【鉄の骨】第2話 感想

このデカイ看板はな、俺たち土木の営業が背負ってるんだ。

俺たちが支えてる。

胸を張って、誇りを持て。


遠藤は、怪文書の責任を取って名古屋に飛ばされた。

課長代理には西田が収まったが、信用しきれない平太。

談合って犯罪よ。

仕事って言えば何でも許されると思わないで!



恋人の萌は言う。

良いか悪いか解らないけど・・・仕事なんだ。



としか答えられない平太。

次の地下道工事は一谷組で。

今度こそ、それは決まっていた事のはずだった。

しかし、そこに静岡の地場業者・トキワ土建が入り込んでくる。

トキワ土建は談合には加わらないと言う。

若い社長は談合反対派だった。

あなたはどう思います?

自由競争の時代は目前です。

時代を変えるのは、我々若い世代ですよ。


一谷の下請け業者である坂元が、トキワ土建の下請けに入ると聞いた

平太と西田は、坂元社長に会いに行く。

昔は一谷と家族のように付き合っていた、と言う坂元。

ただ価格を投げつけるだけじゃなくて、家族なら家族らしく

顔を付け合わせて話を聞いて欲しい。


平太は坂元のために尾形に頭を下げるのだった。

トキワ土建は、東京の大手業者が下請けを紹介してくれた、と言う。

尾形は成り行きに納得いかないものを感じていた。

落札の日は尾形も同行した。

入札は3度のやり直しの末、トキワ土建に決定した。

最低価格、トキワ土建さん。

34億9千万円。


安すぎる

尾形の描いた危惧は本当になっていくようだった。

尾形は会社で匿名の1本の電話を受けていた。

気を付けなさいよ。

おたく潰そうって連中がいる。


  

     

何か。。。汚いなぁ。。。

大人の世界って汚い。。。

と言う私も立派な大人だけど

私なんかには想像もつかない世界の話だけど、

落札シーンにはハラハラ。。。

とにかく臨場感のあるドラマなので、息詰めて見てしまいます。

先週から解ってはいた事だけれども、ここまで色々あったら、

もう完全に。。。誰かが潰そうとしているよねぇ。。。

「談合はしない」と、お綺麗に語っていた

トキワの社長だけれども、ちゃんと何か裏はあるんじゃんか。

でも、トキワの社長が語っていた

談合は断固としてしない。

そういう風習を若い世代が変えていく。


と言う理想だけは、平太が共感しても良い部分だと思うんだけど。。。

ああ~。。。遠藤課長がいなくなっちゃって、西田じゃ頼りなくて頼りなくて

見ていてイライラしっぱなしです~

下請けの坂元社長の「知ってるよ」には泣けてしまった。。。

こんな腐った社会の片隅に、まだ綺麗な所もあるのかなぁ。。。

そう思わせられた。

さて、一谷潰しの黒幕を次回は見つける事になるのか?

キャスト

富島平太…小池徹平

遠藤安男…豊原功補

野村 萌…臼田あさ美

西田吾郎…カンニング竹山

松田 篤…笹野高史

城山和彦…北村総一朗

和泉営業部長…金田明夫

園田俊一…宅間孝行

富島八重子…松田美由紀

尾形総司…陣内孝則

三橋萬造…中村敦夫



   
鉄の骨

鉄の骨

価格:1,890円(税込、送料別)


この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >萌、喋り過ぎじゃ~><;。

    >談合が犯罪って解ってて、なんであんなに他人に喋るの????

    >余計な波風立ちそうで怖いよ~。

    私もそう思って見てたの!

    何であんなにペラペラ喋っちゃうんだろ。。。

    ただの愚痴とは話が違うでしょ。。。最後にはこれが原因で

    平太は本当に逮捕されるような事になってしまうのでは~。。。

    ご実家の事、大変でしたね~(◎-◎)

    入札ってそういう時にもあるんだね。。。

    私はネットオークションくらいでしか見たこと無かった「入札」「落札」の文字。

    大きな額で関わっている人たちは本当に命を削る想いでしょうね(>_<)

  2. 紫花浜匙 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    小池徹平、カンニング竹山、坂元社長(演った人)の演技、

    感心しながら見ました。

    萌、喋り過ぎじゃ~><;。

    談合が犯罪って解ってて、なんであんなに他人に喋るの????

    余計な波風立ちそうで怖いよ~。

    私の実家は借地だったんだけど、

    一昨年、地主さんが税金払えなくなったらしく、

    突然なんの前ぶりも無く、実家を含む近所の人たちの住む土地が差し押さえられて競売にかけられる事に。

    色んな手続きをして入札に参加し、皆無事落札したんだけど、

    生きた心地のしない数ヶ月間でした。

    母なんか、心労のあまり死んじゃうんじゃないかと思って。

    あの入札シーン見ると、あの日の事を思い出しちゃうわ。

  3. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >談合は犯罪ですが

    >落札するために奔走するゼネコンさんは

    >自分の人生がかかっているようなとこもあるので

    >必死になる姿に複雑な心境を与えるのが

    >この建設業界なんですよねぇ。

    このドラマを見ていて、よく解る気がします。

    「必要悪」と言う言葉が何度も出てきますが、それが会社のため、

    決まっている事だと思ったら、社員はやるしかないですよね。

    >あの下請け会社の社長の決断が

    >ちょっと羨ましかったりします ̄▽ ̄ゞ

    でもきっと、あの人もこれから大変ですよ。。。

    あの年で、たぶん余所の下請けにヒラの社員。。。

    ヘタすりゃ日雇いとして働いて、きっと借金とかも返して。。。

    何か考えると息が詰まりそうです(-_-;)

    >トキワの関与を知ってて知らないフリをしてるとしたら

    >和泉営業部長もたいした役者です

    いや~。。。あの人はたぶん何もかも知っているでしょう。ボスだもん。。。

    ほんと役者ですよね。役者だけど^^;

    >ちなみに私もあの電話の声

    >誰だかすぐ分かりましたσ ̄▽ ̄

    声、良すぎですよね^^;b

  4. ikasama4 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    談合は犯罪ですが

    落札するために奔走するゼネコンさんは

    自分の人生がかかっているようなとこもあるので

    必死になる姿に複雑な心境を与えるのが

    この建設業界なんですよねぇ。

    結局のとこ、下請け会社は元請け会社が

    談合という不正をしている事なんか知らない訳なんで

    それだけにあんな風に扱われるんでしょうね。

    一方でキレイサッパリ自分から辞める決断が

    出来るのはいいもんです。

    あの下請け会社の社長の決断が

    ちょっと羨ましかったりします ̄▽ ̄ゞ

    それにしてもこの一谷潰しはちと露骨ですね。

    トキワの関与を知ってて知らないフリをしてるとしたら

    和泉営業部長もたいした役者です

    ま、役者なんですけど; ̄▽ ̄ゞ

    ちなみに私もあの電話の声

    誰だかすぐ分かりましたσ ̄▽ ̄

    あの渋い声は仰るとおり、あの人でしょうね。