NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第34回 感想

杉野(田山涼成)から聞かされた秘密とは、父・竹蔵(西島秀俊)のことだった。
かつて、竹蔵も君子(木村多江)と滝子(大地真央)を仲直りさせたいと考え、月に一度、家のことをつづった手紙を送っていたのだという。
それで、滝子は自分たちの好みを知っていたのか…。
竹蔵の思いを知った常子(高畑充希)は、青柳商店へと駆け込む。
もう会わないとそっけない滝子。常子は土下座して、君子ともう一度話をして欲しいと説得するが…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第6週「常子、竹蔵の思いを知る」 第34話


    とと姉ちゃんop


※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。


簡単に…ほんとうに簡単に。


竹蔵ととは、常子が生まれた頃に社長と共に東京出張に訪れ、青柳商店に寄って滝子お祖母さまを説得に来たのだという。

しかし、追い返されてしまい、以降月に一回滝子に手紙で家族の近況を伝え続けていたらしい。

話を聞いて、

私、やっぱり説得してきます。
社長さん、ありがとうございました!


と店を飛び出す常子が向かった先は…

お祖母さまの所。
えっ、何で??
母親の方じゃないの

しかも、滝子さまは接客中だというのに「お話させてください」「お話しさせて頂けるまで私はここを一歩も動きません」何なの、このぶ躾けさ。人の仕事を何だと思っているのだろうか。

良くないだろう…こんなの。

店先でこの憮然とした顔もどうなの……。


勝手なお願いですが、今までどおり妹たちの分の学費だけは援助頂けないでしょうか?
このままだと かか学費のために働き過ぎて体を壊してしまいます。

ととの代わりになると決めた時私は 目標を立てました。
妹たちを女学校に入れ、嫁に出す。
でも今の私の力ではどうする事もできません。

どうか、妹たちの分の学費だけお貸し頂けないでしょうか?
お願いします。私は女学校をやめて働きます。


いつまでもお祖母さまと仲違いして、そんなに働くなら「女学校をやめてやるーー!」というのは、かかの方に言うことだろ。

ととの代りにお金を何とかしなくてはならないから滝子さまに頭を下げに来たというのは理屈に合う。

けれども、お金を拒否っているのは母の方なんですけど


ここからが…
  とと姉ちゃん34


私が…常子を清の嫁にしたいと言ったからさ。

えっ?清の嫁に


私はね。常子たちの事を思って言ったんだよ。
この家で青柳を守って生きていく事が一番の幸せだと思ったからね。
でも君子は…。


清の嫁にというのが受け入れ難いものだったようです。

では…おばあ様が学費を出して下さっていたのは…。

それと清の嫁にとは関係がないよ。


ごめんなさい。うれしくて…。
私、どうしておばあ様と かかが仲たがいしているのかずっと分からなくて…。
でも…私のためだったんですね。
かかは私の幸せを清の嫁にしないように深く考えて下さっていたんですね。

悲しいです。
けんかの原因が私が清の嫁にだったなんて悲しいです。

憎いとは思わないのかい。
私は常子に話を通さず清の嫁にしようと思ったんだよ。



滝子さまはととの手紙の束を常子に渡して君子に見せるように言うのだった。


そして、伝えてほしいんだがね…。

(清の嫁にはならなくていいんだよ。)



ひでえ…………

清、強く生きろ……

(※注 会話部分には一部妄想が入っております………)




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


よろしければ→【2016年4月期・春クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


  
※キャスト

小橋 常子 … 高畑充希(子役期:内田未来)

小橋 君子 … 木村多江
小橋 鞠子 … 相楽樹(子役期:須田琥珀)
小橋 美子 … 杉咲花(子役期:川上凛子、根岸姫奈)
小橋 鉄郎 … 向井理

小橋 竹蔵 … 西島秀俊

青柳 滝子 … 大地真央

隈井 栄太郎 … 片岡鶴太郎
青柳 清 … 大野拓朗
森田 まつ … 秋野暢子
森田 宗吉 … ピエール瀧
森田 照代 … 平岩紙
森田 富江 … 川栄李奈
長谷川哲典 … 浜野謙太
中田 綾 … 阿部純子
星野 武蔵 … 坂口健太郎

玉置茂雄 … 大内田悠平
玉置正雄 … 加藤諒
玉置幹雄 … 藤野大輝
山田 … 田中幸太朗
杉野栄治 … 田山涼成
大迫博文 … ラサール石井

東堂 チヨ … 片桐はいり
花山 伊佐次 … 唐沢寿明
五反田 一郎 … 及川光博
谷 誠治 … 山口智充
水田 正平 … 伊藤淳史
早乙女 朱実 … 真野恵里菜
山岸 隆一 … 田口浩正

ナレーション(語り) … 檀ふみ

※スタッフ

脚本 … 西田征史
演出 … 大原拓、岡田健、藤並英樹、松園武大
プロデューサー … 盆子原誠
制作統括 … 落合将
音楽 … 遠藤浩二
衣装監修 … 黒澤和子

主題歌 … 宇多田ヒカル「花束を君に」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/totone-chan/




とと姉ちゃん(part1) [ NHK出版 ]

とと姉ちゃん(part1) [ NHK出版 ]
価格:1,188円(税込、送料込)












「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【とと姉ちゃん】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • もう…何がなんだか日記
    2016年5月13日 8:42 AM

    大泣き>『とと姉ちゃん』第34話

    今日は多分全国お茶の間がツッコミの嵐!だったと思われ。だから今更ひじゅにがツッコミ入れても「意味なし」なんだけどこのドラマからツッコミを省いたら「ヤマなしオチなし」にな…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2016年5月13日 8:42 AM

    大泣き>『とと姉ちゃん』第34話

    今日は多分
    全国お茶の間がツッコミの嵐!
    だったと思われ。

    だから今更ひじゅにがツッコミ入れても
    「意味なし」なんだけど
    このドラマからツッコミを省いたら
    「ヤマなしオチなし」になっちゃうので

    まあ適当に行ってみます>ぇ

    つーか
    『とと姉ちゃん』の神髄は
    「やおい」だったのね!?

    …違うと思う

    …ひじゅにですが何か?

    「忙しい子だねえ…

  • くう
    2016年5月13日 3:07 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    嬉しくて泣いたり悲しくて泣いたり忙しい人ですよね……とりあえず、おばあさまの仕事の邪魔は止めよう。

    >泣かそうとしているようなのですが、誰にも感情移入できず、冷めて見ておりますが、清だけはちょっとお気に入りです。

    おお!清がお気に入りの方がいらして嬉しいです(笑)
    どうせみんな変なのだから、堂々とトンチキな清はいっそ清々しいですよね(爆)

  • お浜
    2016年5月12日 11:40 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    会話の流れからの突然の嬉し泣き?野々村くん的号泣?
    さっぱり意味がわからなかったのですが、くうさんの"清の嫁"強調解釈、面白かったです。泣かそう、泣かそうとしているようなのですが、誰にも感情移入できず、冷めて見ておりますが、清だけはちょっとお気に入りです。

  • レベル999のgoo部屋
    2016年5月12日 9:12 PM

    とと姉ちゃん 第34回

    内容常子(高畑充希)らのことを心配して、出張途中に、やってきた杉野(田山涼成)滝子(大地真央)のことも知っているようで、何かがあると、常子、鞠子(相楽樹)が問い詰めると。亡き父・竹蔵(西島秀俊)のことを語りはじめる。仲違いする君子(木村多江)滝子をなん…

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2016年5月12日 8:13 PM

    とと姉ちゃん (第34回・5/12) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式)
    第6週『常子、竹蔵の思いを知る』『第34回』の感想。
    なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。

    杉野(田山涼成)から聞かされた秘密とは、父・竹蔵(西島秀俊)のことだった。かつて、竹蔵も君子(木村多江)と滝子(大地真央)を仲直りさせたいと考え、月に一度、家のことをつづった手紙を…