【龍馬伝】第三回

父から頂いた三ヶ条の心得を持ち、

大きゅうなって戻っておいで。龍馬。

姉、乙女の言葉に送り出されて


龍馬は土佐を旅立った。

父の知り合いである溝渕広之丞に同行されて江戸へ向かう


龍馬の後をいつの間にか弥太郎が付いてきていた。

しかも、弥太郎は偽の手形を持っていた。

「くらたやすべえ」に御座います。

関所で偽の名を堂々と名乗る弥太郎に龍馬も溝渕もびっくり・・・

溝渕は、そんな者を同行させればこっちの身も危ういから


さっさと追い払おうと言うが、龍馬は幼なじみの弥太郎を


放っておく事はできない。

宿で父親の借金絡みで取り囲まれた弥太郎を助けてやる龍馬。

わしは人間ができちょらん。


あんな事で刀を使こうてしまうとは、父上に申し訳が立たん。


父から貰った心得書きを夜中に盗み見る弥太郎に


龍馬は言う。

おまんのお父上も同じじゃと思うぞ。

何も知らんくせに。と弥太郎の顔色が変わる。

わしじゃて、わしなりに覚悟をして土佐を出たじゃが。


この先どうなるか解らんは、おまんと一緒じゃ。


おまんと一緒?

おまんは飢えをしっとるか?

朝起きたら、家族の誰かが息を引き取っているかも知れん。

そんな思いをした事があるか?

百姓同然に畑を耕しながら、


這い上がりたい、這い上がりたい。


その思いで必死に本を読んだじゃが。

わしは何もかも捨ててきたじゃが。


何もかもの。

おまんと一緒にすな。


龍馬は言葉もなく・・・

翌日、弥太郎に一緒に江戸へ行こう。と言うのだった。







しかし、四国最後の関で、弥太郎の偽手形はばれた。

庇おうとする龍馬を、弥太郎は振り払い、


見知らぬ他人だと言った。

それでも庇おうとする龍馬に溝渕は言う。

あいつは、自分の志をおまんに託したがじゃ。







海に出た龍馬の目に、関所から逃れた弥太郎の姿が映った。

おまんの志もわしが背負うて江戸へ行っちゃる!







弥太郎は、

おまんなんか嫌いじゃ!

と叫びながら、いつまでも船に手を振るのだった。







   line.gif


勝手に着いてきて、宿代と食事代も出して貰って、


庇って貰って礼も言わない。。。

何てやつだ、弥太郎。。。


と思ったけれども。。。

明日、家族の誰かが息絶えているかも知れないと


常に恐れを抱くほどの飢え。


明日の暮らしもままならない貧困。

そんな中で、ひたすら這い上がりたい。這い上がりたいと、


それだけを思って生きてきた彼の心を思うと、


どうにも憎らしいとは思えなくなってきてしまう。

そんな暮らしは、想像もできないから。。。


性格が歪んでいくのも仕方ないと思えてくる。

だって、それでも彼は武士なんだもの。







テレビの前でポータブルゲームをする我が子を見ながら思う。

なんか、違~~う。。。。。
我が家は、たぶん、普通~の暮らしをしている。


偉くもないし、金持ちでもないから、上と言う物を知らない。

金はないが、弥太郎の家ほど酷くはない。


だから、這い上がろうと言う気持ちもない。

だから、こんなにぽ~~~っとしてるんだろうか。。。。。。

今の日本に、龍馬のように、弥太郎のように、


国家や社会の事を考えたり、上を目指して


這い上がる道を模索する若者がいるんだろうか。

このドラマを見ていると、失われた日本をしみじみ感じてしまうわ~








さて~。。。

土佐から江戸へ向かう龍馬だが、父の知り合いの同行人が


ちゃんと付く旅路。

この辺は、やっぱり坊ちゃんだな、と思う。

その坊ちゃんぶりが鼻につくのか。。。

家族以外は、土佐の誰もが龍馬の江戸行きを


喜んでいないような~。。。

武市でさえも嫉妬の色が見える。

土佐の英雄になるはずの龍馬。

これでは、前途多難に見えてしまう。








にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ

にほんブログ村  




キャスト



坂本龍馬:福山雅治(少年時代:濱田龍臣)


岩崎弥太郎:香川照之(少年時代:渡邉甚平)

武市半平太:大森南朋(少年時代:桑代貴明)


坂本乙女:寺島しのぶ(少女時代:土屋太鳳)

坂本八平:児玉清

坂本権平:杉本哲太

坂本伊與:松原智恵子

坂本千野:島崎和歌子

坂本幸:草刈民代(登勢・二役)

坂本千鶴:大鳥れい

坂本春猪:前田敦子(少女時代:松元環季)


平井収二郎:宮迫博之(少年時代:ささの貴斗)

平井加尾:広末涼子(少女時代:八木優希)

岡田以蔵:佐藤健(少年時代:黒羽洸成)

望月亀弥太:音尾琢真(少年時代:谷山毅)

望月清平:本田大輔(少年時代:松田佳祐)

溝渕広之丞:ピエール瀧


岩崎弥次郎:蟹江敬三/岩崎美和:倍賞美津子


岩崎喜勢:マイコ/岩崎さき:野口真緒

岩崎弥之助:須田直樹/武市冨:奥貫薫


千葉佐那:貫地谷しほり/千葉重太郎:渡辺いっけい

千葉定吉:里見浩太朗



沢村惣之丞:要潤/近藤長次郎:大泉洋

陸奥陽之助:平岡祐太/池内蔵太:桐谷健太


高松太郎:川岡大次郎


中岡慎太郎:上川隆也

高杉晋作:伊勢谷友介


吉田松陰:生瀬勝久

桂小五郎:谷原章介


三吉慎蔵:筧利夫/久坂玄瑞:やべきょうすけ

伊藤俊輔:尾上寛之/井上聞多:加藤虎ノ介

大久保利通:及川光博


三条実美:池内万作


楢崎龍:真木よう子


後藤象二郎:青木崇高

山内豊範:染井将太


柴田備後:北見敏之/河田小龍:リリー・フランキー

三条実美:池内万作/坂崎紫瀾:浜田学

島村衛吉:山雄介/河原塚茂太郎:原田裕章

井伊直弼:松井範雄/金子重之輔:尾関伸嗣

那須信吾:天野義久/岡本寧浦:ベンガル


智:菅井きん

お元:蒼井優

ぎん:林侑香/さと:三宅ひとみ

志乃:及川奈央/なつ:臼田あさ美


徳川慶喜:田中哲司

朝比奈昌広:石橋凌

ジョン万次郎:トータス松本

永井玄蕃頭:石橋蓮司

小栗忠順:斎藤洋介

岩堀文治郎:松尾貴史

上野彦馬:テリー伊藤

トーマス・ブレーク・グラバー:ティム・ウェラード


今井信郎:市川亀治郎

近藤勇:原田泰造/土方歳三:松田悟志

沖田総司:栩原楽人/松平容保:長谷川朝晴


松平春嶽:夏八木勲

勝海舟:武田鉄矢

阿部正弘:升毅

西郷隆盛:高橋克実


小曽根乾堂:本田博太郎

大浦慶:余貴美子


吉田東洋:田中泯


山内容堂:近藤正臣

























  龍馬伝(1)

  龍馬伝

  NHK大河 龍馬伝 前編

  坂本龍馬その偽りと真実









「Twitter」やってますです。

フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)










※この記事は2010年に楽天からFC2にお引越ししてきた記事です。

コメントは引っ越せましたがトラバの引っ越しはできませんでした。

ご了承ください。再トラバはいつでもお受けいたします。





この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

16件のコメント

  • くう
    2010年1月21日 2:17 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    FC2とのトラバ相性は仕方ないですよね(>_<)

    昨年、一時期順調だったのに、まただもん。。。

    私も映画の方で苦労しとります(; ;)

    こちらこそ、コメント残せず、しかもこっちのレスも遅くてすいません(>_<)

    何か先週今週はいっぱいいっぱいでした。。。

    >龍馬作品はどれも多少のフィクションがある様ですけど、この大河も例外ではないようですね!

    まぁ大河は毎年フィクションの宝庫ですから(^▽^

    私なんぞ、幕末は詳しくない分、楽しく見れてしまいます。

    拘っているイメージってもんがあまりないんで(^▽^

    >今後も弥太郎がどう龍馬に絡んでくるのか・・

    >楽しみです(笑)

    私もです~♪

    って言うか、ここで土佐にいったん戻った弥太郎が、

    どうやって江戸に行き這い上がるのかが楽しみになってきた♪

  • くう
    2010年1月21日 2:13 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >龍馬ってこんなに坊ちゃん育ちだったんですね。

    >いや下士で見下されている部分が多くても何でも、

    >それでも弥太郎とは大違い。

    私もこんなに坊ちゃんだとは知りませんでした~^^;

    もっと。。。なんーかガサツなイメージだったんだけど^^;

    脱藩して坊ちゃんっぽさが消えるんでしょうかね。。。

    >でも弥太郎が今の境遇から這い上がるにはこれしかないというのが

    >判ってくると気の毒と言うか哀れと言うか・・・。

    そうなんですよね。

    今回の飢えの話は、ちょっと堪えました。。。

    すごく同情してしまったわ。

    ましてや、あの父親ですもん。。。(-_-;)

    彼が這い上がっていく様子も楽しみです。

    >親代わりの祖母を置いては江戸なんて・・・いう分別がある分、

    >先を越された悔しさもあるでしょうし。

    武市はあきらかにそうですね。

    自分が先だと思っていたんでしょうね。

    末っ子で金持ちの龍馬はみんなの嫉妬の的です^^;

  • くう
    2010年1月21日 2:08 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >ライブドアのホリエモンも貧しくて、苦労したようですが、貧困が這い上がりたいパワーになるんでしょうね。

    逃げ出したい抜け出したいと言う欲求が大きくて、努力する人だから

    上へ行けるんでしょうね。

    >私はそういうの、ついていけないです(^^;)

    >龍馬のようにボンボンのお人好しの方がいいです♪(^^)

    でも、この時代、あんまりお人好しの坊ちゃんだと

    命に関わりますよ^^;

    ほどほどが良いかな~と。。。

  • くう
    2010年1月21日 2:02 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >“飢えたこと”があるからこそのあの執念なのでしょうかね、やはり・・・。

    >不遇の時代があったから、あそこかで成功するのかもしれません。

    地下から這い上がっての大出世ですからね~。

    なまじっかな精神じゃ無理だった事でしょう。

    もう執念ですよね^^;

    >たしかに・・・(汗)

    >明らかに嫉妬してましたよね?

    >どう行動するのか、楽しみでもあり♪

    武市さんの場合は龍馬の立場を羨ましく思うも

    態度に大きく出す事はできず。。。

    でも、言葉の端々に出てましたね^^;

    さすがの人格者も嫉妬には勝てないらしいですね。

    来週、指摘されていましたが。。。

  • くう
    2010年1月21日 1:59 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >たしかにお金の苦労もなく江戸に行ける龍馬がうらやましいのもわかりますが、あの執念は恐ろしい。

    あの執念があってこその後々の出世なんでしょうね^^

    あそこまでしなければ這い上がれなかったし、何が何でも

    と言う気持ちも解りますわ~。

    飢えて死ぬ人生なんてイヤですもん。。。

    >最後の叫ぶシーンも、この男らしく愛憎なかばの感情がよく出ていましたね。

    憎らしいけど好きなんですよね。

    好きと言うよりは憧れかな。

    龍馬になりたかったんだろうなぁ、と思いました。

    香川さんが、ホントに上手い。

  • くう
    2010年1月21日 1:56 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >この当時、貧しい人達が立身出世するためには

    >剣術で腕を磨くか、学問で頭角を表すのが

    >唯一の道だったそうですからね。

    そうでしょうねぇ。。。

    他に何があるってわけでもないですもんね。

    弥太郎の悔しさは解りますよ~。。。なまじ頭が良いばかりに(-_-;)

    >ただ、日本が豊かになった事で

    >そういう這い上がろうとする意欲とかは

    >失われたのかもしれませんね。

    這い上がらなくても、そこそこに暮らしていけますからね(^^;ゞ

    その事を子どもがよく解ってる、だから努力もしない。。。

    この不景気で努力もしない人間が、今さらしっぺ返し食らってる気がします。

    >それにしても弥太郎の父・弥次郎みたいな

    >ああいう博打好き&酒好きのダメダメな男でも

    >子供の事を深く思う気持ちを知っている

    >妻からしたら可愛く見えるものなんでしょうかね ̄▽ ̄ゞ

    妻は、もうあきらめの心境なんでしょうね。

    夫婦になったからには苦楽は共に、って時代ですもん。。。

    私だったら飛び出してます(^^;ゞ

  • くう
    2010年1月21日 1:52 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >福山さんの龍馬がかっこいいのは分かるんですけど、何か龍馬像と違うという違和感を持ったのはそこなんですよね。

    まぁ、今の龍馬はまだ10代なので、坊ちゃんぽさ全開でも

    仕方ないかな、とも思えるんですよ。

    これから先、ずっと坊ちゃんぽいと。。。さすがに引くかも^^;

    福山くんも生涯を演じるとなると難しい役所ですよね。

    >下士でも、やっぱり弥太郎とは違う武士なんですよね。

    弥太郎は本当に地下浪人ですからね~。。。

    でも、武士は武士なわけで。。。

    世が世ならと思えば悔しいでしょうよ(; ;)

    あのオヤジがもう少しなんとかなればね~。。。

  • くう
    2010年1月21日 1:48 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >そういう意味ではみんないろいろ思うところがあって手放しでの応援というわけではないのかもしれませんね。

    嫉妬しちゃうと思うんですよ。

    金持ちだし親の愛情をたっぷり受けた末っ子だし、

    末っ子だから家族の事に関する憂いもないし。。。

    >私は弥太郎のぎゃーぎゃーと飛んだり跳ねたりしながら崖(?)のところで龍馬に向かって嫌いだーとか叫ぶところはちょっとおかしいかもしれないのですがかわいさすら覚えてしまいました。

    面白かったですよね(^▽^

    声が届かないもんだから2人の言ってる事が全然違ってて。。。

    悪態つきながらも、たぶん龍馬の事が好きな弥太郎も可愛いですよね。

    >来週の予告ではその弥太郎に武市が「嫉妬かー」と言われてましたね。

    武市の場合は育ててくれたお祖母さんの件が解決しないと

    家を出ることができませんもんね。

    一番相応しいと周囲から言われながら、江戸へ行けないジレンマ。

    どうなるんでしょうね。

  • くろねこ
    2010年1月18日 9:39 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    TBありがとうです。またもTBがとばず。

    失礼しております~。すみません~(涙)

    龍馬作品はどれも多少のフィクションがある様ですけど、この大河も例外ではないようですね!

    今後も弥太郎がどう龍馬に絡んでくるのか・・

    楽しみです(笑)

  • sannkeneko
    2010年1月18日 9:36 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    龍馬ってこんなに坊ちゃん育ちだったんですね。

    いや下士で見下されている部分が多くても何でも、

    それでも弥太郎とは大違い。

    弥太郎には何もここまで・・・と毎回思いながらも

    でも弥太郎が今の境遇から這い上がるにはこれしかないというのが

    判ってくると気の毒と言うか哀れと言うか・・・。

    あのバカ父が賭け事やお酒に走るのも現実逃避なんでしょうし・・・。

    >武市でさえも嫉妬の色が見える

    親代わりの祖母を置いては江戸なんて・・・いう分別がある分、

    先を越された悔しさもあるでしょうし。

    土佐残留組の動向も楽しみです。

  • ショコラ425
    2010年1月18日 9:21 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >そんな暮らしは、想像もできないから。。。

    >性格が歪んでいくのも仕方ないと思えてくる。

    そうですね。

    ライブドアのホリエモンも貧しくて、苦労したようですが、貧困が這い上がりたいパワーになるんでしょうね。

    私はそういうの、ついていけないです(^^;)

    龍馬のようにボンボンのお人好しの方がいいです♪(^^)

  • BROOK
    2010年1月18日 6:14 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。

    今回は弥太郎の“這い上がり精神”が凄かったです。

    “飢えたこと”があるからこそのあの執念なのでしょうかね、やはり・・・。

    不遇の時代があったから、あそこかで成功するのかもしれません。

    >武市でさえも嫉妬の色が見える。

    たしかに・・・(汗)

    明らかに嫉妬してましたよね?

    どう行動するのか、楽しみでもあり♪

  • ふるゆき
    2010年1月17日 10:53 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    弥太郎が凄い男であると再認識できた回でした。

    たしかにお金の苦労もなく江戸に行ける龍馬がうらやましいのもわかりますが、あの執念は恐ろしい。

    最後の叫ぶシーンも、この男らしく愛憎なかばの感情がよく出ていましたね。

  • ikasama4
    2010年1月17日 10:46 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    この当時、貧しい人達が立身出世するためには

    剣術で腕を磨くか、学問で頭角を表すのが

    唯一の道だったそうですからね。

    あれほどまで弥太郎が必死になる気持ちが

    痛い程、伝わってきます。

    それと比べたら今の日本は・・・・・ねぇ(; ̄∀ ̄)

    今のうちもあそこまでひどくはないです。

    ある一時期と比べると(; ̄∀ ̄)

    ただ、日本が豊かになった事で

    そういう這い上がろうとする意欲とかは

    失われたのかもしれませんね。

    それにしても弥太郎の父・弥次郎みたいな

    ああいう博打好き&酒好きのダメダメな男でも

    子供の事を深く思う気持ちを知っている

    妻からしたら可愛く見えるものなんでしょうかね ̄▽ ̄ゞ

  • なぎさ美緒
    2010年1月17日 10:45 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    福山さんの龍馬がかっこいいのは分かるんですけど、何か龍馬像と違うという違和感を持ったのはそこなんですよね。

    下士でも、やっぱり弥太郎とは違う武士なんですよね。

    だから一大決意も所詮坊っちゃんの遊学って感じに見えたのかもしれない。

    そうなんですよね・・・品がありすぎるのも問題ありなんですよね。

    難しいなぁ・・・。

  • へなちょこはっぴーらいふ。
    2010年1月17日 10:22 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!

    今週もガッツリ「お坊ちゃん」な感じが出てましたね!そういう意味ではみんないろいろ思うところがあって手放しでの応援というわけではないのかもしれませんね。

    私は弥太郎のぎゃーぎゃーと飛んだり跳ねたりしながら崖(?)のところで龍馬に向かって嫌いだーとか叫ぶところはちょっとおかしいかもしれないのですがかわいさすら覚えてしまいました。

    這い上がりたい気持ちとか龍馬への嫉妬とかいろいろ入り混じりつつも好きでもあるのだな、と思ってしまって可愛く見えてしまったのです。

    本当に憎んでいるのであればあんなことしないし、と思っちゃって。

    来週の予告ではその弥太郎に武市が「嫉妬かー」と言われてましたね。

    来週も楽しみです!