【サキ】第3話 感想

私もね、万年筆を愛用してるの。
苦しい思いから卒業したいときに活躍してくれるのよ。

生きていると、誰にだって苦しい思いがあるでしょ?
決して他人に知られたくない、知られてはいけない秘密の思いとか…。



サキ 第3話

    saki1.png


バスローブのままで玄関のドアを開けると、そこには野村の妹、
「祐樹」がいた……。

妹と聞いて、ちょっと意外そうな顏のマイヤー。
もしかしたら、本当にだとも妹だとも知らなかったのかも…。

私、サキといいます。
網浜サキです。

良かったら、お昼ご飯ご一緒しませんか?



野村の方は祐樹から東京に出てきているというメールを貰っても会ってあげることができない
自分の気持ちに苦しみ続けていました。

サキと同じ年の33歳だという祐樹。
20代にしか見えない可愛い顔立ち。


ウチはちょっと特殊っていうか、両親が早くに亡くなったから、お兄ちゃんが
親代わりだったんです。

高校受験のときが一番一緒にいたな。
一番不安定だったっていうか、初めて自分で人生の選択をするときだったから、
とっても不安で落ちちゃったらどうしようとか。
でも、お兄ちゃんにすっごく励ましてもらって。
お兄ちゃんもその時期司法試験の勉強をしていたんです。

一緒に朝早く起きて一緒に毎日勉強して。
あれからもう17年も経つんだなぁ。


かつて合格祈願に野村兄妹が来たと言う神社を祐樹と一緒に歩くマイヤー。

その17年前に祐樹がプレゼントした手帳を野村は今だに大切に使っている。
なのに、自分が今、離婚しようと悩んでいるのに兄は会ってくれない、と
祐樹は寂しそうに語ります。

その時、野村から祐樹にメール。

忙しくて会えないって。

大丈夫よ。
お兄さん、絶対に応援してくれるわ。


サキさん。

私に任せてくれる?

ええ…

ふふっ。

初めて会った人にこんなに自分のこと話したの初めて。


マイヤーは男だけじゃなくて、女を落とすのも得意なよう。
すっかり心を許した祐樹…。


マイヤーは、その後、野村に手紙を出します。

「野村さん。私は知らず知らずのうちに野村さんを傷つけてしまいましたね。
 ごめんなさい。昨日はとても楽しかったです。
 野村さんにお会いできてよかった。
 身体に気をつけていつまでもお元気でいらしてください。

 サキ」



心にもない、お別れのような内容。
もちろん、気になった野村からお誘い電話が慌ててかかってきたのは言うまでもない…。

すごい技。


一方。
隼人の方は23日のマイヤーの誕生日の準備に余念がありません。
スケジュールをしっかり押さえ、直美に付き合ってもらってプレゼント選び。

ただの親戚なのに、よく誕生日や年を覚えているね、と直美は不思議そう。


何で去年はあげてないのにさ、今年はあげんのよ?

再会したんで。

再会。



その時、ちょうど食事に行く野村とマイヤーに鉢合わせ、紹介を受けます。

法律事務所のみんな、野村先生、女性に興味がないなんて言ってましたけど
笑っちゃいますね~。こんなねぇ、きれいな…ねぇ、新田。


笑いながらも、野村とマイヤーと隼人の微妙な様子を勘ぐる直美。


サキさんは新田さんにご紹介いただいたんです。

新田に?

私、隼人とは親戚なんです。

…もしかして、もうすぐ33歳のお誕生日ですか?

えっ?ええ…。



もちろん、ピンとくる直美。
記者の勘は鋭い。

隼人の「再会した」で、この「親戚」が何者かも気が付いたのでは…。


野村とマイヤーはお食事。

またまた肉を食らい、美味しそうに赤ワインを飲むマイヤー。
このドラマ、食ってばっかや…。


野村さん…。
私、考えてみたら野村さんのことまだ何にも知らないな。


マイヤーは、野村から両親が早くに亡くなった事やら、弁護士を目指して
自力で勉強したことやらを初めて聞いたように聞き出します。

じゃあご家族は?

…妹が1人。

妹さん。

あまり接点はありませんけど。

でも、ご両親を早くに亡くされたなら、妹さんの親代わりのような
ものだったんじゃないですか?

まあ…。

特に10代の頃とか。
私は高校入試のときが一番親に迷惑かけたな。
一番不安定だったっていうか、初めて自分で人生の選択をするときだったから…。


同じ話は祐樹から聞いているのにね。
ここは、野村の口から妹について語らせることが肝心…。

野村に過去を思い出させるように、じっとりねっとり聞きだすマイヤー。
完全にSです。

妹が離婚したがっていると聞くと、

そう。…まあ、それもしかたのない話よね。
比べちゃうのよ野村さんとご主人を。

今のご主人は運命の相手じゃないのね。

運命の相手は他にいるはず。

野村さん、ちゃんと妹さんから話を聞いてあげた?

どうしたの?

会いたくないの?

応援してあげないと。2人きりの兄妹だもの。

ねっ、お兄ちゃん。……


催眠術のようなマイヤーの言葉にどんどんどんどん過去を思い出し、
祐樹のことで頭がいっぱいになる野村…。

やめてくれ!!

その時、マイヤーの携帯が鳴り、受信相手を見るとマイヤーはわざと
その場で電話を取るのでした。

相手は隼人でした。
楽しそうに約束の電話をするマイヤー。
野村の顔付きが変わります。

あのっ。家に頂きものの珍しいワインがあるんです。

えっ?

2010年のレディーアルト。
飲んだことありますか?

いえ。

開けよう!



立ち上がってマイヤーを強引に連れ帰る野村…。
お食事終わってるのそれ。

先週は本当にやっちゃったかどうか解らないお2人ですが、今度は完全にinです。
目的叶って嬉しそうなマイヤー。


病院では理事長の奥さんにわざわざ意味不明なご挨拶で印象付け…。

奥さんが何と富田靖子さんだった。
このキャストじゃマイヤーに負けないだろ…。
(むしろ、フレディvsジェイソンくらい怖いだろ)


小児病棟の入院患者・広太くんがお食事中なのを見て話しかけるマイヤー。


迷うよね…食べる順番。

好きなものから食べるのか、最後まで取っておくか。



そう……

どっちを先にするか…迷いつつも決断したらしいマイヤーは、
和繁の所に行って、ついにワインを予約。

73年の赤。お願いしたいの。
シャトー・ムートン・ロシュフォール。

いつごろまでにあればいいですか?

来週末までかな。



翌日、マイヤーは誕生日の祝いをしてくれる約束をした隼人の所にわざとのように
待ち合わせに遅れて行ったり、部屋を飾りつけて待っていた隼人に抱きついたり、
もう~本格的に隼人を弟ではなく男としてドキドキさせます。

この辺、もう手管慣れすぎって感じ。


母さんも…、こうして俺たちが一緒に姉ちゃんの誕生日祝ってるなんて
驚いてるだろうな。

そうかもね。

会ってほしかったなぁ姉ちゃんに。


両親の話になると無口になり、ひたすら骨付きチキンにむしゃぶりつくマイヤー。

隼人にプレゼントを渡されると、手も洗わずに嬉しそうに受け取ったよ。
(手がベタベタだよ…洗おうよ…)

プレゼントは赤い手袋。


ぴったり!

良かった。

ありがとう隼人。大事にするね。
今までで一番うれしい誕生日かも。

姉ちゃん…。


本当に嬉しそうに隼人に礼を言うマイヤーなのでした。
(でも、手袋する前に、その手を・・・・・)

それをとろけるような目で見つめる隼人は、もっと嬉しそう…。
(翔平、ホント、カワイカッコいいです)

いや、もう姉を見る目じゃないです。


しかし、手袋を貰った途端、マイヤーは立ち上がります。


あっ、もうこんな時間だ。
8時までに行かなきゃいけないの。

えっ、今日はもう仕事終わったんじゃなかったの?

そうなの。でも約束があるの。

約束?

そう。野村さんと。


隼人、もう捨てられた子犬のようにガッカリです。


あっ…あのさ。

えっ?

野村さんとつきあってるの?

うん。
隼人のおかげで出会えた。



あれ、ここはアッサリ言っちゃうんだ。
もっと両天秤にかけてジリジリさせるのかと思った。

…でも、まぁいいのか…。
どうせ来週には片方消えちゃうわけだし……。


野村はマイヤーの誕生年のワインを用意して待っていてくれました。
誕生日は仕事場で隼人から聞き出したんだけどね。


私からも野村さんにお誕生日プレゼントがあるの。

えっ?

はい。

僕の誕生日は11月だよ。

ふふっ…でも、あげたいの。開けてみて。
野村さんの生まれ年1973年のワインももうすぐ飲めるわ。

それも随分早い誕生日プレゼント?

そうね。


11月のお前の誕生日は、もう来ないからな~~~!!

ってことですよね…。
ここんとこ、何も知らない野村がめっちゃ可哀想…。


万年筆…。

すてきでしょ?
私もね、万年筆を愛用してるの。

苦しい思いから卒業したいときに活躍してくれるのよ。

生きていると、誰にだって苦しい思いがあるでしょ?
決して他人に知られたくない知られてはいけない秘密の思いとか…。

そういう思いを抱えていると、関係のない他人を傷つけてしまったりするのよね。
自分の気持ちを偽るために。

抑え込まれてる思いは日常に滲み出てしまう。

だから私はね、手紙を書くの。
伝えられない思いがあるから苦しくなる。
心の奥底に閉じ込めてるつもりでも無意識のうちにその隙間から溢れ出る。

周りがどう思うか、そんなことは考えずに自分の気持ちだけを手紙に書いてみる。
そして絶対に誰にも見せない。

全部吐き出すとね、す~っとするの。

野村さんも書いてみたら?



…と言う事で……たぶん、野村さんは遺書を書かされてしまうみたいです。

あまりにも早い誕生日プレゼント。
生まれ年のワイン。

「もうすぐ飲めるわ」

って、それ、飲めるの野村さんじゃないから。

まぁ…とにかく、怪しく飲んだり食ったりするシーンの多いこと多いこと…。

しかも、肉率高っ。

今回は、手中に祐樹が入った段階で牡蠣も食べています。

男は肉。
女は貝。

たぶん、手に入った物はみんな食べ物でお祝いするサキさん。
しかもタンパク質にしか興味ないのね。

隼人がせっかく用意したバースディケーキには目もくれないで帰ったし。


さて…
野村兄妹を心中の形か、野村単独自殺かに追い込もうという計画みたいだけど。
万年筆を誰が買ったかとか、そういう方向で捜査されたりしないのかな…。

マイヤーと話していると、みんな痛い所をほじくりかえされて精神的に
おかしくなっていくらしい。

隼人くんには、今の所何の暗い部分もないみたいだから、自分自身が隼人の
心の闇になっていくつもりなんだろうな。

隼人があげた赤い手袋。
帰り道には外していた事を目撃してしまっている百合香とか。
隼人がサキに惚れてるらしい事に気付いてしまった直美とか。
その辺の女子も巻き添え食らいそうですが…。

本当に来週で萩原聖人が退場するかなぁ…。
しつこいけど、キャスト的には早すぎる気がする。


でも、実は、怪しいばかりでなにも起こらないので、ちょっと飽きてきた。
この辺で何かバーーーーーンっと起こして欲しい気はしますよ。

って事で、次週に期待。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


野村(萩原聖人)の断ち切れぬ思いの相手・祐樹(原田佳奈)とは、野村の妹だったと知った
サキ(仲間由紀恵)は、祐樹をランチに誘う。
聞き上手なサキに徐々に心を開いた祐樹は、野村との生い立ちを打ち明け、離婚を考えて
いるが兄が相談に乗ってくれないと告白。
サキは、「私に任せてくれる?」と申し出る。

夜、帰宅した野村は、サキの置き手紙に気づく。
野村を傷つけたことをわびる内容に野村は、再び電話でサキを食事に誘う。
一方、取材帰りの隼人(三浦翔平)は上司の直美(内田有紀)に、親戚の誕生日プレゼント選びを
手伝ってほしいと持ちかける。
真剣に品物を選ぶ隼人に、目ざとく恋心を感じ取る直美。
しかしその帰り道、二人は野村とサキに出くわす。
隼人は思わず無愛想な態度をとってしまい、直美から「ヤキモチ焼いているみたい」と
からかわれてしまう。

レストランでサキは、野村に生い立ちを尋ねていた。
祐樹から聞いたとは言わず、巧妙に妹の話題に水を向けるサキ。
野村が「妹がいるが離婚したがっている」と話すと「野村と夫を比べてしまうから仕方がない、
運命の相手は他にいるはず」などと意味あり気に言い、野村を動揺させる。

翌日、港南総合病院の廊下でサキは、理事長の須藤(高嶋政伸)とその妻・恵(富田靖子)と会う。
「理事長は愛妻家だって病院中の噂ですよ」と恵をうらやむサキの言葉に、恵は屈託なく
応じるが、須藤の胸には何故か複雑な思いがよぎって…。

(あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



よろしければ→【2013年1月期・冬クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村 


【キャスト】

網浜サキ … 仲間由紀恵
新田隼人 … 三浦翔平

濱田直美 … 内田有紀
和繁 … 庄野崎謙
野中百合香 … 黒川芽以
良太 … 鎌苅健太
堀江 … 滝沢涼子
遠藤広太 … 松田知己
遠藤里香 … 石井香帆
野村祐樹 … 原田佳奈

野村康介 … 萩原聖人
岩城利也 … 石黒英雄
須藤繁之 … 高嶋政伸

中川 肇 … 姜暢雄


【送料無料】美しい隣人 DVD-BOX [ 仲間由紀恵 ]

【送料無料】美しい隣人 DVD-BOX [ 仲間由紀恵 ]
価格:17,955円(税込、送料別)






「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【 サキ 】第1話 第2話 第3話


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

24件のコメント

  • だらだらぐーたらぐだぐだ日記
    2013年1月28日 9:38 PM

    サキ【第3回】フジ火10

    禁断への階段をかけ上がる男、運命を操る女 

    「私からも野村さんに、お誕生日プレゼントがあるの。野村さんの生まれ年、1973年のワインも、もうすぐ飲めるわ。素敵でしょ。私もね、…

  • エリのささやき
    2013年1月24日 6:31 AM

    サキ 第3話

    再び泥酔の野村ですが、サキは手帳の盗み見と着々と実行中。いよいよ執行の日まで予告でした@@

  • くう
    2013年1月24日 1:44 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >あのあたりが何を言ってるのか・・
    アタシってばだんだん眠くなってきていたのですけど

    セリフが多くて食べてるばっかりだもんね^^;
    眠くなる気持ちも解るわ~。
    そうそう、もう催眠術のように過去の祐樹との思い出を掘り返されて、
    ついに夢に見ちゃったんですわ。
    サキさんは魔法も使えるようです^^;

    >あの万年筆はやはり遺書ですか。
    とにかく辛い心の内を書き綴っていくようだから、
    死後に発見されても遺書にみえますよね。

    だと思いますわ。
    きっと死後にそれを発見した警察は、近〇相〇で悩んでいたのか、と、すぐに
    自殺と断定してくれそう。用意周到で怖すぎる。

    >てか、伊豆編がなんかやたら楽しみです。
    今週が単調だったから動きがあってもいいですよね^^;

    ですね~。祐樹も別に呼ばれて鉢合わせる仕組みにするみたいだし…。
    来週は兄妹の修羅場ね^^;

  • くう
    2013年1月24日 1:36 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >私も思った~手をティッシュでもふかないし~ギトギトじゃ・・(笑
    あ、てぶくろで拭いたからいいのか・・・

    そのままの手に手袋はめてたよね(爆
    あれはひどいwwサキさんったら、手袋チキン臭くなったから捨てたのでは~。

    >私、妹への熱烈な手紙を妹に見せて、一線越えさせるのかと思っちゃったよ~

    あ~それもあるのかも。
    一線超えさせて苦悩に落とし込み、自滅とか…。

    >妹愛を捨てられず自殺か・・・妹も誘ってたから心中の体か。
    私も、ちょい飽きてきたから、来週は派手にやってもらわんと~

    だよねー。だって4人を狙ってる事情もまるっきり見せないし、そろそろ怪しいだけになってきた。
    飽きないためにも、ここら辺で風穴を~。

  • くう
    2013年1月24日 1:25 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >こんなに食ってたら
    ドラマのクランクアップ時には
    仲間さん体重増加してそうですね!

    仲間さんは以前「MR.BRAIN」ゲスト回の時にも二重人格の大食漢の役をやってましたが、
    ご本人、よく食べる方なのかしら^^;
    食べ方はヒジョウ~に美しいですが、このドラマではもう肉食って感じで恐いですよね~。
    「TRICK」の頃よりもずいぶんふくよかになったように見受けられて、
    私も大変だろうな、と、ちょっと思っちゃうw

    >愛妻家理事長の奥さんは
    富田靖子だったので
    確かに、マイヤーには勝てそうなキャストかも(笑)

    「昔の男」の狂った奥様が忘れられずw
    本当にあの人と戦ったら恐そう。

    >1話目の退場者は瞬殺でしたけど、
    今回は3話まで粘ったので
    ハギーは敢闘賞といったところでしょうか^^

    姜さんは公式のキャストには載っていなくて、1話特別出演みたいだから「過去の人」なのね、きっとw
    本編は野村からが始まりって事で…もう次で4話だからそろそろやられちゃってもらわないとね^^;
    サキさんの料理の仕方が楽しみですわ♪

  • くう
    2013年1月24日 1:12 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >キャスト的に、やっぱ萩原くんを消してしまうのは
    惜しいとマイヤーではなく、制作の気が変わったとか?(笑)
    んで、視聴者的に、早々に退場してもかまわないのは
    ワインの兄ちゃんなんだけど、彼をやっちまうとしたら
    とっとと各年代のワイン買ってストックしておかないとね!

    そーなの!本当はキャスト的には一番に消されてしまいそうなのはワインなのw
    でも、彼がいなくなるとワインを選ぶ人が居なくなっちゃうんだよね^^;
    だから、やっぱり萩原さんかな。
    もう発注済みだし^^;

    >それぞれの男達の関わりのある女性陣も、続々と
    マイヤーと接触してきてるし、そっちの火花バチバチも
    始まるのかどうかわからんけど、期待が膨らむわぁ~♪

    女の方が全体的に男よりも手強そうだよね~。
    男はダメだわ。ホレた弱みで自滅しちゃうしw
    富田さんにはぜひ暴れていただきたいわ。楽しみにしてる^^

    >取り合えず、次週の伊豆編で野村の命が奪われてしまうのか
    どうかに注目だ~~~!

    いやーーもう進まないとね~。
    もう3話過ぎたし、4人もいるんだからグズグズしてたらお肉が腐っちゃうw

  • shaberiba
    2013年1月23日 11:07 PM

    サキ 3話

     ヤキモチ焼いているみたい・・・・

    だよね~~。隼人ってばやっぱ美しい姉サキに惹かれてる–。
    野村もなぜ–。何度も心を見透かされ動揺させられながら・・
    サキから離れられな…

  • ドラ☆カフェ
    2013年1月23日 10:41 PM

    サキ(3)

    視聴率は 9.4%・・・前回(12.2)より

    禁断へ導く女

  • エリ
    2013年1月23日 8:40 PM

    SECRET: 0
    PASS: e86aba6ec2c6d042d3bb2c7e049a0ee8
    妹の旦那は運命の人じゃない・・とけしかけてたのね!
    あのあたりが何を言ってるのか・・
    アタシってばだんだん眠くなってきていたのですけど
    くうママのここでよくわかった!
    だから野村は妹を夢にみちゃったんだわ~。
    サキはたいしたもんですね~。

    あの万年筆はやはり遺書ですか。
    とにかく辛い心の内を書き綴っていくようだから、
    死後に発見されても遺書にみえますよね。
    すべて計算の上なんですね。
    本当にサキってすごい女だわ。

    てか、伊豆編がなんかやたら楽しみです。
    今週が単調だったから動きがあってもいいですよね^^;

  • レベル999のgoo部屋
    2013年1月23日 5:54 PM

    サキ 第3話

    『禁断へ導く女
    「禁断への階段をかけ上がる男、運命を操る女

    内容
    野村(萩原聖人)に接触したサキ(仲間由紀恵)は、
    野村が“祐樹”という人物から、執拗にメールがある事に気づ

  • ドラマハンティングP2G
    2013年1月23日 4:21 PM

    サキ 第3話

    第3話「禁断への階段をかけ上がる男、運命を操る女」2013/1/22  野村(萩原聖人)の断ち切れぬ思いの相手・祐樹が、野村の実の妹だったと知ったサキ(仲間由紀恵)は、野村の不在に

  • トリ猫家族
    2013年1月23日 3:40 PM

    「サキ」 第3話 禁断へ導く女

     野村ーーー!何てコントロールされやすい男なんだ・・・別の意味で恐ろしい子・・(´∀`;)
    って、サキさんたら、来週には野村の生まれ年のワインと共に、あの高級和牛を頂こう …

  • きこり
    2013年1月23日 3:38 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >隼人にプレゼントを渡されると、手も洗わずに嬉しそうに受け取ったよ。
    (手がベタベタだよ…洗おうよ…)
    私も思った~手をティッシュでもふかないし~ギトギトじゃ・・(笑
    あ、てぶくろで拭いたからいいのか・・・
    >…と言う事で……たぶん、野村さんは遺書を書かされてしまうみたいです
    そっか~普通に言書だよね(笑
    私、妹への熱烈な手紙を妹に見せて、一線越えさせるのかと思っちゃったよ~
    それじゃ、またまた来週退屈になっちゃうもんね。
    妹愛を捨てられず自殺か・・・妹も誘ってたから心中の体か。
    私も、ちょい飽きてきたから、来週は派手にやってもらわんと~

  • ろーじー
    2013年1月23日 3:30 PM

    SECRET: 0
    PASS: 030508e3b68fbab1595d097a1b068321
    こんなに食ってたら
    ドラマのクランクアップ時には
    仲間さん体重増加してそうですね!
    愛妻家理事長の奥さんは
    富田靖子だったので
    確かに、マイヤーには勝てそうなキャストかも(笑)
    1話目の退場者は瞬殺でしたけど、
    今回は3話まで粘ったので
    ハギーは敢闘賞といったところでしょうか^^

  • まこ
    2013年1月23日 2:47 PM

    SECRET: 0
    PASS: 07af5b8e07a195e1e93130d7617e5041
    と、思わせて、まだまだ引っ張る展開だったりして!
    キャスト的に、やっぱ萩原くんを消してしまうのは
    惜しいとマイヤーではなく、制作の気が変わったとか?(笑)
    んで、視聴者的に、早々に退場してもかまわないのは
    ワインの兄ちゃんなんだけど、彼をやっちまうとしたら
    とっとと各年代のワイン買ってストックしておかないとね!

    それぞれの男達の関わりのある女性陣も、続々と
    マイヤーと接触してきてるし、そっちの火花バチバチも
    始まるのかどうかわからんけど、期待が膨らむわぁ~♪

    特に富田さんがニィーっと笑った日にゃ、それだけでゾクゾクしちゃう。

    取り合えず、次週の伊豆編で野村の命が奪われてしまうのか
    どうかに注目だ~~~!

  • めざせ生活向上!
    2013年1月23日 2:37 PM

    サキ ・第3話

    サキ 第3話。

    サキさん、よく食うなぁ・・。
    今夜は肉じゃなくてカキを食ってる。

    野村と隼人と手玉にとるサキ。
    もう策士です…

  • あるがまま・・・
    2013年1月23日 2:13 PM

    サキ 第3話:禁断への階段をかけ上がる男、運命を操る女

    遺書を書かせる為の万年筆…(゚ロ゚ ;ノ)ノヒィィィィィ

    誕生日でもないのに、何プレゼントしてんのかと思いきや
    野村が心の奥底に溜めこんだ苦悩をつづった文章は、まんま遺書とな…

  • ぷち丸くんの日常日記
    2013年1月23日 2:04 PM

    サキ 第3話

    野村(萩原聖人)の絶ち切れない想い人は、妹の祐樹(原田佳奈)でした。

    それを知ったサキ(仲間由紀恵)は、野村のいない時に彼を訪ねて来た祐樹をランチに誘い出すことに成功

  • D☆エディション
    2013年1月23日 12:35 PM

    サキ 第3話「禁断へ導く女」

    祐樹は妹、野村にとって禁断の愛ですね。 サキはどうやって野村を禁断へと導くのか? マイヤーのやり口が見物です(笑) そろそろ何か起こっちゃいそうで目が離せない展開です!( …

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2013年1月23日 11:13 AM

    サキ (第3話・1/22) 感想

    フジテレビ系ドラマ『サキ』(公式)の第3話『禁断へ導く女』『(ラテ欄)禁断への階段をかけ上がる男、運命を操る女』の感想。

    もう第3話になるのに…

    どうも面白くない。前

  • Happy☆Lucky
    2013年1月23日 9:33 AM

    サキ 第3話「禁断へ導く女」

    第3話「禁断へ導く女」

    JUGEMテーマ:エンターテイメント

  • ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
    2013年1月23日 9:18 AM

    ドラマ「サキ」 第3話 あらすじ感想「禁断へ導く女」

    祐樹は妹----------—!!

    野村の叶わぬ恋は妹への想いだったのか!!

    前回のラストで衝撃の展開だった「祐樹」の正体。

    早速サキは祐樹に目をつけたよう。

    会いたいと兄に話をす

  • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
    2013年1月23日 9:17 AM

    ドラマ「サキ」 第3話 あらすじ感想「禁…

    祐樹は妹----------—!!野村の叶わぬ恋は妹への想いだったのか!!前回のラストで衝撃の展開だった「祐樹」の正体。早速サキは祐樹に目をつけたよう。会いたいと兄に話をする祐樹を…

  • なんでもあり〜な日記(カープ中心?)
    2013年1月23日 2:55 AM

    サキ 第3話

    「お兄ちゃん…」

    精神攻撃キタ――(゚∀゚)――!!
    もう野村さんのライフはゼロよ!
    くらいに効いた一撃でした。
    手紙に吐き出してみたら?という口車にのってしまい、
    ついには …