【幽かな彼女(かすかなかのじょ)】第5話 感想

人間は誰だって間違いを犯すことがある。子供だったらなおさらだ。
そういう時、子供を叱って反省させて許してやるのが大人の…親の務めってもんだろ。
なのにあんたはどうだ?
感情に任せて息子に怒りをぶつけてただけじゃないか。
あんたがそうやって追い込むから、藤江は後戻りできないとこだったんだ!

覚えとけ。
怒ることと叱ることは全然違うことなんだよ。


幽か(かすか)な彼女 第5話


      かすかなかのじょ


あらすじ追いつつの簡単感想で。


暁のクラスの藤江俊介が、岩名から体罰をくわえられたと訴えた。
岩名は否定するが、真相は何も話してくれない。

私は間違ったことは何もしていません。

と、言うのみ。

藤江の両親が学校に乗り込んでくる。

事情を説明すると、自分の子どもの方が嘘をついているのかといきり立つ父親。

私の息子は成績だって常に上位をキープしてるんだ。
そんな息子を疑うんですか?


それって別に成績の問題じゃ…。

ボソッと良い事言う河合。

我々は正確に事態の全容を把握したいと考えています。
まずは息子さんに事実確認をしていただけませんか?


と副校長が言うと、父親は「東陽新聞」の名刺を出してきた。

この新聞社勤めの父親がPTAを巻き込んで大騒ぎし出したせいで、職員室は翌日から
電話対応に追われることに。


生徒たちも噂で盛り上がり教育委員会まで乗り込んでくる事態になるが、肝心の岩名は
真相を話さず、とりあえず謹慎となった。

葉山と話をしてほしいと岩名から頼まれるものの、何だかワケが分からない暁。


我々教育委員会が最優先するのは真相の解明ではなく、事態の迅速な沈静化です。
その点をよくご理解ください。


教師の立場よりも真相よりも、事件にさっさと蓋をする事を望む教育委員会。
加藤虎ノ介がいい感じに定番の嫌な役。

教育委員会は岩名をさっさと処罰する事で沈静化すればいいとそればかり考えている。

そして、もう1人。
真相なんてどうでもいいから、さっさと片付いてほしいと願っている女。
もちろん、副担任の河合。

ほんっと迷惑なんですけど。私たちに無関係じゃないですか。

無関係って…うちのクラスの生徒なんですから。
実際どう思いますか?藤江さんの話。


さあ…2年の時から真面目な生徒って印象はありますけど。
成績は常に学年2位をキープしてますし、部活動とか委員会活動にも熱心だし。
内申書は学年トップの葉山風よりいいんじゃないですか。
後、性格も。

性格って…。
葉山さんを別に引き合いに出さなくても。


彼女、自分以外はみ~んな見下してるって感じでしょ。


サラッと言う河合。

確かに、葉山は成績優秀で他の人間を見下している。言葉もキツイ。
個人面談の時も「意味がない面談」と言われた事を思いだす暁。


散々叩かれた保護者説明会が終わり、岩名に確認する暁。

先生は体罰されてないんですよね?
それなら何で何も言わないんですか?

…先生は、もしかして誰かのこと庇ってるとか?


岩名は静かに全く関係のなさそうな返事をした。


神山先生。
子供の頃、体罰を受けたことは?

いたずらをした時とかに親に殴られたことは…。

そのことは君の心の傷になってると思うか?

いや…。

そうか。
いい親御さんだな。
心ってのは傷つきやすいもんだから。



ここで早くも何だかウルっとした。

このドラマは余計な変な回想シーンは入れない。
とても解りやすく単純な映像で見せる。

高嶋政宏さんのセリフの出し方と表情で、「誰か」の心が傷ついたのを
庇っている事が容易に想像できる。

そして、真相は分からなくても、その空気だけは暁にも伝わるのだ。


藤田ともみから、葉山の様子がおかしいと聞いた暁は葉山に事件の事を聞いてみたが、
やはり何の確証も得られなかった。

しかし、何となく何かを怖がっているように見える。
様子は確かにおかしかった。


様子がおかしい者は暁の家の中にもいた。

アカネがあまりすり寄って来ないのだ。

電話をかける術を覚えたり、インターネットに入り込んで出られなくなったり
わけの解らない行動を繰り返すアカネ。

「たすけて」「インターネットに挑戦したらはまって出られません」
とか…それじゃ驚くよ。「貞子3D」だよ。
  かすかなかのじょ5


あのさ、そんな無理してはしゃぐなって。もう見てらんないから。

言いたくないことなら言わなくていいし、言いたいことなら言えばいいんだけどさ…。
幽霊が悩んでんのって変だよ。

小夜ちゃんから何か聞きました?

いや。見てりゃわかんだろ。
ここに越してきてから毎日顔突き合わしてんだから。
  


何かね~暁のアカネに対する態度が、旦那さんみたいなんだよね。もう。
帰ったら必ず「ただいま」と言うし、姿を探すし、今日の出来事とか話しはじめるし…。

愛を感じるのだった。新婚夫婦のようだ。


アカネは、例のお腹の傷を暁に見せる。

多分、私が死んだ理由です。
私、ノイローゼじゃなくて誰かに刺されたんだと思います。

それじゃ何かの事件ってこと?

わからないけど、でも、もしそうならすごく悲しい気がして。
生きてる時に誰かに憎しみを向けられた人間だったって神山先生にそういうふうに
思われるのが嫌で…。

何言ってんだよ。そんなのただの強盗とか一方的な逆恨みとかに決まってんだろ。
あんたは絶対そういう人じゃないって。



アカネを慰め、自分が原因を調べてやると約束しながら暁は気づく。

葉山が廊下で藤田ともみに叫んでいたこと。

あんただって私のこと憎いと思ってるくせに!

岩名先生の言葉。

心ってのは傷つきやすいもんだから。


翌日、暁は河合と一緒に葉山と話をした。


葉山さんは一体 誰に憎まれてるんですか?

昨日言ってたことってそういうことですよね?

関係ないです。

それってただの逆恨みなんですか?
そうじゃないなら解決するべきです。

他人に憎まれて嬉しい人間なんていません。



事の真相は、葉山が藤江に

「無駄口たたいてないで必死こいて勉強したら?次の中間も2位はキープしときたいんでしょ」

と言った事から始まった。


藤江はずっと努力しても1位になれない事を気にしていた。
家でも1位になれない事で父親にいつも嫌味を言われていた。

葉山のこの心無いひと言で、藤江はキレてしまったのだ。

放課後、藤江はカッターナイフを持って葉山に迫った。

その危ない状況の場に岩名が現れた。
藤江はカッターナイフを放り出して逃げ、パソコン室に入って自分で転び、顔を打ったのだ。


何でその時に言わなかったの?

と、河合。

怖くて…。
自分がそんなに憎まれてるって思ってなかったから。


葉山は襲われそうになった事もショックだったが、自分の言葉がそんなに
人に恨みを買っていた事にもショックを受けていた。


言葉も暴力なんです。

葉山さんには周りの人間が馬鹿に見えるかもしれませんけど、そうだからといって言葉で
周りの人を傷つけていたら、それは勉強なんかよりもずっと大切なことが理解できていないって
ことなんです。

藤江さんのしたことは、もちろん許されることじゃありません。

それでも、ちゃんと謝って話し合うべきだと思います。


暁の言葉に葉山は素直に頷き、暁と河合の立会いの下で藤江に謝罪した。
藤江も葉山に謝罪した。


2人が和解し、真相が解った事で、その日に予定されていた保護者会は中止された。

納得いかなかったのは、藤江の父親だ。

本当は殴られていないと息子の口から聞き、岩名から真相が語られた。


あの時、追い詰められた藤江は、岩名に父親にだけは言わないでほしい、と頼み込んだ。

もし言ったら…死ぬから。
葉山も道連れにして…死んでやる。



そこを見られ、体罰を加えた事にされてしまった岩名。

脅しだとは思ってましたが、万が一のことを考えて。
でも、それ以上に藤江のことを信じようとも思ってた。

お前がちゃんと自分で本当のこと言うと思って。



ここまで話が進んでも、父親はなぜ息子が本当の事を自分に言えなかったのか理解できない。

ご迷惑をおかけしました。
…いや、でも、もっと早く話していただければこんなことには…。

岩名先生も人が悪いですよ。
大体、今回のこと全部ただの脅しだってわかってたんでしょ。
私の息子は成績だっていいのに、そんな馬鹿なことするはずが…。



父親の襟を掴んで壁に叩きつける岩名。

俺はな、許されるならあんたを殴ってやりたいよ。

人間は誰だって間違いを犯すことがある。子供だったらなおさらだ。
そういう時、子供を叱って反省させて、許してやるのが大人の…親の務めってもんだろ。

なのにあんたはどうだ?
感情に任せて息子に怒りをぶつけてただけじゃないか。
あんたがそうやって追い込むから藤江は後戻りできないとこだったんだ!

覚えとけ。
怒ることと叱ることは全然違うことなんだよ。



父親……。
痛かったな…。

子どもの言う事を信じたい気持ちはよく解る。
しかし、本当の事を言えない環境を作っていると気が付かないのは痛い。

まぁ…親ってそんなもんなんですけどね。
案外、解らないんですよ。
子どもとどう接すればいいのか。

だから、自分の子どもがどんなに可愛くても30%くらいは疑ってみなくては
ならないのかも知れない。

とか、不出来な親の自分はいつも思ってる。

100%子どもを信じられる、子どもが嘘をつかない環境。
そんな物があるのかな…。

学校でも、家庭でも、職場でも。人は嘘をつく。

傷を隠したいから。傷つきたくないから。


それに気づき、ちゃんと葉山を諭してあげた神山先生が頼もしい。

そして、自分で気づくように待ってあげた岩名先生が素晴らしい。

今回は、河合先生もちょっとカッコ良かった。

こんな先生たちに恵まれた学校だったら、安心して子供を通わせることができる。


「人を傷つける」という行為が連鎖したストーリーでもあった。

藤江を傷つけた葉山 → 葉山を傷つけようとした藤江 → 岩名先生を傷つける。

結果的には、2人は何とかなったかも知れないけれども、岩名先生は傷ついたままだ。

でも、先生はそれを受け止めるんだよね。

体育教師は憎まれてなんぼだ。

神さまのように大人だよ。

馬鹿親も、この先生にだけは心から感謝してもらいたい。

自分が利口だと思ってしまう人間は人を傷つける。

…という話。


チャラけているとか浮ついているとか、そんなドラマではなく、正しい事をキレイごとなく
伝えているドラマだと思う。



で、アカネは304号室の住人ではなかったことが解り…あれ、じゃあ何処で刺されて、
なぜここに住んでいるのか…。

そっちも興味深くなってきた。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


体育教師の岩名(高嶋政宏)が、暁(香取慎吾)のクラスの藤江俊介(萩原利久)から体罰を訴えられた。
俊介は岩名に殴られたと訴えるが、岩名はこれを否定。
だが、事情を聞こうとする和泉(真矢みき)に岩名は何も話そうとしない。
学校に現れた俊介の両親に、和泉は俊介から事実を聞き出して欲しいと求めるが、息子を疑うのかと
怒らせてしまう。  

翌日、体罰のうわさは広まり、相次ぐ抗議の電話の対応に追われる教師たち。
教室では、ともみ(上白石萌歌)が俊介を避けるような風(柴田杏花)の態度に気づき…。  

そんな折、教育委員会の轟木庸一郎(加藤虎ノ介)が学校に乗り込んできた。
轟木は、マスコミが騒ぐ前に事態を沈静化させたいと、岩名に生徒との接触を禁じる。
俊介のケアを命じられた暁と千穂(前田敦子)は面談を行うが、俊介の話は曖昧で要領を得ない。 

まもなく行われたPTA説明会の席で、新聞記者でもある俊介の父親は、体罰があったと認めない
学校を徹底的に追及すると決意を訴え、保護者たちに協力を求める。
暁は岩名に真実を話すべきだと促すが、岩名は口をつぐんだままだ。  

一方、腹の刺し傷を小夜(森迫永依)に見せるアカネ(杏)。
小夜は暁に相談するよう勧めるが、なぜかアカネはちゅうちょする。
そんな中、暁にともみから風のことで相談があると電話が入り…。

(あらすじは「Yahoo!TV」より引用)


よろしければ→【2013年4月期・春クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村 


【キャスト】

神山 暁 … 香取慎吾
アカネ … 杏
河合千穂 … 前田敦子
林 邦彦 … 北山宏光
大原操緒 … 濱田マリ
岩名清二 … 高嶋政宏
霧澤和泉 … 真矢みき

吉岡さん … 佐藤二朗

※3年2組 生徒役

森野小夜 … 森迫永依
重田 誠 … 田口司
中島智也 … 市川理矩
東川 奈々子 … 浅川梨奈
老谷美香 … 中村ゆかり
向井樹里 … 近藤玲奈
遠藤秀人 … 岡田隆之介
小久保 健太 … 澤畠流星
矢沢 舞 … 飯豊まりえ
葉山 風 … 柴田杏花
野本香織 … 荒川ちか
下川千夏 … 関紫優
倉田円花 … 平祐奈
大宮斗真 … 藤原薫
石田 航 … 松井健太
岡本香奈 … 未来穂香
佐藤優香 … 森川真衣
柚木明日香 … 広瀬すず
手嶋健太郎 … 岩橋玄樹
森岡大樹 … 渡辺貫裕
高橋 蓮 … 井上翔
藤江俊介 … 萩原利久
根津亮介 … 森本慎太郎
藤田ともみ … 上白石萌歌
水沢 真由美 … 加藤里保菜
皆川隆雄 … 岡山智樹
京塚りさ … 山本舞香
相田拓途 … 神宮寺勇太
西原 翼 … 佐奈宏紀
田嶋 萌 … 田辺桃子



【スタッフ】

プロデュース … 木村淳
演出 … 白木啓一郎、田中耕司、星野和成
脚本 … 古谷和尚

主題歌 … SMAP「Joy!!」


公式サイト http://www.ktv.jp/kasuka/index.html




 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【幽かな彼女】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話


フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    大丈夫でしたか~^^;
    移ったんですよ。きっと。私はついったーのフォロワーさんから移ったんです…
    じゃなくて、子どもから移りました。たぶん^^;

    >岩名先生、かっけぇ。でも ちょっと不器用。それを頼れる同僚と信じてくれる上司がサポートしてくれましたね。ほんとにほんとに藤江親子は感謝しないとダメですよ。

    この学校、いい職場だと思うし、生徒は本当に幸せだと思います。
    馬鹿親に毅然と対応できる教師が必要ですよね~ほんと。
    この親子、変わってくれるといいんだけど。

    >このドラマを見ると 自分の子育てのことを思いだしちゃうんですよね

    私もそう思いながら見てる!
    いい子育て出来てなかったなぁと^^;

    >「家族ゲーム」の直前に 関東は特別な番宣があるんだそうですね。

    これ見なかったですわ~。
    うーん、何だったんだろう。

  2. NelsonTouchBlog より:

    幽(かす)かな彼女五話&雲の階段四話感想

    ■幽(かす)かな彼女五話
    今回も厄介な問題でしたね~(苦笑)生徒の嘘と、その父親の過保護というかプライドというか、全責任を学校に押し付けようとするから、悪くない教員がひ

  3. Q より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    くうさんが具合が悪いと聞いた直後、自分も絶不調になってしまい 先週はまいりました。
    復活したよ~。もしかして伝染ったのかなぁ?^^

    今週もイイ話でした。感想読んで またウルっとしちゃった。
    同感なところを抜き書きしたら全部になっちゃうくらいです。
    岩名先生、かっけぇ。でも ちょっと不器用。それを頼れる同僚と信じてくれる上司がサポートしてくれましたね。ほんとにほんとに藤江親子は感謝しないとダメですよ。
    このドラマを見ると 自分の子育てのことを思いだしちゃうんですよね(ほぼ反省ですがw)現役の子の親御さんに見てほしいなあ。(もちろん好みは人それぞれで、圧しつけるものじゃないよねーー人気者って大変ですね)

    >何かね~暁のアカネに対する態度が、旦那さんみたいなんだよね。もう。
    まさかの展開? アカネの過去もわかんなくなってきたし この二人どうなるの?

    「家族ゲーム」の直前に 関東は特別な番宣があるんだそうですね。うらやましいです。

  4. 幽かな彼女 第5話

    『体罰、という言葉の魔力

    内容
    藤江俊介(萩原利久)が岩名(高嶋政宏)からの体罰を訴え出た。
    暁(香取慎吾)が理由を聞くと、突然殴られたと話す藤江。
    和泉(真矢みき)が岩名

  5. 幽かな彼女 第5話

    第5話「体罰、という言葉の魔力」2013年5月7日 暁(香取慎吾)のクラスの藤江俊介(萩原利久)が校内でケガをした。俊介は岩名(髙嶋政宏)に殴られたと訴えるが、岩名は体罰を否定

  6. 幽やかな彼女 #04、#05 感想その他

    4話は、ダンス部の顧問をしている林と、ともみの話。林はダンスは上手くないけれども、教師の立場から、顧問としての情熱は持っている。新歓オリエンテーションのメンバーからとも…

  7. 幽かな彼女 #05

    『体罰、という言葉の魔力』

  8. 幽かな彼女 第5話

    暁(香取慎吾)のクラスの藤江俊介(萩原利久)が校内で怪我をします。

    俊介は、岩名(高嶋政宏)に殴られたと訴えますが、岩名は体罰を否定します。

    でも事実を聞こうとする副

  9. 幽かな彼女 (第5話・5/7) 感想

    フジテレビ系ドラマ『幽かな彼女』(公式)の第5話『体罰、という言葉の魔力』の感想。

    学園・教育ドラマとして良く出来てると思う…

    学園で起きた体罰騒動を軸に、真面目な

  10. Happy☆Lucky より:

    幽かな彼女 第5話

    第5話

    JUGEMテーマ:エンターテイメント

  11. 親父にも殴られたことがない人たちが親になる矛盾に寄り添うのです(香取慎吾)

    幼少時に食事中に笑ったり、無断で買い食いしたり、ごめんなさいと言うべきところをすみませんと言ったりする度に父親によって窓から路上に放り出されていた人間にとって体罰とは何…