【平清盛】第37回「殿下乗合事件」感想


1170年、清盛(松山ケンイチ)は後白河法皇(松田翔太)を福原に呼び、宋人と会わせる。
治天の君が京を離れ、外国人と会うという前代未聞の行いに、貴族たちは驚がくする。
そんな折、重盛(窪田正孝)の子・資盛が藤原基房(細川茂樹)に辱めを受ける事件が起こり、
重盛が対応するが、なかなか解決を見ない。
福原にいるゴッドファーザー・清盛は時忠(森田剛)に事を治めるよう命じる。
奥州の覇者・藤原秀衡役の京本政樹登場!

(「Yahoo!TV」より引用)

    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

第三十七回「殿下乗合事件」

1170年、清盛は、今まで行っていた博多での宋との取り引きを福原で行い、
日宋の交易を本格化させるという野望を叶えるために、福原後白河法皇を招き
宋人と会わせることに成功します。

博多で商いをしている宋人の周新を福原に呼びつけ、

大宰府で行っておった取り引き、今後はこの福原で行いたい。
ついては宋のしかるべき人に取り次いでもらいたい。

渋る周新を兎丸と共に脅し宥め透かし、何とか金の力で実現する清盛くん。
奥州の藤原秀衡を従五位下・鎮守府将軍に任じさせ、そこからの貢物を宋へ
贈ったのでありました。

問題は法王を福原にどう招くか。

清盛くんは、その役割に義弟・時忠を抜擢します。

たやすい事にござります。

と、不敵に笑う時忠。

時忠は、珍しい赤い羽根を胸に飾って後白河法皇の前に姿を見せます。

西光と藤原成親の冷たい視線と嫌味の中、一人赤い羽根に興味津々の派手好き法王。

これは一体何という鳥じゃ?

さて、失念致しましたが、近く福原に宋人を招くそうにござります。
いかがにござりましょう?
法皇様もご引見の上、じきじきに話を聞かれてみては?

面白や。
会うてみたい。

一丁上がりでございまする。

こうして、清盛が着々と国造りの準備を整える中、朝廷…特に摂政・藤原基房は、
平家に対する不満、嫉み、憎しみの感情を増幅させていきました。

入道めが!
福原に潜んだふりをして朝廷を思うままに操るなど、こざかしいまねを。

そもそも交易で国を豊かにしようなど、成り上がり者の卑しい考え。
何としても叩き潰してくれるわ。

そして嘉応2年7月3日。

この日、鷹狩りの帰り道、清盛の孫であり重盛の次男・資盛くんは獲物を
父上と母上に見せようと急いでおりました。

そんな折に、摂政・基房の輿と橋の上でかち合うのでございます。

摂政様のお輿にござります。「降りよ」との仰せ。

と言う従者に

構わぬ。進め!
私は平家の棟梁の子、相国入道の孫ぞ。

さあ、早う父上母上のもとへ。

と、言い放つ資盛くん。

それを耳にした摂政は

ゆるすまじ・・・・・・!

と、資盛くんを輿から引きずりおろしてボロボロにしてしまうのでした。

さて、それからが大変です。

事を聞きつけて顔色の変わる摂政の弟・兼実さま。

なんという事をなされました!
知らなんだとはいえ、よりによって清盛入道の御孫君の輿を…。

平家の輿と、知っての事じゃ。

と、摂政は楽しそうにお答えになります。

分際をわきまえず国造りに口など出せばどうなるか、思い知らせてやったのだ。

仕返しをしてきたらどうなさるおつもりですか!?

平家の棟梁、重盛は、入道様と違い何事にも筋を通そうとする。
きっと何も言えまい。

へらへらと黒い歯を見せてお笑いになる摂政。

その頃、平家ではまさにその通りの事が起きておりました。

泣きそうな資盛を囲んで、重盛に、訴え出るべきだと主張する平家の面々。

摂政様が通られる時には、こちらが輿を降りて礼をせねばならぬ。
その事は教えたであろう?

此度の事は、礼を欠いた資盛、そなたの過ちじゃ。

と、厳しく資盛くんに言い渡す重盛くん。

重盛。
これは資盛と摂政様だけの事ではない。
我ら平家と藤原摂関家の一大事ぞ。
何を臆する事はない。
そなたは平家の棟梁として正々堂々と訴え出ればよいのじゃ。

と、重盛を諭す時子さま。

しかし、重盛くんは、資盛くんの輿を襲った供奉たちの職を解くと言う
摂政の申し出までも無用と断ってしまいます。

重盛!
殿不在の京でのこの辱め、黙っておるつもりか!?

母上。
我ら平家は既に5人もの公卿を出した一門。
いかなる時も有職故実にのっとり動かねばなりませぬ。

それこそが父上不在の一門を保つ事にござりましょう。

この話を遠く福原で聞いた清盛は静かに笑います。

なるほど。
重盛らしい裁断じゃ。

まこと公明正大。実に正しいお考えと存じまする。

しかし、時忠が口を挟みます。

されどいささか正しすぎましょう。

正しすぎるという事は、もはや間違うておるに同じにござります。

しかし、福原では今はそれどころではありませんでした。
法王をお迎えして宋人と対面する場を作っている最中だったのでございます。

そして、嘉応2年9月20日。

ついに、清盛は法王と宋人の謁見を果たしたのです。

この話は朝廷に広まり「まさしく天魔の仕業」と人々に言わしめます。

しかし、摂政は、平家が何かしてくるのなら、また輿でも襲ってやればよい、と
へらへらとお笑いになるのでした。

どうせ重盛は何も言えぬ。

相国入道が都を離れ、勝手な国づくりにうつつを抜かしているうちに、
平家の土台をたたき壊してやるのだ。

まさしく天魔の仕業……
摂政の心の内を清盛くんはちゃんと読んでおりました。

法王がお帰りになった後、清盛は時忠を呼んで申し付けます。

わしはこれより先、いよいよ国造りに本腰を入れねばならぬ。
都に憂いを残しとうないのだ。

わしがこの福原で新しき国造りにいそしめるよう、
そなたは都でそなたのつとめを果たしてくれ。

10月21日。

摂政・基房の輿が何者かに襲われると言う大事が起きます。

重盛くんが朝廷に駆けつけると、摂政は重盛くんを恐れ、震えながら謝るのでした。

平家に戻ると、みんなが重盛くんを褒め称えます。

お見それ致しました、兄上!
三月沈黙したあとでの果断なご処置。
摂政様もかえって恐れをなした事でしょう。

摂政の輿が襲われた現場には赤い羽根が落ちていました。

時忠おじと従者たちが朝廷で身に着けていた、あの赤い羽根……。

父上!
ありがとうござりました。

我が父は、やはりボクの復讐を果たしてくれた、と満面の笑みを浮かべる
無邪気な我が子、資盛くん。

重盛くんは、みんなに向けて笑顔で応えるしかありませんでした。

館の中には今日も時子さまの琵琶の音が鳴り響いています。

まるで、何かを知っているかのように……。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

名高い「殿下乗合事件」の顛末……。

いや~~~泣いたよ……あたしゃ……。(泣)(泣)

経子さまに取りすがって泣く重盛くんに……。

自分がやったわけではないのに、時忠のヤクザ行為によって勝手に資盛くんの仇を討たれ、
みんなの称賛の声を浴びて笑顔を浮かべるしかない重盛くん…。

わしが間違ごうておったのか!
間違うておるのか!

ううん…間違ってないよ。(泣)

わしは…父上のようには…なれぬ…。

ならなくていいんだよぉぉぉ。(泣)

と、言ってあげたい。誰か言ってやって下されーーー

   平清盛37話

重盛くんの言っている事もやっている事もヒジョーに常識的で温厚な対策であり、
親としても正しい教育だとくうは思うのであります。

摂政さまの輿と出会ったら下りるのが決まり事。

資盛はワガママすぎるでしょ。

なのに平家みんなで資盛を庇う事庇う事…。
だから資盛は自分のやったことが悪いことだなんて思いもしない。

時子さままで

事はもはや平家と藤原家の事じゃ。
何とかせよ。

とか、きつくね

まるですでに王様の一家だよね。

そして、時忠の

重盛は正しすぎまする。
正しすぎるということは、もはや間違っているのと同じことにございます。

い・・・意味が解んねーーーー!!

そもそも、周新を呼びつけて、

宋との交易の場を博多から福原に移す。
誰か宋人を紹介しな、おら!

紹介しねぇなら、おめぇんとこをぶっ潰すぜ!!

とかやってる所からすでにヤクザ一家・平家組……。

平家組のゴットファーザー・清盛は、

摂政を何とかしな。
おめーに全部任せるぜ。

と、命令し、平家組傘下の時忠組が摂政をめっちゃくちゃに襲っちゃう。

そして、それが全部、平家組跡目の重盛くんの手柄になっちゃう…という……。

つまり、大きなヤクザの組に生まれた、優等生・重盛くんが
ゴッドファザーの悪事に付いてゆけずに悩むストーリー……。

あああぁぁぁぁ、また、重盛くんの胃に穴が開いちゃう……(泣)

どうして、あんな父親の元に生まれた重盛くんがこんなに正しい人なんだろう。
もう可哀想で可哀想で仕方ない……。

しかし、こうやって悪事を重ねて平家組は大きくなっていくのであった…。
次回にはついに
「平氏にあらずんば人にあらず」
って事になっちゃうんですから、凄い物でございまする。

まぁ、もっともさ……
摂政もひどいからな。

また輿を襲ってやればよい。
平家の棟梁は何事にも筋を通そうとする。きっと何も言えまい。

とか言ってひゃひゃひゃひゃ笑ってるからこういう事になるのよ。
   平清盛37話1

おおおーーーゆるるるるるるるしをぉぉぉぉ……!!

に、まぢウケたwwwwww

ついに陰でとは言え爆発しちゃった重盛くん……。
安息の日は…なかなか来ない。

次回はついに高倉帝が千葉ちゃんまで成長するーーーー
   色白で美しかったと言われている高倉天皇@千葉雄大。かわゆす~。ピンクハート.gif
      平清盛高倉帝千葉ちゃん

こっちもこっちで強烈なオヤジの陰で大変だった人だからな…。
どう描かれるか楽しみ~笑2.gif

そして、藤原秀衡@京本政樹は目張りがすご過ぎた……。笑.gif

【関連記事】
【平清盛】番外感想記事 源義朝・玉木宏さんスタジオパークゲスト回まとめ

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村

※キャスト

平清盛(平太) … 松山ケンイチ(幼少期:前田旺志郎)

平重盛 … 窪田正孝(少年期:平岡拓真 / 幼少期:亀元太→丸山歩夢)
平宗盛 … 石黒英雄(少年期:草川拓弥 / 幼少期:黒澤宏貴→馬渕誉→村山謙太)
平知盛 … 小柳友(幼少期:須田琉雅 / 2歳:中澤虎太郎)
平頼盛 … 西島隆弘
平忠度 … ムロツヨシ
平時忠 … 森田剛
平経盛 … 駿河太郎
平教盛 … 鈴之助
平重衡 … 辻本祐樹(少年期:新田海統)
平維盛 … 大西勇哉
平資盛 … 大西健誠
重三郎 … 石井蓮

平盛国(鱸丸) … 上川隆也(幼少期:小林廉)
兎丸 … 加藤浩次(幼少期:前田航基)
伊藤忠清 … 藤本隆宏

時子 … 深田恭子
滋子(建春門院) … 成海璃子
経子 … 高橋愛
徳子 … 二階堂ふみ(少女期:内田愛→川嶋紗南)
秀子 … 海老瀬はな
波子 … 岩田さゆり

須磨 … 駒塚由衣
明子 … 加藤あい
宗子(池禅尼) … 和久井映見

平忠盛 … 中井貴一
平正盛 … 中村敦夫
平忠正 … 豊原功補
平家盛 … 大東駿介(幼少期:藤本哉汰)
平基盛 … 渡部豪太(少年期:末岡拓人 / 幼少期:池田優斗)
平家貞 … 中村梅雀
平盛康 … 佐戸井けん太
平維綱 … 尾美としのり

源頼朝(語り) … 岡田将生(少年期:中川大志 / 幼少期:君野夢真→横山幸汰)
政子 … 杏
源頼政 … 宇梶剛士
常盤御前 … 武井咲
源義経 … 神木隆之介(幼少期:土師野隆之介)

鬼若 … 青木崇高

伊東祐親 … 峰竜太
八重姫 … 福田沙紀
伊三郎 … やべきょうすけ
北条時政 … 遠藤憲一
安達盛長/藤九郎 … 塚本高史

源義朝 … 玉木宏
源為義 … 小日向文世
源義平…波岡一喜
源為朝 … 橋本さとし
由良御前 … 田中麗奈
鎌田通清 … 金田明夫
鎌田正清 … 趙珉和

後白河天皇(雅仁親王) … 松田翔太
高倉天皇 … 千葉雄大(幼少期:三谷翔太)
以仁王 … 柿澤勇人

八条院暲子 … 佐藤仁美

祇園女御 / 乙前 … 松田聖子

白河法皇 … 伊東四朗
舞子 … 吹石一恵
鳥羽上皇 … 三上博史
崇徳天皇 … 井浦新(幼少期:桑代貴明)
近衛天皇 … 北村匠海
二条天皇 … 冨浦智嗣
重仁親王 … 雄大

統子内親王 … 愛原実花
得子( 美福門院) … 松雪泰子
璋子(待賢門院) … 檀れい
堀河局 … りょう
御影 … 横山めぐみ

藤原基房 … 細川茂樹
藤原兼実 … 相島一之
藤原成親 … 吉沢悠
西光(藤原師光) … 加藤虎ノ介

藤原長実 … 国広富之
藤原忠実 … 國村隼
藤原忠通 … 堀部圭亮
藤原頼長 … 山本耕史

信西(高階通憲) … 阿部サダヲ
高階通憲妻・朝子 … 浅香唯

藤原家保 … 渡辺哲
藤原家成 … 佐藤二朗
高階基章 … 平田満
藤原季範 … 山口良一
藤原信頼 … 塚地武雅
藤原惟方 … 野間口徹
藤原基実 … 村杉蝉之介

藤原秀衡 … 京本政樹
藤原泰衡 … 小林高鹿

西行(佐藤義清) … 藤木直人
周新 … 桜金造
淡海 … 植本潤
趙 … 住田隆

朧月 … 隆大介
滝次 … 河原崎建三
国松 … 白倉裕二
時松 … 内野謙太
蝉松 … 原勇弥
荒丹波 … 八田浩司
麒麟太夫 … 須加尾由二
資遠 … 真島公平

↓おすすめ!

【送料無料】平家物語の女性たち新装版

【送料無料】平家物語の女性たち新装版
価格:580円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本
価格:1,260円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛をあやつった女たち

【送料無料】平清盛をあやつった女たち
価格:693円(税込、送料別)

【送料無料】平清盛と平家の女たち

【送料無料】平清盛と平家の女たち
価格:1,000円(税込、送料別)