【坂の上の雲】第9話

明治37年2月5日、連合艦隊司令長官・東郷のもとに命令が下り、翌日、連合艦隊は佐世保港から出撃した。


日本はロシアに対して国交断絶を通告。


この通告が戦争を意味するはずがない。



ニコライ二世はまだ事態を甘く見ていた。

連合艦隊は夜のうちに旅順港に停泊している敵軍艦を奇襲。
ようやくニコライ二世も宣戦布告を発するのだった。


有馬良橘により、港内に閉じこもるロシアの旅順艦隊に対する
閉塞戦が提案されるが真之は軍を危険に晒すと反対する。


しかし、作戦の決行は東郷によって決定された。

有馬の使命により、指揮官に広瀬が指名される。
久しぶりに再会する広瀬と真之。


ロシアには、たくさんの友がいる。
仲の良い兄弟と殺し合うようなものじゃけん。

わしにしか出来ない何かがあるはずじゃ。



と広瀬は言う。

作戦は真之に全て掛かっている、と。


仕官だろうが下士官であろうが生還できない作戦など立てません。


全員生還できる作戦などありえんちゃ。


笑う広瀬。


秋山、俺はお前の立てる作戦を信じちゅう。


広瀬は船体の腹にロシア語で字を書いた。


例え敵と味方に分かれてもヒロセタケオを忘れないでほしい。
余は変わらず君らの友人である。



閉塞作戦は二度に渡って決行され、そして失敗した。

広瀬が指揮する「福井丸」は爆撃を受けて沈没。
乗組員と短艇で脱出する中、広瀬は砲弾を受けて落命した。


最後に浮かんだのは、アリアズナと過ごした日々。

真之は、広瀬から預かった手紙を中立国経由でアリアズナに送った。


広瀬の遺体はロシア艦隊の元に流れ着き、ロシア兵たちに手厚く葬られた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

「福井丸」に乗っていなければ、広瀬はあんなことにはならなかったと言うことか。。。

しかし、ここで死ななければ、広瀬武夫は「軍神」にはならなかった。


ロシア人にも愛された「軍神」広瀬。

埋葬シーンでは涙。。。


この時代の人たち全てが覚悟を持って生きていたことがよく見える話でした。


この後、日本はもう一度閉塞作戦を決行し、三度目の失敗をするのでした。

一度の失敗で止めておけば犠牲になる命も無かったのに、失敗した作戦を何度も同じように繰り返す日本と言う国を馬鹿かと思ってしまう自分がいます。。。
(軍事に詳しくないもんで)

あの、広瀬が亡くなった時、側に居た兵士の帽子に肉片が飛び散り、靖国神社遊就館に奉納されているそうです。。。


さて、今年の分が終わりましたね。

戦争物だから当たり前なのですが、昨年分のような高揚する時代の明るさや眩しさは今回は見られなかった。

子規が亡くなった回に、一番エネルギーを感じました。

戦地で亡くなっていく人たちよりも、なおも凄まじい生への思い。。。

素晴らしい人です。
そして、香川さん、素晴らしい演技でした。


来年をまた楽しみに待ちます。




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 
にほんブログ村  

【キャスト】

秋山真之 … 本木雅弘
秋山好古 … 阿部 寛
正岡子規 … 香川照之
正岡 律 … 菅野美穂

秋山久敬 … 伊東四朗
秋山 貞 … 竹下景子

秋山多美 … 松たか子

八代六郎 … 片岡鶴太郎
夏目漱石 … 小澤征悦
高橋是清 … 西田敏行

伊藤博文 … 加藤 剛
児玉源太郎 … 高橋英樹
東郷平八郎…渡哲也












この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • くうふう3
    2011年1月2日 12:07 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    レスが年越しして申し訳ありません(>_<)

    >今年の放送は子規と広瀬のシーンが多かったですね。

    >素晴らしいロケ映像や重厚なキャスト陣で、見るほどにうならせれます。

    そうなんですよね。今年は兄弟は脇役のようでした。

    それでも見応えあるのが不思議なくらい。

    やはり、しっかりした脚本力や映像・演出の素晴らしさにやられちゃうのかしら^^;

    今年も大河、楽しみですね。そして年末は「坂の上」のラスト。

    待ち遠しいです。

  • くうふう3
    2011年1月2日 12:03 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    レスが年越ししてスイマセン(>_<)

    >こういうしっかりしたものは、やっぱり見てて安心できます。

    私は原作を読んでいないのですが、脚本がしっかりしてますよね^^

    何か安心感があるのですわ。

    >特に2期は早かった。

    >子規の退場もありましたし、日露戦争の緊張感もあったからでしょうね。

    ね~。もう終わったなんてビックリですわ。

    今回は毎回BSで一週早く見ていたので、余計に早く感じるんですよね~。。。

    一年は長いです(>_<)

  • ふるゆき
    2010年12月26日 10:30 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    今年の放送は子規と広瀬のシーンが多かったですね。

    素晴らしいロケ映像や重厚なキャスト陣で、見るほどにうならせれます。

    これでまた1年の待ち時間が。

    でも、ついに最終回まで走りますね。

    くうさんの感想も楽しみに拝見します。

  • なぎさ美緒
    2010年12月26日 9:39 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >この時代の人たち全てが覚悟を持って生きていたことが

    よく見える話でした。

    これなんですよね。

    これをしっかり描いてるから、それぞれの役も生きてきてるし、その覚悟も見て取れる。

    こういうしっかりしたものは、やっぱり見てて安心できます。

    特に2期は早かった。

    子規の退場もありましたし、日露戦争の緊張感もあったからでしょうね。

    昨年も同じように言ってたと思いますが、やっぱ1年は長い~(><)

    あ、今年もお世話になりました!!

    来年もよろしくお願いいたします~♪

  • くうふう3
    2010年12月21日 12:19 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >えっ?そうなのですか?

    >ちょっとビックリです。

    >海軍は学ばなかったのかな・・・(苦笑)

    そうなのです。。。(-_-;)

    しかも、三度目は一番大掛かりな作戦でした。

    その失敗を受けて、陸からの攻撃をすることになるわけなんですね。

    。。。と、この辺は大昔「二○三高地」で見ました。

    後は来年ですね~。

    来年もきっと、再放送に気づかず、復習しないまま次を見る事になる予感(-_-;)

    またよろしくお願いします~♪

    今年は。。。書けたら映画を少しだけでも書きたい。。。と思っておりますので

    まだお世話になるかもです~。

    (もうレビューが溜まりすぎてて辛くて(ノ_-。))

  • BROOK
    2010年12月20日 5:49 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >三度目の失敗をするのでした。

    えっ?そうなのですか?

    ちょっとビックリです。

    海軍は学ばなかったのかな・・・(苦笑)

    ともあれ、第2部完となり、

    早くも第3部が気になりますね。

    真之がバルチック艦隊を破るシーンに期待しているのですが♪

    来年もこの時期にまた宜しくお願いします。