【カエルの王女さま】第5話

たとえ誰もいなくても、自分がスターだと信じればどこだってステージになる。

自分にとっては自分が1番手。誰の代役でもない。

まずは自分を信じなきゃ、誰一人魅了することなんてできない!

「カエルの王女さま」第5話

   カエルの王女さま

簡単感想で。

『こんにゃくイブニング!』効果で、代役とはいえ学園祭オファーがシャンソンズに来る。

今度はセクシーを前に出そうとする倉坂にセンターに抜擢される玲奈。
しかし、玲奈には他に「1番」になりたい事があって、そっちの話にも乗ってしまう…。

私とコーチ、どこか似てる気がして。

似てる?

だってそうでしょ。
ダンスもできるし、ほら、ルックスだって恵まれてるし。
選ばれた人間じゃないですか。

まあ、もちろんよね。

うん。

けど…。
分かってくれる人もいなくて独りだなって。

自分は優れているのだ。自信がある。

…でも、理解者がいない。

認められないジレンマ。

あひるちゃんを躍らせてみたら思ったよりも上手かったので、取られるセンター。
愛されていると思っていたのに「迷惑」と言う哲郎。

こんな人より、絶対に自分の方が優れてるのに!

と思う気持ちが、玲奈を凶行に走らせる……。

学園祭の話は潰れ、用意した衣装はメチャメチャに。

どうして!?

1番じゃないからです。
2番手は2番手。主役以外はスポットも当たらないもの。

主役じゃなかったから公演つぶしたってこと?

私、今までずっと2番だった。
ミスコンもホントは準優勝。ダンスだって、まひるちゃんの次。
彼にとっても私は2番手で。

どんなに頑張っても、どんなに必死で努力してできるようになっても、1番手以外は
みんなにとって普通なの。
才能がなければ何の価値もない。誰も見てくれない。

結局、私は誰かの代わり。代役なの!

何、言っちゃってんのよ!甘えてんじゃないわよ!
代役の何が悪いの?

ブロードウェイだってね、1番手だって一瞬で2番手に取って代わられちゃうの。
食うか食われるかの世界なの。

2番手だろうが何だろうが、みんな主役を引きずり降ろそうと必死になってんのよ!

でも、あんたみたいにいじけたまねするんじゃなくて、みんな自分のパフォーマンスで
スポットを浴びようと死に物狂いで戦ってんのよ!

代役は悲しい。代役にもなれない人生は、もっと悲しい…。
そういう不満が人を犯罪に走らせることも多い。

玲奈のやった事は、ちょっと怖かったよ。

倉坂の言葉で、玲奈が立ち直ってくれると良いな。

私の人生の中では 私が主人公 byさだまさし(ちょっと世界が違う)

倉坂のスパイとして玲奈を送り込んだのは市長の差し金。
やる事が、ちょっとえげつないよね…少女マンガみたい。

で、結局は隣の市長からお叱りを食らう。ザマ……

でも、最後には、玲奈が倉坂の家に上り込んでゴミ箱から倉坂がクビになった
プロダクションからの手紙を見つけちゃう。

来週はこれが元になって…よくない事が起きそうだ。

えーーー…人の家に勝手に上り込んでゴミ箱の物見るーー
これって、住居不法侵入で逆に訴えてもいいのでは。
古美門先生ならきっとそうする。

ってか、このドラマにはスッキリさせてほしいんだよね。
内部のゴタゴタは、いい加減いいんじゃないのかなぁ…ちょっとウンザリ。

来週は歌のシーンだけ見ようかな…とか思っちゃう。

  ま、私は何だかんだ言ってもノリノリで、セクシーのセンターまで取ろうとする
千葉雄大@忍ちゃんが見れれば、それで満足っす・・・
今日は一希も踊ったしね。

       カエルの王女さま8

【第5話の楽曲】

・Like A Virgin(MADONNA)
  

・キューティーハニー
  

・EZ DO DANCE(trf)
  

・TRY ME ~私を信じて~(安室奈美恵)
  

・Flashdance… What a Feeling
  

・Dream Fighter(Perfume)
  

    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

倉坂澪(天海祐希)率いるシャンソンズと井坂清忠市長(岸部一徳)と娘婿・井坂哲郎
(小泉孝太郎)との対立はいよいよヒートアップ!

ローカルテレビ局の取材を喜んで受けたシャンソンズだったが、放送当日シャンソンズたちは
その目を疑った。歌の収録しかしていないはずが、編集の段階で手が加えられ放送上では
勝手にシャンソンズの活動終了が宣言されていた。
音楽堂を取り壊し、ゴミ処理場を建設することが隣の安見市との合併の条件ということで、
井坂市長は歌の火を再燃させるわけにはいかないとシャンソンズの息の根を完全に止めようと、
いよいよ澪への追究の手を強める。
澪のブロードウェイでの経歴を徹底調査する。

テレビ局では不本意な放送のされ方だったが、由芽市では評判を呼び、着実に評価を高め、
続いて安見学園大の学園祭への出演依頼が飛び込む。
急遽盲腸のためメンバーが来られなくなったグループのピンチヒッターということで乗り気の
しない澪だったが、学園祭が全国放送されたこともあると聞いて俄然やる気を出す。

度胸もつけたシャンソンズに足りないのは「セクシーさ」ということで澪は今回のテーマは
「ダンスナンバー」と発表する。
ダンスには自信がある玲奈(片瀬那奈)はやる気を出す。

その一方で、玲奈は思いを寄せる哲郎のために澪の経歴を探りにかかるが、なかなか決め手に
なる証拠をつかめずにいた。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

※公式サイトはちゃんと私のために(ぇ… 千葉雄大くんの連載コラム
「忍くんのシャンソンズな日々」を設けてくれているのだった…わかってらっしゃる

     カエルの王女さま7

よろしければ→【2012年4月期・春クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  

キャスト

倉坂澪 – 天海祐希
井坂忠子 – 石田ゆり子
野々村まひる – 大島優子

馬場みぞれ – 大島蓉子
皆川玉子 – 菊地美香
羽田南 – 福原美穂
高垣忍 – 千葉雄大
乾一希 – 玉山鉄二
桜井玲奈 – 片瀬那奈
桜ママ – 濱田マリ
井坂哲郎 – 小泉孝太郎

森香奈絵 – 久野綾希子
井坂清忠 – 岸部一徳

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)


【カエルの王女さま】1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

フォローする

スポンサーリンク