【Q.E.D. 証明終了】第2話

石の香や 夏草あかく 露あつし

可奈の亡くなった母の親友だった人形作家・七沢克美の

1人娘、鈴子が結婚する事になった。

お祝いに行く可奈だったが、その場に金融会社社長の

阿久津が現れる。

阿久津は、七沢の計画する人形館の乗っ取りを企み、

鈴子の婚約者・吉野にも借金をさせていた。

人形館の乗っ取りを知った七沢は失意の内に亡くなった。

その数週間後、今度は人形館で阿久津が謎の死をとげる。

謎の解明のために人形館に忍び込んだ可奈と想。

想は、阿久津が死んだ部屋の状態をメールで可奈に尋ねる。

絨毯あり。ウール100%

と返信した可奈への想の返事は

「Q.E.D.」

想には、ペースメーカーを使っていたと言う

阿久津の死の仕組みが、即時に解ったのだった。

        

静電気が、ペースメーカーに、それほどの

衝撃を与えるとは

そういうモンなんでしょうか。。。

えっっ

もう解決~


って言うほど謎解きのない話だったけど~。。。

金融屋を殺したのは、一体の人形だった。

そして、そこには、嫁ぐ娘の幸せを祈る

母の思いが込められていた。


どって事ないんですが、母の姿が人形に変わるシーンは、

ホラー並に上手く出来ていたと思う。

(また、母が江波さんだし~ )

そして、この程度のエピソードで、ちょっと

グッと来てしまう自分が。。。。。

何か。。。騙されてないか~。。。

主役の演技も何故か、たった1話で慣れてしまった

「証明終了です」と言う想は、何故かカッコ良くさえ見える。。。

魔法にかかったようなドラマだ~

演出力があるんだな。。。

簡単だけど、結構面白い。

ただいま試験的にトラバを即時反映させています。いずれ承認制に戻すかもです。ご了承下さい







フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >お互いを庇ったために、その裏にある真実が見えなくなる・・・

    >なかなか面白い展開でしたね♪

    あれを45分で展開させて解決させて後日談まで作るって言う技に

    ちょっと驚きました。

    演出の人は短編を作るのがお上手ですよね^^

    >江波さんの役も不気味で、ラストの人形が克美に替わるシーンは鳥肌が立ってしまいました。

    私も~(>_<)恐かったですよね。

    さすが江波さんの存在感。。。

  2. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >自力で推理出来るようなトリックではなかったけど

    >ひたすらへぇ~と感心♪

    >さすが、想ってばマサチューセッツ!!!←どれほど

    >凄い学校なのかは知らんけど(笑)。

    絨毯が敷いてあるってだけでピンと来ちゃうんだもんね。

    おまけに娘には母の犯行だと言わない優しさ。。。

    カッコ良く見えてしまったのは目の錯覚だけじゃないよね^^;

    >そして殺人とはいいながら、娘や人形を守ろうとした

    >七沢にめっちゃ共感!

    母の気持ちですわ~。。。

    こういうの、弱いです(; ;)

    >くうさんもすっかり脚本家の藤本マジックにやられてるし~(笑)

    ね~^^;

    魅力的な脚本と演出です。

    2人のキャラも上手く作ってるしね♪

  3. くう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >第一発見者が三人という

    >まるで落語に出てきそうな話と

    >殺生的という古来の内容と事件と

    >人の情愛を絡ませる展開

    そっか~。。。落語!

    まさに「ちりとてちん」のような。。。

    その辺にハマってしまうワケですね^^

    >脚本家さんが「ちりとてちん」を

    >担当した時に培った業が存分に生かされてます(≧∇≦)b

    >これだと次回も楽しみです( ̄▽ ̄)

    私は「ちりとてちん」は、あまり真剣に見てなかったんですよ~(; ;)

    (ダンナが、かなりハマってた^^;)

    私的には今回、ホラーっぽい演出にハマりました。

    この手のドラマは好きなので、これからも楽しく見れそうです♪

  4. BROOK より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。

    お互いを庇ったために、その裏にある真実が見えなくなる・・・

    なかなか面白い展開でしたね♪

    江波さんの役も不気味で、ラストの人形が克美に替わるシーンは鳥肌が立ってしまいました。

  5. まこ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    自力で推理出来るようなトリックではなかったけど

    ひたすらへぇ~と感心♪

    さすが、想ってばマサチューセッツ!!!←どれほど

    凄い学校なのかは知らんけど(笑)。

    そして殺人とはいいながら、娘や人形を守ろうとした

    七沢にめっちゃ共感!

    くうさんもすっかり脚本家の藤本マジックにやられてるし~(笑)

  6. ikasama4 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    第一発見者が三人という

    まるで落語に出てきそうな話と

    殺生的という古来の内容と事件と

    人の情愛を絡ませる展開

    今回はこの演出が光ってました。

    脚本家さんが「ちりとてちん」を

    担当した時に培った業が存分に生かされてます(≧∇≦)b

    これだと次回も楽しみです( ̄▽ ̄)