【素直になれなくて】第3話

初回から書く気はあったけれども、何となく書かずに過ごし、

3話目に至った。。。なう。

感想って言うよりツッコミですから。

ウットリと見ている方は読まない方が良いと思います

ナカジに偽の待ち合わせを仕組まれ、ドクターとデートするハメになったハル。

ホントはナカジ好きだったのに・・・

って、

こういう独り言を言う人はなかなか居ない気がするぞ

そもそも、ハルが切れてる理由が解らんのさ。

だって、勝手に好きなだけでしょ~。

ナカジも自分に想いがあるとでも思ってたんだろうか。

って、そういう振りも別にないのに、いつも勝手に怒ってるしね

何だかんだ言いながら飲み会には参加するんだ。

CAじゃない事も、雑誌の取材だった事も、ドクターじゃないって事も。。。

もっと後々出てくる問題なのかと思ってたら、アッサリ白状しちったね。。。

桐子さんが、あんなキャラとは、ちょっとショック

お揃いのタトゥは、最初、何かの秘密結社のマークなのかと思ってました

さすがに、そこまで奇想天外な設定じゃなかった。

できない。。。。

と仕事切られるんだ。リンダ。

編集長は、もう新しいターゲットを見つけた様子。きも。。。

ワケの解らない罪をハルになすりつける桐子さん。

ナカジは、ハルが本当にそんな事をしたと信じてるわけじゃない。。。かも知れないけど、

嫌われたくないから信じるしかない状況。

って言うか、不倫はいけないとか、将来がどうとか、

確かに余計なお節介だと思います。

人の恋路はほっといて下さい。

そして。。。

自分がヘタレてるからって、手近な男に抱きついてはいかん~

誤解しちゃうドクター。

ハルとナカジと言う主人公、どっちも好きになれない。

親しみも感じられない。

親サイドのストーリーも、これからもっと絡んできそうだけど、

ハッキリ言って要らない。

今だけでも充分ゴチャゴチャした設定。

ついでに言うと、ハルの生徒と薬関係も。。。

もう入る余地ないでしょ。

北川作品にしては変わった薄暗いエピが多いなぁ、と言う興味は

あったけれども、あれもこれもと詰め込みすぎ。

一体、何処へ行きたいのやら。。。

何本も同じようなドラマばっか作って、とか言われ続けて、

ちょっと変わった事したくなっちゃったのかな~

誰だ、そんな事言ったの。

アタシだよ

っつーか変わった事したい感じの割には、結局はベタな展開に落ちてるし。

ドロドロになりそうだけど、最終的には、いつもの北川脚本と同じように

何年後再会してハッピー

で、終わるんだろ。

だったら、最初から、いつもと同じように、ライバル出たり引っ込んだりする

普通~に少女マンガ展開のドラマにしときゃいいのに。

「ザ・ティン・ティンズ」のオープニングに見合う軽快な内容を

ファンは期待してたと思うぞ。

一番「素直になれない」のは脚本家なのでは。。。

キャスト

中島圭介 – 瑛太

水野月子 – 上野樹里

パク・ソンス – ジェジュン

西村光 – 関めぐみ

市原薫 – 玉山鉄二

山本桐子 – 井川遥

峰原隆 – 田中哲司

矢野順一 – 勝村政信

松島健太 – 阪本奨悟

高橋正文 – 竜星涼

前田由起 – 逢沢りな

水野シュウ – 中村優一

パク・ミンハ – 木南晴夏

中島亮介 – 吉川晃司

水野祥子 – 風吹ジュン

奥田真理子 – 渡辺えり

市原美佐子 – 朝加真由美









フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いいですのう。。。

    うちはGWも普通にお仕事あります(; ;)

    でも今日明日は連休っ♪

    >ある意味、来日韓国人の二人だけが

    >健全に描かれているという印象。

    だからイジメに遭っちゃうんでしょうかね。。。

    こういう人らが傷つけられないか心配しちゃいますわ。

    >唇をかみしめる美しさ

    こういう所までワンバを感じてしまうのですわ~。

    これはもう「愛していると言ってくれ」で見たからいいよ、と思ってしまうのです。

    でも、まぁ、「愛している」を知らない世代は「ビューティフルライフ」に感動し、

    「ビューティフルライフ」を知らない世代は「オレンジディズ」に

    感動するのでしょうか。。。

    全部見ている私が悪いのか~^^;

    >もう少し普通でいいんだよう・・・と

    >作者の肩を抱いてあげたいです。

    そうなんですよね~。

    普通に楽しく作ればいいのに。

    世の中は脚本家が思っているほどには複雑ではないと私は思いますわ~^^;

  2. キッド より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ゴールデン・ウイークなう。

    なんとなく若者はみんな病んでいる・・・

    というのが前提のドラマのような気がします。

    特に日本人は・・・。

    ある意味、来日韓国人の二人だけが

    健全に描かれているという印象。

    唇をかみしめる美しさというものが

    北川作品にはあると思うのです。

    たとえば「ビューティフルライフ」なら

    体が不自由なために

    普通のことができないヒロインが・・・みたいな。

    今回は井川遥にいびられて

    唇わなわなの上野が

    そういう場面なのですが・・・

    両者とも心根がくさっているので

    感情移入できないのです。

    困りましたなーっ。

    ま・・・いいか。

    こういう態度になるしかないのですなーっ。

    もう少し普通でいいんだよう・・・と

    作者の肩を抱いてあげたいです。

  3. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >なるほど確かに一番素直になれないのは脚本家かもですね。

    本当は10年前の少女マンガみたいな甘甘な群像劇を

    書きたいクセに、なぜ書かん~(?_?)

    と思っちゃうのよ(^^;ゞ

    >いや、本当親の話とかもうどうでもいいので、ツイッター仲間だけの話にすればいいんじゃね?って感じですよね。

    風吹ジュンさんも吉川も好きなんですけどね、この2人のエピが

    余計にドラマを混乱させている(つまらない方向に)

    と思うんですよね。

    主役2人が兄妹かもと言う方向に持っていきたい感が

    バリバリ出てますが、そういう結末にはならないんで(きっぱり)

    ワクワクもキュンともしないので、ただ笑いながら

    突っ込んで3週見ちゃったんですが、来週から「嵐」に

    行こうかなと考え中です~。。(^^;ゞ

  4. なぎさ美緒 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なるほど確かに一番素直になれないのは脚本家かもですね。

    いや、本当親の話とかもうどうでもいいので、ツイッター仲間だけの話にすればいいんじゃね?って感じですよね。

    私もハルもナカジもイマイチ感情移入できなくて・・・客観的に見てしまいます。

    どこへ行きたいのか・・・本当迷走してますよね。