【坂の上の雲】第7話(と、第6話ちょっと)

海軍大学校に戦術講座が設けられ、真之は教官として招かれた。

真之は高橋是清に連れられて観劇に参加するが、それは高橋と八代六郎が仕組んだ見合いであった。
真之は男装した美しい女性・稲生季子に会うが、見合いは成立しなかった。

家に戻ると、義姉の多美や母は見合いの事を知っていたようだった。


そろそろ身を固めよ。
わしと同じ35までに嫁取りをせなあかん。

と、お兄上もおっしゃるに違いありません。


と言う義姉。


わしは海軍を一生の大道楽と思っとりますけん。
結婚などよう思い至りません。




真之は子規の元を訪れる。

子規は、すっかり弱っていた。

しかし、子規の家には相変わらず仲間が集まり、子規を中心に家は回っているのだった。


軍人が戦場で散らす命と、このちぃっぽけな仕事場で散らすわしの命とどう違うんじゃろうのう。


と聞かれ


同じじゃ。

と答える。


そうじゃのう。
どっちも同じちっぽけな命じゃ。



どっちも尊い命じゃ。



じゅんさんにとって、世界は広い。

わしにとっては・・・


深いんじゃ。




子規は言う。



病が進んで痛くて仕方ない時は、自分の命はちっぽけだ。
こんなちっぽけな命は永らえても仕方が無いと思う。

しかし、気分が良い日は俳句が次々と頭に浮かんできて、もっと仕事したい。もっと生きたいと願う。

じゅんさんは、今のままで満足してはいけない。
自分のようにちっぽけなままで満足してはならない、と。


生きて生きて、生き抜いておくれ。


律はそんな子規を相変わらず黙々と世話していた。

真之を見送りながら律は泣く。


兄さんもう死んでもええよ。と時々思ってしまうんじゃ。
充分、苦しんだんじゃけ。

じゃが兄さんは、私が作ったご飯をよう食べる。

どんなに苦しゅうても生きようとするんじゃ。



真之が横須賀に出張している間に、子規は35年の命を終えた。




糸瓜咲て痰のつまりし仏哉

痰一斗糸瓜の水も間にあはず

おとといの糸瓜の水も取らざりき



 。。。。。。。。。。。。。。。


子規の壮絶な最後でした。

戦場に行ったわけでもない子規が、畳の上でこんなにも痛みや苦しみと戦って最後まで生きぬいた事。

真之はこの戦う親友をどんなに尊敬して励みに思って生きてきただろう。


真之は、戦場に行ったらそこで死ねば良い。
と、死ぬことを考えて生きてきた。

生きたい生きたいと生きぬいた子規を見て、家庭を持つ事も考えていなかった真之の心に何か違う物が生まれたのではないかと言う気がします。


結局、先週もBSで第6話を見て、感想書けないまま今週になってしまって。。。

先週は、半分以上がロシアだった気がしたので

つまらなかったワケではないのですが、何か動かなかったんですよね。
手も心も。


1年ぶりに見て、やっぱり凄いわ。
良いわ、このドラマ。

と思うと同時に、この時代の歴史に暗すぎる自分のお勉強不足を呪いたくなりますわ。

もっと、勉強しながら見たいと思います。




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 
にほんブログ村  

【キャスト】

秋山真之 … 本木雅弘
秋山好古 … 阿部 寛
正岡子規 … 香川照之
正岡 律 … 菅野美穂

秋山久敬 … 伊東四朗
秋山 貞 … 竹下景子

秋山多美 … 松たか子

八代六郎 … 片岡鶴太郎
夏目漱石 … 小澤征悦
高橋是清 … 西田敏行

伊藤博文 … 加藤 剛
児玉源太郎 … 高橋英樹
東郷平八郎…渡哲也












この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • くうふう3
    2010年12月15日 12:56 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >子規の香川さんも、律の菅野さんも、かかれたとおり名演技ばかりでした。

    >それだけに、見ていて辛かったです。

    そうなんですよね。。。特に香川さんの子規がね~。。。

    もう壮絶さが真に迫っていて。。。泣けましたね。

    >秋山兄弟も、徐々にその使命の任務に進みだしましたね。

    >次回には、歴史の巨大な歯車が大きく回転しそうで、じっくり見とどけたいです。

    実はすでに見てしまったのですが。。。

    次週をお楽しみに^^

  • ふるゆき
    2010年12月12日 11:04 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    子規の香川さんも、律の菅野さんも、かかれたとおり名演技ばかりでした。

    それだけに、見ていて辛かったです。

    秋山兄弟も、徐々にその使命の任務に進みだしましたね。

    次回には、歴史の巨大な歯車が大きく回転しそうで、じっくり見とどけたいです。

  • くうふう3
    2010年12月6日 11:47 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >子規の死・・・

    >もう壮絶で壮絶で・・・

    何か凄かったですよね。。。

    病で亡くなる人は誰だって生に執着はあると思うんですよ。

    でも、あれほどの人はきっとなかなか居ないと思う。

    見守る律も辛かったことでしょう。

    >香川さんも菅野さんも名演技だったと思います。

    >思い出しただけでも、まだウルウルと・・・。

    本当にね。香川さんは凄いです。乗り移ったかのようでした。

    管野さんも素晴らしかったです。最後の女学生姿も初々しかったですね^^

  • くうふう3
    2010年12月6日 11:44 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >たしかに6話はロシアがほとんどを占めていましたね・・・。

    >物語は静かに進行中のようでした。

    つまらなかったワケではないんですよ^^;

    でも、兄弟がほとんど出てこず、子規さえも出番少なく

    広瀬ばっかだったので。。。

    でも、きっと後々は、この回を思い出して泣く日が来そうです。 

  • BROOK
    2010年12月6日 4:04 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    何とか見終わりました♪

    子規の死・・・

    もう壮絶で壮絶で・・・

    それを看病する律にも涙でした。

    香川さんも菅野さんも名演技だったと思います。

    思い出しただけでも、まだウルウルと・・・。

    >良いわ、このドラマ。

    はい、私もそう思います♪

  • BROOK
    2010年12月6日 8:47 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    たしかに6話はロシアがほとんどを占めていましたね・・・。

    物語は静かに進行中のようでした。

    7話はまだ未見なので、

    感想は早くて水曜日頃になりそうです。

    その時、改めてコメントを残させていただきます。