【平清盛】第36回「巨人の影」感想


福原に居をうつした清盛(松山ケンイチ)は、京を嫡男の重盛(窪田正孝)に任せる。
後白河上皇(松田翔太)は出家し、法皇となる。
しかし、院の近臣・成親(吉沢悠)を巡って起こった比叡山の強訴騒ぎにより、院と
清盛の間に入った重盛は、立ち位置をはっきりすることができず、苦悩する。
混乱する京に上らくした清盛がとった行動とは?

待望の遮那王(後の義経・神木隆之介)が本格登場! 

(「Yahoo!TV」より引用)

    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

第三十六回「巨人の影」

明雲の手で出家した清盛は、嘉応元年3月20日、福原で盛大な千僧供養の義を行い、
後白河院を招待します。

千僧供養については、NHK広島放送局のご当地サイトに詳しい説明が掲載されて
おりますので、こちらをご覧ください。
・千僧供養 「平清盛」 NHK広島放送局ご当地サイト

儀式が終わって清盛は明雲に礼を言い、明雲は

治天の君をお招きしての千僧供養。
これで福原は特別な地となり申した。

相国入道様のご大願成就あそばすよう、この明雲、叡山より祈願致しましょうぞ。

と返します。
もうすっかり仲良さげな清盛くんと明雲を見て、後白河院は

わしのためにも祈願せよ。のう、明雲。

と、嫌味を言われ、清盛には

よき供養であった。

わしを呼ぶため財をなげうち、万全の支度をしたと見える。
何を企んでおる?

と、例によって攻撃を仕掛けられるのでした。

供養も終わり、福原の新しい館も完成してすっかり落ち着いた清盛は重盛に

この先よほどの大事の起こらぬ限りわしは京へは戻らぬ。
そなたは、いよいよ棟梁として一門を率いよ。

と、申し付けます。

謹んで…承りましてござります。

いつものように表情なく承る重盛くん。

しかし、その心の内は大そう複雑でありました。

義兄である藤原成親に弱音をつい吐く重盛くん。

私に…務まるでしょうか?

私は、母、時子の実の子ではござりませぬ。
母の産んだ弟・宗盛こそが棟梁となるべき…そう思う者もおりましょう。

そんな弱気を成親さまは笑い飛ばします。

さような事を気に病んでおったのでござりますか。
血筋だけが棟梁の器を決めるのではない事は、清盛入道様が身をもって証し立てなされた。

そなたはその清盛様とご兄弟の誰よりも長く時を過ごしてこられたお人。
何も案ずる事はござりませぬ。

だから、妹を嫁にやったのだと笑顔で言われ、ホッとした表情で酒を取りに行く
重盛くん……。
しかし、成親さまは舌が二枚あるお方。
重盛くんが席を外した途端に

小者が!

と、毒づく事も忘れませぬ。

さて、四月には滋子さまが院号宣下を受け、建春門院となられました。

久々に平家の皆々と集まって豪胆に酒を飲む滋子さま。

そんな滋子さまを遠くで拝みながら、いつもロクな事をいわない時忠叔父が
今日も宗盛くんに

我が妹ながら大した器よ。
忘れるでないぞ、宗盛。
あの見事なお方の姉がそなたを産んだ母である事を。

自信を持て。
血筋ほど確かなものはないのだ。

と、吹き込むのでした。

そんな豪胆な滋子さまを妃にした後白河院もまた大胆不敵なお人でございます。

6月17日。

ついに、「お前がするならオレも」とばかり、後白河院はご出家なさいます。

白河院も手を焼いた山法師。
それを支配するには仏法の頂に立たねばならぬ。

つまり、仏法の頂に立つのは清盛ではなく「わし」でなければならないわけです。

しかも、ご出家の戒師に選ばれたのは、長らく叡山・延暦寺と対立してきた園城寺でした。
この事で比叡山牽制の姿勢をお見せになったのでございます。

当然、延暦寺は面白くありません。
なんぞ、今様かぶれをこらしめる手立ては…と思うていたところに事件が起こります。

成親が治める尾張国の役人・藤原政友が、比叡山が治める日吉の社に仕える神人たちと衝突。
死者を出したのでございます。

比叡山は朝廷に成親と政友の処分を求めて大騒動。

後白河法皇が

山法師の言いがかりに屈してはならぬ。

と、要求をのまず、逆に検非違使別当の時忠に神人の捕縛を命令したため、
比叡山はますます怒り、ついに神輿を担いで朝廷に押し寄せたのでございます。

しかも、その行先は後白河法皇の元ではなく、法王の可愛い高倉帝の内裏でありました。

怒り狂った法王は延暦寺に何度も使いを出しますが、明雲は

権中納言成親を流罪と定めるまでは、てこでも動きませぬぞ。

と言うばかり。

この様子を清盛は福原から面白おかしく眺めておりました。

しかし、当然、火の粉は平家にも降りかかってまいります。

流罪にされちゃいそうな危機を覚えた成親さまは義弟・重盛くんに助けを求め、
人の良い重盛くんは二枚舌とも知らずに優しい義兄を助ける約束をいたします。

そして、法王のお庭に平家が待機したその時、福原から清盛くんの指図が飛ぶのです。

我ら平家は、叡山との仲を良好に保つ事こそ急務。
断じて敵対してはならぬ。

流罪にしてから救う手だてはいくらでもある。

重盛に伝えよ。
今、平家のなすべき事は成親を救う事にあらず。
この一件を上手く操り、平家の力なくして法皇様には何もなせぬと
思い知らせる事。

信じられぬ…という気持ちを抱えつつ、ただ困惑する重盛くん…。

ついに痺れを切らした法王から、不埒な山法師を打ち払うように命が下された時、
重盛くんは頭を垂れたまま動きませんでした。

おそれながら……夜討ちは、はばかられまする。

何を世迷言を申しておる?

山法師どもは神輿を奉じて居座っておりまする。
万一これに傷でもつける事あらば……。

よいゆえ!早う行け!

棟梁として、さような命は出せませぬ!

重盛くんの断固とした態度に平家一門は動く事が出来ず、その後三度にわたる
法王の命を無視し続けることになったのでした。

そして、ついに法王は成親さまを流罪に配する事に決めざるを得なくなったのです。

館へ帰ってから、何度も成親さまの妹である妻・経子に頭を下げる重盛くん。

しかし、妻は穏やかに

お疲れになったでしょう?
すぐに朝餉に致しましょう。

と、微笑むのでした。

しかし、ほどなくして法王は、成親さまの流罪をお取りやめになります。
そして、今度は時忠どのを解官、出雲に流罪とする事をお決めになったのです。

尾張の事件についていい加減な取り調べをした検非違使別当・時忠が悪い、という理屈です。

今度は平家が大騒ぎです。

時忠の姉である時子さまは、

重盛。 法皇様をお諫めせよ。

と、顔色を変えて言われます。

しかし、重盛くんにそんな事が出来るわけもございませぬ。

そんな折、ついに重盛くんは頼盛くんと共に清盛の呼び出しをくらいます。

集められるだけの兵を六波羅に集めておけ。
だが、断じて動かすでない。

「断じて」とは…たとえ強訴が起きても、でしょうか?

そうじゃ。

六波羅におびただしい数の兵が集まっているという噂はあっという間に
朝廷中を駆け抜け、ついに法王は六波羅に足を運ばれる事になりました。

摂政と右大臣までが駆けつけ、この兵は何だと訊ねられたその時……

清盛が姿を現したのでした。

これは方々。何事にござりますか?

そなたこそ、これは何事じゃ?

ん? 「これ」とは?

とぼけるでない。この兵は 何のために集めた?

強訴を阻むためか?
それとも加担するためか!?

飄々とした清盛の態度に、ブチ切れる後白河法王……。

これは異な事を仰せになる。
武家館に兵が集まり調練致すは常日頃の事にござります。

では、何故都に戻った?

比叡山に参るためにござります。

比叡山じゃと?一体何用あって……

な~に、ただの山登りじゃ。
毎日海ばかり眺めておっても飽きるゆえのう~。

笑いながら屋敷の中に入っていく清盛。

みんな、ただ茫然とその姿を見送るのでした。

「嘉応の強訴」と呼ばれるこの事件により、平家のみならず朝廷も、
大事が起きれば清盛が必要だと言う事を改めて強く感じる事になります。

この後、時忠は流罪を免れ、成親さまは解官されます。
成親さまが流罪だけは免れたのは、清盛による明雲への取り成しがあったからでした。

当然、成親さまは深く平家に憎しみを覚えるようになりまする。

では、重盛。
あとは頼んだぞ。

と、現れた時のように飄々と帰っていく父・清盛を見送って、重盛くんは
ますます複雑な気持を抱くのでございました。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

重盛くん受難の回………。

父と義兄、上皇と比叡山の間に立たされ、一門から棟梁としての器がないと
責められ、弟・宗盛くんはお喋りクソ野郎・時忠から色々吹き込まれ、
義母である時子さまからも「何とかせよ」と言われる始末……。

父は鷹揚に長男を見守っているように見えるけれども、

重盛…あやつは心が清い。
だが清いだけでは務まらぬが武門の棟梁じゃ。

重盛くんのナイーブさを解っているなら、もう少し気を使えばーー!?

実際の重盛くんは何の病だか知らぬが、この重盛くんは間違いなく胃潰瘍で死んじゃう。(泣)(泣)

延暦寺と事を構えてはならぬと言う父の言葉に従いつつ、山法師とゴッシーの間に立って
どうにもできない重盛くん……。

そこへ現れて、

これは、ただの訓練だよ。だってウチら武家だもん~。

ボクはただ山登りに来ただけ~。
だって毎日海ばっか見てて飽きちゃったんだもん。

と、どや顔で笑い、その場を一瞬で納めたのは見事だけどさ…。

清盛くん、さすが!!

と、みんなが思えば思うほど重盛くんの姿が哀れになっていく……。

平清盛36話6 平清盛36話7 

では重盛、頼んだぞ。

と、重盛くんに言って帰るところは、

何があろうが重盛が大将だかんね。

と、みんなに念押ししているわけで、それはそれで清盛くんなりの考えがあるわけだけど、
もう少し、みんなの前で重盛くんを立てる言葉をかけてくれてもいいんじゃないの

これじゃ幼児の帝を立てて院政を行うゴッシーと大して変わらなく見えてしまう。

つまり、重盛くんは優等生で言う事よく聞くから棟梁に立ててるんだよって感じ。

血筋の事で悩んでいる上に、自らの行動にも自信が持てない重盛くん。

義兄を解官させる事になってしまい心痛いのを、妻・経子は優しい言葉で労わってくれる。

でも、今の重盛くんにはそれすらプレッシャーに違いない。

誰かーーーせめて、時子さま。
重盛くんに優しい言葉をかけてあげてくれーーー

見てるこっちが胃が痛くなってくるよぉぉぉぉぉぉ!!!!!

誰もが清盛くんのように強く上手くやっていけるわけではない。

このプレッシャーを乗り越えて立派な棟梁に……しようと清盛くんは父として思っているに
違いないとは思うのだけど、重盛くんの今後を知っているだけに……
清盛くん自身にも後悔してほしくないと思ってしまう……。

とか何とか重盛くんに入れ込んで見た「巨人の影」だったけど、あっという間の
面白さでございました。

ゴッシーとの双六が動きまくっている様子がよく解る。

オープニングの最後に転がる賽は、

さぁ、今日も双六やるよーー!

って感じが伝わってワクワクいたしまする。

清盛くんがやるなら、僕もーーとごっしーも出家。
まぁ…美しい坊主の誕生でございまする。

  平清盛36話4

そして、坊主にしたことで悪魔的な眉がますます目立つのでございました。

来週の予告もカオス………。

※ところで…
またまた新キャストが発表されておりまする。
「千葉雄大・二階堂ふみ・辻本祐樹、注目の若手が続々大河ドラマ初出演 by ORICON STYLE」
千葉ちゃん、高倉帝、萌え……。♥やっほー

【関連記事】
【平清盛】番外感想記事 源義朝・玉木宏さんスタジオパークゲスト回まとめ

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村

※キャスト

平清盛(平太) … 松山ケンイチ(幼少期:前田旺志郎)

平重盛 … 窪田正孝(少年期:平岡拓真 / 幼少期:亀元太→丸山歩夢)
平基盛 … 渡部豪太(少年期:末岡拓人 / 幼少期:池田優斗)
平宗盛 … 石黒英雄(少年期:草川拓弥 / 幼少期:黒澤宏貴→馬渕誉→村山謙太)
平知盛 … 小柳友(幼少期:須田琉雅 / 2歳:中澤虎太郎)
平頼盛 … 西島隆弘
平時忠 … 森田剛
平経盛 … 駿河太郎
平教盛 … 鈴之助

平盛国(鱸丸) … 上川隆也(幼少期:小林廉)
平家貞 … 中村梅雀
平忠度 … ムロツヨシ
兎丸 … 加藤浩次(幼少期:前田航基)

清三郎演 … 草川拓弥(幼少期:黒澤宏貴→馬渕誉→村山謙太)
清四郎演 … 須田琉雅(中澤虎太郎)

宗子(池禅尼) … 和久井映見
時子 … 深田恭子
滋子(建春門院) … 成海璃子
経子 … 高橋愛
秀子 … 海老瀬はな
須磨 … 駒塚由衣
明子 … 加藤あい

平忠盛 … 中井貴一
平正盛 … 中村敦夫
平忠正 … 豊原功補
平家盛 … 大東駿介(幼少期:藤本哉汰)
平盛康 … 佐戸井けん太
平維綱 … 尾美としのり
伊藤忠清 … 藤本隆宏

源義朝 … 玉木宏
源為義 … 小日向文世
源義平…波岡一喜
源為朝 … 橋本さとし
源頼政 … 宇梶剛士
由良御前 … 田中麗奈
常盤御前 … 武井咲

源頼朝(語り) … 岡田将生(少年期:中川大志 / 幼少期:君野夢真→横山幸汰)
政子 … 杏

源義経 … 神木隆之介

鳥羽上皇 … 三上博史
後白河天皇(雅仁親王) … 松田翔太
崇徳天皇 … 井浦新(幼少期:桑代貴明)
近衛天皇 … 北村匠海
二条天皇 … 冨浦智嗣
重仁親王 … 雄大
以仁王 … 柿澤勇人

統子内親王 … 愛原実花
八条院暲子 … 佐藤仁美

得子( 美福門院) … 松雪泰子
璋子(待賢門院) … 檀れい
堀河局 … りょう
御影 … 横山めぐみ

白河法皇 … 伊東四朗
舞子 … 吹石一恵

祇園女御 / 乙前 … 松田聖子

藤原長実 … 国広富之
藤原忠実 … 國村隼
藤原忠通 … 堀部圭亮
藤原頼長 … 山本耕史

伊東祐親 … 峰竜太
八重姫 … 福田沙紀
伊三郎 … やべきょうすけ
北条時政 … 遠藤憲一
安達盛長/藤九郎 … 塚本高史

信西(高階通憲) … 阿部サダヲ
高階通憲妻・朝子 … 浅香唯

藤原家保 … 渡辺哲
藤原家成 … 佐藤二朗
藤原成親 … 吉沢悠
藤原師光 … 加藤虎ノ介
高階基章 … 平田満
藤原季範 … 山口良一
藤原信頼 … 塚地武雅
藤原惟方 … 野間口徹
藤原基房 … 細川茂樹
藤原兼実 … 相島一之
藤原基実 … 村杉蝉之介

鎌田通清 … 金田明夫
鎌田正清 … 趙和

鬼若 … 青木崇高

西行(佐藤義清) … 藤木直人
朧月 … 隆大介
滝次 … 河原崎建三
国松 … 白倉裕二
時松 … 内野謙太
蝉松 … 原勇弥
荒丹波 … 八田浩司
麒麟太夫 … 須加尾由二
資遠 … 真島公平

↓おすすめ!

【送料無料】平家物語の女性たち新装版

【送料無料】平家物語の女性たち新装版
価格:580円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本
価格:1,260円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛をあやつった女たち

【送料無料】平清盛をあやつった女たち
価格:693円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛と平家の女たち

【送料無料】平清盛と平家の女たち
価格:1,000円(税込、送料別)