【平清盛】第11回「もののけの涙」感想


得子(松雪泰子)の策略に陥れられた崇徳帝(井浦新)は、得子の子・近衛帝に、
みかどの座を譲ってしまう。
一方、清盛(松山ケンイチ)は最愛の妻・明子(加藤あい)と子どもたちと共に、
幸せな日々を送っていたが、明子が物乞いを助けたことで流行り病にかかり、
死の床についてしまう。
祈とう師たちを呼び、なんとか明子を助けようとする清盛だったが…。

そして、駆けつけた忠盛(中井貴一)の目に映ったものとは…。

(「Yahoo!TV」より引用)

  

第十一回「もののけの涙」

「佐藤義清、出家する!」

のニュースは朝廷中を駆け巡ります。

義清は私の罪深さを背負うて出家したようなものじゃ。
すまぬ事をした。

と、珍しく普通の人のような事を言う璋子さまを堀河局は、

それは違いまする。
義清殿は璋子様によって知ったのです。
人が人を愛おしく思う事の罪深さを。

璋子様こそが、身を捨てて義清殿に教えたのです。

と、お慰めし、璋子さまは速攻で「そっか」と納得するのでした。

さて、ここにどう考えても納得できない、裏切られた、捨てられた!
と、身を儚んでいる方がもう1人おられました。

「あなたは私が守ります」
と、かたーく愛を誓ったはずなのに、さっさと義清に出家されちゃった崇徳帝です。

そんな崇徳帝を清盛が珍しく、まともな顔でお慰めしています。

この平清盛も同じにござりまする。
生まれ出る前から、実の父・白河院に命を狙われ、母は私の目の前で殺されました。

されど、もののけのごときお方にいつまでも振り回されるのは御免被りたく、
この醜き世を私なりに面白う生きてまいる所存にござりまする。

このもののけ兄弟に励まされたのか、崇徳帝は女房に子供が出来たのを機会に
鳥羽院に宣戦布告。

自分の子供である重仁皇子を次の帝にすると言い出しました。

躰仁は我が養子とはいえ、腹違いの弟。
血の繋がりの薄き者には譲りとうない。

上皇様が叔父子の朕を忌み嫌うと同じじゃ。

朕は我が子の後ろ盾となり、朕の思う政がしたい。

これを受けて立ったのが得子さまです。

虐げられし帝が初めて牙をむかれたのじゃ。
受けて立ってさしあげねば無礼であろう。

この企み深く恐ろしい女は、崇徳くんに向かって、まずは得子の子・躰仁皇子に
譲位することを提案。

躰仁は崇徳くんの養子でありますから、父院として政を行えばよろしい、と。
そして、躰仁皇子の後は崇徳くんの子・重仁皇子を東宮にすればよい…。

この提案に崇徳くんはまんまと乗ってしまいます。
身の回りにぼんくらしか居なかったのでしょうか。
せめて悪知恵の塊の様な雅仁くんにでも相談すれば良かったのに…
と思いますが、今から思ったって後の祭り。

永治元年12月7日。
譲位した躰仁くんは、何と皇太子ではなく皇太弟の扱いになっていたのでした。

皇太弟では崇徳くんは後ろ盾になる事は出来ず…
つまり、まんまと帝の座から引きずり降ろされ蚊帳の外に放り出されたのでございます。

その上、国母になった得子さまは、追い打ちをかけてきました。

得子さまを呪詛したという名目で、璋子さまの従者である津守嶋子・源盛行夫妻を
土佐へ島流しにしたのでございます。

こうして、どんどん黒い噂に飲み込まれ、権力の座からも追い出された璋子さまは、
ついに出家されるのでした。

得子さまが国母になった事は、当然、貴族や武士たちにも影響を与えてきます。

平氏も、ここは得子さまにヘイコラしておくべきじゃないか、と話し合い。

しかし、皆が真剣に話している間も清盛くんは、

王家にも摂関家にも信ずるに足るお方などおられぬわ。
誰に取り入るか話し合うだけ無駄じゃ。

面白き道を選べばよい!

と、ゲラゲラ笑っているのでした…いいのか、それで…。

実際、清盛くんは良い家来たちに恵まれ、美しく聡明な妻と可愛い子供も得て、
ヒジョウ~に幸せな生活を送っておりました。

妻・明子は正月には、母・宗子、家盛の妻・秀子と3人で楽を奏したりなんかして、
嫁姑の仲も上手く行っている様子。

家臣である盛国の結婚にまで目を配り、本当に心優しい妻なのでした。

しかし、そんな心優しさが仇になる日がやってきます。

初詣に出かけた清盛くんと明子さまは、帰り道に病に倒れる民を発見。
明子さまは手ずから病人を助け起こします。

これが、どうも「BLOODY-X」並みの感染力だったらしく、明子さまは、
あっという間にお倒れになってしまわれるのでした。

清盛くんは僧侶を集めて祈祷させますが、どうにもなりません。

もう…十分に…見せて頂きました。大きな船も…海の景色も。
殿の目に映っていたから。

殿の目に映る広くて面白き世を共に思い描く事ができて…。
明子は幸せにござりました。

ついに亡くなってしまった明子さまの枕元でひとしきり泣きわめいた清盛くん…

僧たちが祈祷している部屋に駆け込んで…

僧を飛び蹴り!
殴る!
胸ぐら掴む!
そして刀抜く・・・・・・・

この役立たずどもが!

明子を生き返らせよ!さもなくば生きてここから帰さぬ!

早う生き返らせよ!

暴れまくる清盛くんを盛国が止めます。

殿!

恨むならば、恨むならば、宋の薬を求めるを許さぬ法をお恨みなされませ!

疫病を止められぬ朝廷をお恨みなされませ!

そして皆が健やかに、健やかに暮らせる世を、殿がお作り下さりませ!

それこそが、北の方様の夢見た景色に相違ござりませぬ!

清盛くんは、ただ、明子の名を呼び泣き続けるばかり…。

外では、明子の琵琶の弟子だった時子が、明子を送るように
琵琶を鳴らしていました。

駆けつけてきた忠盛も、もののけの子のように泣き続ける清盛を
ただ茫然と見ているしかないのでした…。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

清盛!陰陽師などあてにしてはならぬ!

父の積年の恨み、忘れたか!
(詳しくは「陰陽師II」を見てね♪) by 中井貴一

明子さまの聡明さとお美しさ、そして、お優しさで最初から最後まで
フラグばんばん立てまくりの回でございました……

琵琶を時子さまに伝授するシーンまで、「次の妻は貴女よ」と言っているように見えまする。

しかし、きちゃならしい(あ、ごめん…)清盛とは大よそ不釣り合いな
美しく汚れなき妻であった明子さま。

新年に姑と義妹と一緒に楽など嗜んだりされて、嫁姑間も上手く行っていたご様子。
(結婚した経緯が経緯だったから心配してたんだけどね~)

加藤あいさんは、儚く散って行った若い命にはピッタリの透明感であらせられました…

でも、すいません。ちょっと…
死んでいく顔には見えないんだけど。
いや、加藤さんじゃなくて演出の問題ね。

今、朝ドラ「カーネーション」を見ていてつくづく思うのよ。

臨終シーンを描かないと気が済まないらしい大河ドラマ。
臨終シーンを一切描かずに人の死を感じさせて涙させる「カーネーション」

同じ局なのに…いや…まぁ…それだけですけど…笑.gif

今回の一番衝撃的なシーンは、何と言ってもあれだろ…あれ。

  平清盛11話

八つ当たりで坊さんを蹴ってはならん。

さて、ついに、清盛の生涯に付き添う事になる二位尼・平時子
たぶん、入水まで描かれるこの大河で…深きょん、頑張れ。

今日の璋子(たまこ)さま

たまちゃんの第一子、崇徳くんは得子さまの陰謀に乗って帝の位を弟・躰仁に
譲位してしまい、何の権力もない身になってしまいます。

その上、たまちゃんの付き人である津守嶋子と源盛行が朝廷を追い払われて
島流しになってしまうのでした。

それは、何と得子さまを呪詛したという罪。

呪詛に使ったのは、たまちゃんが得子さまが姫を出産した時にプレゼントした人形です。
あれに、ぎっしりと不気味な呪文が書かれていたのでした。

当然、陥れられたわけですが、当時は裁判なんてありません。

堀河は「陥れられた」と悔しそうに言うのですが、たまちゃんは違うと言います。

平清盛救うて下さるのじゃ。

鳥羽の法皇様を傷つけ、上皇様を苦しめ、
義清を出家に追いやった私の愚かさを…

こうして突きつけて下さったのじゃ。

たまちゃん・・・お人よしにもほどがあります。しっかりしてーーー!!

あんた、親子ともども陥れられているんだよー

っつーか得子こえーーー!!
あの人形に筆で漢字書き書きしてる図を想像すると、マジこわすぎるーー!!

この後、康治元年、たまちゃんは朝廷を去り、落飾します。
もう朝廷の権力は得子さまに握られっぱなしになってしまうのでした。

しかし、鳥羽院の愛まで本当に奪われてしまうのかというと…

それは、来週ですね。

来週で、たまちゃんの出番も終わりかなぁ。亡霊になって出てきてください。
おねがいします。(泣)

※マニアな情報ですが、「マメシバ一郎」のイチローが、第16話に出演するそうです~♥
二朗さん@二郎と共演…絡みはないと思うけど~笑.gif

※今期の日曜日、「清盛」見て記事書いてご飯食べて「運命の人」にすぐ突入するという
過密スケジュールなので、トラバのお返しなどかなり遅れてます。申し訳ありません~。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ

にほんブログ村

※キャスト

平清盛(平太) … 松山ケンイチ(幼少期:前田旺志郎)

平忠正 … 豊原功補
平家盛 … 大東駿介
平頼盛 … 西島隆弘
平時忠 … 森田剛
平盛国(鱸丸) … 上川隆也(幼少期:小林廉)

伊藤忠清 … 藤本隆宏
平盛康 … 佐戸井けん太
平維綱 … 尾美としのり

時子 … 深田恭子
明子 … 加藤あい
滋子(建春門院) … 成海璃子
秀子 … 海老瀬はな
須磨 … 駒塚由衣

宗子 … 和久井映見
平家貞 … 中村梅雀
平忠盛 … 中井貴一
平正盛 … 中村敦夫

源義朝 … 玉木宏
源為義 … 小日向文世
由良御前 … 田中麗奈
常盤御前 … 武井咲

鎌田通清 … 金田明夫
鎌田正清 … 趙和

源頼朝(語り) … 岡田将生

政子 … 杏

白河法皇 … 伊東四朗
舞子 … 吹石一恵
祇園女御 / 乙前 … 松田聖子

鳥羽上皇 … 三上博史
後白河天皇(雅仁親王) … 松田翔太
崇徳天皇 … 井浦新(幼少期:桑代貴明)
璋子(待賢門院) … 檀れい
堀河局 … りょう
得子( 美福門院) … 松雪泰子
御影 … 横山めぐみ

藤原忠実 … 國村隼
藤原忠通 … 堀部圭亮
藤原頼長 … 山本耕史

信西(高階通憲) … 阿部サダヲ
藤原家保 … 渡辺哲
藤原家成 … 国広富之
高階基章 … 平田満
藤原季範 … 山口良一

西行(佐藤義清) … 藤木直人
兎丸 … 加藤浩次(幼少期:前田航基)
朧月 … 隆大介
滝次 … 河原崎建三
国松 … 白倉裕二
時松 … 内野謙太
蝉松 … 原勇弥
荒丹波 … 八田浩司
麒麟太夫 … 須加尾由二
資遠 … 真島公平

↓おすすめ!

【送料無料】平家物語の女性たち新装版

【送料無料】平家物語の女性たち新装版
価格:580円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本
価格:1,260円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛をあやつった女たち

【送料無料】平清盛をあやつった女たち
価格:693円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛と平家の女たち

【送料無料】平清盛と平家の女たち
価格:1,000円(税込、送料別)