【龍馬伝】第四十八回 最終回統括

龍馬は夢を見ていた。

懐かしい桂浜で、武市をはじめ、たくさんの土佐勤皇党士が剣を振っていた。


武市の号令に副ってみんなが掛け声をあげて鍛錬する懐かしい様子に


龍馬は声を掛けて近づいた。

みんなが龍馬を歓迎してくれた。

よう頑張ったな。龍馬。


もう少しじゃ。もうすぐぜよ。


その声を聞きながら、龍馬は目覚めた。

もう少しで、みんなが好きなことを好きなようにして


暮らせる世の中が来るようになるがぜよ。


龍馬は、新政府の行方を見届けたくて、京の近江屋に滞在していた。

龍馬が書いた新政府綱領八策「○○○を盟主とし」の部分は


各藩に不安と騒動を起こしている。

これを読んだものは皆、疑心暗鬼になる。

この○○○に誰が入るのか。皆が知りたいと思っている。


松平春嶽からそう言われた龍馬は、それで良いがです。と答えた。

こうしておけば、誰が相応しいか、みんな真剣に考え始めますろ。




ミニエー銃を売った金を持って、弥太郎は龍馬を探していた。


そして、龍馬に金を突き出した。

おまんに儲けさせてもらった金は欲しゅうない。


これは、おまんの金じゃ。


龍馬はそれを返して言うのだった。

おまんはこの金で日本のためになる事をする。

それは、わしには到底出来んことじゃ。


この世で岩崎弥太郎だけができる大仕事ぜよ。

わしがわしにしか出来ん事をやったように、おまんにも必ずやるべきことがあるがぜよ。


中岡は西郷に言われて、新政府綱領八策の真意を探るために龍馬を訪ねてきた。

龍馬は中岡に新政府の役人になるべき人材の候補を見せる。

ここに武市さんの名を書きたかったのう。

松平春嶽の名前を見つけた中岡は、徳川の者を入れてはいけない、と龍馬に言った。


西郷たちの不安は○○○に徳川家の意を汲む者が入る事だった。


○○○には誰の名前が入るのだと中岡は聞いた。

答えによっては龍馬を斬る覚悟だった。

龍馬は言う。

これは日本人による日本のための新政府じゃ。

それはの、みんなじゃ。


みんなが入るがじゃ。

上士も下士もない、みんな。侍も百姓もなく、志のある者をみんなで選ぶがじゃ。

その志のあるもんをこの人らで支えたらええがじゃ。


ここには、おまんの名前が、ない。

わしはの、役人になる気はこれっぱもないがじゃ。

海援隊の仲間らと一緒に世界を巡る。


世界中の知恵、技術、人を日本に持って帰ってくるぜよ。

まだわしらが知らない面白い物が世界には溢れてるがじゃ。


世界中の知恵や技術を日本に持ってこられれば、この国は


まだわしらが感じた事がないような夢と望みに溢れた国になるがじゃ。


この男には、権力も名前もどうでも良いことだった。

船に乗り、海を渡って蝦夷に行き、開拓をしたい。と笑う龍馬に中岡は答えた。

それは、面白そうじゃのう・・

大きな世界を夢見て語り、己の権力など微塵も頭に無い男。

中岡の頬を涙がつたう。







龍馬は好物の軍鶏鍋を宿に頼み、下男は鶏を買うために出かけていた。

今日は龍馬の誕生日だった。

   line.gif


11ヶ月見てきた「龍馬伝」が終わりました。

良いラストだったのではないでしょうか。

最終回に関しては、

新撰組は先週の終わりに近づく喪失感をわずかに抱く近藤の表情で


出番は終わりで良かったんじゃね?


今週の立ち合いは、しつこ過ぎなんじゃね。。。


とか。。。

あっ、また収二郎が無視されてる



最初に死んだ主要人物なのに。。。


とか。。。

即死にさせてあげないんだ。。。

とか。。。

最後のお龍の「う~み」は今イチ感動できない。。。

とか。。。

色々あるわけですが、まぁ、それは置いといて、

ぐだぐだと龍馬が今際の際に喋り続けたり、回想シーンがぐだぐだ出てくる事が


無かった作りは、さすがこのスタッフだと思いました。


(私的には、前振りがいっぱいあったワケだから即死で良かったんじゃないかって気もするんですけどね)

ほぼ1年間、色々と文句も言ってまいりましたが、私はこの大河が好きでしたよ。

史実はどうあれ、ドラマとしてストーリー、セリフ、演出、全て良い出来だったと思います。


(文句ばかり出てきてしまう人は昨年のあの大河を思い出しましょう。)

すっごい批判の記事も多々目にしましたが。


それは仕方ないと思ってます。

何せ、坂本龍馬と言う題材は、歴史に暗い人でも知らないってことはないほどの有名人です。


小説、ドラマ、映画、マンガ、と様々な媒体で描かれ続けている人です。


坂本龍馬に思い入れがある人は日本人にはいっぱいいます。

歴史が好きな人にとっては、そういう題材は自分のイメージに反することや


史実に反することが起きれば許せない気分になるのは大河ドラマの宿命です。

私にとって一昨年の「篤姫」が、色々と許しがたかったのと同じ原理です!

でも、「篤姫」の時はそれほど批判記事は目にしませんでした。


思い入れのない題材だと、とんでも脚本でもみんなそんなモンなんです。


(。。。って事で、私は来年はたぶん騒ぎまくる予感がします。


今から謝っときますわ。すいません。


でも、久々にトヨエツが見れるのは嬉しい!)

最後に、今まで全く触れてこなかった主人公の福山さんについてですが。。。

何せ、他の役の方々が素晴らしかったので、主役に触れる機会がなかったわけです。


私は特に福山さんの大ファンってわけではないし、大森さんとか佐藤健とか、


香川さんとか伊勢谷さんとか、そういう人にばかり眼を奪われてしまう傾向だったので。。。

でも、私はこの大河の主役が福山さんで本当に良かったと思っていますよ。


素晴らしい龍馬でした。ハマリ役だったのではないでしょうか。

常に鷹揚な態度でね、大らかで自信に溢れていて、少年のように好奇心があって、


そんな龍馬を福山さんは見事に演じて来られたと思います。

そんなこんなで、大河ブロガーの皆様、ほぼ1年間お疲れ様でした。


どうぞ、良いお年をお迎えください。

私はこの後「坂の上の雲」も書きますので、書かれる方は


年末までお付き合いくださいませ。

そして、来年もレビューするだろうと言う方は、どうぞ来年も


お手柔らかによろしくお願いいたします


 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ

にほんブログ村  




キャスト



坂本龍馬:福山雅治(少年時代:濱田龍臣)


岩崎弥太郎:香川照之(少年時代:渡邉甚平)

武市半平太:大森南朋(少年時代:桑代貴明)


坂本乙女:寺島しのぶ(少女時代:土屋太鳳)

坂本八平:児玉清

坂本権平:杉本哲太

坂本伊與:松原智恵子

坂本千野:島崎和歌子

坂本幸:草刈民代(登勢・二役)

坂本千鶴:大鳥れい

坂本春猪:前田敦子(少女時代:松元環季)


平井収二郎:宮迫博之(少年時代:ささの貴斗)

平井加尾:広末涼子(少女時代:八木優希)

岡田以蔵:佐藤健(少年時代:黒羽洸成)

望月亀弥太:音尾琢真(少年時代:谷山毅)

望月清平:本田大輔(少年時代:松田佳祐)

溝渕広之丞:ピエール瀧


岩崎弥次郎:蟹江敬三/岩崎美和:倍賞美津子


岩崎喜勢:マイコ/岩崎さき:野口真緒

岩崎弥之助:須田直樹/武市冨:奥貫薫


千葉佐那:貫地谷しほり/千葉重太郎:渡辺いっけい

千葉定吉:里見浩太朗



沢村惣之丞:要潤/近藤長次郎:大泉洋

陸奥陽之助:平岡祐太/池内蔵太:桐谷健太


高松太郎:川岡大次郎


中岡慎太郎:上川隆也

高杉晋作:伊勢谷友介


吉田松陰:生瀬勝久

桂小五郎:谷原章介


三吉慎蔵:筧利夫/久坂玄瑞:やべきょうすけ

伊藤俊輔:尾上寛之/井上聞多:加藤虎ノ介

大久保利通:及川光博


三条実美:池内万作


楢崎龍:真木よう子


後藤象二郎:青木崇高

山内豊範:染井将太


柴田備後:北見敏之/河田小龍:リリー・フランキー

三条実美:池内万作/坂崎紫瀾:浜田学

島村衛吉:山雄介/河原塚茂太郎:原田裕章

井伊直弼:松井範雄/金子重之輔:尾関伸嗣

那須信吾:天野義久/岡本寧浦:ベンガル


智:菅井きん

お元:蒼井優

ぎん:林侑香/さと:三宅ひとみ

志乃:及川奈央/なつ:臼田あさ美


徳川慶喜:田中哲司

朝比奈昌広:石橋凌

ジョン万次郎:トータス松本

永井玄蕃頭:石橋蓮司

小栗忠順:斎藤洋介

岩堀文治郎:松尾貴史

上野彦馬:テリー伊藤

トーマス・ブレーク・グラバー:ティム・ウェラード


今井信郎:市川亀治郎

近藤勇:原田泰造/土方歳三:松田悟志

沖田総司:栩原楽人/松平容保:長谷川朝晴


松平春嶽:夏八木勲

勝海舟:武田鉄矢

阿部正弘:升毅

西郷隆盛:高橋克実


小曽根乾堂:本田博太郎

大浦慶:余貴美子


吉田東洋:田中泯


山内容堂:近藤正臣

























  龍馬伝(1)

  龍馬伝

  NHK大河 龍馬伝 前編

  坂本龍馬その偽りと真実









「Twitter」やってますです。

フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)










※この記事は2010年に楽天からFC2にお引越ししてきた記事です。

コメントは引っ越せましたがトラバの引っ越しはできませんでした。

ご了承ください。再トラバはいつでもお受けいたします。





この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

14件のコメント

  • bluestar1719
    2010年12月1日 4:24 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは☆

    *Refreshing-wind blows*の

    bluestar1719と申します。

    第三部からではありましたが、TB記事

    等でお世話になりありがとうござい

    ました。m(_ _)m

    ワタシは途中から参加であまり言え

    ないのですが役者さん、頑張ってるけど

    脚本も演出も物足りないなって思いました。

    「龍馬伝」は主役<脇役なドラマだった

    かなと。個人的には伊勢谷君が強烈で

    あとは谷原さんとか筧さんとか改めて

    いいなって思いました。

    「坂雲」始まりますね!楽しみです!

  • ショコラ425
    2010年11月30日 5:00 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    そう言えば、回想シーンが少なくて、良かったですね。

    龍馬と中岡、斬られてから、沢山会話したので、話しすぎだろうと思いました(^^;)

    でも、福山龍馬、素敵でしたね♪

    嵌まり役だと思いました♪

    弥太郎も良かったです♪

    香川さんは、いつも名演技ですね。

    以蔵も可愛かったです♪

    武市ラブにしたのは新鮮でした♪(笑)

    健君、あの役で、一皮剥けたみたいで、うまくなりましたね(^^)

    高杉さんも素敵でした♪

    素敵なキャラが沢山いて、終わってしまって、残念です。

    来年の大河は、初回はレビュー予定ですが、続けるかどうかまだよく分かりません。

    「篤姫」が苦手だったので(汗)

    総評の方と、2つTBかけさせていただきます。

    11ヶ月間、お世話になりました♪(^^)

  • sannkeneko
    2010年11月29日 9:26 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    ほとんど即死のはずなのに最後にあんなに喋って、

    中岡さんの方がよっぽど重傷みたいで。

    主役は・・・最初言われていたJ事務所のT氏よりはよっぽど良かったとは思います。

    もしT氏だったら武市も以蔵も高杉も違う配役になっていたでしょうし。

    宮尾登美子の原作と相当違っていた「篤姫」。

    次回は田淵久美子の完全なオリジナルですから、

    フィクションの嵐でしょうけれど。

    浅井三姉妹の話ですから見ていくつもりでいます。

    来年もまたよろしくお願いします。

  • みのむし
    2010年11月29日 7:24 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    半平太さんとか以蔵が死んでから

    面白味がなくなった気がしました。

    だからそのあたりからつい辛口になってしまいました。

    もちろん福山さんも今までのどの作品よりも

    良かったと思うんだけど、

    なんでもかんでも龍馬、龍馬ってもちあげすぎー。

    って思っちゃった。

    そういうところにうんざりしちゃいましたね。

    普通にしてても十分かっこいいのに~。

  • かえ
    2010年11月29日 9:11 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    感動は少なかったですが、

    良い終わり方だったんじゃないでしょうか。

    できれば龍馬亡き後の西郷や木戸も

    見せて欲しかったなと思います。

    最後まで香川さんの熱演が素晴らしかったです。

    日本の未来を信じて突き進む少年のような

    龍馬を演じた福山さんもぴったりな配役でたね!

    坂の上の雲のレビューも楽しみにしています。

  • くろねこ
    2010年11月29日 12:40 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    まさしく私にとっては 思い入れある大好き龍馬だけに

    不満も湧きあがっちゃいました。

    これはどうしょうもないよね-。

    でも福山龍馬を見るのは毎週楽しみでした(笑)

    1年あいがとうです。今後もよろしく–です

  • くう
    2010年11月29日 12:34 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >私も、福山龍馬はがんばっていたと思います。

    >武市も以蔵も、東洋も長次郎も良かったです。

    >溝淵や権平、乙女ら坂本家の面々も。

    本当にキャストが素晴らしい大河でしたよね~^^

    皆さん、すごい全身で演じている感じで情熱がひしひし伝わってきました。

    これも主演である龍馬と弥太郎に皆が引きずり込まれていった所もあると思うんですよ。

    >もちろん、くうさんの記事を拝見するのも楽しみでしたよ。

    ありがとうございます~^^

    私も、ふるゆきさんの記事を楽しく拝見させていただいてきました。

    良い1年でしたわ^^

    >ただ、幕末らしいスケール感が、途中から感じられなくなったのが残念でした。

    それはあります。

    最初の高揚感が消えていったのよね。

    まぁそれは土佐勤皇党と言う集団の熱さもあったわけですが。。。

    私はやっぱ武市さんが消えてしまう辺りがピークでした(ノ_-。)

    >来年は戦国もの。

    >去年のようにならないでと願うばかりです(笑)。

    昨年みたいにはならないと思いますが、何せスタッフが

    丸々一昨年のスタッフなので「篤姫」みたいなアットホームを

    戦国に持ってこられるのかと思うと、ちょっとゾッとするものはあります(-_-;)

    しかし題材は私の大好きな女性史なので、一応楽しみです(*^^*)

    こちらこそ、またぜひぜひよろしくお願いいたしますね♪

  • くう
    2010年11月29日 12:18 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >まあ、たしかに去年の大河と比べたら

    >全然こういう感じでよかったですね

    っつーか昨年と比べたらダメっすね( ̄∇ ̄;)

    あれは大河史上と言ってもいいほどの○○○ですもん。

    でも、まぁ私は今期の大河は好きでしたよ。

    みなさんのレビューは手厳しいようですが^^;

    今、すごく寂しい気持ちです。

    >一方でスタッフや他の出演者が

    >龍馬によせる思いの強さがちと画面にも

    >出すぎてたんじゃないかなってトコロがあります

    それも大河の宿命ってところもありますが、今期の大河は役者さんも

    全体的にエキセントリックな感じだったのでスタッフも

    力入っちゃうんでしょうね。。。

    しかし主役マンセーも昨年、一昨年と比べれば絶対マシ(あ、また比べちゃった^^;)

    >それと個人的に

    >第二部、第三部の方が思いいれは強いです ̄▽ ̄

    私は武市さんと以蔵の死、ですね。やっぱり。

    あそこがクライマックスでした(ノ_-。)

    >さて、来年は私もトヨエツの信長は見てみたいですね

    最近、ドラマも映画もご無沙汰のトヨエツ。

    車のCMを見る度にどうなってるんだと思っていたわけですが、

    こんな所でお会いできるとは(*^^*)

    でも、信長だからすぐに退場。。。(ノ_-。)

    >一方でなんか、イケメン武将がいっぱいいそうで

    >そっちの方がちょいとひっかかりますが

    そうですか!私は京極家なんて、松の丸殿も高次も合いすぎ~とか

    キャストに関しては、結構嬉しい悲鳴です(⌒▽⌒)

    (でも蘭丸の弟はいらね~だろ~。。。とか^^;)

    とにかく、来期もよろしくです♪

    その前に「坂の上」よろしくです^^

  • ふるゆき
    2010年11月28日 11:30 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    私も、福山龍馬はがんばっていたと思います。

    武市も以蔵も、東洋も長次郎も良かったです。

    溝淵や権平、乙女ら坂本家の面々も。

    もちろん、くうさんの記事を拝見するのも楽しみでしたよ。

    ただ、幕末らしいスケール感が、途中から感じられなくなったのが残念でした。

    来年は戦国もの。

    去年のようにならないでと願うばかりです(笑)。

    もしまた記事を書きましたら、どうぞよろしくお願いします。

  • ikasama4
    2010年11月28日 11:08 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    まあ、たしかに去年の大河と比べたら

    全然こういう感じでよかったですね

    変な回想はいらなくて正解です

    福山さん演じる龍馬についてはよかったと思います

    一方でスタッフや他の出演者が

    龍馬によせる思いの強さがちと画面にも

    出すぎてたんじゃないかなってトコロがあります

    それと個人的に

    第二部、第三部の方が思いいれは強いです ̄▽ ̄

    さて、来年は私もトヨエツの信長は見てみたいですね

    トヨエツの大河出演は実に18年ぶりですかぁ

    どんな信長になるのかは楽しみですが

    一方でなんか、イケメン武将がいっぱいいそうで

    そっちの方がちょいとひっかかりますが

    その時にはこちらこそよろしくお願い致します

  • くう
    2010年11月28日 11:02 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >そうなんですよね。昨年のアレを思えば(逆に昨年の題材の方が私は文句言ってましたし)今年の「わかりやすい脚本」ってのはこれはこれでありだと私も思ってます。

    昨年の事は今思い起こしてもハラが立つくらいですわ~(-_-;)

    私は昨年の今頃、龍馬伝の予告映像を見た時の鳥肌立った感じを今も覚えてます。

    予告だけで感動しそうになったもん。。。

    やはり今年の大河は優秀ですよ。

    >その対極にいた弥太郎が香川さんの泥臭いまでの演技力が、また光っていたからだとも思います。

    そうですよね。まぁ、最期まで考えると「弥太郎伝」でしたね。

    香川さん、本当に素晴らしかった。。。

    「坂の上」ではまた全然違う顔を見せてくれるんですもんね^^

    配役の本当に良い大河でした。

    あとは映像と演出。良かったですね~^^

    なぎささんも1年お疲れ様でした^^

    またよろしくお願いしますね~♪

  • なぎさ美緒
    2010年11月28日 10:38 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんわ!!

    >文句ばかり出てきてしまう人は昨年のあの大河を思い出しましょう

    わはは!!

    同感です~!!

    そうなんですよね。昨年のアレを思えば(逆に昨年の題材の方が私は文句言ってましたし)今年の「わかりやすい脚本」ってのはこれはこれでありだと私も思ってます。

    >大らかで自信に溢れていて、少年のように好奇心があって

    坂本龍馬という人物をあらわすのに、これほど端的で、わかりやすい表現はないですよね。

    その点では本当に適役だったと私も思います。

    その対極にいた弥太郎が香川さんの泥臭いまでの演技力が、また光っていたからだとも思います。

    やっぱキャスト勝利?(笑)

    いや~でも最後の突っ込み所があまりにそのとおり!!で笑ってしまいましたよ。

    さすがくうさん!!素敵すぎっ!!(>▽<)

    来週からもよろしくお願いいたします~♪

  • くう
    2010年11月28日 10:31 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >たしかにツッコミどころがある最終回ではありましたが、

    >なかなか“良かった”ですよね♪

    思ったよりも感動は無かったのですが、最後としてよくまとめたと思います。

    たぶんね、お龍のシーンが海に向かって号泣するシーンだったら

    私も泣けてたかも。。。とか思ってます。

    割と甘めのラストでしたね。

    >私・・・気付きませんでした(苦笑)

    >たしかに平井がいませんでしたね。

    >扱いが可哀相。

    中岡も気の毒すぎましたが収二郎は難だったんでしょうか。。。

    切腹までは、あんなに注目されてたのに。。。(ノ_-。)

    >「坂の上の雲」のレビューは今週水曜日以降になるかもしれません。

    >アップしましたら、またトラックバックとコメントを残させていただきますね♪

    よろしくお願いいたします~(*^^*)

    私も。。。水曜あたりかなぁ。

  • BROOK
    2010年11月28日 9:39 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    たしかにツッコミどころがある最終回ではありましたが、

    なかなか“良かった”ですよね♪

    >また収二郎が無視されてる

    私・・・気付きませんでした(苦笑)

    たしかに平井がいませんでしたね。

    扱いが可哀相。

    「坂の上の雲」のレビューは今週水曜日以降になるかもしれません。

    アップしましたら、またトラックバックとコメントを残させていただきますね♪