【太陽と海の教室】第5話

ハチドリのひと雫





山火事になったとき、ハチドリは、ひと雫ずつ水をかけ続けた。





無駄な事だとみんなは言うが


私は今できる事をするだけ・・・






1%の努力しか報われなくても、


99%が無駄になったとしても、


力を尽くせば、その1%が100%になる。





勉強とは、宝探し。





99%の無駄な努力の上に宝物がある。





無駄な努力は無駄じゃないんだ。



先生は見つけたんですか?その宝物を。


見つけたよ。





だから、こうして今、お前らに勉強を教えている。




      
2話だっけ?





もう、このドラマの感想は書かん 、と言って


視聴だけ続けていた私。。。





その後も、全くこのドラマに感じ入る事はなく、


ただ習慣で月9と言う物を見続けていただけだったのですが





今週は、初めてこのドラマの中に答えを見つけた気がしました。


って言うか、高校生の子供と一緒に見ていたので、最初は、





しまった おとなしく「ハムナプトラ」見とけば良かった





と、激しく後悔したんですけど。。。


勉強には意味がない





とか、言うな~







そうじゃなくても、夏休みはダレダレなんだから。。。






で、絶対に何か落ちを作ってもらわなくては~


と見続けていたところ。。。





こういう結論を朔太郎が出してくれた。





って言うか、3年生だろ


ここで羽菜が受験勉強やめちゃったら、


たぶん世の中のPTAが黙ってないと思う。。。







10年後の未来を見据えた結婚プランがあって、


だから今は受験勉強するんだ、と言う大和は


しっかりした良い子じゃん。


今日日、こんな高校生なかなかいないって。





こういう形で、朔太郎の話にホッとしちゃう自分って


ある意味、理事長と同じだよな~。。。







自分も、高校の頃は思ってました。


受験勉強なんて意味がない。


微分積分が今後の生活の中で使われることがあるのか






自分の場合は、こんな超進学校に行っていたわけではないので、


サッサと私立大学に進路を決めて、受験に関係ない授業は捨てました。





何とか推薦が取れたので、そのうち、受験勉強その物を捨てました。





でも、当時は確か推薦も年明けだった気がするので、


2学期いっぱいは一応勉強していた気がするよ。





今は、私立大学は秋には推薦が決まってしまう。





推薦で私立に入る子は、10月や11月には受験生じゃなくなる。





こうなってしまうと、本当に受験って何なんだろう、って思うね。





1%の宝物を求めて。。。





国立を受験するならば、全教科の受験勉強が必要だ。





そうなってくると、専門でも要らない教科を


頭に詰め込む事に何の意味があるんだろう、


と言う疑問は確かにある。





たくさんやった受験勉強の中で、何か1%が


宝物になる日は来るだろうか。





来る人もいるのかも知れない。





だから、人は勉強をするんだ。。。そうなのかな。。。





我が家の長男は受験勉強を捨てて、専門学校に


進学する事になった。





彼は宝探しを止めたのだ。





その選択が正しいかどうかは、たぶん十年も経たなければ


解らない事だろう。





宝探しをするかしないかは、確かに個人の自由だ。





でも、それを止める理由が、今が楽しければいいから、


と言う理由であってほしくないなぁ。。。





と、個人的には思うのである。






色々な事を考えさせてくれた「第5話」でした。





実は、先週も





何で、海に向かってピアノなんだよっっ







と思いつつも、あの映像には魅せられた。


時々、出来の良くないドラマ





ならば、入れ込む気にもなるんだけど、





時々、出来の良いドラマ





って、どうよ





安定した品質を保って頂きたいものです。


しかし、「学校の存続を揺るがすあの重大な事」って。。。





本当に履修問題だったんだ。。。







ちょっと話題性が古くないっすか





そして、このために校長が朔太郎を呼ぶ意味が解らない。





体育の時間が足りないならば、


体操のお兄さんを呼んで、毎日体育の補習すればいいじゃん







それから、来週、誰かが死んでしまうらしいですが。。。





人の死で感動を取ろうっていう策は、ちょっとあざとくないか





もっと、学生時代ならではのストーリーで勝負してほしいよ





トラックバックは承認制です。即時反映はされません。ご了承下さい









フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >息子は高校を舞台にしたドラマなので相変わらず楽しみに見ています。

    ウチの子らも見てるんだよ~。

    何だかんだ言って、楽しいみたい。

    同じく、自分たちと同じ世代を描く学園ドラマって物が

    単純に楽しいみたい。

    >あの崖の上のピアノなどありえねえ~って言ってるけど、その一方で、なんか高校生っていうだけで楽しめる部分があるんでしょうね。

    崖の上のノクターンはね~。。。

    ありえね~グランドピアノに砂が~、と思いつつ、

    映像的に私自身がやられてしまいました(-_-)

    何せ、海でノクターンですからね~。。。

    何て贅沢なんだ。。。

    >でも、同じ学園物でも深田恭子のドラマは見る気がしないみたいよ。

    ああ、あのドラマは、ウチは全くチャンネル合わせてないんで、

    たぶんウチの子は存在も知らないと思うわ~(^▽^

    我が家では、あの時間は「モンスターペアレント」の

    時間で、弟ちゃんが楽しみに見てます♪

  2. okadai君 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今さっき、録画を見終わったところです。

    あまりにくうふうさん(そしてみなさんの)コメントが今の私の心境と一致していて、うなずいて読んでました。

    息子は高校を舞台にしたドラマなので相変わらず楽しみに見ています。あの崖の上のピアノなどありえねえ~って言ってるけど、その一方で、なんか高校生っていうだけで楽しめる部分があるんでしょうね。

    まあ。。私も中高生の頃は高校生ネタの青春物(こんなことはあるわけないと思いつつも)が好きでしたから。

    でも、同じ学園物でも深田恭子のドラマは見る気がしないみたいよ。

  3. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >でも今の道を決めた以、専門学校へ早く行きたかった。

    manaさんの場合は、早くて良かった気がする~。

    素晴らしい資格を取るための学校だもん。

    目標が定まっているならば遠回りの必要はないよね(^.^)

    >てかこの歳になると、色々と勉強しとけば良かったとか

    >思うようになるんですかね(^_^;)

    ドラマ中で言ってましたが、大学でする勉強なんか

    何の役にも立ちません(^^;)

    いや、立つ人も多いと思うよ。

    医者とか、大学に行かなきゃなれない職業だってあるし、

    その道の博士になる人だっているんだし。。。

    でも、日本の大学生のほぼ80%近くは、ただ大学に

    行っているだけだと思う。

    何のためかって言うと、何だかんだ言っても、日本が

    学歴社会だからだよ。

    最近はそんな事ない、とかよく言うけれども、やっぱり真実は

    学歴社会なんだよね。

    これは、物陰で「間違ってる」とか叫んでみても

    どうにもならない事実なわけで。。。

    学歴社会に飲まれないためには、manaさんのように

    何かのスペシャリストにならなくてはいけないわけです。

    >長男君の宝はどこに隠されてるのか分かりませんもん。

    >10年後が楽しみでもある訳です。

    >期待せずにその時を待ちましょう。。。

    >ってうちは娘だから(^_^;)ゴメンネ

    10年経ったら、もう私は彼の人生にはほぼ関係ないかな。。。

    って言うか、傍観できるように歩んでいてくれないと困るし(^.^;)

    どんな大人になるんでしょうね。

    お互い楽しみでも恐くもありますね(~o~)

  4. mana より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私の親は大学を勧めました。

    (そのまま進めたので)

    でも今の道を決めた以、専門学校へ早く行きたかった。

    でも今はね、長い人生の4年間位遠回りしたって

    良かったかなって思ったりもします。

    それなりの知識や友達も得ただろうし。

    てかこの歳になると、色々と勉強しとけば良かったとか

    思うようになるんですかね(^_^;)

    それでも決して後悔なんてしてませんが。

    何のために勉強するのかって、

    過ぎてみないと分からないのかもしれませんね。

    長男君の宝はどこに隠されてるのか分かりませんもん。

    10年後が楽しみでもある訳です。

    期待せずにその時を待ちましょう。。。

    ってうちは娘だから(^_^;)ゴメンネ

  5. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    我が家の場合は、彼がおぼろ気にやりたい職種があって、

    そのために少しでも技術を付けようと言う事で

    専門学校って感じですかね~。

    それが良しと出るか悪しと出るかは、今は全く解りません。

    でも、それは大学に行っても同じ事ですよね。

    >応援したいです(*゚ー゚)

    ありがとう(^.^)二度のコメント、感謝です。

  6. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >形になってはいないかもしれないけど

    >きっといつか分かる日がくるのでしょう。

    そっか。宝物かぁ。。。私は見つけたのかなぁ。

    人によって違う物ですよね。

    >しかし進学校のせいか、みんな素直ですね。

    >勉強したくない病にかかった時にこれ言われても

    >私は反感しか持たなかったと思うのよ・・(苦笑

    うんうん。

    金八とかでもそうだよね~。

    私ら大人だから感動してるけど、あれ中学校の頃に見てて

    感動した覚えがありません(^.^;)

    私も昨日の朔太郎の話を高校時代に聞いていても、

    だから勉強しようとは思わなかったと思う(^^;)

  7. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >このドラマの99%が面白くないのに、

    >1%が面白くて見続けてるって感じですかね?

    う~ん。皆さんそこに気付いたか。

    あのセリフがこんな風に生きてるとは思わなかったよん(^.^;)

    スタッフは狙って作ったんでしょうか。。。

    >死ぬ時によかった。って思えたらそれはよかったんだろうなぁ。

    そうかもね(^.^;)

    どう生きたら満足して生きられるか、その答えは親にも

    教師にもわからないよね~。

    とりあえず後悔しない人生を送ってもらいたいわ~。

  8. Gecko より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なんというか、専門学校に行くということは「自分のやりたいこと」が決まってるわけですよね。

    将来何になりたいか?が決まらなくて大学に行って卒業して、たまたま受かった会社に就職して、「なんか違う」と就職して3年以内に退職する若者が3割という現実と照らし合わせると、「自分のやりたいこと」が決まってるだけ、目的意識を持って充実した人生を送れそうな気がします。応援したいです(*゚ー゚)

  9. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >最初があまりにもうざかったから、次からは、何が起こっても順応性を持って見られるような・・・(爆)

    1話目と2話目はあり得ないほどウザかったよね~。。。

    テレビをぶち壊したいほどだったよ(^▽^;

    >いつの間にか生徒にも朔太郎先生受け入れられてきたようだし・・・。

    そこは、やっぱりドラマたよね(^▽^

    あたしだったら、あんなウザイ先生、最後まで反発しそう~。

    あだ名は「海坊主」で決まりだよ。

    >履修問題、まさに娘の学校で数年前に問題になった事だわ~!(笑)

    >今更???って感じだよね~(~_~;)

    >確かに朔太郎先生じゃ、余計に授業が遅くなりそう^^;

    エリカさまの学校で(?_?)そうなんだ~。。。

    でも、もう過ぎた話題って感じ。

    今さらどうするつもりなんだろ。

    朔太郎は、体育や家庭科の単位不足に何の役にも立たないよね(^.^;)

  10. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >いつも、正しい先生という感じじゃなくて、既成概念を壊して勝手に育てと言っているみたいです。

    >でも、やっぱり書きますね(笑)

    勝手に育ては良いのですが、結論に到るまでが

    まどろっこしいのです。

    ま、だからドラマなんだけどね。。。(^▽^;

    で、いつもは、その結論部分にも納得行かないんですが、

    今回は、まあまあ納得(?)だった。

    高校生だった自分、高校生である子供達、受験を止めた兄、

    進学校に通う弟、色々な目線から考えてみることが出来ました。

    私は勉強嫌いだったからね(^.^;)

    こういう内容には過敏に反応します♪

  11. エリ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    自分の中にあるからね。

    形になってはいないかもしれないけど

    きっといつか分かる日がくるのでしょう。

    そうそうこのドラマは時々いいので切るに切れない(笑

    しかし進学校のせいか、みんな素直ですね。

    勉強したくない病にかかった時にこれ言われても

    私は反感しか持たなかったと思うのよ・・(苦笑

  12. みのむし より:

    SECRET: 0
    PASS:
    このドラマの99%が面白くないのに、

    1%が面白くて見続けてるって感じですかね?

    宝物はひとそれぞれですもんね。

    答えは永遠にないんじゃないかなぁ。

    なんて思ったりします。死ぬ時によかった。

    って思えたらそれはよかったんだろうなぁ。

  13. pluto☆ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    最初があまりにもうざかったから、次からは、何が起こっても順応性を持って見られるような・・・(爆)

    生徒役は皆良いし、なんだかんだ言って見ちゃいますよね♪

    いつの間にか生徒にも朔太郎先生受け入れられてきたようだし・・・。

    履修問題、まさに娘の学校で数年前に問題になった事だわ~!(笑)

    今更???って感じだよね~(~_~;)

    確かに朔太郎先生じゃ、余計に授業が遅くなりそう^^;

  14. mari より:

    SECRET: 0
    PASS:
    朔太郎の語りが全部納得というわけじゃないのがきついですね。

    いつも、正しい先生という感じじゃなくて、既成概念を壊して勝手に育てと言っているみたいです。

    でも、やっぱり書きますね(笑)

  15. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >あら?リタイアしてもうレビューしないのかと思ったら☆でも、このドラマ時々いいんだよね、うん。

    いや、リタイアはしてない。レビューはリタイア(^▽^

    今回は、初めて良かったから書いてみた。

    >今回は高校生の母ではない私でも、勉強は無駄じゃないと教えてくれた櫻井先生は良かったと思う。

    無駄じゃない事もあるけど、私の人生には確かに数学とか

    要らなかったかもな。。。「算数」で充分(^.^;)

    でも、知識を得るって言うのは無駄じゃないよね。

    本当は受験勉強以外の雑学の方が人生の役に立つと

    思うんだけど、受験はそれじゃ勝てないのよね。。。

    複雑だわ~。

  16. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >最終的に「なにをしたか?」「どう生きたか?」で人生の価値は決まるような気がします(*゚ー゚)

    ありがとう。そうかも知れないです。

    子供と言えども、人生の価値はどこにあるか解らないですね。

    とりあえず、親としては良い事がいっぱいあるように願うのみですわ~。

  17. アンナ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あら?リタイアしてもうレビューしないのかと思ったら☆でも、このドラマ時々いいんだよね、うん。

    今回は高校生の母ではない私でも、勉強は無駄じゃないと教えてくれた櫻井先生は良かったと思う。

    勉強は無駄じゃないんだよ!大人になるとすごくわかる(笑)

  18. Gecko より:

    SECRET: 0
    PASS:
    専門学校に行っても「一生つきあえる友達」という宝物を手に入れるかもしれないし、最終的に「なにをしたか?」「どう生きたか?」で人生の価値は決まるような気がします(*゚ー゚)

  19. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >たとえ99%が無駄だったとしても

    >1%の宝物に会えればそれは無駄にはならないのです

    ああ、そっか(◎-◎)

    このドラマのことか~~!ナイス。。。

    えっ、でも、私は99%出来が良い方が。。。(^^;ゞ

  20. 099 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    追記

    >時々、出来の良いドラマ

    >って、どうよ

    たとえ99%が無駄だったとしても

    1%の宝物に会えればそれは無駄にはならないのです

    >>時々、出来の良いドラマ

    >同感!

    >>何で、海に向かってピアノなんだよっっ

    >同感!!

    >ハチドリの話はよかったのにそのくくりが

    >「力を尽くせば、その1%が100%になる。」

    >これにはポカーンでした

    >でもそのあとの宝物の話で挽回でした

    – – – – –

  21. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >>何で、海に向かってピアノなんだよっっ

    >同感!!

    グランドピアノが台無しじゃんっ!と思いながらも、

    海とピアノにボーッと見とれてしまいましたの。。。

    >ハチドリの話はよかったのにそのくくりが

    >「力を尽くせば、その1%が100%になる。」

    >これにはポカーンでした

    >でもそのあとの宝物の話で挽回でした

    ハチドリと宝物で、何か、聞き入ってしまいました。

    朔太郎の語りが珍しくウザくなくて良かったです。

    毎回、納得できるオチが欲しいなぁ。

  22. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ヘキサゴン頭の私には、朔太郎の名言は

    >今ひとつ分からなかったです(苦笑)

    高校生の子供と見ていて、「勉強は意味がない」とか言われて

    子供の目が輝きだしたもんで。。。(-_-;)

    一応、解決してくれて良かったと。。。(^^;ゞ

    >朔太郎が出した結論は良かったとは思いますが。

    >朔太郎を呼んだ理由が、履修問題の為だとすると、

    >訳分からないですよね。授業脱線する先生なのに。

    朔太郎を呼んだって履修問題は解決しませんよね~。

    国語の授業時間は足りてるんでしょ。

    >校長も暢気なこと言ってないで、早く対策

    >とらないでいいの?って感じですσ(^_^;)

    夏休みこそ、足りてない授業の補習しないと~。。。!

  23. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >先週の崖の上のピアノもOKなら全然このドラマ好きじゃん!!

    いやいやいや。。。

    海と音楽は乙女の心を狂わせるんだよ(-_-;)

    「できま線」は「意味わかりま線」。

    船の中の手術とか、全然ワケわかんないから~。。。

  24. 099 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >時々、出来の良いドラマ

    同感!

    >何で、海に向かってピアノなんだよっっ

    同感!!

    ハチドリの話はよかったのにそのくくりが

    「力を尽くせば、その1%が100%になる。」

    これにはポカーンでした

    でもそのあとの宝物の話で挽回でした

  25. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >必ずどこかのシーンで見入ってしまうとこが

    >ありますからねぇ。

    >そこにいつか期待してる自分がいます(; ̄∀ ̄)ゞ

    私は期待と言うのとは、ちょっと違うかなぁ。。。

    ただ月9は見るのが習慣になっちゃってて。。。(^^;ゞ

    >人生、以前に学んだスキルが意外なカタチで

    >活用されるのですからなかなか面白いです。

    >まぁ自分が見つけた生きる道に

    >満たされるものを感じていれば

    >それこそ「宝物」なのかもしれないです(笑)

    そのように言って頂けると。。。(; ;)

    ウチも子もそんな将来を見つけられればいいなぁ。

    大学進学が全てだとは思っていません。

    ただ受験から逃げたように感じるのが引っかかるんですよね~。

    親としては見守るしかないですね。

  26. みんと より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ヘキサゴン頭の私には、朔太郎の名言は

    今ひとつ分からなかったです(苦笑)

    朔太郎が出した結論は良かったとは思いますが。

    朔太郎を呼んだ理由が、履修問題の為だとすると、

    訳分からないですよね。授業脱線する先生なのに。

    校長も暢気なこと言ってないで、早く対策

    とらないでいいの?って感じですσ(^_^;)

  27. お気楽 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    えー!!こんなん好きなのね。先週の崖の上のピアノもOKなら全然このドラマ好きじゃん!!

  28. ikasama4 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >時々、出来の良いドラマ

    >って、どうよ

    だから、私もついつい見てしまいます(; ̄∀ ̄)ゞ

    必ずどこかのシーンで見入ってしまうとこが

    ありますからねぇ。

    そこにいつか期待してる自分がいます(; ̄∀ ̄)ゞ

    うちの一番下の弟君は電気系の専門学校を卒業してて

    つい先日、冷蔵庫が水漏れしてるんで親が

    「壊れた!」と言って大騒ぎしていたところ

    弟君が見事に修理して直してくれました。

    人生、以前に学んだスキルが意外なカタチで

    活用されるのですからなかなか面白いです。

    まぁ自分が見つけた生きる道に

    満たされるものを感じていれば

    それこそ「宝物」なのかもしれないです(笑)