【八日目の蝉】第3話

親子の絆を認めないのがエンジェルホームの方針。

希和子は薫から引き離された生活を送る事になる。
それでも、仕方がないと思っていた。
一緒にいられる選択は他になかった。

一緒にエンジェルホームに住む事になった久美は、
希和子と薫を見て、自分も自分の子供をここに連れて来たいと願った。

ホームを抜け出すには、エンジェルさんの部屋にある
避難梯子を使うしかない。

久美は機会を窺い、逃走用の資金をエンジェルさんの金庫から盗もうと企んだ。

しかし、抜け出す所をサライに見つかってしまう。

子供をここに連れて来たいと素直に告白した久美だったが、
その要求は受け容れられなかった。

男の子はここでは育てられないのよ。

男は女の敵。この世の悪魔だからです。

思い詰めたように語るサライ。

あの女、自分の子を殺したらしい。
育児ノイローゼでね。
産まれて3ヶ月の子をマンションの窓から放り投げたらしいで。

行商のワークに行く車の中で、久美は希和子に語った。

行商のために着いた場所は久美の元夫の実家がある所だった。
久美は、希和子に頼み込んで、夫の家に子供を見に行った。

息子は久美の事を忘れていた。

しかも、夫は再婚したようだった。

後妻に連れられて久美の所へパンを買いに来た息子を見送って
久美は慟哭する。

肩を抱いて慰めるしかない希和子。

エンジェルホームに妊娠した高校生が助けを求めてきた。

家にいたら両親に子供を殺されてしまうと。

どうしてそんなに子供を産みたいの?

だって、可愛いから。

まだ産まれても居ないのにどうして可愛いって解るの?

自分の子供だったら可愛いに決まってる。

決まってないのよ。そんな事!

怒鳴りつけるサライをエンジェルさんは制した。

彼女はホームに受け容れられ、ホームで子供を産んだ。

その頃からホームの周りに入居者の家族やマスコミが押しかけるようになった。

未成年を監禁している怪しい宗教団体。

ホーム側は、誰も監禁していないし、何も強要していないと主張したが、
世間の声は大きくなっていくばかりだった。

エンジェルさんは、親族とマスコミをホームに入れ、
中を見せて納得して貰う事を決定した。

マスコミに中を曝されると言う事は、指名手配されている希和子にとって
どうしても避けなければならない事だった。

エンジェルホームは住みよかった。
希和子は、女ばかりで優しいこの場所が好きになっていた。

しかし、現実は迫っている。

希和子は薫と共にホームを出た。

逃走するタクシーの中で、薫は言う。

見て。ママ。
お月さまが追いかけて着いて来るよ!

薫にとって、初めての外の世界。

着いてくるお月さまを初めて見る薫。

希和子は遊園地に寄った。

窓枠で切り取られていない星や月。

これから私が全部貴女に見せて上げる。

この世界にある美しい物の全てを私が貴方に教えて上げる。

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。   

高校生の出産に立ち会う3人の女。

子供を取られた女・久美。
子供を殺した女・サライ。

そして、子供を産めなかった女・希和子。

3人それぞれの涙。

みんな子供を産みたくて、みんな子供を育てたくて、
みんな子供と一緒に居たかった。

3人の女の気持ちに引きずられます。
何が彼女たちの人生を狂わせたのか。

サライは言う。
男は悪魔だと。

それは、子供を堕ろさせたり、子供を愛さなかったり、
子供を取り上げたり。。。

そういう悪魔なのかも知れません。

心に傷を抱えた人たちが住むエンジェルホームに居られなくなって、
希和子の逃亡の旅が、また始まる。

これは攫ってきた子なのだと解っていても、
希和子の痛いほどの気持ちを見ていると、
ずっと一緒にいさせてあげたいと思ってしまう。

薫は3才。

一緒にいられる時間は、もうあまり長くはないでしょう。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村 

【キャスト】

檀れい

板谷由夏
津田寛治

北乃きい
岡田浩暉

あき竹城
京野ことみ
坂井真紀

藤田弓子
岸谷五朗
左時枝
吉行和子 

【送料無料】八日目の蝉

【送料無料】八日目の蝉
価格:620円(税込、送料別)

【送料無料】八日目の蝉 DVD-BOX

【送料無料】八日目の蝉 DVD-BOX
価格:10,773円(税込、送料別)