【功名が辻】第四十五話

三成の敗北と落ちていく様に終始した回であった。


惨めな敗退。。。


人間、堕ちていく時は、こんなものなのだろう。


行き着いた寺で、自分をかくまってくれた男との会話が涙を誘う。


自分の居場所を三成狩りの侍に伝えよ、と三成は命じる。


そんな事は出来ない、と拒否する男に、


これが、わしがお前に返す義なのだ。



そうして捕まった三成の有り様は立派であった。


小早川に言う。


鬼になって、お前の行く末を見ている。


功労者となった小早川であったが、こんな三成の顔を真っ直ぐ見る事はできない。


最後まで義を重んじる男だった。


太閤殿下から受けたご恩義を、このような形で裏切る者たちを許せない


と言っていたけれども、とどのつまりは晩年の秀吉に誰も恩義を感じていなかった事が


こういう事が起きた発端だったんじゃないか、と言う気もする。


誰1人として、次の権力者として認める事が出来ない、小さな秀頼


その肩を抱きながら、権力の座にしがみつく淀殿も、また哀れである。


さて。。。


関ヶ原の功労者として、一豊は土佐一国、20万石を賜った。


実際は24万石だと言うから、掛川5万石に比べて、約5倍


大出世である。


しかし、この話には裏があるようで。。。


この戦いの恩賞として、東軍諸大名は大幅に加増されたが、


細川は丹後宮津18万石から豊前小倉40万石、


福島正則は尾張清洲20万石から安芸・備後広島49万8000石、


池田は三河吉田15万2000石から播磨姫路52万石へと。。。



加増しつつも、体よく西の方へと追い払っているのである。


山内家も、しかり。


その上、一豊が貰った土佐には、他にも大きな問題があるようで。。。


「家康は、一豊を試しているのだ」


六平太は言うが、このセリフ、この大河の中で何度聞いたことか。


一豊は、一体、いつまで試され続けるんでしょうね。。。


・功名が辻 第四十四話








この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

22件のコメント

  • 友樹7097
    2006年11月15日 4:26 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    三成の最期は私も印象的でした。

    >一豊は、一体、いつまで試され続けるんでしょうね。。。

    確かに。信長に、秀吉に、そして家康に…。

    ちょっと試されすぎ?かな。

  • 「感動創造」
    2006年11月14日 11:28 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!

    いつもありがとうございます!

    本当に試され続ける一豊・・・

    なんだかかわいそうですね。

    あとは最終回にむけて、最後のひと盛り上がり!っ手感じになるのでしょうか!

  • くう
    2006年11月14日 2:37 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    このドラマの小早川って、今まで見たどの小早川よりバカみたい。。。(-▽-;)

    淀との対面場面は、おバカさの極地でしたね。。。

    ひどすぎ。

  • くう
    2006年11月14日 2:35 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですね。

    鬼になるくらい苦労をしてきたから、先を読む目や

    人の心を操縦する術を身につけて来られたんでしょう。

    家康の頭が良くなければ、江戸幕府は誕生しなかったわけですね(^o^)

  • くう
    2006年11月14日 2:33 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    ほんと、思いっきり喜んでましたね~(–;)

    そこへ行ったらどうなるか、全く解っていないとは、

    一豊くんはともかく、今までの千代だったら察しが

    ついてるはずなのに。。。

  • くう
    2006年11月14日 2:31 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    そうだよ。

    たぬきなんだよ。

    豊臣譜代の家臣が、勢力をつけたら、いずれ自分に反乱を

    起こすかも知れないでしょ。

    それを牽制するためには地方へ追いやり、自分の国の

    鎮圧に勢力を注ぎ込ませ、中央に目を向けるヒマさえ

    ないようにするのが目的なの。

    頭が良いのよ(^▽^

  • あむろ
    2006年11月13日 9:16 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >鬼になって、お前の行く末を見ている。

    この時の三成の顔。怖かったですー!

    この迫力に気おされた小早川は、淀との対面のときも呆けたような顔をしていましたね。

    魂が抜けちゃったみたいでした…。

  • ヒロ子
    2006年11月13日 8:38 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    老齢になってまで試される、戦国武将って辛いですね。

    家康、鬼だわ。。。

    まぁ、鬼になるくらい苦労をしているわけですけれど。。。

  • のの雪
    2006年11月13日 8:40 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >加増しつつも、体よく西の方へと

    ホントそうですねぇ。。

    一豊さま思いっきり喜んでいたけど

    これからまたたいへんなのですね~~^^;

  • ジェニファー234
    2006年11月13日 4:52 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    一豊をかっているといいながら 土佐みたいな

    土地をくれるなんて やっぱりたぬきだったんだろうか・・長曾我部の残党がいることは 承知だった

    はずなのに・・六平太の言う通りなのかな・・

  • くう
    2006年11月13日 2:32 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >試されてばっかの一豊ですね。

    >セリフまで使い回しが多いとは!

    >歴史的にあまり絡まない主役ですから無理矢理絡ませてるんでしょうね。

    この程度の位置にいる大名は、みんな試されちゃうんでしょうか。。。

    何か気の毒な人生って気もします。

  • くう
    2006年11月13日 2:28 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >あんなに単純明快なんだから試すまでもないと思うんですが…。

    私も、秀吉の時はそう思いました(-_-)

    忠義の固まりみたいな男なのにね。

    今度は、忠義を試すどころか、実力を試されるんですよね。

    どうなるのやら。。。

  • くう
    2006年11月13日 2:26 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    全然気付かなかったのですが、このドラマも後4回だそうで。。。

    最後まで波乱含みなんだろうな~と思うと、一豊くんが

    気の毒になってきます(; ;)

  • くう
    2006年11月13日 2:25 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    一豊が生きている間に土佐は平定できないんです。

    だから、一豊には土佐に移ってからは今出よりも

    もっと心休まる間は無かったと思います。

    気の毒な人生です。

  • くう
    2006年11月13日 2:22 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >西軍の遺臣達が反乱を起こして上手く領土を治める事ができなければ

    >領土没収するという目算もあったでしょうね。

    結局は、秀吉時代からの重臣たちの勢力を削ぐ目的も

    あったのでしょうね。

    自分の国を治める事に必死になっていれば、徳川へ

    反乱を起こす意欲もお金もなくなる訳ですから。

    家康は何もかも考えてますよ。

    上手の上手。。。ホント、古だぬきとは良く言った物です。

  • くう
    2006年11月13日 2:19 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >秀吉が淀に狂わなければ、また違った歴史があっただろうね。

    子供が出来てしまった事が秀吉にしろ淀にしろ執着の原因だよね~。

    今も昔も我が子可愛さは同じって事よね。。。

    西田さんは、ホント家康にピッタリだね!

    お腹の出具合とかも。。。こうだったのかも、って

    思わせる(^O^)

  • ぱるぷんて海の家
    2006年11月12日 10:48 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >「家康は、一豊を試しているのだ」

    >このセリフ、この大河の中で何度聞いたことか。

    試されてばっかの一豊ですね。

    セリフまで使い回しが多いとは!

    歴史的にあまり絡まない主役ですから無理矢理絡ませてるんでしょうね。

  • ・チエリ・
    2006年11月12日 10:26 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >一豊は、一体、いつまで試され続けるんでしょうね

    ぶははは!

    そういえば、一豊はいつも誰かから試され続けていますね。

    あんなに単純明快なんだから試すまでもないと思うんですが…。

  • うさ(o´∀`o):.*
    2006年11月12日 10:20 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    一豊様も西へ転勤ですもんね・・・。

    また引越しが大変そう。

    次週予告も波乱がありそうで気になります。

  • てれすどん2号
    2006年11月12日 10:20 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    一豊はもう晩年なのに、あとは土佐で静かに暮らしてほしいものですがね。また来週は試練のようで、、、歴史の裏方ともいえる主人公はとことんつらいですね~。。。

  • ikasama4
    2006年11月12日 10:19 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >この戦いの恩賞として、東軍諸大名は大幅に加増されたが、

    >加増しつつも、体よく西の方へと追い払っているのである。

    ですね。

    それと、この領土は一豊と同様に殆ど西軍の将が治めていた

    領土ですからね。

    西軍の遺臣達が反乱を起こして上手く領土を治める事ができなければ

    領土没収するという目算もあったでしょうね。

    また江戸における主要道がある藩は親族や譜代の大名で

    治めていますからね。

    この辺については流石家康、抜かりなしといったとこでしょうね。

    >その上、一豊が貰った土佐には、他にも大きな問題があるようで。。。

    このために一豊らが行った行動っていう事に対して

    幕末ファンに山内家に対して全く人気がない原因なんですよねぇ(;^∀^)

  • ラビットらむ
    2006年11月12日 10:15 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    今日は見入ってしまったよ。

    秀吉が淀に狂わなければ、また違った歴史があっただろうね。

    淀の権力への執着心は恐ろしさを感じる。

    西田敏行がまた本当に徳川っぽく見えるのが面白い。

    たぬき親父って感じじゃない。

    たぬきだから、こんな配分の仕方しているのかな?

    喜ばせながら腹の中では・・・・・