【龍馬伝】第十九回

わしはおまんが羨ましいぜよ。


わしはもう、何をすればいいか解らなくなったぜよ。


以蔵は羨ましそうに龍馬に語った。

脱藩の罪を許されたと聞いた龍馬は、それでもやりたい事があるから


土佐には戻らないと以蔵に言う。

龍馬は、もう武市の元にも戻れないと言う以蔵に

おのれの生き方をすればいい。

と、慰めた。

武市を裏切って朝廷に直に働きかけた平井収二郎は、


藩に黙って朝廷に取り入ったと言う罪で追われる身となった。

時代の風向きの変化を容堂は読んでいた。


攘夷派がおしまいだと見た容堂は、勤王党を弾圧し始めた。

収二郎は、その手始めだった。

龍馬は収二郎を匿い、武市を呼んだ。

飼い犬に手を噛まれるとはこの事ぜよ。


おまんはわしを裏切った。


収二郎と以蔵に会った武市は怒りをぶつけた。

もう人斬りはいやじゃ!


攘夷のためと思っても、もういやじゃ!


と言う以蔵に、武市は、そんな事は解っている。


でも、攘夷のためには仕方ないと言う。

わしはただ自分の力でやってみたかっただけじゃ。


わしの力でも藩を変え、国を変える事ができると思うてしもうたがじゃ。




泣いて許しを乞う収二郎を武市は土佐に送り返し、


以蔵はもう仲間ではない、と解放した。

もうすぐ攘夷が決行される。


わしが正しかった事が証明されるがじゃ。


武市は容堂からの出陣命令をひたすら待った。


しかし、武市の矢のような催促に容堂は目もくれず。

そして五月十日。


長州藩はアメリカ商船を攻撃した。

攘夷を決行したのは、長州藩のみ。

幕府の朝廷への約束は反故にされたのだった。

五月十日は攘夷の夢が叶う日じゃった。


だが夢が潰れる日になってしもうた。


誰もいない土佐藩邸で、武市は龍馬に語る。

異国の船に大筒を撃った長州はあっさりとやられてしもうた。


もし日本中の船が大筒を撃っておれば、


この国は無くなってしもうていたかも知れんがです。


武市は、収二郎が土佐で捕まった事を龍馬に話し、


自分の周りには誰もいない。


人徳がなかったからだ、と笑う。

そんな事はないぜよ。

攘夷が実行されんかったがは武市さんのせいじゃないき。


色んな人間がおって、色んな思惑があるがです。

一緒に海軍をやりましょう。


そして、本当の攘夷を実行するがです。


それは出来ん。わしは土佐に帰らなくてはならん。


収二郎を放っておく事はできんがぜよ。

わしが頼んだら、大殿さまも解ってくれる。


大殿さまは武市さが思うてるお人とは違います。


あの人は、武市さんを嫌うておられるがです。

容堂公は全部快く思うておられんかったがです。

これは、まっことがです。武市さん。


目を覚ましてつかあさい。


土佐に戻ったら、武市は容堂に投獄されてしまう。


龍馬はそう言って止めたが、武市は聞く耳を持たなかった。

どうして大殿さまがわしを嫌う。

大殿さまを支えちょった、吉田東洋さまを殺したがです。


そして・・・土佐勤王党は下士の集まりだったがじゃ。


武市は目を剥いた。

大殿さまを信じるな言うことは、わしの人生全てを否定する事じゃ。

殿様を疑ごうたら、それはもう侍じゃないがぜよ。


龍馬は武市に何も言う事はできなかった。


ただ、土佐に行く事を止めるしかなかった。

龍馬。色々あったが、わしは、おまんの事を嫌うた事はないぜよ。

幼なじみとは有り難いもんじゃのう。

ほんまに日本が独立を守れるんじゃったら、


わしはおまんの海軍に加わってもええ。

それまで達者での。


武市は笑っていた。

時は、あの頃に戻ったようだった。







   line.gif


収二郎は投獄された。

吉田東洋を殺した罪で。

もちろん、平井収二郎は吉田東洋暗殺には関わっていない。

しかし、たぶん容堂にとってはそんな事はどうでも良かったのだろう。

武市も、その手下も、つまりは土佐勤王党は全て敵。

龍馬のストレートな表現通り。

容堂は土佐勤王党が「嫌い」だった。

生意気な下士の集まりだったから。

そんな殿様だと知らずに。。。

いや、知っていながら、かも知れない。

それでも、武市は容堂のために働いていると言う気持ちを


捨てる事はできなかった。

殿様のため。藩のため。国のため。

そう言いながら、あまりにも大殿から離れすぎた所にいた武市。

容堂にとって、それは思いこみの勝手な忠義であり、


下士の忠義など虫けらほどにしか思っていなかったのだろう。

以蔵も京で捕えられる。

勤王党の終わりが近付いている。

ここに来て、憑き物が落ちたような武市のすがすがしい表情に


泣けてしまう。。。

虫けらほどの物は権力に踏みにじられる。

必死に生きていても、どんなに志があっても。













にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ

にほんブログ村  




キャスト



坂本龍馬:福山雅治(少年時代:濱田龍臣)


岩崎弥太郎:香川照之(少年時代:渡邉甚平)

武市半平太:大森南朋(少年時代:桑代貴明)


坂本乙女:寺島しのぶ(少女時代:土屋太鳳)

坂本八平:児玉清

坂本権平:杉本哲太

坂本伊與:松原智恵子

坂本千野:島崎和歌子

坂本幸:草刈民代(登勢・二役)

坂本千鶴:大鳥れい

坂本春猪:前田敦子(少女時代:松元環季)


平井収二郎:宮迫博之(少年時代:ささの貴斗)

平井加尾:広末涼子(少女時代:八木優希)

岡田以蔵:佐藤健(少年時代:黒羽洸成)

望月亀弥太:音尾琢真(少年時代:谷山毅)

望月清平:本田大輔(少年時代:松田佳祐)

溝渕広之丞:ピエール瀧


岩崎弥次郎:蟹江敬三/岩崎美和:倍賞美津子


岩崎喜勢:マイコ/岩崎さき:野口真緒

岩崎弥之助:須田直樹/武市冨:奥貫薫


千葉佐那:貫地谷しほり/千葉重太郎:渡辺いっけい

千葉定吉:里見浩太朗



沢村惣之丞:要潤/近藤長次郎:大泉洋

陸奥陽之助:平岡祐太/池内蔵太:桐谷健太


高松太郎:川岡大次郎


中岡慎太郎:上川隆也

高杉晋作:伊勢谷友介


吉田松陰:生瀬勝久

桂小五郎:谷原章介


三吉慎蔵:筧利夫/久坂玄瑞:やべきょうすけ

伊藤俊輔:尾上寛之/井上聞多:加藤虎ノ介

大久保利通:及川光博


三条実美:池内万作


楢崎龍:真木よう子


後藤象二郎:青木崇高

山内豊範:染井将太


柴田備後:北見敏之/河田小龍:リリー・フランキー

三条実美:池内万作/坂崎紫瀾:浜田学

島村衛吉:山雄介/河原塚茂太郎:原田裕章

井伊直弼:松井範雄/金子重之輔:尾関伸嗣

那須信吾:天野義久/岡本寧浦:ベンガル


智:菅井きん

お元:蒼井優

ぎん:林侑香/さと:三宅ひとみ

志乃:及川奈央/なつ:臼田あさ美


徳川慶喜:田中哲司

朝比奈昌広:石橋凌

ジョン万次郎:トータス松本

永井玄蕃頭:石橋蓮司

小栗忠順:斎藤洋介

岩堀文治郎:松尾貴史

上野彦馬:テリー伊藤

トーマス・ブレーク・グラバー:ティム・ウェラード


今井信郎:市川亀治郎

近藤勇:原田泰造/土方歳三:松田悟志

沖田総司:栩原楽人/松平容保:長谷川朝晴


松平春嶽:夏八木勲

勝海舟:武田鉄矢

阿部正弘:升毅

西郷隆盛:高橋克実


小曽根乾堂:本田博太郎

大浦慶:余貴美子


吉田東洋:田中泯


山内容堂:近藤正臣

























  龍馬伝(1)

  龍馬伝

  NHK大河 龍馬伝 前編

  坂本龍馬その偽りと真実









「Twitter」やってますです。

フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)










※この記事は2010年に楽天からFC2にお引越ししてきた記事です。

コメントは引っ越せましたがトラバの引っ越しはできませんでした。

ご了承ください。再トラバはいつでもお受けいたします。





この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

17件のコメント

  • くう
    2010年5月15日 1:11 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >猫がPCの上を横切りまして (^^;)(;^^)

    あ、そういう事ありそうですね~(^0^)

    猫と一緒の生活、羨ましいです~。

    >下士だからこそ雲の上の大殿様のために暴走した武市。

    >藩主として理屈抜きに下士を嫌う容堂。

    >・・・もう大森南朋さんに釘付けです。

    ほんと、下士だからこそ、なんですよね。

    憧れのスターに近付きたい、少しでも近づけた気分。。。

    そして、足蹴にされる悲しさ悔しさ、想像できる辛さです。

    最近CSでは「ハゲタカ」のドラマ一挙再放送と映画版の放映をやっていて~。。。

    にわかに大森南朋づけです~(*^^*ゞ

  • sannkeneko
    2010年5月11日 4:43 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    ・・・すみません(^_^;

    猫がPCの上を横切りまして (^^;)(;^^)

    >それは思いこみの勝手な忠義であり

    確かに迷惑千万なのは間違いないでしょうね。

    吉田東洋のこともありますし。

    下士だからこそ雲の上の大殿様のために暴走した武市。

    藩主として理屈抜きに下士を嫌う容堂。

    ・・・もう大森南朋さんに釘付けです。

  • sannkeneko
    2010年5月11日 4:35 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    容堂にとって、それは思いこみの勝手な忠義であり

  • くう
    2010年5月10日 8:49 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >実際はどうだったのか分かりませんが、このドラマでは攘夷のためなら人殺しも厭わないと言って実行させてたので。

    >自業自得のような気がします(^^;)

    実際もこんなもんだったと思います。

    そういう時代なので仕方ないんですね。。。

    土佐だけではなく日本中がこんな事をやっていた時代です。

    今の平和な世からは考えられないですね。

    武市半平太と言う人は、このドラマで描かれているよりも

    遙かに人望のあった人です。

    きっと優しい所もたくさんあった人だったろうと思います。

    私は大森南朋さんが好きなので、武市が追いつめられていくのは

    やはり辛いですわ。

  • ショコラ425
    2010年5月10日 5:48 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    最後、一見、武市がいい人になったように見えましたね。

    でも、私はこれまでのことがあるので、どうしても収二郎と武市には同情できないです(^^;)

    実際はどうだったのか分かりませんが、このドラマでは攘夷のためなら人殺しも厭わないと言って実行させてたので。

    自業自得のような気がします(^^;)

  • くう
    2010年5月10日 12:40 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >見てて本当分かってるんだけど、武市の選んだ道だとか。どこにも行き場がなくなった以蔵とか・・・大きな事を思ってしまった平井だとか・・・。

    本当に切なかったです。

    武市の選んだ道は元より。。。

    以蔵は何故、勝先生の元へ戻ってくれなかったのか、とか。。。

    収二郎が東洋暗殺の犯人に仕立て上げられた驚きとか。。。

    それぞれのシーンが全て切なかったです。

    >埋まらない溝。

    >理想と現実のギャップ。

    >その修正ができなくなった武市の進む道は・・・痛いばかりです(><)

    信じていたんでしょうね。

    大殿が自分と同じ気持ちでいると。

    自分のしている事は大殿のためなのだと。

    来週から辛いですよね。

  • くう
    2010年5月10日 12:34 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >おっしゃるとおり、武市は土佐に待つ運命をほとんど予想できているでしょうね。

    ですよね。。。何だか龍馬に語る言葉が遺言のように

    聞こえてしまいました。

    >古い価値観だというのは簡単ですが、武市が殉じる覚悟を持つ者は、単なる時代遅れの観念だけでもない気がします。

    そうですね。。。それはプライドであり、意地であり。。。

    そして信念なんでしょうね。

    だからこそ、見ていて切ないんですよね。

    >龍馬が複雑な胸中なのは当然ですが、来週は弥太郎も何か驚いていたようで注目したいです。

    どうも、嫁が何で弥太郎の元へ来たのか、その謎が解けるっぽいですね^^

    そこは、ちょっと楽しみかも~。。。

  • くう
    2010年5月10日 12:27 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >あの最後の方の武市を見てると

    >自分は大殿様を信じていると言いながらも

    >一方で龍馬の言葉を信じていて

    >既に自分の死を覚悟している。

    私もそう思います。。。

    武市はすでに覚悟が決まっているのでしょうね。

    だからこそのあの笑顔だと思います。

    >それにしても日本を守りたいと思う気持ちは同じはずなのに

    >どうしてこんな風に同じ日本人が争わなければならないのか

    >これがなんとも悲しい限りです。

    ほんと。。。時代ですよねぇ。。。

    今の時代では考えられない物騒さ。

    刃物を腰に刺した人たちが横行し、人の命は紙切れのようです。

    だから争うことも躊躇ないんでしょう。

    力でねじ伏せることも躊躇しないんでしょうね。

    平和に解決しようと言う勝や龍馬のような人は異端だったのかも知れません。

    >思想とかがなければもっと自分をさらけ出して

    仲良く出来たのかもしれません。

    でも、以蔵のように何の知識も思想も持たない者も巻き込まれます。

    男で、武士である限り、逃れられない運命なのかも知れませんね

  • なぎさ美緒
    2010年5月10日 12:16 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんわ。

    なんだか全体的に流れが切ないものになってきましたね・・・。

    見てて本当分かってるんだけど、武市の選んだ道だとか。どこにも行き場がなくなった以蔵とか・・・大きな事を思ってしまった平井だとか・・・。

    フラグ立てまくりの展開だったので今回で武市が?とも思ってしまいましたが、次回まずは平井からですね・・・。

    埋まらない溝。

    理想と現実のギャップ。

    その修正ができなくなった武市の進む道は・・・痛いばかりです(><)

  • ふるゆき
    2010年5月9日 11:52 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    おっしゃるとおり、武市は土佐に待つ運命をほとんど予想できているでしょうね。

    でも、そこで逃げ出すなど自分で自分を否定する行為。

    そんなことが出来ない武市だからこそ、勤皇党の青年たちもついて来たのでしょう。

    古い価値観だというのは簡単ですが、武市が殉じる覚悟を持つ者は、単なる時代遅れの観念だけでもない気がします。

    容堂も武市も、花びらの舞うなかでの芝居が見せた回でいsた。

    龍馬が複雑な胸中なのは当然ですが、来週は弥太郎も何か驚いていたようで注目したいです。

  • ikasama4
    2010年5月9日 11:50 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    武市は5月10日を境に自分が

    誤っていたと気付いたみたいですが

    事、ここにおいては

    何か気付くのが遅すぎたのかもしれません。

    あの最後の方の武市を見てると

    自分は大殿様を信じていると言いながらも

    一方で龍馬の言葉を信じていて

    既に自分の死を覚悟している。

    そんな風にも見えてきたりします。

    それにしても日本を守りたいと思う気持ちは同じはずなのに

    どうしてこんな風に同じ日本人が争わなければならないのか

    これがなんとも悲しい限りです。

    土佐にいる坂本家の女性達と

    武市の妻みたいに思想とかがなければ

    もっと自分をさらけ出して仲良く出来たのかもしれません。

  • くう
    2010年5月9日 11:21 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >こういう回だと知ってはいましたが、やっぱり切ない回でしたね。

    >武市を必死で止める龍馬とのやりとりはホント、涙ぐんでしまいました。。。

    そうなんですよ~。。。

    史実ってものがあるから、どうなって行くのかは解っているわけですが、

    それでも辛いですよね。

    龍馬の涙につられ、武市の笑顔につられ、収二郎の悲惨さにつられで。。。

    泣けてしまいます。

    >ホント、どこで間違えたのか・・・という言葉がじん、ときました。

    >誰かが間違ってる、とか一概に言えないですよね。。。

    誰も間違っているとは言えないんですよね。

    そういう時代だったと言う事なんですよね。。。

    みんな、どうなって行くのでしょう。

    次回から、ますます辛いですよね。

  • へなちょこはっぴーらいふ。
    2010年5月9日 11:08 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!

    こういう回だと知ってはいましたが、やっぱり切ない回でしたね。

    武市を必死で止める龍馬とのやりとりはホント、涙ぐんでしまいました。。。

    ホント、どこで間違えたのか・・・という言葉がじん、ときました。

    誰かが間違ってる、とか一概に言えないですよね。。。

    来週はまたさらに辛そうです。。。

  • くう
    2010年5月9日 10:47 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >やっぱり武市の「どこで間違えたのか」という独り言のような言葉が

    >全てを物語っていますね。

    間違えた、と悟っていると言う事ですよね。。。

    土佐に戻ったらどうなるか、武市は理解しているんだと私は思います。

    でも、大殿さまが救って下さるという夢は捨てきれない。辛いところですね。

    >全てを理解し、それでも自分の信念を曲げない姿勢を貫こうとする武市、

    >せめて、ほんのひと時でも心安らかな時があればいいんですけど・・・

    龍馬とのこの語らいが、最後の心安らかな時になるのかも知れません。

    来週から本当に厳しいですね。

    東洋さまを殺した罪、と言われた時の収二郎の驚愕の表情も。。。

    土佐勤王党の終わりが見えてきてしまいました。

  • 悠雅
    2010年5月9日 10:26 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    やっぱり武市の「どこで間違えたのか」という独り言のような言葉が

    全てを物語っていますね。

    たとえそれが、最初から決まっていた運命だとしても、存在が否定されても、

    主君を信じるという下士・武市がやはり悲しくてならなかったです。

    全てを理解し、それでも自分の信念を曲げない姿勢を貫こうとする武市、

    せめて、ほんのひと時でも心安らかな時があればいいんですけど・・・

  • くう
    2010年5月9日 10:00 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >朝廷に取り入った罪だと思っていたら、

    >東洋殺しの罪って・・・(汗)

    つまり容堂にとっては連帯責任と言うか。。。

    もう勤王党なら誰でもいいんでしょうね。

    あの笑いはまさに怪物。

    武市はこんな殿様を信じていたのかと。。。

    >助けて欲しいと頼まれている龍馬のシーンがありましたが、

    >その辺りも気になるところです。

    史実ってモンがありますから、いくら主役だからって

    何も出来ないでしょうね。。。

    来週から辛いですね(>_<)

  • BROOK
    2010年5月9日 9:30 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >収二郎は投獄された。

    朝廷に取り入った罪だと思っていたら、

    東洋殺しの罪って・・・(汗)

    可哀相過ぎるけど、ある意味仕方ないのかな・・・とも思ったり。

    まさに容堂にとっては、“全てが敵”なんでしょうね。

    次回はサブタイトルからして、収二郎が・・・?

    助けて欲しいと頼まれている龍馬のシーンがありましたが、

    その辺りも気になるところです。