【のだめカンタービレ inヨーロッパ】SP 第一夜

オープニング曲のベートーベン交響曲第7が、まだ頭の中で響いてる。

連続ドラマの2時間スペシャル番組みたいな物は大抵は本編よりも出来が悪く、あまり好きではないんだけれどもこのドラマは、やはり秀作だ。

スピードのあるストーリー展開と、セリフ。
全部が溢れるような音楽に乗って流れていく。

全く長く感じない2時間半だった。

自信に満ちあふれた千秋の指揮と、失敗と挫折の後にやってくる
ラストの千秋自身の音楽への挑戦。

タクトが動く。
バイオリンの調べが始まる。

やさしく楽しく温かい音楽。

強く振り上げる。

観客と審査員の心に響く激しい調べ。

千秋が微笑んでいる。
オーケストラと一体になって。

のだめの頬に涙が流れる。

千秋とオーケストラとのだめと観客が一体になり
その音に引き込まれ、飲み込まれ、誰もが幸せになるその時。

これが「楽しい音楽の時間」

こんなに幸せになるドラマは他にない。

見ている自分も、いつの間にか千秋と一緒に苦しんだり
のだめと一緒に涙を流したり、観客と一緒に微笑んだり

そんな風になってしまうドラマである。

SP枠じゃなくて、映画化でも良かったかなあ。。。

と思ってしまった。

大きな劇場で、この溢れるような音楽を頭から浴びてみたい。

そんな贅沢な欲求さえ起こしてしまう。

音楽を楽しむことを思い出し、自分の音楽を奏でた結果
コンクールに優勝した千秋

明日は、のだめが頑張る番みたい。
千秋との不協和音も、ちょっとあるようだけど。。。

のだめのピアノの調べを堪能したいと思う

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村  

キャスト

野田 恵(のだ めぐみ):上野樹里 / 森迫永依(幼少時代)
千秋 真一(ちあき しんいち):玉木宏 / 藤田玲央(幼少時代)

峰 龍太郎(みね りゅうたろう):瑛太
三木 清良(みき きよら):水川あさみ
奥山 真澄(おくやま ますみ):小出恵介

多賀谷 彩子(たがや さいこ):上原美佐
大河内 守(おおこうち まもる):遠藤雄弥
佐久 桜(さく さくら):サエコ

黒木 泰則(くろき やすのり):福士誠治
菊地 亨(きくち とおる):向井理
木村 智仁(きむら ともひと):橋爪遼
高橋 紀之(たかはし のりゆき):木村了

石川 怜奈(いしかわ れな):岩佐真悠子
田中 真紀子(たなか まきこ):高瀬友規奈
玉木 圭司(たまき けいじ):近藤公園
橋本 洋平(はしもと ようへい):坂本真
鈴木 萌(すずき もえ):松岡璃奈子
鈴木 薫(すずき かおる):松岡恵望子
岩井 一志(いわい かずし):山中崇
金城 静香(かねしろ しずか):小林きな子
井上 由貴(いのうえ ゆき):深田あき
金井 建人(かない けんと):小嶌天天
相沢 舞子(あいざわ まいこ):桜井千寿
片山 智治(かたやま ともはる):波岡一喜
佐久間 学(さくま まなぶ):及川光博
河野 けえ子(かわの けえこ):畑野ひろ子
エリーゼ:吉瀬美智子

フランツ・フォン・シュトレーゼマン:竹中直人

桃平 美奈子(ももだいら みなこ):秋吉久美子 / 稲葉瑠奈(学生時代)
江藤 耕造(えとう こうぞう):豊原功補
谷岡 肇(たにおか はじめ):西村雅彦

セヴァスチャーノ・ヴィエラ:ズデニェク・マーカル/SPでの日本語吹き替え:青野武

峰 龍見(みね たつみ):伊武雅刀
佐久 日出美(さく ひでみ):升毅

江藤 かおり(えとう かおり):白石美帆
三善 征子(みよし せいこ):黒田知永子

野田 辰男(のだ たつお):岩松了
野田 洋子(のだ ようこ):宮崎美子
野田 佳孝(のだ よしたか):別當優輝
野田 喜三郎(のだ きさぶろう):江藤漢斉
野田 静代(のだ しずよ):大方斐紗子
花桜先生 – 沼崎悠
斉藤(さいとう):NAOTO
早川(はやかわ):諏訪雅
菅沼 沙也(すがぬま さや):井上佳子
瀬川 悠人(せがわ ゆうと):伊藤隆大 / 小川光樹(幼少時代)
カイ・ドゥーン:John Heese

※この記事は2010年に楽天からFC2にお引越ししてきた記事です。
コメントは引っ越せましたがトラバの引っ越しはできませんでした。
ご了承ください。再トラバはいつでもお受けいたします。