【龍馬伝】第七回(追記・児玉清さん追悼)

龍馬は15ヶ月振りに土佐へ帰ってきた。

龍馬くんは剣術の才あり。


いずれまた江戸へ戻って剣術を磨かれたし。


と書かれた千葉定吉からの手紙を龍馬は父・八平に渡す。

すぐにでも、また旅立たせなくては、と言う八平は


実はかなり悪い病を抱えていた。

武市の道場に顔を出した龍馬は、その殺気だった雰囲気に驚く。

幕府はどうして開国したがじゃ。


どうして鎖国を貫かなかった。


と龍馬を睨む武市。

今じゃ武市さんが土佐の攘夷の旗頭じゃ。


今時、攘夷じゃない日本人がどこに居るがじゃ。


と言う以蔵。

龍馬は加尾から嫁入りは止めて弥太郎の塾へ通っていた、と聞く。

弥太郎も先生になってしもうたが?

帰ってきた途端、色んな事が起こりすぎじゃ。


河田小龍と言う絵師の話を聞きに行く、と言う弥太郎に無理矢理


着いていった龍馬だったが、そこは人がごった返していた。

しかし、小龍が世界の話をし始めると、攘夷に凝り固まった連中は


次々と帰っていった。

先生は、アメリカ国が日本国よりも優れていると言いたいがですか?

と叫ぶ武市。

それは事実だぜよ。

刀を抜きそうになるほど怒る武市と、


自分が金持ちになる方法が解れば


日本などどうでも良いと言う弥太郎の間で


あたふたする龍馬。

黒船は大きな波じゃ。


大波を刀で押し戻す事ができるがか?

まずはこの日本を守っちゃろうという志を


持つことが大切がぜよ。


龍馬に興味を持った小龍は、なぜか坂本家に住み込むようになる。

龍馬、きみは黒船を波に例えた。


それはどんな波だったか。教えてくれ。


まっこと、凄い波だったがじゃ。

自分が描いた絵や模型を小龍に見せる龍馬。

その中の動力の絵図のような物を見た小龍は、


なぜこんな物を描いたのか、と龍馬に聞く。

どうやって動くか考えたがぜよ。

いやぁ・・・作れたらいいなぁ・・と。


しかし、どうして作りたいと思ったのかは答えられない。

年老いてから出来た子だから、短い付き合いだと覚悟はしていたが


もっと一緒にいたかった、と語る八平に小龍は言う。

人の温かみっちゅうものがここには満ちちゅう。


そういう家に育ったから、優しい男に育ったがぜよ。

じゃが、あれは、なかなか太い。


大きい花を咲かせるぜよ、龍馬は。


そういう花が見たかった。

龍馬は翌日、家族全員を連れて浜辺へ行く。

海を見ながらくつろぐ家族。







父上、答えが解りました。


黒船を作ったら、どうするか。

黒船を海へ浮かべて、この一家みんなを乗せるがじゃ。


そして世界を見て回る。








   line.gif


私は今までも何度も、この大河は普通のドラマとして面白いと


書いてきたけれども。。。

本当にそうだと今日思った。

土佐の砂浜で家族に黒船の夢を語るシーンを見て


泣けてしようがなかった。

土佐を出て、まず清国へ行って、アフリカ。大きな象やキリンがいる。


大きな砂地が広がり、石の山があるエジプト。


そしてヨーロッパ。世界で一番文明が進んでいる。。。

みんなで見たい。みんなで行きたい。


その思いを、美しい土佐の海が包む。

海と砂浜と家族と。

他に何の映像も差し挟まれない中で大声で夢を語る龍馬。

しかし、そこには確かに龍馬が家族が黒船に乗って


世界を回る絵が見えた。

死を前にした父がそこにいるから、みんなで行きたいと言う夢は


本当の気持ちとして画面から伝わる。

そして、ナレーションだけで語られる八平の死。

臨終のシーンなど見せる必要はない。

八平が幸せに家族に見送られた事は、


そんな物は見なくても充分解るから。

凄いなあ。。。

秀逸な脚本である。

龍馬を優しく大きく育てた温かい家族。

それが充分すぎるほど伝わった話だった。







さて。。。

龍馬が戻った土佐では、みんなが武市を中心に


すっかり変わってしまっていた。

ダークサイドに落ちきった武市は。。。この後どうなるのか。

※追記 

2011年5月16日。

「龍馬伝」で温かい父親役を演じていた児玉清さんが亡くなられました。


私の世代では、クイズ番組の司会者のイメージが強い方ですが、優しくて頼りがいのある上司、

この「龍馬伝」のような温かい父親、「鹿男あをによし」のようなトボけた悪役まで

こなされる素晴らしい役者さんでした。


NHKは、この「龍馬伝」第7回を児玉清さんの追悼番組として再放送しました。

これは、異例なことです。


ご冥福を心からお祈りいたします。





にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ

にほんブログ村  




キャスト



坂本龍馬:福山雅治(少年時代:濱田龍臣)


岩崎弥太郎:香川照之(少年時代:渡邉甚平)

武市半平太:大森南朋(少年時代:桑代貴明)


坂本乙女:寺島しのぶ(少女時代:土屋太鳳)

坂本八平:児玉清

坂本権平:杉本哲太

坂本伊與:松原智恵子

坂本千野:島崎和歌子

坂本幸:草刈民代(登勢・二役)

坂本千鶴:大鳥れい

坂本春猪:前田敦子(少女時代:松元環季)


平井収二郎:宮迫博之(少年時代:ささの貴斗)

平井加尾:広末涼子(少女時代:八木優希)

岡田以蔵:佐藤健(少年時代:黒羽洸成)

望月亀弥太:音尾琢真(少年時代:谷山毅)

望月清平:本田大輔(少年時代:松田佳祐)

溝渕広之丞:ピエール瀧


岩崎弥次郎:蟹江敬三/岩崎美和:倍賞美津子


岩崎喜勢:マイコ/岩崎さき:野口真緒

岩崎弥之助:須田直樹/武市冨:奥貫薫


千葉佐那:貫地谷しほり/千葉重太郎:渡辺いっけい

千葉定吉:里見浩太朗



沢村惣之丞:要潤/近藤長次郎:大泉洋

陸奥陽之助:平岡祐太/池内蔵太:桐谷健太


高松太郎:川岡大次郎


中岡慎太郎:上川隆也

高杉晋作:伊勢谷友介


吉田松陰:生瀬勝久

桂小五郎:谷原章介


三吉慎蔵:筧利夫/久坂玄瑞:やべきょうすけ

伊藤俊輔:尾上寛之/井上聞多:加藤虎ノ介

大久保利通:及川光博


三条実美:池内万作


楢崎龍:真木よう子


後藤象二郎:青木崇高

山内豊範:染井将太


柴田備後:北見敏之/河田小龍:リリー・フランキー

三条実美:池内万作/坂崎紫瀾:浜田学

島村衛吉:山雄介/河原塚茂太郎:原田裕章

井伊直弼:松井範雄/金子重之輔:尾関伸嗣

那須信吾:天野義久/岡本寧浦:ベンガル


智:菅井きん

お元:蒼井優

ぎん:林侑香/さと:三宅ひとみ

志乃:及川奈央/なつ:臼田あさ美


徳川慶喜:田中哲司

朝比奈昌広:石橋凌

ジョン万次郎:トータス松本

永井玄蕃頭:石橋蓮司

小栗忠順:斎藤洋介

岩堀文治郎:松尾貴史

上野彦馬:テリー伊藤

トーマス・ブレーク・グラバー:ティム・ウェラード


今井信郎:市川亀治郎

近藤勇:原田泰造/土方歳三:松田悟志

沖田総司:栩原楽人/松平容保:長谷川朝晴


松平春嶽:夏八木勲

勝海舟:武田鉄矢

阿部正弘:升毅

西郷隆盛:高橋克実


小曽根乾堂:本田博太郎

大浦慶:余貴美子


吉田東洋:田中泯


山内容堂:近藤正臣

























  龍馬伝(1)

  龍馬伝

  NHK大河 龍馬伝 前編

  坂本龍馬その偽りと真実









「Twitter」やってますです。

フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)










※この記事は2010年に楽天からFC2にお引越ししてきた記事です。

コメントは引っ越せましたがトラバの引っ越しはできませんでした。

ご了承ください。再トラバはいつでもお受けいたします。





この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

16件のコメント

  • くう
    2010年2月21日 12:38 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >ほんと、今回も素晴らしい脚本でしたね。

    >臨終のシーンを見せたら、きっとあの海のシーンの良さが半減していたことでしょう。

    私もそう思います~。

    亡くなる人の枕元でみんなでワーワー泣く絵はお腹いっぱいです(-_-;)

    こういうシーンを書ける人が大河に出てきてくれると

    今後が明るい気がします^^

    >武市さん、ほんと怖いです。

    >知識は大事ですね(^^;)

    凝り固まった考えで取り憑かれたようになっちゃってますね。。。

    1話目はあんなに良い人だったのに(; ;)

  • くう
    2010年2月21日 12:30 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >あの場に八平が黙って聞いている姿を見てるだけで

    >涙が溢れてきました;▽;

    ですよね(; ;)

    良い息子で良い家族だから余計に切ないんですよね。

    別れは父も家族も、どんなに辛い事だろう。

    でも、きっと幸せだったんだろうなぁと思わせてくれるシーンでした。

    素敵な家族です。

    >一方で武市さんのあの目

    >ギラギラしすぎですねぇ

    >武市の暴走を想像すると

    >今後の展開にゾクゾクしてきます(; ̄∀ ̄)

    完全に堕ちましたね。。。

    まるで取り憑かれたかのようですわ。

    今後を考えると。。。悲しいですね。

    幕末という殺伐とした時代の幕開けが見えます。

  • くう
    2010年2月21日 12:23 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >今回は父の八平が良い演技でしたね。

    >おっしゃるとおり、臨終のシーンがないのが良かったです。

    児玉さん、さすかですよね~。。。

    優しくて良いお父さんでした。

    龍馬は幸せ者。

    自分が育てたあの明るい家族に送られた八平も幸せ者です^^

    >リリー・フランキーさんの存在感はなかなかのものでした。

    そうですよね。

    あそこまでだとは思いませんでした^^;

    今期は月9にもご出演なワケですが、今後は俳優さんとしても

    注目したいですね~。

  • くう
    2010年2月21日 12:20 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >いいなぁ、家族と過ごせる時間があんなにあって・・・と

    >ちょっと羨ましい思いで見ていました。

    そうかも知れません。

    あんな風に亡くなる前の親を連れ出して夢を語って上げるなんて

    大抵の人は出来ないと思います。

    現代だったらドクターストップかかってるだろうし^^;

    あのシーンは、ある意味、みんなの理想ですよね。

    >飄々とした小龍、玉砕をバネにして(?)江戸に向かった弥太郎、

    >そして人相も人柄まで変わってしまった武市。

    >大森南朋いよいよ本領発揮かな♪

    小龍は良いキャラでしたね^^面白い。

    武市は。。。何だか1話目を思い出すと切ないです。。。

    あんなに柔らかくてみんなに慕われていた人だったのに(; ;)

  • くう
    2010年2月21日 12:16 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    弥太郎パートはギャグ満載な感じですよね^^;

    今回は武市のシーンが弥太郎のおかげで殺伐としすぎないで済みました。

    でも、その弥太郎が江戸へ行ってしまうと。。。

    武市の周りは本当にダークサイドになりそう~(-_-;)

    >そして海の一家のシーン・・・。

    >すごくすごくいいシーンでしたね。

    死を前にした父のシーンだけれども、何だか明るくて

    かえって泣けてしまいました。

    良いシーンでした(; ;)

  • くう
    2010年2月21日 12:09 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >今回は最後の父の締めのシーンといい、弥太郎と武市のシーンといい、本当にいいドラマだなぁと思わされました。

    私も改めて凄いなぁと思いましたわ。

    これ、歴史に何の興味がない人でも確実に面白いと思うんですよ。

    >死のシーンを見せなくとも、感じさせる・・・素晴らしい出来だと思います!!

    こういうのが見たかったんですよ~。

    大河もやっと代替わりかなぁ。

    歴史のある枠ですから、良い部分は残し、古くさすぎる部分は

    改革して少しは進化する事があってもいいですよね^^

  • くう
    2010年2月20日 11:42 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >本当に、どの回も巧く作ってありますよね。

    >脚本も演出も撮影も、これまでの大河のイメージ一新です。

    そうなんですよね。本当に「組!」以来の新鮮な大河ですわ~(*^^*)

    >『篤姫』の父の、「愉快であった」が未だ忘れられないのだけれど、

    >今回は「そんなことを考えていたのか」も長く記憶にとどまりそうに思います。

    「篤姫」の父、良かったですね。

    そのシーン、ハッキリ思い出せます^^

    今回はこの海辺のシーンが長く記憶に残りそう。

    >それにしても、リリー・フランキーさんをいいとことに起用しましたよね。

    こうも合うとは思いませんでした^^;

    リリーさんは多才な方ですね~。

  • くう
    2010年2月20日 11:27 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >今回は、龍馬・・・自分の夢を語る!的なエピソードでしたね。

    父に向かって思い切り聞かせた感じでしたね^^

    素晴らしかったです。

    海辺のシーンは圧巻でした。

    父も家族も一緒に夢を見ているようでした。

    >>そして、ナレーションだけで語られる八平の死。

    >今までの大河ドラマでは考えられませんね。

    できるんじゃん。。。と思いましたわ^^;

    枕元で泣くのがお決まりでしたもんね~。

  • ショコラ425
    2010年2月15日 12:14 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    ほんと、今回も素晴らしい脚本でしたね。

    臨終のシーンを見せたら、きっとあの海のシーンの良さが半減していたことでしょう。

    なくて良かったです。

    武市さん、ほんと怖いです。

    知識は大事ですね(^^;)

  • ikasama4
    2010年2月14日 11:58 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    息子の夢と成長を楽しみにしている父親の姿

    たまらんかったですね。

    あの場に八平が黙って聞いている姿を見てるだけで

    涙が溢れてきました;▽;

    そして、もうすぐいなくなるかもしれない父親を

    家族みんなが見つめる姿が

    彼が家族のみんなに愛されているんだなという事が

    強く伝わってきますね。

    一方で武市さんのあの目

    ギラギラしすぎですねぇ

    武市の暴走を想像すると

    今後の展開にゾクゾクしてきます(; ̄∀ ̄)

  • ふるゆき
    2010年2月14日 10:35 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。今回は父の八平が良い演技でしたね。

    おっしゃるとおり、臨終のシーンがないのが良かったです。

    ナレーションと、小龍先生の完成した絵が、すべてを語っていました。これからの龍馬が楽しみです。

    リリー・フランキーさんの存在感はなかなかのものでした。

  • sannkeneko
    2010年2月14日 10:23 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    心筋梗塞で亡くなった父とダブらせてしまったもので、

    いいなぁ、家族と過ごせる時間があんなにあって・・・と

    ちょっと羨ましい思いで見ていました。

    私はむしろ小龍さんとの会話の方が印象でした。

    飄々とした小龍、玉砕をバネにして(?)江戸に向かった弥太郎、

    そして人相も人柄まで変わってしまった武市。

    大森南朋いよいよ本領発揮かな♪

  • へなちょこはっぴーらいふ。
    2010年2月14日 10:14 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!

    私も今回はギャグとかコメディみたい!と思う部分がたくさんあってうけけ、と笑って見ちゃいました。

    そういう部分だけ見ても大河っぽくないなあ、と。

    そして武市さん!

    私も変わりようにびっくりしました(ノ_-。)

    そして海の一家のシーン・・・。

    すごくすごくいいシーンでしたね。

    私もホントに感動しました。

  • なぎさ美緒
    2010年2月14日 10:08 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    今回は最後の父の締めのシーンといい、弥太郎と武市のシーンといい、本当にいいドラマだなぁと思わされました。

    脚本の勝利ですよね。

    死のシーンを見せなくとも、感じさせる・・・素晴らしい出来だと思います!!

    あっぱれですね!!

  • 悠雅
    2010年2月14日 10:06 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    本当に、どの回も巧く作ってありますよね。

    脚本も演出も撮影も、これまでの大河のイメージ一新です。

    『篤姫』の父の、「愉快であった」が未だ忘れられないのだけれど、

    今回は「そんなことを考えていたのか」も長く記憶にとどまりそうに思います。

    それにしても、リリー・フランキーさんをいいとことに起用しましたよね。

    今回は、顔ぶれもとっても面白いです。

  • BROOK
    2010年2月14日 9:27 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。

    今回は、龍馬・・・自分の夢を語る!的なエピソードでしたね。

    漸く自分のやりたいことを掴んだ感じでしょうか?

    >土佐の砂浜で家族に黒船の夢を語るシーンを見て

    泣けてしようがなかった。

    このシーンはホント感動しました(涙)

    龍馬の話に聞き入る八平も良かったですね。

    >そして、ナレーションだけで語られる八平の死。

    今までの大河ドラマでは考えられませんね。