【白夜行】第9話

どうか親たちに伝えてください。
本当の罰は心と記憶に下されると伝えてください。



サボテンの下から母は見つけてしまった。
見つけた途端、瞬時に何もかも知ったのだろう。

雪穂の実の母が何故死んだのか。
今まで雪穂が隠してきた、その全てを。

倒れて入院し、病院にやって来た雪穂に問う。

「雪穂、あれは何?」
「今までずっと隠してきて辛かったやろ」

「自首し。長生きするから。ずっと待ってるから」



初めて、本物の涙を母の前で流す雪穂

しかし、雪穂の答えは

母に繋がれている医療器具の、命のパイプを切る事だった



「1人じゃないから
行くわけにはいかないの」




泣いてしまった。
見終わってから、1人で部屋に篭もって泣いた。

ひどい話だ。。。と思う。

母は、娘による死を受け入れたのだろうか。

親たちは子供達を愛している。
雪穂の母も、そして、亮司の母も。

笹垣は、言う。

2人の犯罪には共通する事がある。
真実に触れた物には、死を与えます。



与えられた死。

2人は、その2人の行く道を阻む物は、愛のある者でさえ許さない

「二人して、そのざまか」

何もかも受け入れながら、でも、2人の行く道を死を持って見据える強い瞳。

母の最後の涙が記憶から離れない。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村  

※この記事は、2010年8月に楽天ブログから引っ越してきた記事です。
コメントはお引越しできましたが、トラバはお引越しできませんでした。


キャスト

桐原 亮司 – 山田孝之(幼少時:泉澤祐希)
唐沢 雪穂 – 綾瀬はるか(幼少時:西本雪穂-福田麻由子)

松浦 勇 – 渡部篤郎

笹垣 潤三 – 武田鉄矢

桐原 洋介 – 平田満
桐原 弥生子 – 麻生祐未
篠塚 一成 – 柏原崇
古賀 久志 – 田中幸太朗
園村 友彦 – 小出恵介
菊池 道広 – 田中圭

唐沢 礼子 – 八千草薫

西口 奈美江 – 奥貫薫
榎本 宏 – 的場浩司
川島 江利子 – 大塚ちひろ
藤村 都子 – 倉沢桃子
秋吉 雄一 – 尾上寛之
小竹 亮子 – 春日井静奈
高宮 誠 – 塩谷瞬
三沢 千都留 – 佐藤仁美
西本 文代 – 河合美智子

谷口 真文 – 余貴美子

栗原 典子- 西田尚美





この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

30件のコメント

  • くう
    2006年3月13日 12:30 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    こちらこそ、毎度トラバありがとうございます(__)

    >ここで礼子を殺らなければ、

    >今までの嘘が本当の嘘になってしまうのでしょうね。

    本当は、もっと早く母にバレていれば、そこが

    潮時だったんでしょうね。

    でも、もはや遅いですね。

    >雪穂と礼子はいい関係が築けそうだったのに・・・

    あの母はすごい人ですよ。

    私だったら「親を殺す気か」とか「人否人!」とか

    散々わめいて殺されていくだろうとおもいます(^_^;)

    「哀れやな」とは、とても言えません。

  • ジンク・ブルー
    2006年3月13日 12:07 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    ここで礼子を殺らなければ、

    今までの嘘が本当の嘘になってしまうのでしょうね。

    雪穂と礼子はいい関係が築けそうだったのに・・・

  • くう
    2006年3月10日 11:59 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >見逃しました~!なんてこと!!

    え~(◎-◎)残念~!

    2人の絶望的な行く末を暗示させるお話でした。

    >雪穂が再び母を殺そうとするシーンからなんとか・・

    >じゅうぶん重かったです。八千草薫のセリフも、

    >余貴美子と亮の母のシーンも・・

    最後の方は見れたんですね(^.^)

    最終回まで後少し、見守っていきたいですね。

  • yon-ta
    2006年3月10日 11:47 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    見逃しました~!なんてこと!!

    雪穂が再び母を殺そうとするシーンからなんとか・・

    じゅうぶん重かったです。八千草薫のセリフも、

    余貴美子と亮の母のシーンも・・

  • くう
    2006年3月10日 9:55 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >辛いね。あんなふうにしか生きられなくなって、母親までも殺してしまうのは。それと引き換えにしてでも自分たちは生きたいのかな。私なら、自分が死にたくなる・・・。

    2人で生き抜くためにここまでやるんだから、

    自分で死ぬ事なんて考えないだろうね。

    この気持ちを背負って生きていくつもりなんですね。きっと。

  • くう
    2006年3月10日 9:53 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >涙というよりは腹がたってしまいました。

    私も、ほとんど悔し泣きですよ(–;)

    どうして、ここまでやらなくてはならないのか。

    本物の太陽の下を歩くと言う目標から遠くなっている事に気づかないのか。

    >八千草さん、さすがに風格がありましたね。

    素晴らしい演技だったと思います。大女優は違うんだなぁ。

  • くう
    2006年3月10日 9:50 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >この母のような愛を二人の両親が持っていたらこんな悲しい運命を歩くこともなかったのに。

    >魂に罪をなすりこんだのは全て親たちの責任ですね。

    元々は実の親たちの責任ですよね。

    生い立ちとは、ここまで人の人生を狂わせるのでしょうか。

    辛い展開になってきましたね。

  • くう
    2006年3月10日 9:49 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >今回の話は・・・きつかったですね。

    >殺してまで、二人は幸せになれるのか・・

    >満足なのか・・

    そこまでしても、2人で生きていきたかったのでしょうね。

    でも、この事は必ず大きな壁になると思います。

    サボテンの下も。。。誰かに発見される事になるのかなぁ。。。

  • くう
    2006年3月10日 9:47 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    初めまして♪

    書き込みありがとうございます。

    >ほんと、昨日の八千草薫さんは良かったです!!!

    >でも、とても辛い結末で・・・(+_+)

    昨日はお母さんと触れる場面で、ほとんどウルウルしてました。

    あんな人まで手に掛けるなんて。。。

    本当に情けない。

    >いよいよドラマも終盤、図書館の余貴美子さんも気になる存在!

    真実に触れた物には死を。。。

    と言う事は余さんはどうなるんでしょうね。

    危ない事にならないと良いのだけど。。。

  • くう
    2006年3月10日 9:45 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >この人は仕事に対して妥協はしないというか、年を重ねても、見事に演じきる人なんだな。と思ったよ。

    >だから、超人気アイドルとはいえ、自分達が女優としてまっすぐ頑張っているのに、当たり前のように遅刻してくるのが許せなかったんだろうね。

    私は実は赤いシリーズって見てなかったのよ。

    山口百恵は、あまり好きではなかった(^_^;)

    そんな事があったなんて初めて知ったよ。

    でも、そうだと思う。

    仕事への取り組みが真面目な方なんでしょうね。

    昨日の演技を見て感動したもん。

    素晴らしい女優さんだわ(^.^)

    >百恵ちゃんが悪いのではなく、周りの管理が悪いのだけどね。

    当時のアイドルって、睡眠時間が2時間とか3時間とか。。。

    前にピンクレディが何かの番組で、当時番組収録中に寝てしまった事もあった、

    と言っていた(◎-◎)

    大変だったんだろうなぁ、と思うわ。

  • くう
    2006年3月10日 9:41 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >すみません。TBの内容を間違えたので再度付けさせていただきました^^; 

    こちらこそ、いつもお世話になってます♪

    的確なレヴュー、毎回楽しみに読んでます。

    >この2人。ここまでしておきながら、太陽の下歩こうなんてムシのいい話だと思います(笑)

    私も思いましたよ。同情の余地なし。。。

    だから最終回に向けて大きな罰が下るんでしょうね。

    見るのが辛い回でした。

  • くう
    2006年3月10日 9:38 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >2人してそのざまか・・・って言葉

    >ほんまに 印象深いでした

    >さすがは大物女優の言葉ですわ

    私も八千草薫さんには感動しました。

    大女優ってこういう物なんだなぁ。。。

    今まで娘を黙って暖かく見守ってきた優しい人から出た言葉だから

    余計迫力と真実味を感じました。

  • ちさちろ
    2006年3月10日 9:21 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    お母さんの「二人してそのざまか」という言葉には傷つきました。辛いね。あんなふうにしか生きられなくなって、母親までも殺してしまうのは。それと引き換えにしてでも自分たちは生きたいのかな。私なら、自分が死にたくなる・・・。

  • 愛梨
    2006年3月10日 8:32 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    本当に雪穂のことを心配してくれている礼子よりも亮司とのことを優先して、礼子までも手にかけようとする雪穂、そして実際に礼子に手をかける亮司には、涙というよりは腹がたってしまいました。でも、礼子の「二人して、そのざまか」という言葉は重かったですね。礼子の気持ちを思うと、悲しくなってしまいます…。八千草さん、さすがに風格がありましたね。

  • かりん
    2006年3月10日 8:11 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >行く道を死を持って見据える強い瞳。

    本当に哀れな亮司と雪穂です。

    この母のような愛を二人の両親が持っていたらこんな悲しい運命を歩くこともなかったのに。

    魂に罪をなすりこんだのは全て親たちの責任ですね。

  • どりりん。
    2006年3月10日 6:03 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    今回の話は・・・きつかったですね。

    殺してまで、二人は幸せになれるのか・・

    満足なのか・・

    うーん・・考えさせられますね。

  • ko_ro
    2006年3月10日 10:04 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして~

    ほんと、昨日の八千草薫さんは良かったです!!!

    でも、とても辛い結末で・・・(+_+)

    いよいよドラマも終盤、図書館の余貴美子さんも気になる存在!

  • ラビットらむ
    2006年3月10日 9:44 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    小説とはいえ、ここまでになってしまうのはどうしてなんだろうね。

    八千草薫が輝いて見えた。

    そして思い出したことがあったよ。

    赤いシリーズで、百恵ちゃんのお母さん役だったんだけど、百恵ちゃんのあまりにも多忙なスケジュールによる遅刻の連続で、役を降板したんだよね。

    確かその後は渡辺なんていったっけ?(度忘れ)替わったよね。

    そのときには、なんだか冷たい感じで百恵ちゃんが可哀そうと思ったけど、昨日のお母さん役を見ていて、この人は仕事に対して妥協はしないというか、年を重ねても、見事に演じきる人なんだな。と思ったよ。

    だから、超人気アイドルとはいえ、自分達が女優としてまっすぐ頑張っているのに、当たり前のように遅刻してくるのが許せなかったんだろうね。

    百恵ちゃんが悪いのではなく、周りの管理が悪いのだけどね。

    何か横道にそれてごめんね。(^^;

    急に思い出してしまった。

  • narizaemon。@自己満族
    2006年3月10日 6:47 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    すみません。TBの内容を間違えたので再度付けさせていただきました^^; 

    この2人。ここまでしておきながら、太陽の下歩こうなんてムシのいい話だと思います(笑)

  • ミルキィ~♪
    2006年3月10日 6:23 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    今回のは特に見所が多かったですね

    共通してる事は 自分たちの真実に触れた人間には

    死を与える。。。。

    2人してそのざまか・・・って言葉

    ほんまに 印象深いでした

    さすがは大物女優の言葉ですわ

  • くう
    2006年3月10日 3:15 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >ふたりに幸せになって欲しいと思っていました。

    >しかし、罪の無い人まで殺すのはどう考えても身勝手ですよね。

    もっと早くに自首してくれていれば、とっくに本物の太陽の下に

    出られていたはず。。。

    2人は今でも子供の時のままなのよね。

    お互いの事で精一杯。罪を隠す事に夢中で。。。

    今回の事は本当に取り返しのつかない過ちですよね。

  • くう
    2006年3月10日 3:13 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >本当の母親にもそのくらいの愛があれば。。。

    そうよね~(–;)

    元々は実の母があんなだった事が引き起こしたんですものね。

    この母に引き取られた段階で、恵まれた人生を選ぶ事も

    できたんでしょうに。。。

    ラストまで見守りたいです。

  • くう
    2006年3月10日 3:11 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >そんな言葉よりも亮司との事が優先されてしまうなんて(涙)。

    結局、あの2人には2人の世界しかないんですね。

    手をさしのべてくれる人は大勢いたのにね。

    自分たちしか見えていなくて、破滅に向かっているんだと思うと哀れです。

  • り~こちゃんねる
    2006年3月10日 1:08 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    ふたりに幸せになって欲しいと思っていました。

    しかし、罪の無い人まで殺すのはどう考えても身勝手ですよね。

    これがドラマだからいいけど本当の話だった大変な事ですよ。

    ドラマだからそれでもふたりで太陽の下を願ってます。

  • アンナ
    2006年3月10日 1:07 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    くうさん こんばんは!

    八千草薫さんの母親役がなんともあったかくて

    言葉が心に染みました(涙)

    長生きするから、待ってるから。。。って。

    本当の母親にもそのくらいの愛があれば。。。

  • まこ
    2006年3月10日 1:03 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    愛情に縁の無い人生を送る羽目になった雪穂にとって、

    義母の厳しいながらも愛情に満ち溢れたあの言葉は非常にありがたい事だと思うんですけど・・・

    そんな言葉よりも亮司との事が優先されてしまうなんて(涙)。

    あんな状況になって尚、雪穂があんな風になった責任を感じてるだろう義母が愛が悲しいです。

  • くう
    2006年3月10日 12:54 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >どのブログを見ても書いてますね

    >「二人してそのざまか」

    >この台詞はかなり印象深かったんでしょうね

    そうですね。

    八千草薫さん、すごい!と思いました。

    死を前にして、2人の記憶から永遠に消える事がない最後の悟しですよね。

  • くう
    2006年3月10日 12:52 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    駄文ですが。。。(^^*ゞお役に立ててる(?_?)

    あまり粗筋とかダ~っと書きたいタイプじゃないから、

    感情に任せて感想書きたい部分だけ拾ってるの。

    話の筋が見えなくてゴメン(^^;ゞ

  • くぶくりん
    2006年3月10日 12:31 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    どのブログを見ても書いてますね

    「二人してそのざまか」

    この台詞はかなり印象深かったんでしょうね

  • みずまま-ほ19
    2006年3月10日 12:30 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    あまり真剣に見てないけどくうふうさんのブログ見て

    なんとなく心理を納得してたりして^m^

    いつもありがとう!!!