【功名が辻】第十七話

お命の持ち帰りこそ、功名の種でございます。


何だか、すっかり決まり文句になっちゃって。。。


あまり好きじゃないんだけど。このセリフ。


今さらですが、実際の千代はどうだったか知らないけれども、


このドラマの千代一豊「功名」なんて、それほど願っていないのでは、と思います。


それよりも、健康である事、そして、命がある事。


そんな、バリバリ家族思いな千代が、ついに母になりました。


ヨネ姫の誕生です。


一年ぶりに親子の元へ帰ってきて、ヨネを抱こうとする一豊は恐がられて泣かれる始末。。。


産まれたのが女児だと知った時は、ショックを隠せない表情でしたが、


やはり、我が子は女でも男でも可愛いのですね。


早くも子煩悩なお父さんぶりが伺えました。


長篠で勢いづいた信長は、ますます人の心を無くしていくよう。


信長の正室、お濃は、自分には子が出来ず、人質としての役目も終えた。


自分が出来るのは、他の人が言えない事を殿に進言する事だけ



人の心を無くしてはなりませぬ。


と進言します。


しかし、信長の心は動かず。。。


明智光秀いわく、


殿には迷いが一切ない。人の上に立つ者には迷いがあってはならぬ。


ゆえに、殿は人の上に立つべき方。





しかし。。。


今後、この心を無くし迷い無く突き進む事が、信長の破滅に向かっていくのです。


ようやく一子を得た千代


男児の誕生を躍起になって望む堀尾の妻


子ができない事を秀吉のせいにする寧々


子ができぬ故に、別の道から信長を支えたいと願うお濃



今回は、それぞれの女の生き様を子の誕生に絡めたストーリーでした。


余談ですが。。。


寧々秀吉には側室がたくさんいるのに子ができないので


子が出来ないのは自分のせいではなく貴方のせいだ、と言っていましたが、


秀吉には長浜時代、二子が出来た、と言う説があります。


以前出てきた不細工な側室、南殿が男児「石松丸」を産んだと言う説は


「竹生島奉加帳」と言う書に残されているようです。


子供は早世したらしいですが。。。


それが真実ならば、子が出来ぬのは殿のせい、とは言えないかも。。。


秀吉は、ご存知の通り、だいぶ後には淀殿との間に二子を設けます。


(もっとも、これも秀吉の子ではないと言う説もあり。。。 )


まぁ、歴史の真実は定かではありません。

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

12件のコメント

  • くう
    2006年5月2日 12:59 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >お濃の信長への言葉は私も感動しました。

    あんな恐いダンナに、なかなか言えない事ですよね(>_<)

    >自分のだんな様だとしても、怖いもん、あそこまで行くと。

    >お濃もかなり勇気が要ったことでしょうね。

    でも、私は、きっと信長は解っていて、上に立つ者として

    引くことが出来ないんじゃないか。。。

    なんて思ってるんですが。甘いかな(^_^;)

    だから、本当はお濃だけは信長の真意を解らなくては

    いけないのかな。。。なんて。

    読み過ぎですかね(^_^;)

  • くう
    2006年5月2日 12:57 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >男児を欲しがっていた一豊でしたがよね姫を見た瞬間からでれでれに変わっていましたね。

    父は女の子に弱い物。。。ですかね(^_^;)

    まぁ、実際は男は後継ぎ、女は人質道具みたいな時代ですから、

    あんなに喜んじゃうのは一豊だからこそ、かも。

    >一豊のパパ振りをこれからじっくり見せてもらえるのかしら?

    う~ん。。。

    ほとんど戦に行っているでしょうから、親子のシーンは

    あまり出なくて終わるかも。

    実は大変な事も起きるし。。。(>_<)

  • くう
    2006年5月2日 12:54 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >流行らなそう(笑)

    こんなの流行ったら大変~(^▽^

    ダンナが帰ってくる度に言ってやらないと。。。

    >「梵天丸もかくありたい」

    >みたいな流行語を狙った感がありますけど、やはり流行りそうもないなぁ~

    あれは名言&名シーンでした(; ;)

    >で。

    >「竹生島奉加帳」が出てくるとは、びっくりです!!

    >さすがですネ♪

    いや(◎-◎)持っている本に、参考は「竹生島奉加帳」だよ

    と書いてあっただけで、私は見た事もないです(+_+)

    見れるわけないか。。。(^_^;)

    >「よね」は泣きまくりでしたけど(笑)。。

    愛想のない子役でした。。。(^_^;)今時珍しい。。。

  • さくらこ
    2006年5月1日 10:14 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    お濃の信長への言葉は私も感動しました。

    よくぞ言った。

    でも時既に遅しなのかな~。

    自分のだんな様だとしても、怖いもん、あそこまで行くと。

    お濃もかなり勇気が要ったことでしょうね。

  • かりん
    2006年5月1日 8:16 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    男児を欲しがっていた一豊でしたがよね姫を見た瞬間からでれでれに変わっていましたね。

    世の中の親はほとんどこんなものですよね。

    生まれたらとにかくかわいいもの。

    城持ちになって姫と呼ばせたいなんて言ってましたね。一豊のパパ振りをこれからじっくり見せてもらえるのかしら?

  • 劇団たぬき
    2006年5月1日 6:21 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >お命の持ち帰りこそ、功名の種でございます。

    すっかり「決めゼリフ」になってしまってますけど、僕もどちらかといえば、あまり「好き」じゃないフレーズですわ(苦笑)。

    流行らなそう(笑)

    「梵天丸もかくありたい」

    みたいな流行語を狙った感がありますけど、やはり流行りそうもないなぁ~

    で。

    「竹生島奉加帳」が出てくるとは、びっくりです!!

    さすがですネ♪

    たしかにそうですね♪仰るように秀吉には長浜城主のころに子供ができたという説がありますよね。。

    何だかんだ言っても、一豊は「パパ」ぶりを如何なく発揮してましたねェ~⇒「よね」は泣きまくりでしたけど(笑)。。

    http://blog.livedoor.jp/sfc0361/?blog_id=1198512

  • くう
    2006年5月1日 12:33 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >でも不破の叔母にしろ寧々にお濃。子が無くとも堂々たる妻っぷりに頭が下がる思いです。

    そうですね~。やはり男児を産むのが女の仕事みたいな所は

    あったでしょうね。

    寧々の妻っぷりには一番ビックリです(^^;)

    >子供出来るとそっち重視になりがちで夫は二の次。

    >しかも子育てのいそがしさを理由にだんだん家事もおろそかに・・・ん?あたしだけ?(笑)

    おお!そういう段階ですか(^_^;)

    私は、仕事の忙しさを理由に子育てもそっちのけになる

    段階まで進みました。。。(^▽^;

  • まこ
    2006年5月1日 12:20 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    この時代、やはり男児を産まないと妻としては

    肩身が狭かったんでしょうかねぇ…

    でも不破の叔母にしろ寧々にお濃。子が無くとも堂々たる妻っぷりに頭が下がる思いです。

    子供出来るとそっち重視になりがちで夫は二の次。

    しかも子育てのいそがしさを理由にだんだん家事もおろそかに・・・ん?あたしだけ?(笑)

  • くう
    2006年5月1日 12:04 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >今回“妻”の対比が鮮やかなでしたね。

    >それぞれの役目を果たしていこうとする彼女たちが印象的でした。

    >中でも濃姫は拍手ものでした。

    そうですね(^.^)

    私もそう思います。

    千代は精一杯やっている。お濃はスゴイ。

    このドラマでは、ねねはあまり賢夫人に描かれないようで。。。(–;)

    >千代は明智様の前でもズケズケ言っちゃうんだなぁ、と変な感心しちゃいました。

    >気にも留めない明智様も凄かったです。

    本当~。物怖じしない性格って言えば聞こえはいいけど。。。(^^;)

    皆、千代は天然だから。。。と許してくれているのかな。。。

  • 山葵
    2006年4月30日 11:41 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >それぞれの女の生き様を子の誕生に絡めたストーリー

    今回“妻”の対比が鮮やかなでしたね。

    それぞれの役目を果たしていこうとする彼女たちが印象的でした。

    中でも濃姫は拍手ものでした。

    >殿には迷いが一切ない。人の上に立つ者には迷いがあってはならぬ。

    >ゆえに、殿は人の上に立つべき方。

    そろそろ暗雲が垂れ込めてきた感じでしたね。

    千代は明智様の前でもズケズケ言っちゃうんだなぁ、と変な感心しちゃいました。

    気にも留めない明智様も凄かったです。

    http://wasabi5cc.blog57.fc2.com/blog-entry-167.html

  • くう
    2006年4月30日 11:13 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >流産して子供が出来なくなったという風に描いていましたが。真実はどうなんでしょう???

    そう言えば、そういうドラマもありましたね~(◎-◎)

    懐かしいな~。

    さぁ。。。史料には一切残っていない、あのドラマの

    オリジナルだと思いますけど。。。

    真実はわかりませんよ(^.^)bそういう悲しい事も実際あったかもね。

    でも、あの強~い浅野@ねねには絶対にないような気がするけど(^^;)

  • +しなもん+
    2006年4月30日 11:01 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    沢口靖子がねね演じてた・・・

    流産して子供が出来なくなったという風に描いていましたが。真実はどうなんでしょう???