【アンナチュラル】第9話 「敵の姿」感想

何か調子狂う。

うん?


傍若無人でムカつくオラオラ男が、恋人殺されて、ずっと一途に犯人を追ってたなんて、どんな目で見たらいいの?


いいんじゃない?
今までどおりで。

中堂さんはそういう過去がなかったとしても傍若無人のオラオラ男だよ。


そっか。
言いますね。

それに同情なんかしてたら、必要なこと言えなくなるし。

何かあった時に止めることができない。


アンナチュラル 第9話 「敵の姿」

 
    unnatural-op

この記事は2018年3月9日に放送された『アンナチュラル』第9話の簡易感想記事です。(最終回のレビューは後ほど)

書けないまま一週間過ぎたので、実況ツイートだけ上げています。つまり単なるつぶやきです。文章にはなっていません。

時間が出来たら説明やセリフなど追加したいのですが(たぶん、無理です、すいません)


かば   9-2  9

私があまりピンと来なかったイジメの回もここに繋がる布石だったんだなぁ。

ゲームで人を殺すようなヤツは後悔なんかしない。

火事から救われた命。
またさらに赤い金魚の犠牲を作る……

尾上寛之くん@高瀬が本当に気持ち悪くてショックだ~~。

戦争で辛い目に遭って精神を壊してしまう心優しい役からサイコパスまで。やっぱり凄い人。



スーツケースの中から若い女性の遺体が発見された。

ミコト(石原さとみ)が遺体を確認すると、中堂(井浦新)の死んだ恋人・夕希子(橋本真実)と同じ“赤い金魚”の印が口内から見つかる。

夕希子を殺した犯人と同一犯だと感じたメンバーは、犯人に繋がるヒントを見つけるため女性を解剖。その中でミコトは、胃の内容物が強烈な腐敗臭を放っていることに違和感を覚える。果たして女性の死因とは!? そして物語は急展開へ!!

その一方で、神倉(松重豊)は過去に週刊ジャーナルに掲載されたUDI関連の記事を見て、ある疑念を抱く…。

さらに警察庁を訪れた神倉は、驚くべき記事を目にすることに…!

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


※キャスト

三澄ミコト … 石原さとみ

中堂 系 … 井浦新
久部六郎 … 窪田正孝
東海林 夕子 … 市川実日子
神倉保夫 … 松重豊
坂本 誠 … 飯尾和樹

末次康介 … 池田鉄洋
木林南雲 … 竜星涼

三澄夏代 … 薬師丸ひろ子
三澄秋彦 … 小笠原海

関谷聡史 … 福士誠治
宍戸理一 … 北村有起哉
毛利忠治 … 大倉孝二
向島 進 … 吉田ウーロン太

松村沙友理

※スタッフ

脚本 … 野木亜紀子
演出 … 塚原あゆ子、竹村謙太郎、村尾嘉昭
プロデュース … 新井順子、植田博樹
主題歌 … 米津玄師「Lemon」
音楽 … 得田真裕











この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)