【篤姫】第二十八回

篤姫は、棺の前で泣き崩れた。


物も言わない白い箱の中。


自分と出会えたから、自分に産まれて良かった


と言ってくれた人は、その中にいた。






井伊直弼は大老に就任。


家定は、井伊に御台を慶福の後見にと伝える。


わしは政に新風を吹き込みたい。


しかし、神妙に頭を下げた井伊の内心は量れない。


家定は念のため堀田を呼び、同じ事を申しつける。


こうして、充分に自分が亡き後の篤姫の処遇を準備した後、


家定は倒れた。


知らされた本寿院は


上様のご病気のこと、御台所に伝えては成らぬ。


知れば会おうとするであろう。


上さまのご病気が重くなる。



と、医師と周りに申しつける。


納得の行かない滝山。





御台よ、なぜいつかのように、わし会いに来ぬ。


わしからは、もう行けぬ。



滝山から家定の病気を聞かされたその日、


篤姫の元に斎彬の訃報が伝えられた。


井伊が大老に就任する前のごたごたの中、


斎彬から送られた手紙を、篤姫はやっと開く。


その中には、すでに将軍後継の事などは全く書かれていなかった。


斎彬は、自分の勝手で篤姫を実家から引き離し、


御台所として江戸城に送り込み、将軍後継争いに


巻き込んだ事を詫びていた。


いずれ、そなたと薩摩は敵味方になるかも知れぬ。


その時は、己の信ずる道を行け。


父の事は案ずるに及ばず。



もっと早く読んでいれば・・・


泣き崩れる篤姫の元に


次は、最愛の人の死の知らせが待っていた。





      


。。。。。もっと泣けるかと思ったんだけど。。。


いや、泣くには泣いたんだけど。。。


それよりも、篤姫があまりにも哀れで


こっちまで呆然としてしまった。


一度に持たらされた訃報。


こんなに不幸が重なった人を見たら、


こっちの気持ちなんか吹っ飛んでしまうではないか。


しかも、夫たる人が亡くなったと言うのに


ひと月も知らされていなかったなんて。


同じ屋根の下にいると言うのに。。。。。


大奥の、いや、江戸城のしきたりの


理不尽さに驚く他はない。





先日、会社帰りに車の中で流れていたラジオの中で、


堺さんの名前が急に出てきて、ハッとした。


堺さんが演じる家定の行き方をマネしよう


「うつけの薦め」



と言う物だった。


うつけの振りをして生きていると、まわりが安心し、


油断するので実力が発揮しやすい。。。とか。。。


そして、堺さんの人気や演技力について触れていた。


何か、意外~。。。な感じ


家定はうつけかも知れないけれど、


堺さんは別にうつけじゃないぞ。


演技力を誉めて貰えるのは嬉しいけど~


ずっと堺さんが好きだった身からすると、


家定は、それほど好きなキャラじゃない。


歴史的に、あまり名を成している人じゃないし、


史実は実際にうつけだったかも知れないし


今回も、「新選組!」で、山南さんが死んでしまう時ほど


涙にくれてはいなかった。


あの時は、もう何週間も前から山南さんの身を思い、


真剣に涙していた記憶が。。。


でも、やっぱり堺さんの演技は今回も素晴らしかった。


先日、公開中の「クライマーズ・ハイ」を見に行った。


〈くうの「クライマーズ・ハイ」感想 


観てから、色々なサイトを回ったら、


多数のサイトが堺さんの演技の素晴らしさについて語っていた。


何か嬉しかった


もうこれで毎週、堺さんに会えなくなるのは寂しいなぁ。


今後もますます活躍していただきたい役者さんだ。





天璋院篤姫(上)新装版


天璋院篤姫(下)新装版


天璋院篤姫と大奥の女たちの謎


トラックバックは承認制です。即時反映はされません。ご了承下さい







この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

12件のコメント

  • くう
    2008年7月15日 2:00 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >何かもっとどっとくるものを期待していただけに少々肩透かしな最期だった気がしてならないです(><)

    >まさかあの碁石が最期のシーンだとは夢にも思わず・・・。

    私もまさかあれが最後だとは思ってもいなくて。。。

    後から考えると「もう行けぬ」のセリフが本当に気の毒で(; ;)

    史実を優先したってことなんでしょうね。

    あの時代の江戸城では夫婦だってこんなモンなんだって事で。

    そして、過去の御台所はそれでも構わなかったのかもね。

    大抵の将軍には側室がいっぱいいて、御台所はお飾りのようなものだったし。

    残酷なことです。

    >ひとまず次回以降がまた勝負の篤姫ですね!!

    次回からは、政治と戦うって感じかな。

    もうこれからは江戸城引き渡しまで色恋もなく一直線。

    和宮の登場が楽しみ♪

  • なぎさ美緒
    2008年7月15日 11:04 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    何かもっとどっとくるものを期待していただけに少々肩透かしな最期だった気がしてならないです(><)

    まさかあの碁石が最期のシーンだとは夢にも思わず・・・。

    でもあくまで主役は篤姫なのでってことなのかなとも思ってみたり。

    それにしても不幸続きですよね・・・。

    棺にすがり付いて涙する篤姫にはやはりじんとくるものがありましたね。

    ひとまず次回以降がまた勝負の篤姫ですね!!

  • くう
    2008年7月14日 12:21 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >役者が演じる事で(特に自分の好きな役者が)

    >こんなにも歴史上の人物が魅力的に見えると同時に

    >その歴史上の人物を好きになってしまうのは

    >これはもう役者冥利に尽きますかね。

    そうですよね~!

    今まで、私の中で家定と言う人は、

    「天璋院の夫で、結婚してすぐ亡くなった人」

    と言う印象しかありませんでした。

    こうやって堺さんが演じることで、その人物にも

    興味が持てました(^.^)

    >でも、思った以上に泣けなかったです。

    私もね。。。

    ちょっとウルっとなった程度だった。

    演出がアッサリ、とか、あっつーの悲劇が酷すぎて、

    あっつーの心配の方が先立ってしまった、とか。。。

    色々と要因は考えられますが、やはり思い入れの問題もあるかな。

    >泣きの部分では今のとこ

    >やっぱ山南さんが最強(T▽T)

    山南さんの時は、日常生活でも泣きが入るくらい

    何週間も悲しかったですからね~。。。

    あれから堺さんを、ドラマで、映画で、何本も観ているのに

    未だに私の中では山南さんを越えていません。

    山南さんってスゴイ人だったし、「組!」はスゴイ

    大河ドラマだったなぁ、とつくづく思う次第です。

  • くう
    2008年7月14日 12:13 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >姫と家定、誰よりもお互いの考えが分かり合えたのに最期を看取る事が出来なかった姫の無念さ、悲しさが曲調とリンクしたみたいです。

    号泣、と言うよりもジワッと悲しい感じでしたね。。。

    篤姫の嘆き様は切ないどころじゃありませんでしたが。。。

    悔しい悲しい気持ちが伝わってきました。

    >斉彬臨終シーンは、忠教の何となく胡散臭い演技が気になって意識が散漫してしまいました(笑)

    そ~なんですよね(^^;)

    この弟はどうも。。。

    父上については、手紙のシーンが、ちょっと泣き所でした(; ;)

  • ikasama4
    2008年7月13日 11:51 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    徳川家定がそんなスゴイ人物とは

    思ってもなかったんですがねぇ。

    役者が演じる事で(特に自分の好きな役者が)

    こんなにも歴史上の人物が魅力的に見えると同時に

    その歴史上の人物を好きになってしまうのは

    これはもう役者冥利に尽きますかね。

    最後の回想シーンを思い出すと

    ちょっと泣けてきますが

    でも、思った以上に泣けなかったです。

    泣きの部分では今のとこ

    やっぱ山南さんが最強(T▽T)

  • 琉河岬
    2008年7月13日 11:39 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!

    篤姫が、棺の前で崩れるシーンで頭の中にOPのテーマ曲が流れてきました。

    姫と家定、誰よりもお互いの考えが分かり合えたのに最期を看取る事が出来なかった姫の無念さ、悲しさが曲調とリンクしたみたいです。

    斉彬臨終シーンは、忠教の何となく胡散臭い演技が気になって意識が散漫してしまいました(笑)

  • くう
    2008年7月13日 11:20 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >篤姫だったらぜったい開けると思ったけど^^;

    あたしも開けるかと思った。。。。

    でも、開けない方がいいよ。

    だって暑そうだったし、1ヶ月経ってるし。。。。

  • くう
    2008年7月13日 11:16 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >気持ちが二人に分散したのか、それとも意外とあっさりと描かれていたからでしょうか。

    私も、ほとんど泣かなかったです~。

    意外とアッサリ。。。が原因な気がしますね。

    でも、ドラマ的に不満足なわけではないです。

    あっつーを慰めてあげたくなってしまった。。。(◎-◎;)

    >堺さんはまたまた大河途中での降板で、寂しい限りです~(泣)

    いっつも死んじゃう役なのね。。。(; ;)

    でも、いいの。

    儚い役がお似合いなのです。

  • くう
    2008年7月13日 11:02 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >篤姫の叫びみたいなのが、こっちまで伝わってきたような感じがしました。

    ついにこの日が来てしまいましたね~。。。

    これからは、回想シーンでしか上さまに会えないとは。。。(-_-)

    篤姫のあまりの不幸っぷりに、こっちは泣くよりも

    呆然としてしまいましたわ~。

  • のの雪
    2008年7月13日 10:48 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    あのなかに上さま。。いたのかなぁ。。

    篤姫だったらぜったい開けると思ったけど^^;

  • ミチ
    2008年7月13日 10:34 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    二人も大物が亡くなったのに、それほど泣かなかったんです。

    気持ちが二人に分散したのか、それとも意外とあっさりと描かれていたからでしょうか。

    堺さんはまたまた大河途中での降板で、寂しい限りです~(泣)

  • BROOK
    2008年7月13日 9:50 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。

    ついに家定薨去の回が来てしまいましたね。

    ああいった振り返りのシーンを入れると感動も倍増というか・・・♪

    篤姫の叫びみたいなのが、こっちまで伝わってきたような感じがしました。