【カルテット】第8話「最終章、開幕」 感想

興味のない人からの告白って夢の話と同じでしょ。
「へえ」でしょ?

別府君に告白されても真紀さん困ると思うよ。
S・A・Jの三段活用になりますよ。

S・A・J…
何ですか?


好きじゃない人から告白された時はどうする?
告白して玉砕しちゃった時はどうする?


「好きです」には 「ありがとう」。それが S・A。

Jは?


好きです。

ありがとう。

あ、ああ~…
冗談です!

え!?


これ。このJでSはなかったことになるから。

なかったことになるかなあ。

…ことにして、みんな生きてるの。


火曜ドラマ カルテット 第8話

 
     quartet-op.jpg

実際は今期一番夢中で見ているドラマなのだけれども、火曜の夜が特別忙しい事もあってレビューは書けず。

それでも遅れレビューすればいいよね、と思うのだが書けずに一週間が過ぎる。

恐らく、割と全力で実況ツイートしているので感想を出し切ってしまうのだろうな、とも思うし。

一週間ほぼ毎日のように自分のTLにこのドラマの感想が流れてきて、それが「そうそう」「へえ、よく見ているなぁ」と思うものだったり「それは見過ぎでしょ」と思うものだったり「…ない」と思うものだったり…でお腹いっぱいになっていくので、そんな事も書かずに終わる理由なのかも知れない(笑)

しかし、視聴率って本当に解らないものよね。
ドラマ班は本当にほぼ一週間毎日このドラマを語っている人も出ているくらい夢中ですけど。

と、いうことで…ツイート上げと簡単なメモ的感想。
記事を作らないと「見た」記録も残らないので。

 quartet8-1  quartet8-4

真っ赤なナポリタンに白い服。


白い服着てナポリタン食べる時、そういう時にね、その人がいつもちょっと居るの。

居て、エプロンかけてくれるの。
そしたらちょっと頑張れる。



ナポリタン、危険です。
白いキレイなお洋服だから。



すずめちゃんの細い首にエプロンを掛けて、後ろに回ってリボンを結ぶ。
 quartet8


別府くんの細々とした夢のような優しさ。

けれども、実際は別府くんの心は真紀さんの元にあり、すずめちゃんの想いは「非現実」な片思い。


僕は好かれたいだけで、人を好きにはなりません。

 quartet8-3


そういう家森くんは、「好きな人」の好きなたこ焼きを買って帰る。

「好き」を隠して真紀さんと別府くんをくっつける事が4人のためだという非現実を夢見るすずめちゃん。

「好き」を隠して「冗談」にし続ける家森くん。

別荘を売る事を言えない別府くん。


私達は4人で出会ったじゃないですか。
このままみんなと一緒にいたいんです。

死ぬなら今かなってぐらい、今が好きです。



それはみんな同じで。
みんなで1つの蕎麦を食べてもいいくらい同化していたくて。
 quartet8-2


恋は4人ではできないから。
均衡を崩すのがイヤだから。


だけだと思っていたけど。

真紀さんには、本当に大きな秘密があった。


こちらの女性は?

先日息子と離婚しました。
嫁だった人です。


お名前は?

早乙女真紀さんです。

えっとですね、お母さん。
こちらの女性は早乙女真紀さんではありません。

いや…
実際の早乙女真紀さんは、この女性とは全くの別人です。


…じゃあ誰なんですか?


誰なんでしょ。

誰でもない女ですね。



ちょっと動けなくなったよ。
EDのなまめかしいお松さんをポーッと見てしまった。

このED、みんな監督から一番色っぽい表情で歌って…みたいに言われて撮っているんだろうな…とか、勝手に考えた。

みんな、最高に美しくて。最高な嘘つきだ。

最高の駄目な大人で

果てしなく惹かれる。


真紀が離婚したことで、より一層4人での生活は和気藹々としたものに。
そんなある日、すずめの司への想いを知る諭高は「真紀さんが離婚してピンチじゃない?」とふっかける。
しかしすずめは「真紀と司をくっつけるために協力して欲しい」と諭高に頼み、真紀と司をデートさせようと試行錯誤して…。

全員、片思い完結!? 四角関係の行方は?
そんな中、“最後の嘘”が明らかに…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


※キャスト

巻 真紀(第1ヴァイオリン) … 松たか子
世吹すずめ(チェロ) … 満島ひかり
家森諭高(ヴィオラ) … 高橋一生
別府 司(第2ヴァイオリン) … 松田龍平

来杉有朱 … 吉岡里帆
谷村大二郎 … 富澤たけし
谷村多可美 … 八木亜希子
半田温志 … Mummy-D

巻 鏡子 … もたいまさこ
巻 幹生 … 宮藤官九郎

ベンジャミン瀧田 … イッセー尾形
九條結衣 … 菊池亜希子
すずめちゃんの父(綿来 欧太郎) … 高橋源一郎
元同僚(声) … 安藤サクラ
岩瀬 純 … 前田旺志郎
岩瀬寛子 … 中村優子
大橋茶馬子 … 高橋メアリージュン
別府 圭 … 森岡龍
朝木国光 … 浅野和之


※スタッフ

脚本 … 坂元裕二
演出 … 土井裕泰
プロデュース … 佐野亜裕美

フードスタイリスト … 飯島奈美、板井うみ、岡本柚紀
音楽 … fox capture plan
主題歌 … Doughnuts Hole(松たか子・満島ひかり・高橋一生・松田龍平)「おとなの掟」(作:椎名林檎)


公式サイト http://www.tbs.co.jp/quartet2017/







この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • 紫花浜匙
    2017年3月15日 6:20 PM

    今週分は今夜見れたら見ようかと。
    楽しそうなすずめちゃんが可愛らしくて可哀想で。なんて健気な女の子なんでしょう(涙)。
    (女の子に見えてしまう満島さんがスゴイわ。)

    料理をいっぱい作ってくれて、台所で語っている義母は、
    恩田かやのネェちゃんに見えて、もたいさんが歳をとったのも何だか切ない。

    最終章は、4人の恋愛模様で終わるのかな〜と思っていたら、
    まだ、真紀さんに秘密が残っていたとは。
    大人は(自分の)秘密を守るんですね。

    • くう
      2017年3月21日 2:52 AM

      紫花浜匙さん
      >女の子に見えてしまう満島さんがスゴイわ

      そうなの!そうなのよ!
      元々童顔ではあるけれどもね。
      頼りなくて、でも強くて、守ってあげたくなるよねぇ。

      >最終章は、4人の恋愛模様で終わるのかな〜と思っていたら

      私もこれは恋愛ものなのかと思ってました(笑)
      明日いよいよ最終回だけれども、ここまで来ても落としどころが解らない。
      最後まで不思議なドラマ!

8件のトラックバック

  • 昼寝の時間
    2017年3月9日

    カルテット 第8話「最後で最大の嘘つきは誰だ!?激動の最終章、開幕!!」

    公式サイト わかさぎ釣りに行った真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高

  • キッドのブログinココログ
    2017年3月9日

    氷上の穴釣りと危険なナポリタンと片思いの夢とすり替えられた神意と五艘のたこやきとリストの慰めと誰でもない女(満島ひかり)

    カルテットなので四角関係なのだが・・・その中には三角関係が包み込まれている。 一つの点から別の図形が派生することもあり・・・たとえば・・・巻真紀-巻幹夫-巻鏡子の三角形など・・・複雑な人間関係を構成している。 巻幹夫-巻真紀-別府司の三角関係は・・・巻夫妻の離婚によって後退し・・・序盤から展開する世

  • レベル999のgoo部屋
    2017年3月8日

    火曜ドラマ『カルテット』第8話

    「最後で最大の嘘つきは誰だ!?激動の最終章、開幕!!」 内容ワカサギ釣りに出かけた真紀(松たか子)すずめ(満島ひかり)そして家森(高橋一生)と別府(松田龍平)初めは釣れていたのだが、釣れなくなっていき。。。。楽しい雰囲気が。。。 別荘に戻ると、先日から泊まっている鏡子(もたいまさこ)の手料理が。いろいろな注意を受けたものの、和気あいあいとした食事に。 そんなある日、家森は、離婚した真紀のことを口にして、別府を揺さぶる。同時に、すずめの別府への思いを知る家森は、すずめも揺さぶるのだった。 そんななか、…

  • ドラマハンティングP2G
    2017年3月8日

    カルテット 第8話

    STORY08「最後で最大の嘘つきは誰だ!?激動の最終章、開幕!!」2017年3月7日 わかさぎ釣りに行った真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)、司(松田龍平)の4人。初めは好調に釣れており気をよくしていたが、次第にまったく釣れなくなってため息をつき…

  • ぐ~たらにっき
    2017年3月8日

    カルテット #08

    『最後で最大の嘘つきは誰だ!?激動の最終章、開幕!!』

  • ぷち丸くんの日常日記
    2017年3月8日

    カルテット 第8話

    真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)、司(松田龍平)はワカサギ釣りを楽しんでいました。 しかし、次第にまったく釣れなくなって、4人はため息を付き始めます。 嫌な雰囲気を変えるため、真紀は昨日見た夢の話をし始めて、すずめ、司も同じように夢の話をし始めますが、すかさず諭高が持論を展開することに。 真紀が、幹生(宮藤官九郎)と離婚したことで、4人での生活は和気…

  • ディレクターの目線blog
    2017年3月8日

    カルテット (第8話・2017/3/7) 感想

    TBS系・火曜ドラマ『カルテット』(公式) 第8話『最後で最大の嘘つきは誰だ!?激動の最終章、開幕!!』の感想。 幹生(宮藤官九郎)との一件が決着し、真紀(松たか子)は鏡子(もたいまさこ)とようやく和解した。鏡子は別荘で4人と夕食を味わい、その後、笑顔で真紀と別れる。諭高(高橋一生)は司(松田龍平)に、幹生と離婚して独り身になった真紀にアタックする…

  • のほほん便り
    2017年3月8日

    カルテット 「最後で最大の嘘つきは誰だ!?激動の最終章、開幕!!」

    わかさぎ釣りに行った4人がユーモラスで、居候してた鏡子(もたいまさこ)のお説教に、隠れてコソコソ、彼女が作った手料理を食べ始める4人も笑えました。なにげに1つの蕎麦を4人が交互に食べるのも可笑しかったけれど、この均衡が絶妙なんですよね。司(松田龍平)の弟、圭が、別荘にやってきて、別荘を売る話を、偶然、知ってしまったすずめ(満島ひかり)少しでも、負担を軽くしそうと不動産屋で働き始めるのも、晴れて独身に戻った真紀(松たか子)に、ずっと恋し続けた司を応援しようとお膳立てる、すずめが健気で、切なかったですね…