【ぼくの夏休み】フジテレビ昼ドラ 第24話 感想

佐代に託していた、はる菜への手紙が1通も出されていなかった事を知り、不信感と
絶望から上条家を飛び出してしまった和也。

一方、ちえ子と耕作は佐代の口から全てを知り、大五郎を責める。

「ぼくの夏休み」第24話

      ぼくの夏休み

違うの和也。 誤解なの!

手紙出してあげるとか言って、嘘をついて意地悪してたんだ!
鬼!!

ショックで上条旅館を飛び出して行った和也。

ちえ子は真相を佐代の口から聞いた。

この事を和也には黙ってて。

本当のことを知ったら、もっとつらい気持ちにさせてしまう。
それに、はる菜は…。
東京の空襲で死んでしまってるかも…。

生きてるかもしれないじゃないですか!
どうして決め付けるんですか?
どうして内緒にしなければならないんですか?

そんなのは女将さんの理由です。
和也君とはる菜ちゃんは兄妹なんですよ。

和也君は…全てを知る権利があるんです。

話は廊下で耕作も聞いていた。

文子が勇作と会っている所に踏み込んだ大五郎は、文子をクビにすると通告。

しかし、文子は自分の客の中には特高がいて、横流しの事を疑っていた。
どうせ上条旅館は無くなると言って笑う。

旅館に戻って証拠隠しに宿泊台帳を破っている大五郎に、耕作は突っかかっていった。

はる菜を女郎屋に売ったというのは本当ですか?

どうしてそんなことしたんだよ!なしてだ!
人さまの子だぞ。

家族のためだべや!
この家を守るためだべや!

あの頃、お前は何してた?部屋に閉じこもって働きもしねえで何してた!

学校行かせなきゃなんねえ2人の子供がいる。
生まれたばかりの赤子がいる!金が掛かるべや!

戦争が始まって客が減って、それでも生きていかなきゃならねえんだ!
誰がこの家守る? 俺だべや!
家族を食わせるためには仕方ねえべや!

ここまで来ても、まだ言い訳ばかりの大五郎。

そこへ、旅館の戸を叩く男が現れた。

2人組の男は、女郎屋の追っ手だった。
男たちは、はる菜を出せないなら金を払えと言ってきた。

山の権利書を女郎屋に渡したという佐代にも「そんな事は知らない」と言い張る男たち。

終わりだ。上条旅館は終わりだ。

俺は不器用な男だ。
商売人には向いてねえと思う。
したけど、兄貴が死んで、母ちゃんに旅館守ってくれって言われたら
やるしかねえんだわ。
おっかなびっくりでもやるしかねかった。
だけどあいつら…和也とはる菜は…。
疫病神だったんだ。

突然愚痴を吐き始める大五郎をあきれて見守るしかない佐代と耕作…。

そこへ、栄次郎が帰ってきた。

軍人恩給を前借りして、上条家のために金を用意すると言う栄次郎。

驚く耕作…。

僕に特別攻撃隊に参加せよと命令が出ました。

お父さん。上条家の三男は立派に散ってきます。

お願いがあります。
お母さんと妹を愛してあげてください。

義父を見つめる栄次郎の目は清々しかった…。

その頃、和也は小屋で鹿野と話していた。
鹿野も電車を途中下車して後から来た汽車に乗り換え、この時代に辿り着いたらしい。

和也のスマホがまだバッテリー切れしていない事に驚く鹿野に、和也は
充電器を見せた。

そのやり取りを、和也をスパイだと言って殺そうとしたあの農家の男たちが見ていた。

一方、菊江とむつみと一緒に逃亡中の春菜は、上条旅館の住所が解らないまま
この先の移動に困っていた。

持っている金も残りは少なく、初めはくじ引きで千葉に向かおうとしていた3人は、
菊江がたまたま宿で見たイケメンが茨城に向かおうとしているのにくっついて、
一緒に茨城方面に向かう事になる…

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
文子と勇作の情事もバレ、大五郎の悪事も全てバレ……。

それでも、その人たちに何のお咎めもなく進行していくのがスッキリしない。

父を責める耕作は、反対に心の病で引きこもりになっていた事を責められ…

全く自分を愛することが無かった義父の家のために自らの命を掛けて得る
軍人恩給を奉げるという三男・栄次郎。

悪事の報いを身に受けても自分の運の悪さや和也のせいにし、悪事は全て
「仕方なかった」事にして反省もない。

この男、ほんっとーーーーーに

お前が栄次郎の代わりに散ってこい!!!!!

と、思った。

栄次郎も、和也に意地悪したりした事もあったけど…やはりこの時代の子なんだな。

全ては愛する母のため。

母のために上条家を良い方に導く進路を選んだ。
母と妹のために命を散らす決心。

この子の心もいつも孤独でいっぱいだったはずなのに…。

佐代さんにも、もっと強くなってもらいたい。この三男のためにも。

昨日、「平成に戻れる」と言って現れた鹿野だったけど、そのヒントは全くなく…
ただ磁場が狂ってるとか汽車に乗ったらここに来たとか、そんな話で終わっちゃった。

ここは、ちょっと昨日のラストのミスリードが過ぎる気がする。
視聴者に過大な期待を持たせて裏切るセリフは言わせちゃダメだよね。

もっとも、まだ第一部が終わるって所で、もう平成に帰れるはずがないのは
当然の事なのだった。

子役時代から大人に移っていくのは昼ドラのお約束だけど、このドラマの場合は
「夏休み」だしタイムスリップなんだから、ずっと子どものままで良かったのでは。

最終的には帰れるって言うのが私の予想なんだけど……。
たぶん元の子供の時代に帰るのに、過去で大人になる必要なくないか

ともあれ、明日は第一部の最後。

怒涛の展開が予測されます・・・・・・。

※すっごく気になる2つの記事
・北条隆博さんのブログ  http://ameblo.jp/takahirohojyo/entry-11315566208.html
「これからの省吾の活躍に期待してください」出番がまだある?

・崎本大海さんのブログ http://ameblo.jp/sakimoto-hiromi/entry-11303282941.html
7月15日にクランクアップしてる……

※8/6からは第2部に入り、青年期を迎えるらしいです。
役者さんは、「仮面ライダーディケイド」井上正大さんと有村架純さん。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(第24話あらすじ)

「平成に帰れるかも知れない」鹿野(松田賢二)の言葉に驚く和也(綾部守人)。
その頃、はる菜(二宮星)は菊江(伊藤麻実子)たちとともに和也を探していた。
しかし、はる菜が旅館の手掛かりをあまり覚えておらず、菊江は困り果てる。

一方、佐代(高岡早紀)がちえ子(水野絵梨奈)に、はる菜と女郎屋で会ったことを話す。
辛い気持ちにさせたくないからと、和也には言わないよう頼む佐代だったが、ちえ子は、
和也には全てを知る権利があると、和也の帰りを待つ。

軍からの配給品を横流ししていた証拠を、特高を恐れて、必死で処分する大五郎(升毅)。
そこへ人相の悪い男たちが訪ねてくる。

(上記あらすじは Yahoo!TVより)

よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  

【キャスト】

・第一部(昭和19年)

青山和也(12) – 綾部守人
青山はる菜(9) – 二宮星

上条佐代・青山詩緒里 – 高岡早紀
青山浩二 – 中原裕也

上条マツ – うつみ宮土理
上条大五郎 – 升毅
上条耕作 – 崎本大海

上条勇作 – 森永悠希
上条栄次郎 – 西山潤
片岡文子 -土谷春陽

小野寺省吾 – 北条隆博
鹿野健一 – 松田賢二

五十嵐先生 – 山崎銀之丞
五十嵐ちえ子 – 水野絵梨菜

吉岡 – 田窪一世
菊江 – 伊藤麻実子

・第二部(昭和27年)

青山和也(20) – 井上正大
青山はる菜(17) – 有村架純

望月知佳 – 逢沢りな
役名はまだ確認できず。もしかしたら「椎名一郎」? – 佐野和真

  

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)

【ぼくの夏休み】第1・2話 3・4・5話 6・7話 第8話 第9・10話 第11・12・13話 第14話
第15話 第16・17話 第18・19・20話 第21話 第22話 第23話 第24話


この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >現時点で今日の展開を見てるので、後出しじゃんけんだけど、磁場が狂ってるのが、ヒントでしたね

    でも、磁場が狂っているからどうなるというのでしょうか…。
    実際に帰り方が分かったのかなぁ(?_?)
    一体どうやるんだろう、と私、ちょっと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を
    想像しちゃいました^^;

    >栄次郎くんに泣かされた展開でした。その孤独ゆえ、和也をいじめたりもしたけど、おかげで省吾さんに出会ったし、よく見るとイケメンだし(笑)

    栄次郎くんは、最初に和也に話しかけたりして実は良い子なんですよね。
    でも、自分の嫉妬心に勝てなかったと言うか…。
    時代が違えば良いお友達になったんだろうなぁ。
    西山潤くんは、映画「20世紀少年」のケンヂくんなのですよ^^
    どこかで見たなと思っていて、最近気づきました^^

    >もう一人その孤独を思った!ザンキさんじゃなかった鹿野さん!
    同じようにタイムスリップをした人をみつけたものの、相手は幼い少年と少女!不安を吐露したりできないし・・・そんなことを感じました

    鹿野さんについては、何だかよく解らないです…。
    「しね」と言った罰のようにこの時代に送られちゃった和也と違って
    大人なのに送られてしまうなんて…何か、すっごい悪人のような気も…。

  2. ミンミン より:

    SECRET: 0
    PASS: 63ee451939ed580ef3c4b6f0109d1fd0
    現時点で今日の展開を見てるので、後出しじゃんけんだけど、磁場が狂ってるのが、ヒントでしたね

    栄次郎くんに泣かされた展開でした。その孤独ゆえ、和也をいじめたりもしたけど、おかげで省吾さんに出会ったし、よく見るとイケメンだし(笑)
    もう一人その孤独を思った!ザンキさんじゃなかった鹿野さん!
    同じようにタイムスリップをした人をみつけたものの、相手は幼い少年と少女!不安を吐露したりできないし・・・そんなことを感じました
    他のドラマはオリンピックが終わらないともうむりみたいです。