【スターマン・この星の恋】 第3話 感想

あのさ。

うん?

本当の俺は最低な男だったみたいで…。
俺が思い出したとして、本性が出るっていうか…そんなふうになっちゃって…
そしたら…ごめん。


何か、信じられないよ。悪い星男。

でも一度死んだと思えばいいじゃん。
これから始まるんだよ。星男の人生は。



スターマン・この星の恋 第3話

      スターマン


飛びパーーーンチ……。

を星男にしてきた女は、ぶっ続けて怒鳴りだす。


何なの?あんた誰?

あんたこそ誰だよ。何だよホシオって!


はぁ?

どうなってんの?何?これ。
ふっ…何ぽけ~っとした顔してんだよ。ふざけんなよ!


えっ?

何だよ!その顔!腹立つ。いいかげんにしなさいよ、達也!

タツヤ?

タツヤ?

はぁ?



吹っ飛ばされたまま壁ぎわにボーーっと座り込む星男@タツヤ。
激昂しまくりの女。
ただ茫然とする佐和子…。


俺のこと知ってるんですか?

はぁ?

そうなんですか?

あの~…。


事態が把握できない女は佐和子を睨む。

つか、あんた誰?!

あの…。

何?

ちょっと座ってもらっていいですか?



やっと少し落ち着いて、女も星男もテーブルに着くのだった。


ごめん、うそでした。
ごめんなさい!


土下座する佐和子。

もう、ただボーーッとする星男。
そりゃ…ぼーっともするよね。

記憶がないんじゃ…。
今、目の前で起きている事は信じられない事ばかりだろ。


佐和子は全てを2人に話す。

いや、うそみたいな話で申し訳ないんだけど、うん、車に乗ってたらいきなり、ふらふら~って
この人が現れて、ただ目の前でどたっ!て倒れちゃって…いやお医者さんにも診せたんだよ?
…溝上先生っていう、こう…。


しどろもどろで説明し…記憶喪失の星男に勝手に「星男」と名づけて夫だった事にし…
そして、今こうして一緒に居ると。


じゃあ、俺は佐和の…。

うん!知らない人。

すいません。ほんとにすいません。


ひたすら土下座。


うそでしょ?

女は星男を睨んでいる。


あんたのついたうそなんて、どうでもいい。
そんな安っぽい、寂しい女がついたうそなんて興味ない。

達也に言ってんだよ。
うそなんでしょ?あんたこそ。

どういう…。

記憶喪失なんて嘘なんでしょつってんの。
そういうふりしてるだけなんでしょ?

白状しなさいよ!
ほんとの自分から逃げるために。
そうなんでしょ?!



ガンガン怒鳴りつける女。

星男は佐和子からの過去設定を聞かされた時と同じようなショックを受けていた。


…本当の自分から逃げる?
俺は…そんなに嫌なやつだったんですか?
逃げたいくらいに。

はぁ?マジで言ってんの?あんた。


今にもまた殴り掛かって行きそうな女。


そんな嘘ついてないと思います。

何で解んだよ。
こいつはね、そういうことしてもおかしくないやつなんだよ。


そんな嘘ついてないと思う。

だから、何で解んだよ!

わかるわよ!それくらい!



大声出しちゃってから、そういう立場じゃない事を思い出す佐和子。


だって…この人、ほら、死のうとしてたみたいだしぃ。

へぇ?
でも生きてんじゃん。こうやって。

ほんとに死のうと思ったらね、死ぬのなんて簡単だよ!
死に損なうのはね、最初っから死ぬ気がないんだよ!
死のうとしてるふりだけなんだよ!

…って、こいつがよく言ってた。



じぇ……星男って、そんな男だったのか。
なんか…今の星男からは想像できない~…。

何が「わかるわよ、それくらい」だよ。
はぁ?えっ?何?女の勘~?

男いない寂しい女が、何偉そうなこと言ってんだよ!
そんなに女の勘が働くんだったらね、男、拾わなくてもいいくらい幸せなってんだろ。

いや、ちょっと、それは言い過ぎなんじゃないかな…。

言い過ぎじゃねぇし!
何が「星男」だよ。ロマンチックな名前とか付けてんじゃねぇぞ、ばばあ!



ああ…木南ちゃん…ガラの悪い女がこんなに似合うなんて…。
上手すぎて、上手すぎて引く・・・・。

ばばぁを言われてカチンと来たばばぁ・佐和子さんの反撃。


悪かったわね。寂しいばばあで!あぁ、そうですよ!
ロマンチックな夢見ましたよ。
このままここにずっといてくれたらいいなって思いました。
いなくなっちゃうこと考えて泣いたりもしました!

しましたよ!
間違ってることぐらいわかってるけど、でも、この人が運命の人なんじゃないかって、
神様がくれたプレゼントなんじゃないかって考えたりもしました。

悪い?
悪いですか?
女だったらね、共感してくれる人多いと思いますけどね~!



あっはははは……。
確かにね……共感してるよ。共感してるからこのドラマを見てる。


で? あんたは何?
この人に捨てられて捜し回ってたわけ?

嫌だったんじゃないかなぁ~…この人、あんたのこと。
好きじゃなかったんじゃないかな。
そうじゃなきゃ、そもそもこんなことにならないわけでしょ?


星男の隣に立って、顔を覗き込み、女に厭味ったらしく言ってみる。

好きな女の顔見ても、全然な~んにも思い出さない、みたいな…彼。
そんなもんですかねぇ。



女はもっと怒り始めた…。

はぁ?何なの?
あんた、何開き直ってんの?
あんた自分がやったことわかってんの?

犯罪だろ?
これ。


わかってます。それくらい。

何だよ!この女!頭おかしいんじゃねぇの?
何とか言いなさいよ!達也!

えっ、あっ…いや…。

な~んか達也って似合わなぁぁい。

あぁ?

いや…何でもないです。忘れてください。



佐和子は頑張ったけれども…
まぁ…全体的に常識外れであり得ない事したのは自分の方なのでこれ以上は頑張れない。

ごめんなさい。
…どう考えても私が悪いです。

当たり前。



結局…。

帰るわよ!達也。

…どこに?

あんたのいたとこ!



…と、お別れもなく星男@タツヤは連れ攫われてしまうのだった。


まぁ…これねぇ…。
本人に記憶がないから選ぶも何もないんたけど…。


自分に記憶が無くてさ。
このガラの悪い恐い女と、自分に嘘ついていた女と……。

どっちの方が恐ろしく見えるだろ。
どっちもどっちか。

王子様は台風のような風に乗って魔女に連れて行かれてしまいましたとさ…。

さっ、仕事行くか……。


それでも、食っていくためには仕事しなきゃならぬ。
現実は厳しいね。


惣菜厨房で一緒に働く重田さんは、惣菜作って40年。

自分の身の上話を語って聞かせる重田さん。

総菜はいい。総菜はすばらしい。
40年前にな、俺は腹をすかして歩いていた。月江寺の駅の辺りをな。
腹が減って死にそうだった。

そしたらな、総菜屋の娘がな、コロッケを1枚くれたんだ。どうぞってな。
そのコロッケの美味いこと。

へぇ~。

それ以来、俺は総菜を作って生きていこうと決めたんだ。


そのコロッケをくれた娘が、あの口うるさい奥さんらしい。
拾ってやったってそういう事だったのか~…。


で、ここでちょっと押されてバランスを崩した重田さんが、高温のフライヤーの中に
手をついてしまう……という恐ろしい事件がぁぁぁぁぁ。

視聴者がみんな、ぎゃぁああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

と、叫んだのに、重田さんは普通~~にフライヤーから手を出して、じっと見つめるのだった。

やっぱり……人間じゃねぇぇぇぇぇぇ……。


重田さんってこの町の生まれなんですか?

と聞く安藤。

いや…。

あっ、そうなんですか。
それまではどこに?


言っても知らない所だ。

ははっ、そうなんですか。



臼井祥子は、その会話を目を輝かせて聞いていた。

1973年10月8日に、この辺りでUFOの目撃情報がたくさんあったんですけど、
そのとき重田さん…。

知らん。



一方、新婚生活の事を冷やかされた佐和子は、元カノが彼を連れてっちゃったことを
正直に告白。

な~んだ…普通の人か。

なぜか、ガッカリする祥子だった。

なんだろ…この子は、一体なんだろ。

この子も宇宙人関係者なのか…。
それとも、ただのSFオタクなのか…。


スーパーのお仕事は惣菜作りだけではありません。

材料の納品の荷受けをしていた佐和子は…

重い荷物を積み込んだコンテナがトラックの荷台から真っ逆さまに滑り落ちて
くるという大事故に…

遭うところだった。


これをまた、すっっっっっっごい勢いで飛んできた星男がストップ!!!


佐和、大丈夫だった?


星男、カッケーーーーーーーー!!!!!


星男は佐和子の元へ帰ってきた。

あの女…ミチルが戻っていいと言ってくれたから。


星男はミチルに聞かれて「設定」を全て話した。
子供3人と佐和子と美代さんと楽しく暮らしていた事。

すると、ミチルは突然「戻れば? あんた。」と言ってくれたのだった。


何か腹立つけど、そのほうが幸せそうだし、あんたは。

…羨ましいね。自分のこと忘れちゃうなんて…。羨ましい。
ぜ~んぶ忘れたいよ、私も。

すみません。

だから、気持ち悪ぃんだよ。あんたからそんな丁寧な言葉聞くと。



えぇぇ、星男は一体何をやっていたの
どんな乱暴な仕事をこの人とやってたの


星男か…。

星を見るのが好きなんです。
だから、佐和子さんはそういう名前にしたんだと。


星? あんたが?
そんな趣味なんか全くないよ。ほんとのあんたには。
夜中に真っ黒いサングラスとかしちゃってさ。

…そうなんですか?

そうなんですよ。



聞けば聞くほど恐いぞ…星男。

しかし、星男…いや、タツヤがどんな男だったのか、ミチルは教えてくれなかった。


別れ際に気になる事を言うミチル。

あっ、あんたさ、私の部屋から持ってった薬全部飲んだの?

…薬?

あぁ…覚えてないのか…。

…まあ…全部飲んでたら死んでるもんね…飲んでないよね。



それがね…飲んでるんだよね…全部…。
だから…
やっぱりこの人、たぶん死んでるんだよね…。

死んでしまったけれども宇宙人によって生かされてる。
そんな感じかな…。

しかし、本当に何やってたんだろね、星男は。
聞けば聞くほどあくどい性格で…。
ミチルの彼氏だったって考えればガラも悪そうだし…。

真夜中に真っ黒なサングラスって、芸能人か殺し屋だろ。

で、散々ヒドイ性格だったのに、それでも死にたいほどの何かがあってここに来た。

いや、正確には、たぶん死んでしまった…けど生きているって感じ。


じゃあ…思い出して帰りたくなったら帰ってくれば?
…まあ、なんねぇと思うけど。


と、言うミチルがちょっと寂しそう。
この人はこの人で、星男の幸せを思って逃がしてくれたワケだから、いい人なんだね…。


佐和子さんへの伝言。

あの女に伝えといて。正確に、言葉どおりにね!

「夢見る年増女に、おとぎ話をプレゼントしてやるよ。」
「まっ、せいぜい人生最後のおままごとを楽しめばいいんじゃない?」
「ず~っとは続かないと思うけど。」

「だから星男君がどんな男だったかは教えないでおいてあげる。」
「気になんだろ?」
「ざまぁ見ろ!」

ってね。



人生最後のおままごとを楽しめ……かぁ……。
なんか、これ……うん…わかる……。
上手いセリフ。

あ、でも、32だっけ「設定」。
32なら、まだまだ先があってもいいような…。

後10年先と考えてもいいんじゃないか。「最後のおままごと」は…。

恋する限界、だね。
若い独身の子に言われら、ちょっとチクチクするだろう。


はぁ…星男はそれでいいの?

信じられない佐和子…。

うん。
だって俺…佐和のこと好きだし。

よくわからないけど、本当の俺が嫌なやつだったとしたら戻りたくない。
星男のほうがいい。



やばいーーーーっ
これは、キュンってなる…。


星男が戻って来たので、改めてみんなに紹介する佐和子。

この時の祥子の目の輝きが尋常じゃない。
何せ、さっきの星男の大活躍を見ちゃってるから…。


私を迎えにきて間違って佐和子さんのところに行っちゃったとかじゃないんですか?

えっ…ごめんなさい。意味が…。


「若い子」のアプローチに、ちょっと焦る佐和子。

何なの?それ…。

べつに。何でもないです。
…よろしくお願いします。



そして、もう1人。

さっきの星男のパワーを見て、目を輝かせている人がいた。

重田さんである。


廊下に星男を呼び出すと、いきなりハグ……。
ぇ……やばいだろ…この図……。

重田さんに抱きしめられた途端に、星男の方も何か感じちゃってる風な絵図に
なっちゃってるんですけど……あれ……。

それを見た佐和子は当然「あっち」を疑い、重田さんは誤魔化して星男を佐和子に
帰したあと、そっと泣くのだった…。

ここから見た人、絶対誤解する。


もう帰ってこないと思っていた星男が帰って来て子供たちも大喜び。
本当は大も星男が好きだったんだって。

俊の

パパ、ただいま~~。

が、チョーー可愛い。
ずっと、家の中探してたんだもんね~。


夜道を節の店に向かいながら星男は言う。


あのさ。

うん?

本当の俺は最低な男だったみたいで…。
俺が思い出したとして…本性が出るっていうか、そんなふうになっちゃって…
そしたら…ごめん。

何か信じられないよ。悪い星男。

でも一度死んだと思えばいいじゃん。
これから始まるんだよ星男の人生は。



たぶん…「死んだと思えば」じゃなくて死んだんだと思うんだけど…。
でも、やり直すって意味では同じか。


私が育てちゃう。いい男にしちゃう。

よろしくお願いします。

いえいえそんな…ありがたき幸せでございます。


思い出したら思い出したでさ、そんときはそんとき。

うん。

怖い?

うん。

大丈夫だよ。
私があなたを守る。
思い出したとしても元には戻さない。

うん。


やっと、星男に自然な笑顔がいっぱい出るようになって…。

だよねぇ…今までは自分の意思ではなく、ワケわからずにここにいたわけだから。

今は、自分の意思で側にいたいから佐和子の側にいる。


星の中で…晴れた夜空の下で、月をバックに…キス。


なんてファンタジック…。

王子さまは精神的には頼りないけど、すごい力はある。
お姫様は少々年が行ってるけど、可愛くて強い。


幸せな時間を貰って……。


最後に、元ダン・宇野光一の突然の登場で〆ると……。

ファンタジーとSFとミステリー。


元ダンは、ロクデナシぼいけど~。
どうなるんでしょう…つづく。


って、『あまちゃん』のレビューみたいだけど(形式も)。

冗談抜きに同じ空気を感じてるよ。
種市先輩が出てるからってだけじゃなくて。


共通してるのは…気持ちのいい楽しさ、かな。



突然、宇野家に現れ星男(福士蒼汰)を殴りつけたミチル(木南晴夏)に、あ然となる佐和子
(広末涼子)たち。
派手な私生活が垣間見えるミチルは、なんと東京から星男を追って来た“元カノ”だった。
観念した佐和子は、星男をだましていたことをついに白状。
混乱する星男は、ミチルから“知ったら絶望するほど”ヒドい男だったという自分の意外な
過去を知らされ、ショックを受ける。 

結局、星男はミチルが東京に連れて帰ることになり、佐和子は落ち込む。
星男に反発していたはずの長男の大(大西流星)も、どこか寂しげな様子。  

それでも職場では気丈に働く佐和子の姿があった。
そんな佐和子に総菜売り場の同僚・重田(國村隼)は40年前にこの町に移り住み、瀕死の自分を
助けてくれた娘と結婚した事実を告白する。
それをなぜか興味津々で話を聞く祥子(有村架純)。
同僚たちは佐和子の急展開すぎる恋の終わりに驚きを隠せない。  

そんな佐和子に、追い討ちをかけるようなとんでもない事態が発生。
佐和子の親友・節(小池栄子)が営むスナック「スター」に、身勝手に家を出て音信不通だった
佐和子の夫・宇野光一(安田顕)が現れたのだ、さらに「スター」にトラックが猛スピードで
突っ込んで来て…!?

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



よろしければ→【2013年7月期・夏クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村  



※キャスト

宇野佐和子 … 広末涼子
星男 … 福士蒼汰

宇野大 … 大西流星
宇野秀 … 黒田博之
宇野俊 … 五十嵐陽向

須多節 … 小池栄子
臼井祥子 … 有村架純

ミチル … 木南晴夏

前川浩介 … 石井正則
安藤くん … 山田裕貴
平岡林太郎 … 本田大輔
富山 … 村松利史
医者 … モト冬樹

宇野光一 … 安田顕

柏原美代 … 吉行和子
重田信三 … 國村隼

※スタッフ

脚本 … 岡田惠和
演出 … 堤幸彦
プロデューサー … 河西秀幸、平部隆明
音楽 … 大橋トリオ
主題歌 … YUKI「STARMANN」

公式サイト http://www.ktv.jp/starman/index.html



[CD] YUKI/STARMANN(初回生産限定盤/CD+DVD)

[CD] YUKI/STARMANN(初回生産限定盤/CD+DVD)
価格:1,231円(税込、送料別)


 スターマン・この星の恋第1話 第2話 第3話



この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >柄の悪いミチルが誰に報告していたのかが気になりますねー。

    あれって何かの組織に報告しているの?って感じでしたよね。
    星男、一体、どんな仕事を・・・(?_?)
    もう危ない妄想しか浮かんでこない~。

    >惣菜一筋四十年の重田さんの涙はなにー?!

    アレはどう見ても「そういう人」だと思われても仕方ない感じでしたよね( ̄∇ ̄;)
    やっぱり宇宙人の同志なのかなぁ…としか思えない。だって、手が手がぁぁぁ!

    >次回の予告もこれまた急展開・・・!
    目が離せませんね♪

    予告も含めて目が離せません( 〃▽〃)

  2. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >「覚えておいて、これがキスしたいって顔だから」「はい」って、なんじゃそりゃーー!!って、思い出すだけでニヤニヤしちゃいます(////)

    ですよねーーー( 〃▽〃)
    星男にキュン、佐和さんにキュンですよね。
    いいなーーーと思いますわ。
    これはやっぱりアラサー以上の夢物語…❤

    >視聴率低いらしいですが、そんなこと気にせずどんどん胸キュンさせてほしいですね☆

    この枠は視聴率悪い枠なのだと思って見ますw
    今期はこの前にあるのがあの救命じゃないような救命だし…もう、悪くてもしょうがないっす^^;

  3. 『スターマン・この星の恋』3話について

    予告で早速嘘がばれるってわかっていたので
    ドキドキでしたが
    途中から違う意味のドキドキに変わりました(笑)
    星男、素敵すぎ!とか
    重田さんの抱擁の意味は??!それ、確認?

  4. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    こんばんは!

    DVDを見漁っていたので録画分視聴が遅くなり、
    遅まきながらのコメ参加です(汗)

    ジェットコースターみたいでしたね、展開が!!
    柄の悪いミチルが誰に報告していたのかが気になりますねー。その辺も、そしてミチルもまた今後絡むのかな??
    惣菜一筋四十年の重田さんの涙はなにー?!
    仲間を見つけた涙?!それとも実は中身は女?!
    祥子はマニアっぽいですね?!
    みんなキャラが濃すぎますね(笑)
    次回の予告もこれまた急展開・・・!
    目が離せませんね♪

  5. 昼寝の時間 より:

    スターマン~この星の恋~ #03

    公式サイト 突然、宇野家に現れ星男(福士蒼汰)を殴りつけたミチル(木南晴夏)に、

  6. スターマン・この星の恋 第3話 あらすじ ネタバレ 視聴率

    テレビドラマ『スターマン・この星の恋』第3話のあらすじ・ネタバレと視聴率をご報告!…重田はうっかり滑って手を熱いフライヤーの中に入れてしまった。ところが…

  7. rino_o より:

    SECRET: 0
    PASS: c48a74ddad7a3b97548fb12e94889a12
    ぃゃーーーー激しく胸キュンしちゃいました!!
    キスシーンなんて、アラサー女がキャーキャーのたうちまわりながら見てしまいましたよww
    「覚えておいて、これがキスしたいって顔だから」「はい」って、なんじゃそりゃーー!!って、思い出すだけでニヤニヤしちゃいます(////)
    視聴率低いらしいですが、そんなこと気にせずどんどん胸キュンさせてほしいですね☆

  8. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >岡田氏、あまちゃんをみてけっこうからかっているでしょ。

    監督が堤さんだし、結構色んな所からパロ持ってくる感じはしますよね^^;
    脚本も演出も楽しんでいると思います。
    福士くんにとっては、役者としてとてもいい経験になりそうだと思いました。
    先が楽しみです^^

  9. tomohiro より:

    SECRET: 0
    PASS: 14e1b600b1fd579f47433b88e8d85291
    岡田氏、あまちゃんをみてけっこうからかっているでしょ。
    この脚本世界だけれども、シビアで痛い人が多いあまちゃん世界
    と比較して、演じている広末氏などみんないい人過ぎる。
    でも、種市先輩の為になる世界だと思う。
    あと、小池栄子さんが経営している店だけれども
    意外と常連が村上龍氏だったりして・・。
    あとあのスーパーはとんびの親子がバーベキューセットを
    買いに来てそうだ・・・。

  10. トリ猫家族 より:

    「スターマン ・ この星の恋」 第3話 全部嘘でした・・・失踪夫戻る

     さて、先週、サングラスをかけた乱暴者が土足て宇野家に入って来たと思ったら、星男を思いっきり飛びビンタしたところで終ったんだったわね。
    佐和子(広末涼子)呆然・・・
    危 …

  11. なにもかもがうまくいかなくてもさこの星で生きるしかないスターマン(木南晴夏)

    里香、神無月、万里子、美和子、カイラ、かしこ、麗香、マナミ、芳恵、真希、香織、静香、響子、カエデ、ミンハ、千紗、ムラサキ、お菊、七瀬、メグ・・・・ああ、果てしなき木南晴…

  12. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >やっと佐和子と星男のほんわかファンタジー生活が
    始まると思いきや・・・元ダン邪魔!(笑)

    つまりは、ヤスケン邪魔(≧▽≦)
    なんか、ダレーーっとした元ダンだったな~…女や金にだらしなくて別れたのかな^^;

    >てか、普通はこの手の星男の特殊能力は、
    人目にさらす事なく秘密裏に行われるのが常なのに、
    目撃者がどんどん増えていってるけどいいのか???

    そーーだよね!
    おかげで祥子にバッチリ目を付けられちゃったよ…。
    でも、重田さんがフライヤーに手を突っ込むところは誰にも見られなくて良かったね。
    ホラーだ……( ̄∇ ̄;)

    >その他、ミチルvs佐和子の言い合い、楽しかった~♪
    宇野家の3兄弟と星男の距離も縮まってほっこり♪

    うんうんうん…見終わってホッコリして幸せになるところが、ハラちゃんや
    最後から二番目の恋を思い出す。
    やっぱり、岡田さんの脚本、いいなぁぁ( 〃▽〃)

  13. スターマン・この星の恋 第3話

    第3話「全部ウソでした…失踪夫戻る」 2013年7月23日 突然、宇野家に現れ星男(福士蒼汰)を殴りつけたミチル(木南晴夏)に、あ然となる佐和子(広末涼子)たち。派手な私生活が垣間…

  14. 「救命病棟24時」第3回と「スターマン・この星の恋」第3回★福士蒼汰は飛んだけど‥

    「救命病棟24時」第3回と「スターマン・この星の恋」第3回、どちらも物足りなさを感じる内容でした。

    救命病棟24時救命病棟24時 第3回
    良くも悪くも真面目で堅実な造りですねぇ。

  15. まこ より:

    SECRET: 0
    PASS: 07af5b8e07a195e1e93130d7617e5041
    やっと佐和子と星男のほんわかファンタジー生活が
    始まると思いきや・・・元ダン邪魔!(笑)
    何でこのタイミングで帰って来ちゃうかなぁ・・・

    てか、普通はこの手の星男の特殊能力は、
    人目にさらす事なく秘密裏に行われるのが常なのに、
    目撃者がどんどん増えていってるけどいいのか???

    その他、ミチルvs佐和子の言い合い、楽しかった~♪
    宇野家の3兄弟と星男の距離も縮まってほっこり♪
    そして重田さんと祥子ちゃんの謎の言動・・・
    と、1時間とは思えないほど内容が濃かったわ~。
    そして予告にワクワク!早く続きが見たいっ!!!

  16. スターマン・この星の恋 第3話

    突然、佐和子(広末涼子)たちの家に上がり込んで来て、星男(福士蒼汰)を殴り飛ばした女性は、ミチル(木南晴夏)と言って、元カノのようですね。

    ミチルは、星男を「達也」と

  17. 「スターマン・この星の恋」第3話

    第3話「嘘を自白!逃げた夫戻る 」   

  18. スターマン★この星の恋

    第3話の感想

  19. スターマン・この星の恋 (第3話・7/23) 感想

    フジ・『スターマン・この星の恋』(公式)
    第3話『全部ウソでした…失踪夫戻る』の感想。

    既成事実づくり VS 元カノの正論が面白かった!

    正にサブタイトル通りの話だった

  20. スターマン・この星の恋 第3話

    『全部ウソでした…失踪夫戻る』

    内容
    突如、宇野家に現れた女・ミチル(木南晴夏)は、
    いきなり、星男(福士蒼汰)を殴りつける。
    「いいかげんにしなさいよ!達也」
    唖然とする佐…

  21. スターマン・この星の恋 第3話:全部ウソでした…失踪夫戻る

    超人、星男!・・━━━━☆\(-Θ- ) ピタァ!

    本日2度も佐和子のピンチを救った星男だけど、何故に鹿が???
    まぁ、いづれも星男がいてくれないと大怪我してたレベル!
    星男の瞬発

  22. スターマン・この星の恋 #03

    『全部ウソでした…失踪夫戻る』