【リスクの神様】第10話(最終回) 感想

「われわれは神じゃない。
全てを救えるわけじゃない。」

あなたの言葉の意味が今は分かります。

思いも寄らないところから次々と危機は訪れます。
それを完全に食い止めることなんて私たちにはできません。

でも西行寺さん。私は諦めずに立ち向かいますよ。



リスクの神様  第10話


    リスクの神様


一般企業の何処にでもありそうなクレーム対応、風評被害対策、イメージ戦略などを誤魔化さず、さらけ出して謝罪する指導をしつつ裏では社の損害を極力抑える対策を行い、切るものは切り多くを救う…という危機対策室を描いたこのドラマも最終回。

簡単にサラッとおさらい感想。


各回の危機管理対策ストーリーと同時にジワジワと姿を見せてきた西行寺の父が関わった事件と会社内部の不気味な派閥争いも興味深く、ついにそれも含めて全貌が見えたわけだが…。

やはり5話のマーレーン駐在所誘拐事件が大きすぎた気が今でもしてる。
だって、あれもう一般社員のお仕事超えてたもんね。FBI並みだよ。
命に係わるし、お手当は相当いただきたいもんだよ。

こういう回を一回入れられると急に現実味がなくなってきてドラマ自体が胡散臭く見えてしまう部分があるのは…イナメナイヨネ…。

あの後も中山忍がゲストのせいかちょっと崖が見える2サスの香り、第6話。
これまた浅見光彦(違)がゲストのおかげか2サスの香り漂う第7話と…

ちょっと安っぽい展開が続きつつ、いよいよずっと追ってきた社内派閥問題の決着と西行寺さんの父・関口が過去に関わった事件の核心に迫るのだった。


関口の障害は芝居だったらしいが(一般人の演技レベルを超えてるぞ、ぉぃ…)、その息子の西行寺さんももちろん芝居の上手さが遺伝している。


危機対策室を突然解散すると言われて戸惑う神狩。
その上、西行寺さんは新社長・白川の社長室長に抜擢されて取り巻きの一人になっていたのだった。

神狩は西行寺さんを怪しむが、もちろん大義のためです。
    リスクの神様8


西行寺さんのデスクには18社もの系列企業で実態の伴わない取引が行われていた資料なんかも置いてあるわけだが、もちろん不正なんてしているわけもない。大義のためです。

ずっと父の復讐を企んでいるのか、坂手元社長をハメたのかと思ってきたわけだが、真相は白川の方が黒幕だった。まぁ、もちろんそうだ。だってMOZUだから……。

真実を知りたいんだ
とばかりに1人動き回り危ない目に遭ったりして最終回まで目が離せないが、西行寺が何をやっているのかという謎を追うドキドキよりもいっそう大きい絵面のドキドキ……。

だって…誰から乱闘が始まるかと思うだろ…このメンバーじゃ。
  リスクの神様10


あなたは本社の正式な手続きを経ずにサンライズアメリカにシェールガス開発を指示した。
しかし、後発で参入したサンライズが得た油田は採掘困難な深層シェール層だった。
そのとき世界の石油価格は急落した。
掘れば掘るだけ赤字になり採掘は中止。
サンライズアメリカは2000億円の負債を背負う窮地に陥った。



この穴埋めのために白川はせっせと隠蔽工作を始めた。
…で、板手社長に被せようとしたのね。
話が大きすぎて眩暈がするが……大手の企業ではもちろん失敗すれば国にダメージを与えるほどの損害が出たりしちゃうのだった。

白川も会社のためを思ってやっていたわけだが、隠蔽すれば信用を失くす結果になるのは事案が大きくても小さくても同じである。企業のイメージは常にクリーンであり続けなければならないからだ。


石油の暴落さえなければ全ては うまくいったはずだった。

しかし、結果的には社を 大きな危機に陥れその隠蔽のために多くの企業や社員を巻き込みました。
あなたはあなたを信じてきた人々を利用し 傷つけたんです。
あなたがしたことは犯罪です。罪を償うべきです。


君の父親のようにということか。
会社のために1人で全てを背負った関口さんの立派な姿は忘れていない。
見事な引き際だった。


白川社長。
私の父は立派でも見事でもなく、ただ惨めな引き際でしたよ。

あなたも覚悟してください。



白川の真実を暴き、大きな不正を処理したあとは、西行寺さん自身の後始末。

更迭されるシェフの能登の弟子とは違って(違…)、優秀な西行寺の弟子である神狩が30年前の事件を全て調べてくれていた。


どうやってこれを?


必要なものを手に入れるためならどんなことでもする。
それが私のやり方ですから。

わが社は30年前、経営支援と引き換えに生島電機に高性能魚群探知機の製造を依頼していました。
それは第三国を経由して旧ソ連領ベニグスタンに運ばれました。
おそらく潜水艇ソナーに転用するためのものでしょう。
つまり、サンライズ物産は石油の採掘権を得るための見返りとして共産圏に軍事機器を供与していたんです。

西行寺さん危機に陥った以上全てを守ることはできません。
危機こそチャンスなんです。

サンライズ物産を未来につなげてください。



ソ連に軍事機密を提供してきたとは、これまた大きな話である…。
関口はその秘密を背負って1人会社を出て行ったらしい。

みんな、サンライズ物産大好きだな……。


われわれは選択しなければなりません。
過去の秘密に怯えながら軍事独裁国家と理不尽な取引を続けるか。

あるいはその呪縛を断ち切るか。

どちらを選ぶか、それは明らかです。



何処かで切らなきゃ戦争はずっと続くということだ。
軍事機密を提供するなんてことは戦争しているのと同じことである。

会社を守るとかいう問題じゃ済まなさそうな気もするが……

その続きは劇場版………ないのか。


社会派およびサスペンスにハマった役者さんたちの存在感で作り上げた凄い世界。
誰一人として嘘臭くなかったからここまで大きい話でも受け入れて見る事が出来た。

役者力と演出の勝利でした。

このクオリティなら劇場版でもいいから、できたら続けてほしいわ~。
だってサンライズ物産、まだまだ何かありそうだろ…。



サンライズ物産の役員会で坂手社長(吉田鋼太郎)解任の緊急動議が賛成多数で可決され、
新社長には専務の白川(小日向文世)が就任した。
西行寺(堤真一)は、白川の指示を受け、組織再編に伴い危機対策室が解散になることを
かおり(戸田恵梨香)たちに報告する。
今後は、各部署に危機対策担当を配置することになったという。
かおりは、西行寺が坂手を裏切って白川社長を誕生させた真意がわからず、ますます
疑念を深めていた。 

あくる朝、かおりは、由香(山口紗弥加)から、西行寺が社長室長に就任したことを聞かされる。
すでに西行寺は、白川が掲げた積極的な経営戦略の一環として3社の買収を提案し、
役員会で承認されていた。
西行寺が父親を見捨てたサンライズ物産に復讐をしようとしていると考えたかおりは、それを
阻止すべく彼の行動をマーク。
西行寺が、アジアグローバル証券代表のフォー(木下ほうか)と会っているのを目撃する。
だが、ふたりを追おうとすると、突然現れた結城(森田剛)に止められてしまう。  

危機対策室に戻ったかおりは、西行寺のデスクに残されていた資料を調べ、18社もの
系列企業で実態の伴わない取引が行われていることを知る。
去年1年で100億円近い資金が流出しており、そのほとんどはケイマン諸島にある3つの
会社に集中していた。
かおりは、坂手の自宅に押しかけ、資金流出の件を切り出すが…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


よろしければ→【2015年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表



※キャスト

西行寺 智 … 堤真一
神狩 かおり … 戸田恵梨香
結城 実 … 森田剛
種子島 敏夫 … 古田新太
財部 栄一 … 志賀廣太郎
橘 由香 … 山口紗弥加
原田 清志 … 満島真之介
逢沢統吉 … 丸山智己

坂手 光輝 … 吉田鋼太郎
白川 誠一郎 … 小日向文世

西行寺 智(学生時代) … 西井幸人

天童 徳馬 … 平幹二朗

関口 孝雄 … 田中泯

※ゲストキャスト

第1話
生島徹 … 風間トオル

第2話
天野昭雄 … 飯田基祐
麻生次郎 … 岡本信人
麻生ゆうと … 山崎竜太郎

第3話
北条ちなみ … 新川優愛
薮谷虎之助 … 名高達男

第4話
塚原 … 浅野和之
有田俊介 … 坂田聡
有田水江 … 西尾まり
有田 剛 … 藤本哉汰

第5話
袴田明 … 桜井聖
袴田美沙 … 田中美里

第6話
望月貴子 … 中山忍
進藤 … 中丸新将
大鷹 … 筒井真理子
木村 … 野間口徹

第7話
岡崎大樹 … 中村俊介
岡崎竜太郎 … 小野武彦
片山 … 手塚とおる
フォー … 木下ほうか

第8話
高中桐子 … 高橋ひとみ
小松史郎 … 阿南健治
フォー … 木下ほうか

第9話
薮谷虎之助 … 名高達男
永嶋・常務 … 羽場裕一
峰岸光仁・環境事業部長 … 伊藤正之
林原のぞみ・開発部主任 … 黒坂真美

※スタッフ

脚本 … 橋本裕志
演出 … 石川淳一、城宝秀則
企画 … 成河広明、加藤達也
プロデュース … 高丸雅隆
音楽 … 林ゆうき

テーマソング …

公式サイト http://www.fujitv.co.jp/risk_no_kamisama/index.html





「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(ツイ多いっす)だという覚悟でお願いします

 
【リスクの神様】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話(最終回)


シェアする

フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

15件のコメント

  • くう
    2015年9月30日 10:23 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >毎週元治ぃの演技見てて、こっちまで顎のスジがつりそうになってましたよ。

    そして、あの顔演技が本当に中の人・泯さまどころか外の人・関口さんの演技だったというオチなのだから…
    関口さんにはぜひともこの先、老齢役の俳優を目指していただきたい。今のままで充分名優だから(爆)

    >神狩を庇って結城が襲われるシーンでは、SPを思い出し、
    神狩が歩く先に西行寺が待ってるシーンでもSPを思い出し、
    あ〜、SP見た〜い。

    「SP」は見れないけれどもこの前「SPEC」はやってたよね(笑)
    何で今さら「SPEC」?って思ってたんだけど、もしかしたらこの波に乗ったのかしら←んなことはない!

    >これは、続編が? 
    ココで終わっても、それはそれである意味シュールですが。

    視聴率的には続編が期待できない気がして残念だけれどもスペシャル1本くらいはやってほしいね~。

  • 笑う社会人の生活
    2015年9月29日 1:14 AM

    リスクはチャンスです

    ドラマ「リスクの神様」を見ました。

    フジにて 水曜10時からやってました

    日本最大の商社 サンライズ物産の危機対策室メンバーたちの奮闘を描く

    異物混入、汚染被害、スキャンダル、粉飾決済、お家騒動、産業スパイなど・・・
    さまざまな危機 リスクを解決しようとする…

  • 紫花浜匙
    2015年9月25日 11:08 PM

    SECRET: 0
    PASS: 984e0037bc680040c3165a33fc64e091
    毎週元治ぃの演技見てて、こっちまで顎のスジがつりそうになってましたよ。
    絶対真顔で、顎をマッサージしてた時間があったと思われる、関口氏。

    神狩を庇って結城が襲われるシーンでは、SPを思い出し、
    神狩が歩く先に西行寺が待ってるシーンでもSPを思い出し、
    あ〜、SP見た〜い。
    白川の正体が割れるシーンで、ダルマ・・・・・。

    スケール、広げてきましたね〜。
    坂手と天童が何も知らなかったのもある意味え〜!?でした。
    こんな、最終回でちょこっと切り口見せて御終いだなんて、
    これは、続編が? 
    ココで終わっても、それはそれである意味シュールですが。

  • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
    2015年9月23日 11:30 PM

    花咲舞が黙ってない2期最終話 & リスクの神様最終話(9.16)

    すっかり更新が滞ってしまいました
    シルバーウィーク(そんな名称がついてたんですね)は
    部屋の大掃除をしてました。お蔭で普段より疲れてしまいまして(苦笑)
    夏ドラマももう終わりですなあ

    ・花咲舞が黙ってない2期最終話
    東京第一銀行の取引先である建設会社が倒産、
    建設会社から銀行に裏金が流れているという告発のメールが届き、
    動くことになる花咲舞@杏と相馬@上川隆也
    やがて裏金が振り込まれたのは…

  • くう
    2015年9月17日 9:31 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >ストーリーもどこかであったような、アルジェリア?とか大塚家具?とか(笑)

    そうそう(笑)実例を参考にしましたって感じでしたね~~。
    そのくらいはリアリティあったのにね。所々が大きすぎましたね^^;
    でも、楽しかったです。

    >それにしても田中泯さん、すごすぎです。

    ほんとにね!
    来月からはやっと塩田から離れて新たなイメージ作りが出来ますわね。

  • kyom
    2015年9月17日 8:46 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    結構楽しみにしてたドラマでした。
    役者さんたちがとにかくすごかったですね。
    ストーリーもどこかであったような、アルジェリア?とか大塚家具?とか(笑)
    でも最後の30年前の話は大きすぎてちょっと現実味ないかな。
    まあ、今までも十分大きいんですけど。

    それにしても田中泯さん、すごすぎです。

  • くう
    2015年9月17日 6:38 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    さあ!警棒出して、ファイっっっ!!!!…って感じですよね(笑)

    ほんと、演出もいいので脚本はもう少し練っていただきたかったですねーー。
    それでも今期のドラマの中では好きな方でした^^

  • レベル999のgoo部屋
    2015年9月17日 6:26 PM

    リスクの神様 第10話(最終回)

    「危機こそチャンス…救世主の真の目的は」

    内容
    サンライズ物産の役員会で、坂手社長(吉田鋼太郎)の解任の緊急動議が可決。
    後任の社長に白川専務(小日向文世)が就任する。
    その白川の指示で、危機対策室の解散を命じられる西行寺(堤真一)
    それをかおり(戸田恵梨…

  • ドラマハンティングP2G
    2015年9月17日 4:47 PM

    リスクの神様 第10話(最終話)

    2015.9.16 WED. ON-AIR STORY #10 最終話 「危機こそチャンス…救世主の真の目的は」 サンライズ物産の役員会で坂手社長(吉田鋼太郎)解任の緊急動議が賛成多数で可決され、新社長には専務の白川(小日向文世)が就任した。西行寺(堤真一)は、白川の指示を受け、組織再…

  • ぐ~たらにっき
    2015年9月17日 12:26 PM

    リスクの神様 #10 最終回

    『危機こそチャンス…父と子が選んだ決断』

  • 通りすがり
    2015年9月17日 11:27 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いきなり失礼!はじめてコメントします。

    「だって…誰から乱闘が始まるかと思うだろ…このメンバーじゃ」
    のところで一人で大笑いしました。
    役者さんは素晴らしかったので、もっと練った脚本で劇場版、見たいです。

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2015年9月17日 9:06 AM

    リスクの神様 (第10話 最終回・9/16) 感想

    フジテレビ系『リスクの神様』(公式)
    第10話/最終回『危機こそチャンス…救世主の真の目的は』の感想。

    社長・坂手(吉田鋼太郎)の解任動議が可決され、専務の白川(小日向文世)が新社長に就任することに。かおり(戸田恵梨香)は、新体制を誕生させた西行寺(堤真一)の真意が分からない。西行寺は白川の意向だと言って「危機対策室」の解散を伝え、さらに自身は社長室長の座…

  • Happy☆Lucky
    2015年9月17日 8:35 AM

    リスクの神様 第10話(最終話)

    第10話(最終話)

    JUGEMテーマ:エンターテイメント

  • のほほん便り
    2015年9月17日 7:49 AM

    リスクの神様 最終回「危機こそチャンス…救世主の真の目的は」

    最終回、特に前半は、かおり(戸田恵梨香)にスポット。彼女が、ずんずん真相解明していく感の前に立ちはだかるのが、不敵感漂う、西行寺(堤真一)でも、途中から事情が分かり、合流して、改めて仲間になるあたり、個人的に戦隊感覚、でした。話が、すごく大きくなっちゃったけれど、今回は、解決編ゆえ、私にも「分かりやすかった」かな?豪華キャスティングによる、役者オーラで作る、独特の雰囲気が、御馳走感でした。こ…

  • キッドのブログinココログ
    2015年9月17日 5:45 AM

    復讐のためだ(堤真一)最後まで騙されました(戸田恵梨香)傷だらけの営業マン(森田剛)一人だけ停年間近(志賀廣太郎)終わりだよ~(古田新太)

    危機対策室の五人である。 戦隊的にはキケンジャーと言える。 灰色の世界において「善良な市民」というものは危険物に近いのだ。 国会議事堂周辺にたむろしている市民風な人々を見れば一目瞭然だ。 しかし・・・ある年齢層にとっては・・・なかなかにノスタルジーを感じる光景だ。 「この世の大前提」というものを先週