【功名が辻】第四十七話

山内一豊は、土佐に入ってから厳しい治世を行った、とは知っていたけれども、


これほどの事を行ったとは。。。


相撲大寄席を楽しみにして集まった、明るい顔の一領具足の頭領たちと、


その後起こった悲惨な光景の差に、ただ愕然とするばかりだった。


相撲に集まった一領具足は、武器を持っていない。


ただの領民である。


その前に千代が言っていた「一領具足も領民でございますよ」


の言葉が頭に蘇った。


これほどの事をしなくては、平定できなかった土佐と言う土地。


平定しなければ、家康に責められる。


と言う六平太の言葉は真実であったろう。


家康にとっては、一豊も駒の一つに過ぎない。


出来の悪い駒は掃いて捨てる。


家康は、それくらいの事は平気でする男である。


相撲大寄席の騙し討ちには、一豊も難色を示す。


人には、言の葉、と言う物がある。今は平定できても、子孫は


この事を伝え聞き、必ずまた不満を持って来る。



しかし、六平太は言い切る。


子々孫々の事は、この場を凌いでからお考え下さいませ。


そうして、騙し討ちで一度に討ち取った一領具足


土佐は、ひとまず平定された。


山内のために、一豊のために、いや、千代のために。。。


千代が一番嫌がるこの策略を実行させた六平太は、千代の腕の中で命を絶つ。


これ以上、千代の行く末を見る必要はないと判断したのか。


千代の一番嫌いな事をしてしまった懺悔の行動なのか。


ここで自害する意味はあったのか。。。


祖父江新一郎六平太と。。。そして土佐の民衆の信頼を失って得た、


土佐と言う領土。


一豊の心にも、大きな風穴が開いたに違いないのに。。。


千代は、お暇をいただきたい、と一豊に申し出る。


何か、違ってませんか。


一豊だって、こんな事、喜んでやった事ではないと、千代が一番解っているはず。


山内一豊の妻とは、内助の功で女性史に名を響かせている人物。


大っぴらに、旦那様のやる事に口出しし、気に入らないと出ていくとは。。。


この世を綺麗な絵空事にする事が旦那様の仕事でございます。


絵空事では、時代を生き抜く事はできないと思いますが。


・功名が辻 第四十六話








この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

30件のコメント

  • くう
    2006年11月29日 9:31 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    そうなんですよね。

    自分自身も狙われて、平和的に解決できない事は

    もう目に見えているのに、まだ主張するか、って感じ。

    来週倒れてしまうらしい一豊くんの無念を考えると。。。

    あと2回。こんな形で終わったら、何か可哀想な

    一生ですよね~。

  • かりん
    2006年11月29日 9:08 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!私も千代の態度が解せません。

    今までずっと一緒にいて様子をみて、とりあえず今回も千代を狙う一両具足がいたことでも分かるような気がするんですけどね。それでもこうやって千代が憤ったことで土佐の人たちにはいいイメージとして残ってるようです。一豊は家康にせっつかれて、領民達の反抗に手をやいてかわいそうだと思うんですけどね。

  • くう
    2006年11月29日 3:38 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    ???「女性史」ですか??

    聞いた事ない言葉ですか??

    造語かも知れませんが、別に私が作った言葉ではありません。

    本もたくさん出ていますし、Googleで検索をかけただけでも

    何万件も出てきますが。

    女性史 – Wikipedia→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%8F%B2

    >これはどちらでもいいって話ではないと思います。

    そうですか~?

    どちらでもいいです。私、別に学術文書を書いてるわけじゃないんで。

    >何に対して>>>何か、違ってませんか。なのかが「??」ですね。

    私の文章は「行間を読む」と言う習慣のない方には読み取れないかも

    知れませんね。

    立派なカチッとした文を書く方の所に行く事をお薦めします。

    わざわざ添削ありがとうございました(__)

  • ゲキ
    2006年11月28日 11:21 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >>>山内一豊の妻とは、内助の功で女性史に名を響かせている人物。

    見性院については、正しくは内助の功で日本史に名を刻んだ人物、だと思いますが。というか「女性史」という言葉はあるんですか?それとも造語ですか?これはどちらでもいいって話ではないと思います。

    暇をいただきたいってのはたしかにどうかと思いましたが、

    >>>この世を綺麗な絵空事にする事が旦那様の仕事でございます。

    これを見性院が言ってもおかしくはないと思いますが。イソップの「北風と太陽」みたいなもんで、武断政治に走った一豊公を見性院が諌めるのは内助の功といえるのではないですかね。

    何に対して>>>何か、違ってませんか。なのかが「??」ですね。

  • くう
    2006年11月28日 9:58 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    私は原作を知らないんですけどね。

    知らないからかな~、余計おかしく感じます。

    たぶん、脚本家は千代のしたたかな部分を六平太に押しつけて、

    千代を純粋で平和な人にしたかったんでしょうね。

    でも、それじゃ賢妻にはなれないワケで。。。

  • くう
    2006年11月28日 9:55 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    ホント、これじゃただの、ダンナの仕事に理解のない、

    そこら辺の奥さんと同じですよ~。

    賢妻じゃなかったの(?_?)

    って思いました。一豊に同情します。

  • くう
    2006年11月28日 9:53 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    私は、もう土佐が決まってから、ずっと千代がイヤで(-_-;)

    一豊をバカにしたり、夢みたいな事ばかり言ったり。。。

    今までと違って自分の目の辺りに戦場を見てしまったから

    ショックも大きかったでしょうが、一豊は、ずっと

    こうやって出世してきたんですよね。

    今までは、それは一豊の意志では無かったけれども。

    千代は、もっと物わかり良く、出しゃばらない方が

    良いと思うのでした(+_+)

  • くう
    2006年11月28日 9:46 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    この話は史実のようです。

    でも、提案したのは一豊だと思います。

    そこまでやわなくてはいけない状況に追い込まれていたのでしょう。

    家康は過酷な土地をくれたものです。

    こういうやり方は嫌いだと言ってもねぇ。。。

    まあ、賢妻だったら、とりあえず旦那様の治世に

    口出しせず、支える所は支えて上げてほしいなぁ、と思っちゃいました。

    イヤなら出ていくんじゃ、普通の奥さんだし(-_-;)

  • くう
    2006年11月28日 9:42 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    ここは、千代には一豊の気持ちを思いやって、

    一緒に泣いて欲しかったですね。。。

    出て行っちゃうなんてヒドイ(; ;)

    成長した拾の登場が楽しみです。

  • くう
    2006年11月28日 9:40 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですね~。

    気が重くなる回でした。

    信長は感情に任せて多くの処刑を行いました。

    秀吉も三条河原で関白の妻子を残虐に殺しました。

    それに比べると、今回の一豊の行いは、仕方なく

    涙を呑んでやってのでは。。。と言う気もしますが。。。

    悲しい歴史を作ってしまいましたね。

  • くう
    2006年11月28日 9:32 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    おっしゃるように、今までも散々?だった、この良妻。。。

    ついに最高の?を見せてしまいましたね。

    来週は、一豊が倒れて、なし崩しに帰ってくる事に?

    あと2回、どうなるのかな~。

  • ヒロ子
    2006年11月28日 9:31 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    原作の千代さんはドラマの千代さんよりしたたかなので、

    そのズレから今回のような矛盾が出てきたのかもしれないと、

    ふと思いました。

    六平太も、すべての悪を背負って死ぬ必要はないわけで・・・

  • 「感動創造」
    2006年11月27日 10:56 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんはー!

    千代の言動、振る舞いは本当にトホホでしたね。

    絵空事では戦国時代、生き抜いていけないですよね。

    どこぞの市民団体の人が、核廃絶を訴えているように見えましたよ・・・・

    なんだかなぁ・・

  • 琉河岬
    2006年11月27日 10:22 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!

    今回の話で一豊の株は下がっても仕方がないと思いますが、ラストの千代のシーンで彼女の好感度までもが下がってしまったように思えます。

    一豊を癒したり、諭したり、操ったり(笑)する千代がとても魅力的だったのに。変な「綺麗事」で重臣が死んで凹んでいる一豊に追い討ちをかけるなんて。もう少し、脚本を練って欲しかったです。

  • しお
    2006年11月27日 10:33 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    このドラマでは、六平太に全部泥をかぶせたことになっているけど、史実はやっぱり一豊の指示だったのかな。

    大河で土佐入りまでするの?と思っていました。

    山内家も苦難の一生だったのですね。

    やっとの思いで土佐20万石ゲットがこんな大罪をしなければ、手に入らなかったなんて。

    今は千代に助言してくれる義母や家臣がいないから、あの場でだんなを責めるのも無理ないかなと思います。

    国主の妻としては、失格だというのはわかっていますが、実際あの千代の立場になれば、ああいうふうになってしまうと思います。

  • あむろ
    2006年11月27日 9:59 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    あちこちのレビューで千代の「お暇をいただきとうございます!」に非難ごうごうですね。

    >一豊だって、こんな事、喜んでやった事ではないと、千代が一番解っているはず。

    そうですよね。

    千代はここまでしなければならなかった一豊の、六平太の、新一郎の胸のうちを推し量ってあげなくてはいけないと思います。

    来週は拾が千代に諭すようですけれど…。

    千代にあのセリフを言わせる必要があったのかな?と疑問に思っちゃいます。

  • bluestar1719
    2006年11月27日 9:21 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございまぁす。

    cocktail-lightのbluestar1719です。

    いつもありがとうございます。

    あぁでもしないと、一掃するのは難しい

    のかな。まとめて一気に始末したかったのか。

    どの武将にも「黒歴史」はあるけど、

    昨日は見てて気が重くなりました。

  • さくらこ
    2006年11月27日 9:12 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    内助の功を描くはずのこのドラマ、今までにも何度か、?と思わされるところがありましたが、ラストくらいは納得のいく良妻振りを見せて欲しいですよね。

    こういう状況の時、起こって逃げ出すなら、誰でも出来ますって。

    悪いお手本を見せちゃだめ。

  • くう
    2006年11月27日 2:17 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    お怒りごもっともです。

    新一郎の死も六平太の死も、千代の世迷い言のせいで

    ぶち壊し。。。(–;)

    国主の妻として夫を支える気持ちはないのか~。

  • せるふぉん
    2006年11月27日 12:49 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    千代以外はホントに素晴らしい回だったのに・・・!

    あんな小娘のような事を言い出して

    六平太が死んだ事で怒り散らしているようにしか見えません。新一郎はどうなるんだ!!

  • くう
    2006年11月26日 11:54 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こういう時こそ、側にいて支えて上げるのが

    賢婦ってモンじゃないかと思うんですが。。。

    おいおい、熟年離婚かよ(-_-;)

  • くう
    2006年11月26日 11:52 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    役目は終わった、と言ってましたが、今後も千代の

    側にいるって言う選択は無かったんでしょうか。。。

    まさか自害するとは思いませんでした(; ;)

  • くう
    2006年11月26日 11:50 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    千代の気持ちは解りますが言っている事は理想ですよね。。。

    理想だけじゃ国は治まらない。

    こういう時こそ、一豊の支えになってほしいのに。。。

  • くう
    2006年11月26日 11:49 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    どーんと暗く重くなりますよ~。。。

    史実だから仕方ないけど、最終回目前で、こんな事件。。。

    来週は息子に説教される?

  • くう
    2006年11月26日 11:48 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    一豊が可哀想な気がします~(>_<)

    あんな事したのだって、好きでやってるワケじゃ

    ないのにね。

    来週は荒れるぞ~!

  • ikasama4
    2006年11月26日 11:00 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >祖父江新一郎と六平太と。。。そして土佐の民衆の信頼を失って得た、

    >土佐と言う領土。

    そして山内家に対する恨みが残る訳です。

    それは未だ消える事なく。

    >何か、違ってませんか。

    >一豊だって、こんな事、喜んでやった事ではないと、千代が一番解っているはず。

    たしかにそうですね。

    一豊が行った行為は許されざるものではないのかもしれませんが

    千代はもう少し一豊と六平太の心中を考えればわかるはずなのにね。

  • のの雪
    2006年11月26日 10:22 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >ここで自害する意味はあったのか。。。

    そうですよね~~。。六平太。。

    やはり千代に嫌われたくなかったのかな。。

  • ぱるぷんて海の家
    2006年11月26日 10:16 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    見終わったあと気分重かったですね。

    千代の考え方には違和感ありました。

  • てれすどん2号
    2006年11月26日 10:15 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    今回はみなさん気が重くなられていますね。果たして千代は最終回までに高感度を持ちなおすことができるのでしょうかね(笑)

  • うさ(o´∀`o):.*
    2006年11月26日 10:14 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですよね!!

    新一郎と六平太と領民の心を失って一番苦しいのは一豊なのに、さらに千代が出ていってしまったら・・・ひとりぼっち・・・。