

    私も、ずっと我慢していたのですが、「命のハードル」の方を

    買ってしまいました(+_+)

    でも、ドラマの感動が薄れるとイヤなので、始めの方だけ

    ちびちび読んでいます(^^;)。

    ドラマが終わってから本格的に読もうと思って~。

  • くう
    2005年12月14日 12:55 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >ホント今回は女として辛いシーンが多かったですよね。

    うん、将来ある遙斗への思いやりの気持ちと、これ以上進行した自分を

    見られたくない気持ちが混ざってお別れを言ってしまったんだろうけど。。。

    辛すぎる。泣けました。

    >自分の居場所・・コレを探すのって普通に生きてる人でも大変だもん、亜矢はすごく焦ってしまったんでしょうね。

    そうだよね。そう思う。

    私なんか、居場所があるから幸せなんだと思って、なるべく笑って生きて行かなくてはね。

  • アンナ
    2005年12月14日 12:46 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    今回は、女性としてみてて辛かったですね。

    うちの父も同じ病気だったから、家族の気持ちがよくわかります。薬師丸ひろ子さんの母親役がすごく上手。辛いけど、亜也の言葉に「生きる希望」が持てればいいな?って、亜也も天国で思っていると思います。フツウに生活が出来る、ただそれだけ、ただフツ~にそれだけが一番の贅沢で幸せなことなんだと思う。

  • sy_elvis
    2005年12月14日 12:17 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    こん00は。

    今回もつらい場面多かったですね。

    そして、何かものすごく、亜也の言葉に重みがあったように感じました。

    それと最近原作の方も、読み始めました。

  • ゆう116
    2005年12月14日 12:01 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    ホント今回は女として辛いシーンが多かったですよね。

    自分の居場所・・コレを探すのって普通に生きてる人でも大変だもん、亜矢はすごく焦ってしまったんでしょうね。

    大好きな人にサヨナラを自分から言い出すのはセツナイですよね。