【東野圭吾ミステリーズ】第8回「小さな故意の物語」三浦春馬の回感想

俺と達也と洋子は、気付けばいつも一緒だった。
小学生のころからずっと…。
ずっと一緒にいることに何の疑いも持たないまま。

けれどその思いが複雑に変わっていったのは、いつの頃からだろう?

東野圭吾ミステリーズ 第8回「小さな故意の物語」

 東野圭吾ミステリーズ

1話ずつ短編オムニバスを豪華俳優を主演に添えて毎週お届け…
と、いうコンセプトのフジ木10枠。の第8話目。

このドラマについては、ストーリーよりも役者さんの事を中心に書こうと決めているので、
何となく役者さん寄りのレビューで。

三浦春馬の回。

私が三浦春馬くんを初めて意識して見たのは「14才の母」である。

その時の印象は失礼ながら「顔は可愛いけど、ちょっと棒…」だった。
きれいな顔がとっても無表情で、何を考えているのかサッパリ解らない感じだったのだ。
(まぁ、そういう役だったんだけどね)
  東野圭吾ミステリーズ三浦春馬4

同じころ三浦くんは大河ドラマ「功名が辻」にも出演している。
「あっ、14才の母の子だ」と思った記憶がある。

この前に「アンフェア」にも出ているんだけど、それは再放送まで気付かなかった。

その後もちょくちょく目にして、劇的に演技が上手くなったな、と思ったのが
主役を張った「ブラッディ・マンデイ」高木藤丸
あれはカッコ良かったし、主役として素晴らしい活躍だったと思う。

しかし、私が、三浦春馬ってすげーーー!!と思ったのは、
たぶんあまり視聴率が高くなかったと思われる「サムライ・ハイスクール」なのですよ

  東野圭吾ミステリーズ三浦春馬3

このドラマで三浦くんは、あまりやる気のない普通の高校生と、先祖の武士の霊に
憑りつかれた時の二役を見事に演じ分けた。

憑りつかれている時がね、声に張りがあって迫力あって本当に素晴らしかったのよ。
アクションも凄かったしね。
  東野圭吾ミステリーズ三浦春馬1 東野圭吾ミステリーズ三浦春馬2

ここまでに、たくさんのドラマや映画に出演しているから…
ものすごい成長を感じさせられたのでした。

今ではもう、押しも押されもせぬ20代俳優のトップの1人だよね。

実は芸歴はものすごく長い。
子役さんからやっていると知ったのは、だいぶ後の事。

子役から上がってきて、ずっとここまでのルックス…というのも凄いなぁ…と…
(いや、申し訳ないけど崩れてしまう人も多いので)

映画「君に届け」の劇場予告を見た時は、あまりの爽やかな美しさに、この笑顔を
見るためなら映画がダメでもお金出してもいいかも…と思ったもん。ほんと。三浦春馬 三浦春馬

今日のドラマも、すごく良かった。
屋上から落ちて横たわっている達也を見てしまった時の表情…
見ているだけでつられて泣きそうになった。

イケメンには切ない表情がよく似合う……。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さて……

トリックなどに「ん?」な部分が多いので、毎回賛否のあるこのシリーズだけど、
私は今日のも好きな方。

普通だったら高校時代の切ない恋の話…であり、青春の苦い思い出だ。
映像も美しく、美しい風景も切なさを誘う。

でも、事態は切ないだけでは終わらなかった。

全てがほんの小さな「故意」から起き、歯車は狂っていった。

良はずっと好きだった洋子の手に故意に触れた。

それで洋子は自分も良が好きだったのだと気付いた。

2人の手が触れている事に気付いた達也は焦って洋子を自分に引き留めようとした。

洋子は向かいの美術室の窓から光が反射している事を知って、故意に達也の視線を
そっちに持って行かせた。

美術室では、ただ好きな先輩に自分の方を向いてほしかった少女が
故意に光を当てていた。

結果…狂言自殺は本物の自殺になってしまった……。

洋子は自分の気持ちを言い出す機会を失い、良は大切な幼馴染みと想い人を失った。

後から知った真実は取り返しのつかない残酷な話。

そんな残酷な青春を、ずっと包み込む風景がまた、残酷なくらい美しい。
緑の綺麗な土手。

映画のようだった。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(第8話『小さな故意の物語』あらすじ)

高校3年生の中岡良(三浦春馬)、佐伯洋子(波瑠)、行原達也(大野拓朗)は、小学校から
ずっと同じ学校に通う幼なじみで仲の良い3人組。
だが、思春期に入ると関係は微妙に変化。
洋子と達也が交際を始めたことで、良は悩んでいた。
良も密かに洋子に想いを寄せていたからだ。
表面的な関係は変わらないが、良は早く高校を卒業して想いを断ち切りたかった。

そんなある日。衝撃的な事件が起きる。
達也が校舎の屋上から転落死したのだ。
目撃した生徒によると、達也はひとりで屋上の縁を歩いていて、急にバランスを崩して
落下したらしい。
捜査にあたった刑事たちは自殺も視野に入れている。
だが、良には事故とも自殺とも考えられない。
なぜ、達也は死んだのか?その原因が知りたかった。

次の日、達也のロッカーが何者かに壊されていた。
散乱した達也の私物を片付ける洋子のもとに良が駆けつける。
昨日は冷静に対処していた洋子もさすがに動揺は隠せない。そんな2人を伺う、人影が…。

良は達也が立っていた屋上に行く。
すると後を追うように女子生徒がやって来て、良に気づかれると慌てて去った。
追いかけた良は、担任の井本五郎(近藤公園)に遮られてしまう。
事件以来、立ち入り禁止となった屋上の扉の鍵を持ち出したのをとがめられたのだ。
だが、良は井本から逃げた女子生徒の名を聞く事が出来た。

笠井美代子(三吉彩花)。良は達也の葬儀で気を失った女子生徒を思い出す。

(上記あらすじはYahoo!TVより引用)

よろしければ→【2012年7月期・夏クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  

【第8話・キャスト】

中岡 良 – 三浦春馬
佐伯洋子 – 波瑠
行原達也 – 大野拓朗
笠井美代子 – 三吉彩花

ナビゲーター・倉敷 … 中井貴一

・スタッフ
脚本 – 川崎いづみ
演出 – 並木道子

原作:「犯人のいない殺人の夜」

光文社文庫犯人のいない殺人の夜/東野圭吾

光文社文庫犯人のいない殺人の夜/東野圭吾
価格:580円(税込、送料別)

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)