【ぼくの夏休み】フジテレビ昼ドラ 第8話感想

はる菜を小屋で発見した和也だったが、はる菜は本当にひと言も喋らなかった。
母の写真を見せようにもスマホはバッテリー切れ。
和也自身も激しいショックを受ける。

元気のない和也にマツは、母に手紙を書けと便せんと封筒をくれる。

そんな折、佐代が出産を迎える。



「ぼくの夏休み」第8話

      ぼくの夏休み


今日は8話のみの記事を上げるので、あらすじの概要は上に書いた通り。


マツさんは相変わらず優しい。

和也を教育しつつ、孫に対するような優しさ。
今のところ、ステキなセリフは全部、このマツさんから出ています。


さて…スマホのバッテリーが切れてしまって、和也としては、完全に平成の母と
連絡が取れなくなった…と絶望的な様子。

何故だか、1度アンテナが立った事があったもんね。
バッテリーがなければ、二度とそういう事もないわけで…。


そんな和也に、マツはお手紙セットをくれる。

これが、意外な事に平成の母に届いてしまうのではないか…と読んだのだけど。
(読みすぎ)

あとは病院でちえ子に拾われてしまったスマホの充電器ね。
あれが、この時代のコンセントで使えるのか……。


やっと子どもを出産した佐代。


和也もそうやって生まれてきたんだ。
和也の母ちゃんもそうやって和也と妹を産んだんだ。

お前たちを迎えに来れない母ちゃんを恨むんじゃねえぞ。
この世の中で一番子供に会いたいのは母ちゃんだ。


マツは世話のために立ち会った和也に言う。


母の事、自分たちが大切に育てられたこと。

和也は、母を思い、子どもの誕生を単純に喜んだ。


しかし、この家には、色々な事情を抱えた人たちがいる。

平気で主人に向かって「死産でした」とか言っちゃう女中の文子。

恐いよ。冗談にもならない。

男だったら、私がもてあそんでやる。

これは、自分を手ごめにした大五郎への復讐なのか、佐代に対する愛人としての嫉妬なのか。


耕作は、

これであの人も安泰だな。
やっとこの家の人間になった。


と、佐代について語る。

今まで、この家と佐代を繋ぐ血筋はなかったから。
佐代にとっては、この赤ちゃんは、上条旅館の女将の証しなのかも知れない。

そして、全ての家族の「血」を繋ぐ赤ちゃん。


だけど、かわいそうだな。

こんな時代に生まれて。
こんなおっかない時代に生まれて。



戦地の事を思い出すと、やはり耕作は不安定になるらしい。


しかし、和也には驚いたな。

うさぎにでも会せるのかと思ったら、何と佐代の所にはる菜を連れて行くとは~。
それは無理だよーーー。


はる菜がお兄ちゃんとの約束を守ったからママに会えたんだ。
はる菜は偉いな。


って、ぇ……。


佐代を覗き見た時のはる菜の本当に嬉しそうな顏。
そりゃ…事情を知らなきゃ嬉しいだろう。覚悟が無いもの。


和也は、見せるならば、「ママ」と言ってはいけない事、見るだけで話しかけては
行けない事など、約束させてから見せるべきだった。

いや…女将さんはママではない事を言ってから見せるべきだった。それが正解か。


当然、生まればかりの赤ちゃんを押しやり、佐代に抱きついてしまうはる菜。

そして…

引っ叩かれてしまう。

何なの、あんた!


子供産んだばかりで、子供を守る本能もあるし…
何より、大切な赤ちゃんである。
佐代にとっては、この子こそが「上条旅館」なのだから。


張り倒されて、茫然とママ…だと思い込んだ女を見るはる菜。

この流れ、二宮星ちゃんの演技が本当にお見事。


和也がうかつ過ぎたよね……。

子どもの発想ってこんなものかなぁ・・・・。


「四つの嘘」のモリリン役からずっと注目している崎本大海くん。(イケメンですから)
今だに何に出ていても、ついつい「モリリンだ!」と言ってしまうのでした。
耕作役、凄味があると思う。ますますいい俳優さんにおなりで…。

      

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 全くしゃべらなくなったというはる菜(二宮星)が、病院から
姿を消してしまう。
和也(綾部守人)は、以前潜んでいた上条家の小屋ではる菜を発見。
何かしゃべれと怒鳴る和也をうつろな目で見るはる菜。和也は彼女を元気づけようと、母親の
写真が入った携帯電話の電源を入れるのだが…。

数日後、佐代(高岡早紀)が女の子を出産。立ち会った和也はその鬼気迫る様子に驚く。
すると、マツ(うつみ宮土理)は和也に、お前たち兄妹もそうやって産まれてきたのだから、迎えに
来ることが出来ない母親を恨んではいけないと諭す。

赤ん坊をあやす佐代の優しい微笑みに、瓜二つの母・詩緒里(高岡早紀)をますます思い起こす和也。
ふと、あることを思いつき、はる菜のいる病院へと走る。

(上記あらすじは Yahoo!TVより)



よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  



【キャスト】

青山和也(12) – 綾部守人
青山はる菜(9) – 二宮星

上条佐代・青山詩緒里 – 高岡早紀
青山浩二 – 中原裕也

上条マツ – うつみ宮土理
上条大五郎 – 升毅
上条耕作 – 崎本大海

上条勇作 – 森永悠希
上条栄次郎 – 西山潤
文子 -土谷春陽

五十嵐先生 – 山崎銀之丞
五十嵐ちえ子 – 水野絵梨菜

※詳しい出演者情報はシャブリさんのブログへ



  




「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【ぼくの夏休み】第1・2話 3・4・5話 6・7話 第8話 第9・10話


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)