【Dr.コトー診療所 2006】第8話 感想

医学の常識なんて覆せばええじゃろ。
ワシらはずっと、そうやって来た。
違うか。先生。



和田の力強い言葉が、コトーゆかりの手術を決心させた。

医学の常識。
末期ガン。末期とは何なのだろう。末期とは誰が決めるのだろう。

人間の生きる力って凄い。
命って、本当に凄い。


ゆかりは、助かった。
ガンは消えた。

命の不思議さに命の大きさにコトーは打ちのめされる。
自分が歩んできた医学と言う道よりも大きな、生きたいと言う命の力。


ゆかりが助かって、本当に良かった。
あんなに可愛いチカちゃんを残して逝く事にならなくて
本当に良かった。

コトーは、医学に頼って、末期の宣告をした事をゆかりに詫びるが。。。

ゆかりが言うように、詫びる必要はないと思う。

だって、コトーを信じているから、ゆかりは治ったんだもの。

ゆかりの命の力は、1人で得た物ではなくて、
コトーを信じる力と家族の支えから出来た物だと思う。

この力、彩佳にもあげる事が出来れば。。。

。。。。。。。。。。。。。


このストーリー、原作では、早い段階で出てきているんですよね。
しかも、原作ではこの患者はゆかりさんではありません。

「Dr.コトー」は原作も面白いけれども、原作の方は
人と人との繋がりを描くよりも、もっとモロに「医療物」で、
結構突飛な話もあったりして「漫画」と言う感じなのです。

このエピソードを、ゆかりに持ってくるとは思いませんでした。

しかも、ちゃんとこのドラマに合うように演出して練ってある。
本当に優秀なドラマだと思います。




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 
にほんブログ村  


キャスト

五島健助: 吉岡秀隆
星野彩佳: 柴咲コウ

仲依ミナ: 蒼井優
原剛利: 時任三郎
原剛洋: 富岡涼
西山茉莉子: 大塚寧々

星野昌代: 朝加真由美
坂野孝: 大森南朋
坂野ゆかり: 桜井幸子
坂野千賀: 畠山彩奈
中村三郎: 坂本長利
山下一夫: 納谷真大
山下道子: 森上千絵
山下邦夫: 春山幹介
宮野純平: 池田晃信
元木渡: 山西惇
山下努: 船木誠勝
山下春江: 高橋史子
山下信一: 石川眞吾
山下桃子: 松本梨菜
小沢信二: 光石研
小沢小百合: 神野三鈴
小沢ひな: 尾崎千瑛
川畑夏美: 大畑稚菜
中村愁子: 大後寿々花
山下巌: 谷津勲
山下茂: 松田史朗
原和子: 増子倭文江
剛洋の叔父: 妹尾正文
宮野真人: 細田よしひこ
熊木圭介: 熊耳宏之
脇田実: 栗脇高志
南佑介: 東誠一郎
洋平: 宮嶋剛史

鳴海慧: 堺雅人
安藤重雄: 泉谷しげる
和田一範: 筧利夫
星野正一: 小林薫










※この記事は2010年に楽天からお引越ししてきた記事です。
コメントは引っ越せましたがトラバの引っ越しはできませんでした。
ご了承ください。再トラバはいつでもお受けいたします。


この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >先週、ゆかりさんの余命を聞いて「ゆかりさんもガン?」とショックだったので、今回のお話はビックリもしましたが、治って良かったじゃないですかとコトー先生に言いたいです(^_^;)

    原作は15巻くらいまで家にあります。

    騎士゛にはこんな風に書いちゃいましたが、読み直してみると

    原作も人と人の繋がりを大切にしてる物でした。

    医療部分が漫画の方が、もっともっと凄すぎる^^;ので

    そっちばかりが記憶に残っちゃって。

    私もね、原作のこのエピソードがドラマに来るとは

    思わなかったので、今週は悲しい結末を予想してしまいました。

    信じなきゃダメですね。信じる力は大きいです。

  2. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >生きたい!という事と、生かされていることって

    >良い緊張関係なんでしょうね。私も祈りましたから。

    海と自然と人々の支えが奇跡を呼んだんですね。

    そして、コトー先生と。

    この力を彩佳にもあげたいです。

  3. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >あやかちゃんがより心配になります。

    >やっぱり、人は支えや希望があってこそ、生きようと頑張れるんだもの。

    今回の話を見たら、余計に彩佳は島に帰った方がいいと

    思うようになるよね。

    末期だったゆかりさんだって治ったんだもん。

    きっと彩佳だって。。。

  4. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    彩佳が出るシーンになると、本当に可哀想でたまりませんよね。

    人の支えが大きな効用になると解った今回のストーリー。

    コトーも考えるところが大きいでしょうね。

  5. ミマム より:

    SECRET: 0
    PASS:
    くうさんは原作をご存知なんですね。

    先週、ゆかりさんの余命を聞いて「ゆかりさんもガン?」とショックだったので、今回のお話はビックリもしましたが、治って良かったじゃないですかとコトー先生に言いたいです(^_^;)

    来週のミナちゃんのお話も気になります。

    http://salt1g.blog20.fc2.com/blog-entry-408.html

  6. mari より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ゆかりさん、良かったですね。

    この島の自然が奇跡を呼ぶんですよ。

    生きたい!という事と、生かされていることって

    良い緊張関係なんでしょうね。私も祈りましたから。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    ゆかりさん助かってよかった(*^^)

    でも・・コトー先生、そんなに苦悩しなくても・・って切なかったです。

    だからこそコトー先生なのかもしれないけれど・・ね。

    あやかちゃんがより心配になります。

    やっぱり、人は支えや希望があってこそ、生きようと頑張れるんだもの。今のあやかは一人ぼっち・・・。

    今まで一杯、島の医療に尽くしてきたのに・・かわいそうだよ。

  8. ita_wind7 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    一人でこんな苦しいことに耐えているアヤカも立派だけど、早いところ告白して楽になって欲しいですね。やっぱり支えは必要。