【功名が辻】第七話

一豊と家臣の不在中、家臣である新右衛門の妻ふねが流産により亡くなった。


それが原因で、千代と父、新右衛門を責める新右衛門の次男・徳次郎


家を飛び出す徳次郎を追って、雨の中、山へ分け入る千代


そして、母のような愛情で。。。。。。



ああ、書いてて、かゆくなってきた。


ありえない、ありえない、ありえない。。。


ホームドラマっぽい作りは、別に良い。


でも、こういうのは、止めようよ。


例え50石でも、奥方は奥方、家臣は家臣


一家の主である殿様のお方様に向かって


「お前のせいだ!」って。。。


あんた、間違えなく、お手打ちですから。


こういう所が甘くなってくると、大河として、ちょっと見ていられなくなってしまう。


「利家とまつ」の再来は止めてください。。。


でも、最後、一家の奥方としての貫禄が出て、少し成長したような千代は良かった。


ラスト、新右衛門の子供達と墓参りする場面を見て、


「千代は、この時、何歳なんだろう。。。もしかしたら、この子達とあまり変わらないんでは」


と思ってしまいました。


こんな年で一家の奥方さまをやっていたなんて、


大変だったろう、ストレスも多かったに違いない


と、同情すると共に、昔の人は偉いなぁと尊敬してしまうのでした。






この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

15件のコメント

  • まこ
    2006年2月21日 9:23 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    千代自身に偉ぶったところが無いので、

    あまり気にしてなかったのですが、言われてみれば

    そうですねー。新右衛門夫妻はきちんと忠誠心を

    示してましたが、何せ徳次郎は乱暴者ですから(笑)。

    そういう父母の姿も今まであまり目に入らなかったんでしょうかねぇ?^^;

    でも、このあまり硬く無い作りが歴史物や時代劇が

    苦手なあたしには助かってます、ははっ♪

  • くう
    2006年2月21日 7:58 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    お余所で聞いた情報だと11才ですって(^_^;)

    あの子たちとほとんど年差がないんですね。

    そう考えると、すごい無理な配役。

    母の代わりも大変ね(^^;)

    草履は。。。米を買えと言われていたから、買わなかったのでは?

    私も、そう思って見てました。食べ物を買ってやってくれ。。。と。

  • かりん
    2006年2月21日 3:55 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    そんなにないかもしれないですね。

    まだ自身が子供みたいな千代ですよね?

    今週の徳次郎の暴走はすごいものでしたが逆にこういうことがあってしっかり上下関係を理解していくとかありませんか?

    でも千代は今後は母代わりをするんですよね・・・

    吟さんのお土産が気になるのですが・・草履を買ってないですよね?

  • くう
    2006年2月20日 3:26 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >何も考えずに涙こぼしていたよ。

    私もね、こんな事あるわけないじゃろ~!と突っ込みながら

    ウルウルしてた(^▽^;

    >言われてみれば確かにそうだ!

    >それと、殿様と言えども、ピンキリって事だよね。

    >零細企業の社長婦人と大企業の社長婦人くらいの差はあったんだろうね。

    そりゃ、もちろん~!

    だから、お市は一応、主婦仲間の間にワイワイ入ってくるなんて事はないし、それは良いんだけどね。。。

    やっぱ下級でも武士の家の子供は覚悟ってもんがないとね(^^;)

  • くう
    2006年2月20日 3:23 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >臭いんやなぁ

    >仲間由紀恵好きなんで 見ちゃうと思うけどさぁ

    近年の大河だから、ホームドラマ仕立ての場合は仕方ないんですがね(^^;)

    史実と違う創作に力を入れる時でも時代考証はある程度

    ちゃんとやってほしいのです。。。歴史もの好きとしては(–;)

  • ラビットらむ
    2006年2月20日 9:33 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    何も考えずに涙こぼしていたよ。

    言われてみれば確かにそうだ!

    それと、殿様と言えども、ピンキリって事だよね。

    零細企業の社長婦人と大企業の社長婦人くらいの差はあったんだろうね。

  • ミルキィ~♪
    2006年2月20日 7:00 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    これもまだ見てないんだけどさぁ

    そうなんや・・・

    臭いんやなぁ

    仲間由紀恵好きなんで 見ちゃうと思うけどさぁ

  • くう
    2006年2月19日 11:39 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >山の中に徳次郎を探しに行ったときに千代一人で発見するのって有り得ないですよね~・・・。

    すぐに見つけましたもんね(^_^;)

    まるで隠れているのを知っているかのようで

    出来すぎでした(–;)

  • うさ(o´∀`o):.*
    2006年2月19日 11:36 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    山の中に徳次郎を探しに行ったときに千代一人で発見するのって有り得ないですよね~・・・。

    千代に反発するのもちょっと・・・。母親が亡くなったのも千代のせいじゃないし。このあたりは???でした。

  • くう
    2006年2月19日 11:35 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >職場のおばちゃんが「(功名が辻の)仲間由紀恵はおもしれ~な~。」と言うので、来週から録画することにしました。

    面白いですよ♪

    でも、今日のはイマイチだった。。。(–;)

    >持ち物バトン、アップしましたよん♪

    今、ちょうど行って来た所だったんです!(^^)!

    ありがとう♪

  • くう
    2006年2月19日 11:33 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >確かにね、奥方様なんだから、ああいうのはないよね。 私たちが子供の頃の大河だったら絶対にありえなかったよね、話し言葉も、現代風で 今は慣れたけど、随分違和感あったよ。時代考証も全然、厳密ではないしね・・・

    うん。。。(–;)

    でも、最初の内は正直あまり気になってなかったのよ。

    山内一豊自体が歴史上薄いから、何でもアリって気がしてた。

    でも、こういうのは歴史物として反則だよね。

    こういう事やられると、お涙頂戴の脚本だけじゃ泣けなくなってくる(–;)

  • くう
    2006年2月19日 11:30 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >どちらかと言うと山内一豊は立身出世と言う感じですから。

    >家康とかもともと「お殿様」の子どもだと、

    >そういう描かれ方はしないんでしょうが。

    歴史上の人物としての認知度が薄いので、いじれると言うのはあるでしょうが、

    根本的な所を甘くされると、ちょっと凹みます。。。

    現代劇じゃないんだから、ちゃんとする所はちゃんとしようよ、って感じ(–;)

  • えしゃ母
    2006年2月19日 11:18 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    職場のおばちゃんが「(功名が辻の)仲間由紀恵はおもしれ~な~。」と言うので、来週から録画することにしました。

    持ち物バトン、アップしましたよん♪

  • ジェニファー234
    2006年2月19日 10:59 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    確かにね、奥方様なんだから、ああいうのはないよね。 私たちが子供の頃の大河だったら絶対にありえなかったよね、話し言葉も、現代風で 今は慣れたけど、随分違和感あったよ。時代考証も全然、厳密ではないしね・・・

  • ryi
    2006年2月19日 10:30 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    描かれちゃうんですよねぇ。

    どちらかと言うと山内一豊は立身出世と言う感じですから。

    家康とかもともと「お殿様」の子どもだと、

    そういう描かれ方はしないんでしょうが。