NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第31回 感想

森田屋に居候し始めて3か月。常子(高畑充希)や鞠子(相楽樹)たちは、少しずつその生活になじんでいった。
しかし、母・君子(木村多江)と祖母・滝子(大地真央)の関係は変わらず険悪なままで、君子はその真相を話そうとはしない。
君子と同じく森田屋のまつ(秋野暢子)と息子の宗吉(ピエール瀧)も卵焼きをめぐり、親子けんかが絶えない。
何とか関係を修復させようと悩む常子だが、ふとしたことから滝子の秘密を知ってしまう

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第6週「常子、竹蔵の思いを知る」 第31話


    とと姉ちゃんop


※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。


簡単に…ほんとうに簡単に。


「常子が清との縁談の事を知れば家族のために自分を犠牲にしてしまう。そう君子は考えていました。」


大方の視聴者もそう考えて見ていると思うよ。

けれども、もし常子がそう考えるとしたって、それも常子の人生。
家族を(経済的に)支えるのが ととの遺言だと常子が考えるとしたら、それは一番手っ取り早い道であり常子にとっては犠牲でも何でもないかも知れないわけである。

いずれにせよ、君子は娘がそう考える道すら閉ざした事になる。

何にせよ自分本位の「娘思い」。

けれども、まぁ…人間とは、親とはそういうもんなんだな、きっと。

ドラマ自体がその行動を「毒親」だと解って描いているか、「母の美談」だと思って書いているかが問題なのであって、このドラマの場合は後者のように見えるからウンザリするのだ。

…あ、そんな事ないのかな。
これが「美談」になっちゃうのかどうか、それが決まるのが今週なのかも。


鞠子はどうだか知らないが、美子は実は青柳に顔を出しておやつを貰っている。
常子だってミシンを使わせてもらったりしているわけだよね。
  とと姉ちゃん31-1


知らぬは母親と孫を引き離したぜ(なのに隣に住んでるぜ)と思いこんでいる君子1人…。


親子丼の話から、森田屋で初めて話題に出てくる君子と滝子の話。


で、どうなんだ?あんたんとこの親子げんかは?

ちょっと父ちゃん。

何だよ。だって気になるじゃねえかよ。

だからってねえ。
で、どうなの?


母ちゃん!

いや。私もちょいと気になってるんだよね。



何も聞かずに雇ってくれる奥ゆかしくて野次馬根性がなくて、イイ人たちだ…
と思っていたけれども、それは大きな勘違い(爆)
んなワケないじゃんね。


いえ…何も変わらずです。
でも今のままでいいと私は思ってます。
母に頼らず自分の力だけで生きていけるっていうだけで私には十分です。



実家の裏手で下宿した上に祖母と孫の交流ルールすら決めず、このままでいいわけがあるまい。

そもそも「常子が清との縁談の事を知れば家族のために自分を犠牲にしてしまう」のなら、祖母とその話ができないだろうってほど遠い場所に雲隠れするでしょ普通。

こんなに近くに住んでいて「縁談の事を知れば」って、簡単に知れちゃいますがなにか。


そして、当然、1人で生きているわけではない。


女将さん…言われっ放しでいいんですか?
あっしは悔しいですよ。
常子さんたちの事も忘れる訳あるはずねえ。
学費だって全部…本当は女将さんが全部払ってるってのに。


という隈井のじいの言葉を朝ドラ名物タチギキで聞いてしまう常子である。

まぁ、大方の視聴者がここで「やっぱりね」と言うところ。

週予告の社長の様子を見て思うには、たぶん静岡にいたころから会社の「援助」は滝子の手による物だったのだろう。


言わない方がいい。
おばあ様の手助けなしでやってる事、うれしそうに話してたでしょ。
援助を受けてたって知ったら…。



と、こんな天然お嬢様な親のプライドを気づかう娘たちがもう可哀想で。

これ「頑張る子どもを見守る親」の完全逆パターンだよね。
娘たちはいつでも かかの事を「がんばれーーー」と思いながら見守っているわけである。

親が年を取って来ると親子関係にそういう現象も多々現れるわけだが、まだまだ「子育て中」と言える年代ですよね…。


金銭的には親の世話になり精神的には子どもの世話になり、なのに自分の力で娘の将来を救ってやったんだと思い込むとか…

どうしたもんじゃろうのぅ~~……


料理の描写はこのまま「ごち」ドラマにしてもらいたいほど今日も丁寧。
とと姉ちゃん31

      とと姉ちゃん31-2


しかし人間ドラマに色々と無理を感じる。

たぶん、今週には援助の事など君子に全部知れて、滝子へ感謝…するよねぇ…いくら何でも…。

けれども、朝ドラ的には森田屋という舞台からは離れたくなく、下宿を続けるためには和解させられない…きっとまた変な方向に行きそう。


gathery.recruit-lifestyle.co.jp

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


よろしければ→【2016年4月期・春クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


  
※キャスト

小橋 常子 … 高畑充希(子役期:内田未来)

小橋 君子 … 木村多江
小橋 鞠子 … 相楽樹(子役期:須田琥珀)
小橋 美子 … 杉咲花(子役期:川上凛子、根岸姫奈)
小橋 鉄郎 … 向井理

小橋 竹蔵 … 西島秀俊

青柳 滝子 … 大地真央

隈井 栄太郎 … 片岡鶴太郎
青柳 清 … 大野拓朗
森田 まつ … 秋野暢子
森田 宗吉 … ピエール瀧
森田 照代 … 平岩紙
森田 富江 … 川栄李奈
長谷川哲典 … 浜野謙太
中田 綾 … 阿部純子
星野 武蔵 … 坂口健太郎

玉置茂雄 … 大内田悠平
玉置正雄 … 加藤諒
玉置幹雄 … 藤野大輝
山田 … 田中幸太朗
杉野栄治 … 田山涼成
大迫博文 … ラサール石井

東堂 チヨ … 片桐はいり
花山 伊佐次 … 唐沢寿明
五反田 一郎 … 及川光博
谷 誠治 … 山口智充
水田 正平 … 伊藤淳史
早乙女 朱実 … 真野恵里菜
山岸 隆一 … 田口浩正

ナレーション(語り) … 檀ふみ

※スタッフ

脚本 … 西田征史
演出 … 大原拓、岡田健、藤並英樹、松園武大
プロデューサー … 盆子原誠
制作統括 … 落合将
音楽 … 遠藤浩二
衣装監修 … 黒澤和子

主題歌 … 宇多田ヒカル「花束を君に」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/totone-chan/




とと姉ちゃん(part1) [ NHK出版 ]

とと姉ちゃん(part1) [ NHK出版 ]
価格:1,188円(税込、送料込)












「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【とと姉ちゃん】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

10件のコメント

  • くう
    2016年5月11日 12:21 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    玉子焼きに持っていかれた火曜日でした(笑)

  • ゆう
    2016年5月10日 7:59 PM

    SECRET: 0
    PASS: 67828959122547a7fddaab97d5e99e3c
    (火)大将の玉子焼きおいしそ~でした。つられて焼いて食べました。大将の話はよかった。
    でも君子さんの行動はさっぱりわかりません。返すお金があるなら借りる必要ないのでは?
    女学校は5年だから私立の中高一貫校に年子で行かせてるようなもんですよね。
    その下にまだ小学生がいるよって、共働きでも学費大変ですよね~。
    ととには元気で長生きしてもらいたかったわ~。

  • 南高卒
    2016年5月10日 8:36 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    玉子焼きをちゃんと焼いていて、本当の人気仕出し屋の調理人に見えた、ピエールさんの自然な演技が光った火曜日…。殿方の好みの話とか、鶴ちゃんの酔っ払い情報漏洩事件とか……なんか、微笑ましいって感じました。色々違和感の有るとと姉ちゃんですが、今日は、何故か、楽しめました。得した気分!

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2016年5月10日 8:02 AM

    とと姉ちゃん (第31回・5/9) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式)
    第6週『常子、竹蔵の思いを知る』『第31回』の感想。
    なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。

    森田屋に居候し始めて3か月。常子(高畑充希)や鞠子(相楽樹)たちは、少しずつその生活になじんでいった。しかし、母・君子(木村多江)と祖母・滝子(大地真央)の関係は変わらず険悪なまま…

  • くう
    2016年5月10日 12:56 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >そう願いたいですけど返すつもりとはいえ隅井さんに援助を受けてることをカウントしてないし…。
    そりゃ、あんた(君子さん)はいいかもしれないけどさ、って思いましたよ。

    そうそう。
    すでに1人の力でやっていけないから実家に戻って来たのだし、今だってお金借りている事を忘れているみたい^^;

    >美子ちゃんが頂いているおやつ、少なくともまつさんからの分はきちんとお礼いわなきゃだし、

    貰っていると解っていないんですかねぇ。たぶん解っていると思うんですよね。

    「美子もずるい事を覚えた」というナレが入りましたが、一番ずるいのはその親のような気がしますね^^;

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2016年5月9日 10:43 PM

    親子丼>『とと姉ちゃん』第31話

    今夜は
    『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』
    が放送されるので大変嬉しい

    (ちなみにBSプレミアム PM9:00~)

    そーいやシーズン3も終わって久しいのに
    一つも感想書いてなかったな…

    おいおい、やっていきますぜ

    …ひじゅにですが何か?

    「東京に来て少々ズルいことも覚えた様です」by檀ふみ

    ↑やっぱり東京ディスってるだ…

  • もう…何がなんだか日記
    2016年5月9日 10:43 PM

    親子丼>『とと姉ちゃん』第31話

    今夜は『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』が放送されるので大変嬉しい(ちなみにBSプレミアムPM9:00~)そーいやシーズン3も終わって久しいのに一つも感想書いてなかったな&he…

  • ゆう
    2016年5月9日 10:31 PM

    SECRET: 0
    PASS: 67828959122547a7fddaab97d5e99e3c
    >今週には援助の事など君子に全部知れて、滝子へ感謝…するよねぇ…いくら何でも…。
    ほんとそうですよねぇ。
    「このままでいい」って言ったときに常子の顔を長々と映していて
    鞠子も「このままでいいと思っているとは思わなかった」といわせてますからね。
    そう願いたいですけど返すつもりとはいえ隅井さんに援助を受けてることをカウントしてないし…。
    そりゃ、あんた(君子さん)はいいかもしれないけどさ、って思いましたよ。
    美子ちゃんが頂いているおやつ、少なくともまつさんからの分はきちんとお礼いわなきゃだし、
    外でだれかにおやつを頂いたらかかに教えてねと釘刺しとかなと思うし、
    ちょっと目が届かなくなってきてますよね。
    完璧なひとなんていないけれど、君子さんの頑固さが頑迷さに見えることがあります。

  • くう
    2016年5月9日 4:11 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >前作の主人公は前者でしたが、自分の側に力があって
    余裕を持って相手を見れる点は本作のお婆様も同じでしょうか。

    自分の生活に余裕のある人には間違いを正す方法の選択にも余裕があるのは確かだと思います。

    たぶん君子さんも「我が子視点に立とう的意識」のつもりなのです。
    視点を間違えちゃっているだけで。

    まぁ視点を間違えるのも人間の特性なので完璧な人などいるはずもなく、だから面白いのですが、問題は「ドラマが」どう描いている「つもり」なのかって所ですね^^;

    そこ、視聴者が、えーーっおかしいだろ…と思う方向を製作者が正義だと思い込んで描いているとモヤモヤさせるわけで…

    さあ、どうなるか^^;

  • 巨炎
    2016年5月9日 3:51 PM

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    >何にせよ自分本位の「娘思い」。
    >まぁ…人間とは、親とはそういうもんなんだな、きっと。
    我が子視点に立とう的意識に基づいた行動を積み重ねる人と
    最初から投げている人の差は結構、大きいと思いますが…。
    前作の主人公は前者でしたが、自分の側に力があって
    余裕を持って相手を見れる点は本作のお婆様も同じでしょうか。
    「カーネーション」のように力量と器量をはき違えたツケ、
    自分に余裕が無い時こそ器量を問われるイベントが描かれるのは
    朝ドラでは、やはり希なのでしょう。

    >金銭的には親の世話になり精神的には子どもの世話になり、
    >なのに自分の力で娘の将来を救ってやったんだと思い込むとか…
    毒親のキャラとして新鮮といえば新鮮。
    ドラマの見せ方次第では面白くなるのでしょうが、そこが一番の問題。