日曜劇場【 おやじの背中 】第1話 『圭さんと瞳子さん』 感想 岡田惠和×田村正和×松たか子 の回

自然の法則でいえば、私の方が先に死ぬわけじゃないですか。
そうなったら瞳子はどうなるのか。
あの家で独り年老いてゆく。その姿を想像するとね。

何かね…
たまんない気持ちになってくるんですよね。

おやじの背中 第1話 『圭さんと瞳子さん』

    おやじの背中1

ラインナップ記事にも書いたけれども、今期のTBS日曜劇場枠は連ドラを捨てて脚本家と
役者が毎回違う1話完結競作形式の道を歩んでいる。

先に期待できない変な連ドラをダラダラやるよりも、これはこれで素晴らしい企画。

もっとも、日曜劇場が『東芝日曜劇場』だった初めの頃は単発ドラマを放送していた事も
あったので、ある意味原点回帰と言えるのかも。

しかも、「10人の脚本家と10組の名優が贈る、10の物語。」なのだから、かなり
気合入ってます。

…という事で、その初回として放送された 『圭さんと瞳子さん』

脚本は岡田惠和さん。
大好きな脚本家さんの1人である。

古くは『君の手がささやいている』『天気予報の恋人』『アンティーク』などに夢中になり、
最近では『泣くな、はらちゃん』が印象深いかな…。

映画では『阪急電車』をホッコリと見た。

主演の松たか子さんも大好きな女優さん。
最近ではドラマよりも映画でのご活躍が多いようで。

一番最近見たのは今年の頭に公開された『小さいおうち』
太平洋戦争前の時代、赤い屋根の小さなお家の奥様役にピッタリはまっていた。

可愛らしい鈴のような声が大好き。

今回は、奥様ではなくて娘役。

田村正和さんとは1998年の『じんべえ』でも父娘共演している。懐かしいな。

冒頭の穏やかな朝食シーンから、もう何だか羨ましい。

週一回の外食の日。
並んで仲良く歩く。
恋人同士のようだ。

自分の実家と比較して考えるとね…
母が居ない食卓を父親と2人きりで穏やかに囲むなんて有りえない。

そんな風に、自分の実家と置き換えて色々と考えながら見た。

「圭さん」「瞳子さん」と呼び合う父と娘。
血が繋がっていないのか…継子なのかと思っていた。

親離れできない娘。

会社の人間に付き合ってくれと言われても、

幸せにしていただかなくても結構です。
幸せなので。今。

と、答える。

父と2人の生活は幸せだった。

けれども、親はいつまでも一緒に居られる存在ではない。

具合が悪くなって病院に運ばれる父。
1人で不安な夜を過ごす。

不安になると起きるパニック障害の過呼吸発作。

父も病院から飛んで帰ってくる。
頭の中にあるのは、自分が居なくなったら娘はどうなってしまうのか……。

ものすごくよく理解できる。

親は、年がいくつだってこんな子どもを放って置く事なんかできない。

「自分が居なくなったら」
という現実に直面して、父は初めてちょっと娘を離してみようと試みる。

同じ不安を感じる娘も、父と同じことをやってみる。
結果、お互いデートなんてしていなかった事がバレてしまい、苦笑する。

ウチの父も先日、大病で手術したばかりで。
現在も闘病生活は続く…けれども、こんな優しい親子関係はない。

圭さんは「育て方を間違った」と言っていたけれども、心配や愛情の気持ちは包み隠さず
表現して優しく接した方が当然良い家族関係でいられるわけで。

いつか居なくなる親という存在。

それを愛おしいと感じられる子育ては、決して間違いなんかじゃないと思う。

自然の法則でいえば、私の方が先に死ぬわけじゃないですか。
そうなったら瞳子はどうなるのか。
あの家で独り年老いてゆく。その姿を想像するとね…何かね…
たまんない気持ちになってくるんですよね。

…でも、あの子には全然その気がなくて。
「結婚とか考えられない、理解できない」と言ってたんですよ。
他人が一緒に暮らすなんて上手くいかないと。
あの子にとって唯一の家族である私以外の人と一緒にいようとしなかったんですよ。
妻が亡くなってからずっとね。

私の育て方が間違えていたんじゃないのか、私が瞳子を そうさせてしまったんじゃないのか
ってね、結構悩んだんですよ、私。

なのにですよ。
ある日突然恋に落ちちゃうんだもんな~。

だってね、居酒屋で私と待ち合わせしてて、私がちょっと遅れたんですよ。
ほんのちょっと…小一時間。
その間ですよ。
恋が生まれたのは。

相手は、瞳子さんのパニック障害も理解してくれていると言う。

こうなって初めて、依存していたのは娘の方だけではなかったのだと知る父。

子どもが巣立つ寂しさ。
それも、すごく理解できた。

自分を庇って事故で亡くなった母親。
その死を目の前で見た時から発作は起きはじめた。

父は、ずっと娘を守ってきた。
失くした妻の代わりに自分を「圭さん」と呼ぶ娘を「瞳子さん」と呼んだ。

愛情を注いできたからこそ、感謝の気持ちを貰う事が出来る。

私、重松さんと結婚したいです。

と、打ち明ける娘に、

うん。
そうか。
おめでとう。おめでとう、瞳子さん。

と、笑顔で答える父。

大人になったんだな。
瞳子さん。

寂しいけれども、温かい余韻に泣いた。

この「父の背中」は、温かかった。

毎週こうやって色々な形で父の背中を見せてもらえるんだなぁ、と思うと楽しみ。

親子の形、家の形、美しい自然の風景。

素敵なドラマシリーズになりそう。


父・圭太郎(田村正和)と娘・瞳子(松たか子)は、二人で寄り添うように生きてきた。
圭太郎は自分以外の人間と生きていこうとしない瞳子を心配していた。
ある日、瞳子は同僚の奥住(バカリズム)に突然プロポーズされるが、「今が幸せだから」
と断わる。
その夜圭太郎が食中毒で病院に運ばれると、独りきりになった瞳子に恐怖が襲い、
発作を起こしてしまう。
目が覚めた圭太郎は瞳子を救う為、病院を抜け家へと急ぐ…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

よろしければ→【2014年7月期・夏クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村  


※キャスト

樋口圭太郎…田村正和
樋口瞳子…松 たか子

奥住…バカリズム
川崎悦子…キムラ緑子
茂原吾一…角野卓造
重松一臣…渡辺 大
塩田…鈴之助
樋口紫子…水谷理砂
幼い瞳子…内田 愛
中学生の瞳子…田中 明
向かいの家の人…夏川加奈子
女教師…鯉沼トキ
医師…岩本 淳
古本屋店主…矢崎まなぶ
医師…洲矢新吾
ミツコ…松長ゆり子

※スタッフ

脚本 … 岡田惠和
演出 … 山室大輔
プロデューサー … 八木康夫
  
公式サイト(終了) http://www.tbs.co.jp/

【送料無料】最後から二番目の恋 DVD−BOX

【送料無料】最後から二番目の恋 DVD−BOX
価格:20,294円(税込、送料込)

 【 おやじの背中 】第1話