【功名が辻】三十六話

鶴松が亡くなり、失意の秀吉は、豊臣の将来への不安も強まり、


明国攻めへと駆り立てられていく。


ですが。


心は決まった。


今一度、太閤の子を産む。


されば三成。我を助けよ。



どう助けろと。。。


って事は、やはり、って事なのですね。


そして、淀殿の第二子が誕生。


この、淀殿の子は太閤の子ではない、と言う醜聞は、実は当時から


囁かれていたそうなのです。


と言っても、相手は石田三成ではありません。


大野治長と言う、淀殿と乳兄弟の武将がいるのです。


(このドラマ、登場してましたっけ)


しかし、まぁ、この子が誰の子にせよ、子供はそうやって作ろうと思えば作れますが、


よく上手く立て続けに男児が生まれた物です。


この辺に、淀殿の悪運の強さ、執念を感じます。


産まれた子は「拾」と名付けられます。


これは、当時「捨て子は強く、よく育つ」と言う言い伝えがあったためです。


鶴松君の時は、出て来なかった話だった気がしますが、


実は、鶴松も産まれた時にこの捨て子風習によって「捨」と言う名を付けられています。


「捨」にした長子は早くに亡くなってしまった。


縁起が悪いので、次の子は「拾」にしよう、と言うわけです。


と言う事で、たぶん、この当時は幼少時は「拾」だの「捨」だのと言う名前は


溢れていたと思われます。


この時代は、名前はコロコロ変えますから。


さて、山内家千代が拾った子供も「拾」です。


いくら幼少時「拾」「捨」だったとしても、普通は何年か後には


その家代々伝わる子供の名前や、親から一文字取った名前に改名される物
でしょうが、


この子は、かなり大きくなっても、今だに「拾」のままです。


可愛がられているようではありますが、この事がすでに


この子の現状と将来の運命を暗示しているとも言えます。


その事は、きっと何話か後に出てくる事でしょう。


・功名が辻 第三十五話























この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

28件のコメント

  • くう
    2006年9月14日 12:09 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >この爽やかな秀次も次週でおしまいですか?

    >残念です!!

    >拾が生まれてややこしくなったと思いましたけど・・。

    >かわいそうに。

    どんな最後を迎えるかは知っていましたが、こんなに早いとは。。。

    まだ出てきてから5回くらいしか経ってなくない(?_?)

    >小りんはセーラー服のメイキングでしたけどかっこよかったですね。

    >あの子もかわいいもんね!!

    うんうん♪

    長澤まさみ、あまり好印象の作品がないんですが、

    これはハマってるかも♪楽しみです。

  • かりん
    2006年9月13日 8:49 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    この爽やかな秀次も次週でおしまいですか?

    残念です!!

    拾が生まれてややこしくなったと思いましたけど・・。

    かわいそうに。

    小りんはセーラー服のメイキングでしたけどかっこよかったですね。

    あの子もかわいいもんね!!

  • くう
    2006年9月13日 6:49 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >淀の執念が、まさに時代を動かした感がありますよね。。。

    >再び男子を産むなんて、それだけでも凄い・・・。

    ね~。。。種なしっぽい秀吉の子供を立て続けに産んだ

    だけではなく、2人続けて男児。

    これは執念としか言いようがないですね。

    もしかしたら、実際は余所から連れてきた子だったりして。。。(+_+)

  • りっきー
    2006年9月12日 5:40 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    くぅさん、こんにちは!

    淀の執念が、まさに時代を動かした感がありますよね。。。

    再び男子を産むなんて、それだけでも凄い・・・。

    秀頼も「拾」なら、千代の拾った子も「拾」。

    どんな展開が待っているんでしょうか??

    気になるところですね☆

  • くう
    2006年9月12日 2:17 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >だよねー。 そういう風にこのドラマは作ってあるけど、大野治長説のほうが有力みたいよね。

    大野治長説は、江戸時代当初から流れていた噂なので。。。

    色々なドラマや小説でも使われているよね。

    。。。なのに、このドラマでは治長は出てもいないような

    気がする。。。出てた?

    >山内家の拾いは どうなるのだろう・・子供って

    >訳でもないみたいだし、千代はもう子供はできないのかな?

    ネタバレになるけれども、できないです。

    山内家の跡を継ぐのは、康豊の子供なんだよ。

  • くう
    2006年9月12日 2:08 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >捨て子はよく育つという迷信からなんでしょうが

    >それにしても、名前まではねぇ。

    >今の価値観だとありえない考え方ですね。

    一生の内に何度も名前を変えていた時代ですからね。

    この幼名はすくすく育つための、まじないのような物でしょうね。

    >秀吉は、自分で心当たりがあると言ってましたが57歳でしたから、三成や別の男性が助けたのかもしれませんね・・・

    私はそう思ってます。マジで(^^;)

    秀吉には、お種は無かった物だと。。。

    お茶々の子は、復讐のためか権力欲のためかは実際は

    解りませんが、豊臣の子ではないだろうと。。。

  • くう
    2006年9月12日 2:05 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >色々想像してね、って脚本家が楽しんでいるような気もいたします。

    そこはもう。。。NHKですから。。。

    公序良俗に反する事は、ハッキリとは。。。

    >拾や捨と言う名はよくあったんですね。

    >本当に父親が誰であろうと、男児を続けて産むあたり、淀殿の強運と言うか、執念がそこまで伝わるのかと驚くばかりです。

    これが女の子だったら計画丸潰れですもんね。

    ちゃんと外さず男児を産むところが恐いです。

  • くう
    2006年9月12日 2:03 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >捨て子は良く育つ・・と言われても

    >捨とか名前についてたら 今の時代なら嫌ね

    今の時代は改名ができないからね。

    なかなかそんな無謀な名前は付けられないよね(^^;)

    >大きくなっても名前が 捨のままって・・・

    >何だか悲しいなぁ・・・

    >どうなるんだろうねぇ

    大名家に拾われてしまったのが幸運だったか不運だったか

    って話よね。。。

    でも、彼は有名な人になります。

    今、千代の愛情をいっぱい受けているからね。

    立派な人になるよ。大丈夫。

  • くう
    2006年9月12日 2:00 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >山内家の「拾」

    >どうして秀頼の幼名と同じ名前なのだろう…?と思っているのですが、やはり何かあるんですかね。

    上に書いたように、そういう風習があったので、

    ありふれた幼名だったのですよ(^.^)

    おまじないのような物ですね。

  • ジェニファー234
    2006年9月12日 2:00 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >どう助けろと。。。

    って事は、やはり、って事なのですね。

    だよねー。 そういう風にこのドラマは作ってあるけど、大野治長説のほうが有力みたいよね。

    山内家の拾いは どうなるのだろう・・子供って

    訳でもないみたいだし、千代はもう子供はできないのかな?

  • 「感動創造」
    2006年9月11日 11:56 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。

    捨て子はよく育つという迷信からなんでしょうが

    それにしても、名前まではねぇ。

    今の価値観だとありえない考え方ですね。

    秀吉は、自分で心当たりがあると言ってましたが57歳でしたから、三成や別の男性が助けたのかもしれませんね・・・

  • さくらこ
    2006年9月11日 10:21 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    淀殿と三成の会話は、どんな捉え方でも出来るような玉虫色ですよね。

    色々想像してね、って脚本家が楽しんでいるような気もいたします。

    拾や捨と言う名はよくあったんですね。

    本当に父親が誰であろうと、男児を続けて産むあたり、淀殿の強運と言うか、執念がそこまで伝わるのかと驚くばかりです。

  • ミルキィ~♪
    2006年9月11日 3:28 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    捨て子は良く育つ・・と言われても

    捨とか名前についてたら 今の時代なら嫌ね

    大きくなっても名前が 捨のままって・・・

    何だか悲しいなぁ・・・

    どうなるんだろうねぇ

  • あむろ
    2006年9月11日 9:57 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは♪

    山内家の「拾」

    どうして秀頼の幼名と同じ名前なのだろう…?と思っているのですが、やはり何かあるんですかね。

    もしや秀頼と…?

  • くう
    2006年9月11日 12:20 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >結局のところ、天下は家康のものになってしまうけれども、豊臣家は秀次の家系で高家みたいな形で存続できたんじゃないかな、と思いました。

    私もそう思います(^.^)

    女の子だったら、徳川と血縁を結んだりして、

    長くこの世に秀吉の(実際はどうだかわかんないけど)血筋を残したかも。

    でも、お茶々の望みは豊臣の滅亡でしょうから。。。

    男の子が生まれて、秀吉の実家の血も絶えて、

    そして、自分が産んだ男子も滅んで。。。

    満足した最後になったかも知れません。

  • 琉河岬
    2006年9月10日 11:55 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!

    >この辺に、淀殿の悪運の強さ、執念を感じます。

    この文を読んで、もしこの時産まれていた子が女の子だったとしたら、歴史はどのように変わっていたんだろうと考えてしまいました。結局のところ、天下は家康のものになってしまうけれども、豊臣家は秀次の家系で高家みたいな形で存続できたんじゃないかな、と思いました。

    本文と関係のない話で失礼しました。

  • くう
    2006年9月10日 11:19 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >先週は千代でしたが

    >今回は六平太が更に世の中の先読みができるようで(;・∀・)

    六平太には以前からそういう事がありましたね。

    もう、こうなったら、六平太を得た者が天下を得る、

    って感じですか(^▽^;

    >それにしても二人の「拾」

    >千代はおそらく跡を継がそうとするも紆余曲折を経て

    >自分のエゴを抑えた事で幕末まで山内家を続ける事が出来たようですが

    >秀吉は己が血筋で豊臣家を続けたいがために

    >自分のエゴを押し通した事で豊臣家を滅ぼす事になりそうです。

    本当に成り上がりの悲しさで。。。

    自分の血筋を残そうとした事で、かえって自分の血筋を

    消して行ってしまったと言う。。。

    ここから先は、秀吉の狂気の始まりですね。

    >これも情に押し流されてはいけないという六平太の言う通りのようで(苦笑)

    そうです。

    六平太のお告げに従わない者は滅びるのです。。。

  • ikasama4
    2006年9月10日 11:03 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    先週は千代でしたが

    今回は六平太が更に世の中の先読みができるようで(;・∀・)

    もしかしたら千代よりも知恵者だったりして(笑)

    それにしても二人の「拾」

    千代はおそらく跡を継がそうとするも紆余曲折を経て

    自分のエゴを抑えた事で幕末まで山内家を続ける事が出来たようですが

    秀吉は己が血筋で豊臣家を続けたいがために

    自分のエゴを押し通した事で豊臣家を滅ぼす事になりそうです。

    これも情に押し流されてはいけないという六平太の言う通りのようで(苦笑)

  • くう
    2006年9月10日 10:52 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >淀茶々はやはり根性で男の子生んだんですかね^^;

    >すごいです。。

    人間、根性出せば何でもできるんでしょうか(?_?)

    ウチは根性が足りなかったらしく、女の子を産む事が

    できませんでした。。。(–;)

  • くう
    2006年9月10日 10:50 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >やっぱりいつもの淀&三成による怪しげシーンの後には………だったのですね!

    >そうか、そうか!

    じゃないっすか(?_?)

    そう思ったのは私だけ(?_?)

    あの後、お茶々とお光のめくるめく世界が。。。。。

  • くう
    2006年9月10日 10:49 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >でもいつまでもそんな名前だったら、その子もたちまち「僕って拾い子なんじゃ、、、」とブルーになるでしょうね(笑)

    大抵の子が縁起担ぎで「拾」だの「捨」だのと呼ばれていたわけだから

    気にはならないかも。。。

    もっとも、山内のお拾は、本当の捨て子ですが(^_^;)

  • のの雪
    2006年9月10日 10:48 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは~^^

    淀茶々はやはり根性で男の子生んだんですかね^^;

    すごいです。。

  • くう
    2006年9月10日 10:47 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >お墓を掘り起こして骨を調べれば誰の子かわかるって。

    そうか~。。。そんな古い物でも調べられるんだ。

    化学の力はすごいなぁ。

    でも、秀頼は焼けてしまって、ちゃんとした

    墓もないだろうから、真相は闇の中だね。

    茶々は後始末まで上手くしたんだわ(^_^;)

  • ・チエリ・
    2006年9月10日 10:29 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    やっぱりいつもの淀&三成による怪しげシーンの後には………だったのですね!

    そうか、そうか!

  • てれすどん2号
    2006年9月10日 10:24 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    パクリかよ!と思いましたが、きっと拾い子は当時そういう名前をつけるものだったんでしょうかねえ。でもいつまでもそんな名前だったら、その子もたちまち「僕って拾い子なんじゃ、、、」とブルーになるでしょうね(笑)

  • ラビットらむ
    2006年9月10日 10:19 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    先日新聞に出ていたよ。

    いまやDNAの時代。

    お墓を掘り起こして骨を調べれば誰の子かわかるって。

    歴史上の人物の意外な、あるいは、やはり。。。。

    ということが解明されるとね。

    いじわるな現代人が調べるのも面白そうだよね。イシシ。。。。

  • くう
    2006年9月10日 10:11 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >そーか、助けよ!って

    >子供を産むお手伝いをせよ

    >と言う意味だったのですか。すするどい!

    えっ。。。違う(?_?)

    そんな風にしか考えられなかった私は。。。ヤバイですか?(^_^;)

  • ぱるぷんて海の家
    2006年9月10日 10:03 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    そーか、助けよ!って

    子供を産むお手伝いをせよ

    と言う意味だったのですか。すするどい!