【逃げる女】第3話 「壊れたままの幸せ」 感想

あずみとくっついたのもお前のせい。別れたのもお前のせい。


変なこと言わないで。


俺がお前の事を好きだって知ってあずみは俺に擦り寄ってきたんだ。
お前の事を好きか、ってやたら聞くから、いくら好きでも西脇は高根の花だよって言ったらものすごく怒った。

「私は雑草なの?行きずりに摘んでも平気なそこら辺の花なの?」って。

俺に毒づきながら、あいつこれ描いたんだ。
あずみはお前が好きだったんだよ。本当に好きだったんだ。



逃げる女  第3話「壊れたままの幸せ」


     逃げる女op


初回で「逃げる女」とはあずみの事だろう…と書いて、
2話目で、あずみは普通に新婚旅行に行っていたので逃げてなかった…
…そして3話目。あずみは消えた。

では、やはり「逃げる女」はあずみなのか…。


あずみは夫と共に綾乃の店へ来ていた。
梨江子に気づく。
バツの悪い表情。

西脇梨江子さん。
…中学の時からのお友達ですって。


綾乃があずみの夫に梨江子を紹介する。


そうなのか! 改めてよろしく。


…あずみを幸せにして頂いて…。


いや~僕の方が幸せにしてもらってるんですよ。
楽しかったよな、船旅。

ええ。



何も知らない夫はとても無邪気だ。
豪勢に並んだ土産。
幸せそうな笑顔。

あずみと梨江子の間にだけ流れる奇妙な空気。
イライラした。
こんな空気、早く壊れればいいのに。

美緒は、この風景を店の隅でボンヤリと見ていた。

夫の車に乗り込む あずみに梨江子は「元気で」と言いながらメモを渡す。

待っているから来てほしいと書いたものだった。
当然、あずみは来ない。

待ち合わせに来なかっただけでは無く、あずみはそれきり姿を消した。


後ろを振り返ってもマイナスが溜まっていくだけ。
起きた事は忘れて前向いて生きていこう。

あなたにもそう言いたいけど…。



あずみを探すために去っていく梨江子に綾乃は言う。

忘れて前を向く。
それができたら、どんなに楽だろうね。


あずみがどうしてあんな嘘をついたのか。
刑務所での8年間、そればかり考えて生きてきたんです。



梨江子は礼をして綾乃の家を出た。
パンがおいしく焼ける幸せな時間がある家。


美緒はフェリーにも、降りてからも、ずっと梨江子の後をついてくる。
追い払っても追い払っても付いてくる。

目的が解らない。

綾乃の店には、美緒が殺した2人目の男についての捜査で聞きこみが入っていた。
防犯カメラに女が映っていたから。

あの日、ここに2人の女がいましてね。
若い女の名前は分かっていません。もう一人の方は西脇梨江子。



佐久間には梨江子が何をしにここへ来たのか見当がつく。
川瀬あずみに会うために来たのだ…。


梨江子はフェリーで対岸へ渡り、あずみの実家へ行くはずだったが、そこに家は無かった。
火事になり、一家は引っ越したらしい。

あずみが火をつけたと同窓会で言っていたと笑う同窓生の華江。

嘘よ、嘘。
あのころ、あずみ荒れてたから。


「荒れる」だけの原因はあったわけである…。

大変だったわね。
この間も集まった時その話題で持ちきりだった。
梨江子がやったかやってないか。

私はやってない!
だからあずみを捜してるの。



梨江子は幸せの広告塔だったからね。


幸せの広告塔?


美人で頭がよくて、どっから見ても幸せになれる人。
それが壊れて喜んでる連中も、結構多いのよ。



それが初めからの設定ではあるが、見ている限りではちっとも幸せな感じではないよね。
こんなに妬まれて。会う人会う人に吹聴されて。誰一人庇ってくれていない。
事件の前、この人は本当に幸せだったんだろうか。


梨江子は同級生の深見に会いに行った。
かつて、あずみと付き合っていた男。
そして、梨江子にホレていた男。

深見は ついて来る美緒を見て、あずみのようだと言う。


お前、行くとこ行くとこあずみにくっついてこられてた。
あずみを捜してんだろ。


知ってるの?


西脇があずみの事嗅ぎ回ってっから、お前んとこ絶対行くぞって連絡入ったんだ。


嗅ぎ回ってるなんて変なふうに言わないで!



狭い土地は恐い。
出所した梨江子があずみほ探している事は噂になっている。

けれども、冤罪だったことは噂にならないのだろうか。
誰も助けてくれなかったのだろうか。
同情もしてくれないのか。


深見は、
あずみはお前が好きだったんだよ。本当に好きだったんだ。

と言うのだ。
嫉妬心か。好きで憧れているけれども追いつけない。
成り替わりたいけれども評価されない。

だったら壊してしまおう。
あずみの動機はそんなところ


今回は、別の側面から梨江子を見ることが出来た。深見のおかげで。

深見が梨江子の家族が住んでいる家に連れて行ってくれたのだ。

このドラマを見てきて3話目。
この時まで梨江子の家族について考えもしなかった。


家族もまた悲惨だった。
妹の結花は高校を中退してキャバクラで勤めている所を深見に発見され、同情した深見は家族を何かと気に掛けていてくれたらしい。

殺人犯の両親は兄弟姉妹の姓を変えて守るために偽装離婚する。
『誰も守ってくれない』を思い出すよ。

それでも結花は虐められて辛い日々を過ごしたらしい。

そして、そんな妹を守るためか、家族は8年間1度も面会に行かなかったという。

これを聞いただけでも…
本当に事件の前、梨江子は美人で幸せだったのかと思ってしまうよ。
とても愛情や友情に恵まれていたとは思えない。

家族は長女の無実を信じていなかった。

結花は梨江子に食らいつく。


お姉ちゃんが捕まった時、すごい人が押しかけてきたんだよ。
テレビの中継車が何台も止まって、うちを照らしだして。
時間に関係なく呼び鈴が押されて…。
ご近所から文句を言われて。
受話器取ったら 「人殺し!」って叫んで切る人がいて、家にはスプレーで落書きされるし表札だって割られた。
学校にも大勢人が来たのよ!
ネットである事ない事いっぱい書かれた!
世の中には悪意を持った人がこんなにいるんだって私思った!



だって、梨江子はやっていないんだもの。
仕方ないだろう、責められるべきは梨江子じゃないだろう、と思った。


やってないのならどうして自供なんかしたのよ!
お姉ちゃん、子どもの時から私に言ってたじゃないの。
「頑張りなさい。もっと強くなりなさい。そんなに簡単に弱音吐いちゃ駄目よ。しっかりしなさい」って!

それなのに何でやってもない事で自供なんかしたのよ!
何で強くならなかったのよ!

お姉ちゃんが頑張ってたら、うちはこんな事にならなかった!



ああ…なるほどと思ったよ。
あの尋問に耐え切れず自供してしまったことを妹は怒っているのか。

姉は無罪で苦しんだのにヒドイ妹……

とは言い切れない部分がある。

妹にとっても辛い思春期だっただろう。
こんな事件が無ければ何事もなく楽しく学生生活を送っていたはずの8年だ。

そして、思ったの。
冤罪自体は確かに許せないし、酷い。

しかし、この妹に常に勝ち組を要求してきたらしい梨江子は、周りから見てもやはり「強すぎて眩しすぎるから何かあったら陥れてやりたい」衝動に駆られるような女だったのかも知れない。

8年間を壊されて人生を棒に振らされた梨江子。
あずみを恨み憎む気持ちだけが強く、家族がこんなことになっている事にも思いが至らない。

家族も梨江子を守ってやろうと思わなかった。
誰も冤罪から助ける署名運動などもしてくれていない。

美人で都会で高い学歴を身に着けた高嶺の花。
プライドが高くて…自分は勝ち組だと思って生きてきたかも知れないね。

家族との愛情も友達との友情も何も育まれていなかった。
恐らく、事件の前から。


何だか見ていて辛かった。
やっていないのだから、冤罪なのだから、何も悪くないのに。
でも、たぶん事件前からのこの人の性格や態度が自身を窮地に陥れたのだ。

これ、誰でも「私は大丈夫」と言えるだろうか。

そう考えると辛い。


美緒の役回りはよく解らないけれども、佐久間から預かった携帯でイタズラしたり、第一、居なくなった あずみだってこの子が殺ってくれちゃってる気がするし。

なぜなら、梨江子が大好きらしいから。

美緒が犯したこれまでの殺人も含めて、梨江子のせいにされてしまう気がする。

あんなメールを梨江子からだと信じてしまう佐久間はやはり頭が回っていないし。
とにかく裏から見ようとしすぎな安藤も色々と見当違いだし。

思い込みが冤罪を作っていくのだと、よく解る。
…というか…このままだと梨江子はまた冤罪被る事になる。

人間って恐いわ。


…で、本当~に意味が解らないのが天野課長@薫ちゃんがやっているらしい「匂いが残る暴力事件」の数々なんだけれども…これはどう関係しているのかなぁ。(ってか、香水変えろと言いたい…)

暴力や権力に屈せず思い至った真実はきちんと解明し、また思い込みだけで動かずに真実を突き止める、という部分で関わってくるのだろうけれど。

もっとも「香水」に気づいたのは安藤だから、これも「思い込み」で課長は何もやっていないのかも。

そもそも冤罪を作り出す原因は思い込み以外の何物でもないのだから。



あずみ(田畑智子)は待ち合わせ場所に現れなかった。
梨江子(水野美紀)は綾乃(原田美枝子)のもとを離れ、再びあずみを探す旅に出る。
なぜか梨江子についてくる美緒(仲里依紗)。
佐久間(遠藤憲一)と安藤(賀来賢人)はあずみの失踪を知り、ちらつく梨江子と美緒の姿に不審を抱く。
梨江子は高校時代の友人・深見(高橋努)を訪ね、あずみの一面を改めて知る。
そして思いがけず父・喬雄(古谷一行)ら家族に再会することに。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


よろしければ→【2016年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表



※キャスト

西脇梨江子 … 水野美紀
谷口美緒 … 仲里依紗
佐久間学 … 遠藤憲一
安藤純也 … 賀来賢人
川瀬あずみ … 田畑智子
斉藤浩一 … 高橋克典
天野直将 … 加藤雅也
柏木健作 … でんでん
香村綾乃 … 原田美枝子
深見元 … 高橋努
西脇喬雄 … 古谷一行
松尾結花 … 水崎綾女
山口 … りりィ
季佐 … あめくみちこ
八重 … 安藤玉恵
小倉一郎
梅沢昌代
諏訪太朗

※スタッフ

脚本 … 鎌田敏夫
演出 … 黒崎博、中島由貴
プロデューサー … 中山和記
制作統括 … 内田ゆき、越智篤志
音楽 … 上野耕路

公式サイト http://www.nhk.or.jp/dodra/nigeru/



世界の果てまで [ 鎌田敏夫 ]

世界の果てまで [ 鎌田敏夫 ]
価格:1,728円(税込、送料込)



恋の罪 [ 水野美紀 ]

恋の罪 [ 水野美紀 ]
価格:2,430円(税込、送料込)




「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(ツイ多いっす)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)




【逃げる女】第1話 第2話 第3話


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

10件のコメント

  • くう
    2016年2月2日 1:36 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >真田丸も逃げる女も一週遅れで見てます。

    私は記事を書かないドラマがHDDに溜っちゃってます(笑)

    >幸せの広告塔だった人間が冤罪だったとしても、
    正直喜んでる人もいるって表現に、人の澱みの深さを感じた。

    このドラマを見ている限り主人公が「幸せの広告塔」に見えないんだよね~。事件の前から妬まれていて足を引っ張る機会を窺われていたような気がする。

    一体、事件前はどれだけ明るい生活送ってたのか、もう少し描写がほしいかなぁと…。

    第4話もお楽しみに…というか、ドロっとなるよね、見終わった後。

  • 紫花浜匙
    2016年2月1日 4:10 PM

    SECRET: 0
    PASS: 984e0037bc680040c3165a33fc64e091
    真田丸も逃げる女も一週遅れで見てます。

    鎌田敏夫の業の書き方って、凄いよね。
    淡々としててエグいというか。
    幸せの広告塔だった人間が冤罪だったとしても、
    正直喜んでる人もいるって表現に、人の澱みの深さを感じた。

    高校生の時に読んだ鎌田敏夫の『里見八犬伝』を思い出したよ。
    犬坂毛野と妖之介の言葉の絡みが、高校生の私には澱みすぎだったから^^;。

  • くう
    2016年1月26日 9:30 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >ちなみにうちの母親も面会に来ると思う(笑

    (・_・)/\(・_・)ナカマ!だわ(笑)
    何言われるかまで想像できるわ(笑)

    >事件以前にこの家族は関係が築けていなかったんじゃないのかねぇ・・

    大きな事が起きると家族の形がハッキリするよね。
    本音の無かった関係が一気に悪くなったり…

    >あんなふうに昭和の刑事よろしくガンガン責められればすぐにもしかして気づかないうちにやっちゃったのかしらん?とか思っちゃうし(笑

    ああいう尋問はそれが目的らしいよね、拷問と同じだよね。
    寝させなかったり食べさせなかったりして憔悴しきったところにガンガン怒鳴るとか…平成の今でもそんな事があるのかなぁ。
    こわいわーーー。

    人を陥れる…ってのもあるかもね。人間って状況でどうなるか解らないもんね (´・ω・`)

  • きこり
    2016年1月26日 12:12 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >本当に事件の前、梨江子は美人で幸せだったのかと思ってしまうよ。
    ほんとだよね。誰ひとり梨江子のことをかばってくれないって・・家族は面会に行く余裕なかったのかもしれないけど、
    どんな状態になっているか娘のことが心配で行かずにはいられないと思うが・・・8年間一回もってねぇ・・
    ちなみにうちの母親も面会に来ると思う(笑
    そして帰った後にすんごく嫌な気持ちになりそう・・(笑
    妹もえらそうなこと言っていた姉が負けてしまったのが許せないのはわかるがーー事件以前にこの家族は関係が築けていなかったんじゃないのかねぇ・・
    >やっていないのだから、冤罪なのだから、何も悪くないのに。
    でも、たぶん事件前からのこの人の性格や態度が自身を窮地に陥れたのだ。
    よく財布がそこのあったがために泥棒が生まれるってなことがあるけど、あずみももしあの事件がなければ梨江子と仲良くやっていけたのかもしれない。
    この人にはかなわないと思いながらも憧れの方が勝ってついていけたかもしれないね。でも梨江子が容疑者となったことであずみの暗黒面がぱかっと開いてしまったのかな・・
    あずみも梨江子もどちらも私だったらありえると思うよ。
    あんなふうに昭和の刑事よろしくガンガン責められればすぐにもしかして気づかないうちにやっちゃったのかしらん?とか思っちゃうし(笑
    自分の精神状態が悪かったら後のことを考えずに人を陥れてしまうかもしれない。こわいわーー(笑

  • くう
    2016年1月26日 4:42 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >美緒がふら~っと部屋に入ってくるところ、心底ぞ~っとしました。

    ホラーですよね(笑)
    髪もぼわーーーっとしてるし!

    >そういうひとにありがちなまわりのひとにたいする無神経なふるまいがあったとしても だからと言って偽証して罪に陥れたりしていい理由にはならないですよね。

    そうです。どんな悪人でもやっていない罪に対して処罰されるいわれはないです。

    けれども、多くの冤罪は「印象」で作られるんですよね。
    人の目は恐いということですわ。

  • くう
    2016年1月26日 4:39 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >人が私のことをどう考えているか本当の事はわからない。

    ですよねーー!
    女の人は特に何考えてるのか解りませんね。

    >でもやっぱり妹の言ってることは理不尽ではないかと。

    思春期を台無しにされて、誰かのせいにせずにはいられないんでしょうね。
    姉のせいじゃないと解っていても言わずにいられない恨みをこの子も抱えて生きて来たんだなと思いました。

    >それにしても美緒は何者なんでしょうね。
    予告で「あの女の子は生きていたのか」って言ってた”女の子”が美緒なのかな?

    「し ねなかった」とか言ってましたもんね。
    あと3回で解決するのかな、この話^^;

  • くう
    2016年1月26日 4:33 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >「偽りなきもの」さえ信じてくれる人がいましたよね。

    このドラマでは一応、今回出てきたあずみの元カレは信じてくれているのかなぁ。フラットな感じでしたね。

    >親が8年面会もしてないなんて。うちの父ならありえるけど このお父さんそんな人に見えないし。

    ウチの父なら来る気がします。
    来て、もう来ないでくれと言いたいくらいイヤな事言いそう(笑)
    このお父さんは妹のために来なかったのかも知れないですね~。

    >もう出てる人みんな(安藤さえも)変な人に見えてきちゃいました。

    うん。確かに。
    私は あずみだけじゃなくて出ている人全員に何故事件当時少しでも庇おうとしてあげなかったのかと聞きたいですわ(笑)

    つまり、そんだけ嫌われる要因があったのかなと。
    誰にも庇われない女って辛い。
    ほんと、自分の身に置き換えたら不安でいっぱい^^;

  • ゆう
    2016年1月25日 7:08 PM

    SECRET: 0
    PASS: 67828959122547a7fddaab97d5e99e3c
    美緒がふら~っと部屋に入ってくるところ、心底ぞ~っとしました。

    事件前の梨江子が高根の花、幸せの象徴みたいな人で
    そういうひとにありがちなまわりのひとにたいする無神経なふるまいがあったとしても
    だからと言って偽証して罪に陥れたりしていい理由にはならないですよね。

    自分が梨江子の立場だったら家族はどするだろう、
    家族が梨江子の立場になったら私はどうするだろう。
    考えさせられました。

  • kyom
    2016年1月25日 1:18 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >これ、誰でも「私は大丈夫」と言えるだろうか。
    私も同じこと考えていました。
    人が私のことをどう考えているか本当の事はわからない。
    でもやっぱり妹の言ってることは理不尽ではないかと。
    どんなにタフな人でも取り調べでは参ってしまって、やってないのにやりましたって言ってしまう。
    もとボクサーの人でもそうだったし。

    それにしても美緒は何者なんでしょうね。
    予告で「あの女の子は生きていたのか」って言ってた”女の子”が美緒なのかな?

    あと、佐久間があまりにも無能すぎる・・・

  • Q
    2016年1月25日 9:17 AM

    SECRET: 0
    PASS: ab321be5ff2ec971f559706826139bd7
    私も思った、梨江子ってどういう人だったんだろうって。
    「偽りなきもの」さえ信じてくれる人がいましたよね。
    自供したって 子供殺しでしょ、よっぽどのことがあったんだろうって家族なら思うだろうし(調書上の動機はどうなってるんでしょうね。) 親が8年面会もしてないなんて。うちの父ならありえるけど このお父さんそんな人に見えないし。
    家族のこと考えない梨江子もだけど、家族も友人も ちょっと普通じゃなくないですか?
    もう出てる人みんな(安藤さえも)変な人に見えてきちゃいました。
    そういう私も「大丈夫」だとは言いきれない。事件のニュースで知人隣人の声が出るたび 私のことは何て言われるんだろうって ちょっと思うもの。どうか家族くらいは信じてくだされ、ですよね^^;;